Jinsen's パイプ

ダンヒル: マイミクスチャー965

a0150949_1672983.jpg


 ぼくがパイプをはじめた頃から30年あまりのみ続けてきたお気に入り。おそらく世界中のパイプ党が愛してやまないタバコでしょうね。
 ダンヒルのレシピではなく、顧客の注文のブレンドで、965は注文番号とされる。
 こんな光景が想像できる。
 20世紀初頭のある日、ロンドンのダンヒル店を紳士がたずね、店員に特注ブレンドを注文する。
「マイルドでおだやか。甘口がいい。舌焼けは嫌だ。エキゾチックな香りがあればなおいい。それでも全体にコクがあること」
 その通りの逸品ができた。
 葉組はラタキアとキャベンディッシュとオリエント。それぞれが上品に混じりあい、極上のハーモニーを奏でる。香りはほんのりラタキア。甘みはイギリス伝統のバージニアのキャベンディッシュ。ボディには低音域としてオリエントが重心をつける。添加物は何もないのにはんなりした甘みがあり、ラタキアの香りのほかにオリエントの芳香やバージニアのかすかな匂い。それがすべて渾然一体となり、全体としてはマイルドで甘口。ヘイタイプのバージニアは舌焼けの元だがここではキャベンディッシュなので舌焼けはまったくなく、ひたすらおだやかでゆっくり燃える。絶品だ。
 ダンヒルのタバコは1967年からMurray Sons社が製造、当初は旧ダンヒル工場でそのまま作り、1981年から自社工場に移したが2005年に閉鎖。以後はデンマークのOrlik社が作っている。永年の愛好家のなかにはOrlik製造の965に苦情をいうかたもいるがぼくはそうは思わない。ただキャベンディッシュの甘みが昔のほうがとろーんとしてた気もするがこれは記憶違いかもしれない。
 今日は965をダンヒルのパイプ、ハーフベントで吸った。ぼくはベントよりビリアードやアップルが好きだが、965はベントがいい。ラタキアにはじまる微妙な芳香アンサンブルがベントだとよく香る。いや、ただ香りだけじゃないのかもしれない。鼻にくる香り、舌にくる味や甘み、口のなかに広がる味わい、そのすべてがこのタバコから響く。
 しあわせにしてくれる。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-26 16:10 | ダンヒル | Comments(17)
Commented by いまむー at 2010-02-26 19:20 x
写真が965のイメージとぴったりだなぁ!
構図もかっこいいし、なんか心がジ~ンとしました。

私にはラタキア系のタバコはどれもスカスカに感じてしまうんです。なんというか、コクをあんまり感じれないのが多いんですよね。ラタキアって結構繊細で、コクを出し過ぎると味が壊れちゃうのかな??とも思ってみたりしています。
でも、965はキャベンディッシュの甘みでコクがあるように感じます。私はラタキアならばキャベンディッシュとの組み合わせが好みかもしれません。

可憐さ(ラタキア)と、かわいらしさ(キャベンディッシュ)・・・
う~む、惚れちゃいますよねw
Commented by jinsenspipes at 2010-02-27 00:26
>いまむーさん
ありがとうございます。
うーむ。「ラタキアとキャベンディッシュの組み合わせが好み」
一見識ですね。ぼくはあまり考えたことなかった。
ペリクとキャベンディッシュはイギリス物でさんざん味わったんですが、じつをいうとぼくもラタキアよりペリク好みなんですよ。
でも日本人はラタキアファンが多いようですね。ネットでもラタキアの記事はたくさん出てますが、ペリクは少ない。
ラタキアは、あの脂臭い、薫製の香りが、初心者の頃は色合いが鮮やかなんで惚れましたが、なれてきたらちょっと鼻についてきた。
いっぽうペリクは、炊きたてご飯にのせた梅干しみたいで、酸味と塩味、これがじつに日本人好み。
そこにキャベンディッシュの甘みがくわわったらもう天国です。
しかしラタキアはあまり深入りしたことがなかったです。
いまむーさんに指摘されて、このあとしばらくラタキアを味わいたくなりました。
もっともこのあたり、いわゆるイングリッシュ・ミクスチャーにいいお手本がありそうですね。
バージニアとオリエント味も含めて……いやあ、奥が深くなってきた。
Commented by いまむー at 2010-02-27 17:25 x
ほんとに奥深いですよねぇ。。。
僕にはバージニア=甘み。キャベンディッシュ=甘み。バーレー=香ばしさと刺激。ペリク=酸味。ラタキア=燻した香り。位しかまだ分かりません。オリエントの香りとか、ターキッシュだとかはまだよくわからないんですよね。。。
パイプによっても味が変わるし、体調によっても、吸い方によっても変わってくる。
ほんとに深いなぁと思います。で、そういうのが少しづつ分かって来るのがまた楽しいんですよね。
さて、次のブログのテーマは何でしょう??
楽しみにしています。
Commented by jinsenspipes at 2010-02-27 22:19
>いまむーさん
パイプ、体調、それからお天気も影響しますよね。
あと気分、うれしいことがあったあとはおいしいし。
朝、昼、晩がまた違うし。
それがみな計算できて、この天候で今ごろならこのパイプでこのタバコ、と決められたら凄いことになるでしょうね。
次回はネ。じつは待ってるんですよ。あるタバコ。
おたのしみに。
Commented by いまむー at 2010-02-28 00:16 x
その日の天気、体調、時間帯そして気分。
それ踏まえた上でパイプとタバコを選ぶ。。。

生活を彩るとはまさにこれかもしれませんね!

おお、なかなか含みのある感じの予告ですね!!
あ、もうよだれが出て来そうです!!
Commented by hooker at 2012-04-26 06:09 x
暖かくなりましたね。

花粉症なので、春先は味・香りが単純なものばかりやっていました。
MacBarenのvirginia no.1とvanilla creamばかり・・・
花粉が収まってきたので、オリエントを知りたくて965を吸いました。
gelbe sorte(ふと記憶が蘇りました)を感じたのですが、これがオリエントなのでしょうか?
Commented by jinsenspipes at 2012-04-26 10:58
>hookerさん
やあ、ひさしぶりですね。
花粉症はつらいそうですね。お大切に。
ゲルベゾルデですか。扁平な紙巻きでしたよね。たしか。
ぼくは吸ったことなかったですが、そうですか、その感触がありましたか。

オリエントですが、965をやると、まずご存知のラタキアの香りと味。
そして底辺にバージニアの味がありますね。
そのとき、ラタキアの味とまじってかなりスパイシーな、刺激のある味がきます。
これがオリエントだとぼくは思ってます。
ラタキア葉もオリエント葉ですから厳密な区別はむつかしいですけど、
ラタキアは燻製なので、独特の香りと甘みがあり、まろやかです。
それにまじってちょっとつんつんする、刺激が心地よい味がくるのがオリエント。
ぼくはそう思ってます。
Commented by hooker at 2012-04-29 06:36 x
ありがとうございます。
ラタキアの奥にある味だと思っていました。
吸い方が悪いと出てこない味だと思っていました。
少し解決。もうちょっと探検してみます。

私には、ラタキアは図書館の古書を開いた時を思い起こさせます。
Commented by jinsenspipes at 2012-04-29 11:08
>hookerさん
図書館の古書を開いたとき、というのはわかるなァ。
カビ臭いというといいすぎですが、なんか異質の、古臭いような独特の匂いがありますね。
燻製臭なんだけど、どこか懐かしい。
Commented by TSUKA-P at 2012-05-15 21:06 x
>jinsenさん

ラタキアの話題ですが、こちらのスレで失礼致します。

例のラタキア臭のSavinelliパイプの洗浄剤を見に新宿の
紀伊国屋1Fに寄りました。ついでに練習用で安価な
ラタキア入りのたばこも買いました。いきなりMM965
で失敗するのも勿体無かったので、AltadisのFOX & HOUND
のパウチにしました。
ようやくイギリス・ミクスチャーデビューですw
いいですねぇ、この香りに喫味。火付きは若干悪いんですが
香木のニュアンスと表現すればいいんでしょうか、なんとも
言えない高貴なウッディノート(燻香?)それでいて舌焼け
の心配がありません。丁寧に丁寧に喫えば喫うほど、旨みと
香りが持続する・・・。
いやはや、とんでもない扉を開けちゃったようですw

あ、mifuneさんとこにもご報告したんですが、例の大煙の件、
現地でも同じ状況のようで、スレが立ってました。
今後は、ご紹介戴いたUKや、もっと安心確実なお店でラタキア
を物色しますwww
http://www.puff.com/forums/vb/general-pipe-forum/292015-has-anyone-lately-done-business-bigsmokes-com.html

さて、ステムごしごしヤニ&匂いとりしなきゃ・・・
Commented by jinsenspipes at 2012-05-15 21:39
>TSUKA-Pさん
あ、ラタキア体験ですね。
おいしかったですか。
なによりです。

たばこshopの件ですが、ご紹介いただいたforum読んでみました。
TSUKA-Pさんとまったくおなじ例が書かれてましたね。
ほかの店にないたばこを頼んだ。自動返信はきたけどその後音沙汰なし。
問い合わせても返事がない。何週間もたち、当該商品は品切れとメールがきた。
やはりここは怪しいshopですね。
実害がなかったのはなによりです。

サビネリパイブのお掃除、がんばって!
Commented by TSUKA-P at 2012-05-16 21:34 x
>jinsenさん
大煙の件、ご心配かけました。ありがとうございます。

#607の掃除・乾燥も終わり心置きなくFOX & HOUND戴いて
おります。異臭も雑味もなく美味しく戴いております。
丁寧に喫うとポツンっと梅風味の酸味がアクセントで垣間見られ
ますが、これがペリクなんでしょうか・・・。これ、酸味具合がツボです。

そうこうしているうちに本日、本命の#513着ました。
コチラも当たりでした。ステムの歯型も綺麗にポリッシュされており、
煙道もちゃんとクリーニングしてくれたのかUS特有の洗剤臭がほんのり・・・w 
ボウル・煙道を再度ザックリお掃除して無着香で試し喫いしてみます。
国内1本もののお値段以下で、2本もSavinelliのお気に入り
シェープが立て続けに入手できて、ちょっと浮かれてますです、ハイ♪
Commented by jinsenspipes at 2012-05-16 23:29
>TSUKA-Pさん
あ、お掃除終わりましたね。
おいしく吸えてなによりです。
ぼくはその銘柄、やったことないのでわかりませんが、梅風味の酸味でしたらまさしくペリクですね。
なんかおいしそうだな、そのたばこ。
あ、もう一本も無事到着ですね。
とうぶんたのしみが続きますね。
Commented by TSUKA−P at 2012-05-17 12:39 x
>jinsenさん

本格的なイングリッシュ・ミクスチャー
の味わいの判る方々には、物足りない
かもしれません。何せ1200円の
Altadisの安パウチですし…w
一応、レビューも読んで見ましたが、
まるで某掲示板のような言いたい放題。
ラタキア感にしても、それほど際立って
不味いとも思えないんですけどネ。

嬉しくてテンパり気味の513。
実物は、意外にドッシリして
ました。
KSだからでしょうかね…
http://a3.sphotos.ak.fbcdn.net/hphotos-ak-prn1/538840_388693054514511_100001214587633_1166965_869134576_n.jpg
Commented by jinsenspipes at 2012-05-17 16:54
>TSUKA−Pさん
Fox Houndって評判いいたばこですよね。
ぼくもいつかやってみたいです。

写真拝見しました。いいですねェ。
サビネリのカタログでは、ボウルももっと四角ばってるように見えましたが、そうでもないですね。
お買い徳でしたね。
Commented by TSUKA-P at 2012-05-17 21:21 x
>jinsenさん
スイマセン、MM965のスレなのに、延々とFOX&HOUNDネタで
連投してしまいましてf(^_^;)
ビギナー・ビリヤード(少々ボール小さめ)で本日もFOX&HOUNDですが、
このラタキアの香りとお味、もぉ病み付きになりそうです。

しかも、ようやくペリクっというものがコレだっと捉えられ、ラタキアを
伴ったこの心地いい酸味にメロメロです。 過燃焼させずにスロー&クール
を心がけると、ラタキアもペリクもたまらないくらい美味しいです。
コスト・パフォーマンスいいんでしょうか、この多彩な葉組みはハマりそうです。
葉組みはBurley, Red Virginia, Latakia, Perique, Turkishっということです。

どうも、蓋を開ければラタキアもペリクもすっかりストライクゾーンだった
ようです。まだヴァージニアですとか、バーレーの美味しさ堪能までは到達
してませんが、今後もjisenさんのレビューを拝見・参考にさせて戴きながら、
いろいろ楽しんでいきたいと思います。いつも更新ありがとうございます。
Commented by jinsenspipes at 2012-05-17 22:19
>TSUKA-Pさん
いやあ、お気に入りのたばこがみつかったのはなによりです。
クールスモーキングすると、味がよくわかりますよね。
バーレー葉はなかなか存在がわからないものです。
G.L.ピースは、バーレーはカメレンオンだ。何にでも化ける、と書いてます。
ぼくもバーレー葉の味はなかなかわからなくて、マクバレンのバーレーロンドンブレンドでようやく正体を知りました。
これから先、たのしみがいっぱい見えてきましたね。