Jinsen's パイプ

マクレーランド: フロッグモートン

a0150949_16471417.jpg


 初海外通販の2番手はこれ、マクレーランドの代表作である。
 会社の設立は1977年頃らしいがこのフロッグモートンの発売が1990年、たぶんもっとも初期の傑作である。前々からこのカエルの図柄が欲しかった。
 缶を切ると(アメリカタバコは食品の缶詰とおなじ缶なので切ると書きたくなる)甘酸っぱい匂いと、おいしそうなラタキアの香り。葉は黒々していて湿り気がある。ハテ、これはキャベンディッシュなのか。深炒りのバージニアだ。葉組はバージニアとラタキアだけ(たぶん)。
 火をつけると、ああ、甘く上品なラタキアが香り、バージニア味にまじる。おいしい。この甘さとラタキアのブレンドぐあいがこのタバコの身上だろう。
 しかししばらく吸っているうちに、物足りなくなってきた。イギリス物だとこのあたりでバージニアやラタキアの奥深い味わいがじくじくと出てくるのだがそれがない。いつまでたっても甘いラタキアの香り+バージニア味。うーん、これは。
 海外のレビューを読むとやはり評価がわかれるようだ。概して若いスモーカーには好評で、初めてイングリッシュミクスチャーを楽しんだとか、ラタキアの旨さを知ったと絶賛されるが、年配者は物足りないと書き、ラタキア物もしくはイギリス物と着香物のハイブリッドと見られている。
 手近なところでダンヒルのマイミクスチャー965と比べると、ダンヒルはあくまで主体がバージニア、その本来の甘みとこくをだすためにラタキアとオリエントが加えられ、バージニアの奥深い微妙な味を引き出している。マクレーランドのこれはバージニア、ラタキア、ケーシングの甘み成分、それぞれがひとしくからみあって味を作り、バージニア本来の深い味は感じられない。引き出す、というのでなく並べるのだ。
 G.L.ピース、マクレーランド、いまのアメリカ代表タバコを吸ってみたが、共通点があり、軽く、まるで紙巻きの感覚で吸えるパイプタバコという印象である。これに比べればイギリスタバコなど泥臭く、よれよれ爺さんのダンスを見るようだ。軽快でスマート、味は細く繊細で、ぼくはまだ一種だけだがほかにコンピュータで描いた精密画のように微妙な味を調合した商品がつづくことだろう。そこに若いパイプファンがつくのだろう。
 いや、それでいいのだと思う。サミュエル・ガーウィズやラットレー、ダンヒルの仕事はいまでもちゃんと味わえるのだし、それを真似るのは無意味だ。アメリカ人は現代性と若者の嗜好を一方で考え、イギリスの伝統の味を他方で考え、現代にふさわしい「売れる」答えをだしたのだ。
 ぼくはもう年寄りだが、若い人にまじり、しばらくアメリカ人の答えを旅してみよう。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-10 16:51 | マクレーランド | Comments(5)
Commented by いまむー at 2010-03-10 22:20 x
フロッグモートンの缶は良いですよねぇ。
いつか100グラム缶で揃えてみたいです!
味はやはり軽めの繊細な感じなんですね。
YouTubeで外国の方がバカでかいパイプで、バカバカと煙を立ててる映像を見た事があるんですが、ひょっとしたらあんな感じで吸ってみたら美味しいのかな?と、考えてみたり。。。
でも、マクレーランドのバージニアやペリクのみのブレンドは僕は大好きです。昔海外通販で買って以来吸ってませんけど、何とも個性的な太くて、強い味だったと思います。

とか何とか言っても、そこはやはりフロッグモートン!
お金に余裕がある時にそろえようとおもいます。
Commented by いまむー at 2010-03-10 22:23 x
そうそう!
写真があまりにもイメージにピッタリで、可愛くて笑ってしまいました。笑!!

連続書き込み失礼しました。
Commented by jinsenspipes at 2010-03-10 22:29
>いまむーさん
ほんとほんと。まずこの缶の図柄に惚れちゃいますね。
ぼくは長いことこのカエルが欲しくて、ようやく買えました。
あ、いまむーさんは太く、強い味と思われましたか。
じゃやっぱりカエルさんのあとにそういうのが出てるんですね。
いろいろ試してみます。
この写真、ぼくも気に入ってるんですよ。
陽射しが缶のよこに当たって明るくしてるんですね。
カエルさんが草むらに居座ってる感じで。
Commented by redbark at 2017-12-09 00:05 x
Jinsenさん、はじめまして
新しいタバコを探すたびにこちらのブログを参考にさせて頂いております。
フロッグモートンは私にとっても初めてのパイプタバコ個人輸入で買った銘柄で、皆さんと同じようにカエルの絵柄に惹かれて購入しました。それまでに嗜んだことのあるラタキヤものは、バルカンブレンドやスクワドロン・リーダーなどの有名な銘柄ばかりですが、それらと比べると、大人しく甘口の吸いやすいタバコとの印象です。アメリカというとワイルドな印象が強いですが、屈強そうな体に長い髭を生やしたアメリカのご老人が、こういう優しい味のタバコをモクモクと拭かしてるのかと思うと、なんとも不思議な感じがします。フロッグモートンは、吸い終わった後も、この缶をオブジェみたいに並べて楽しめるのがいいですね。
Commented by jinsenspipes at 2017-12-09 10:23
>redbarkさん
いやあコメントありがとうございます。
「屈強そうな体に長い髭を生やしたアメリカのご老人が、こういう優しい味のタバコをモクモクとふかしてる」
素敵なイメージの文章ですねェ。
アメリカ人の本来の姿ってあんがいこれなのかもしれませんよ。
末永くパイプをおたのしみください。