Jinsen's パイプ

パイプタバコ海外通販

a0150949_1637216.jpg


 パイプ党のみなさんは海外通販をじゃんじゃん使ってらっしゃるようだがぼくはまだ未経験である。だいたい年寄りは国内の通販すら苦手で、使ったことがないのだから、まして海外など……。
 しかし、貧乏人はタバコを買うのもたいへんで、ふだん買うのは価格帯にしてダンヒルのあたりまで。せいぜいサミュエル・ガーウィズ止まりで一線をひいている。ひょっとして、海外通販を使うとこの一線を越えられるだろうか。春のきざしのなま暖かさに誘われて重い腰をあげてみた。
 結論からいうと、ぼくの一線内のタバコならわざわざ海外から買うまでもないとわかった。タバコの売値じたいは、アメリカのネット販売業者で、50グラム缶が日本で買うポーチタバコていど、かなり安く、物によっては半値くらいになるが、これにタバコ税と運賃をくわえるとどっこいになってしまう。
 しかしここに大例外があり、それはG.L.ピースやマクレーランドなどアメリカのパイプタバコで、これは日本で買うとベラボーに高い。常喫してる桃山の倍以上の値段だからぼくにはとても手がだせない。しかしこれがポーチタバコていどで買えると、税と運賃をかけても3割ほど安い計算になる。それならぼくの一線内に収まるから、つまりぼくでも買えるのだ!
 で、試しに注文したみた。
 たくさん買っても無駄になるので初回は50グラム缶を3缶。G.L.ピース、マクレーランドに、日本で買えないA.C.ピーターソンをそれぞれ1缶ずつ(貧乏人はみみっちいネ)。
 注文して8日。今日荷が届いた。
 うん。これならぼくに買えないタバコはなくなった。
 これから何でも吸えるゾ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-03 16:32 | Comments(2)
Commented by いまむー at 2010-03-04 13:54 x
ついにデビューされたんですね!海外通販!
ほんとにアメリカのその3社はお得感がありますよね。
さて、何を買われたのでしょうか?
レビュー楽しみにしています!!
Commented by jinsenspipes at 2010-03-04 22:46
>いまむーさん
そうなんですよ。
手の届くものだけでいいと思ってたんですけど、試してみて世界がひろがりました。
国内で買えないタバコもたくさんありますしね。
ただ常喫の桃山と、ダンヒル、アンフォーラなどはこちらで買うしかないですから月に一度オーダーするとして買う量はせいぜい3缶。
バルクで買うなんて豪傑もみかけますが、ぼくは月の消費量は6、7缶、開けた缶は一ヶ月以内に吸いきるようにして貯めたくないので多くは買えません。
海外通販ではこちらで買えないのをちびちび買って旅行気分を味わいます。