Jinsen's パイプ

ダンヒル: アーリーモーニング

a0150949_18254043.jpg


 目覚めの一服の名称のままダンヒルでは一番軽く、甘くさわやかなタバコである。
 葉組はバージニア、オリエント、ラタキアで、缶をあけるとラタキア臭が強い。しかし吸い味は、ラタキアはわずかに香るていど、バージニアの甘みと酸味がやや隠れていてオリエントのスパイシー味が前面にくる。この配合がなかなか素敵。
 ケーシングは無しとされるがぼくはわずかに甘みが加味されていると思う。
 甘い、軽い、ラタキア臭もほどほどだし、火つき火持ちも最良でじつに吸いやすい。目覚めの一服でもいいし、一日中常喫してもあきない。気がついたら1時間くわえっぱなしなんてしょっちゅう。
 しかしちょっと気になることがある。
 サミュエル・ガーウィズにグラウスムーアという逸品がある。甘く、軽く、さわやかな香りで、イギリスの湖水地方、ピーター・ラビットの絵本の世界にあるのどかな風景が見えてくる。ダンヒルはラインナップの一番軽いタバコとしてこれを売り出したのだろうし、グラウスムーアと異なるロンドンの色はまといつつ、吸いやすい軽さに共通点がある。
 しかしグラウスムーアのあの芳醇な味と比べるとこちらはやや荒く、コクに乏しい。バージニアもオリエントもよく熟成してないように思えるのはオリジナルのダンヒル製とは違ういまのオーリック製の製法のせいだとぼくは想像した。グラウスムーアには缶入りのほかにプラグも発売されている。つまりイギリス伝統製法で葉はまず圧縮・加熱されてケーキ状になり、それを裁断しリボンカットして缶にいれる。ダンヒルも元はそうしていたはずだが、オーリック製は最初の圧縮・加熱を省略し、まず葉をブレンドし、その全体をストーブしたと説明されている。じつはぼくは元々のダンヒル商品を吸ってないので断言はできないが、昔のこのタバコはもっと芳醇でコクがあったのではないだろうか。少なくともグラウスムーアと同ていどには。
 しかし、まァ、これまたスリーナンズのペリクとおなじ、老人の郷愁でしょうね。
 いまのオーリック製だって旨いし、ほかのタバコにくらべて独特のオリジナリティを主張できている。ぼくにしたってこのタバコ、お気に入りなんだからいいじゃないの。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-04-06 18:30 | ダンヒル | Comments(2)
Commented by いまむー at 2010-04-07 07:44 x
実は最近、このアーリーモーニングにはまっています。試しに買って吸ってみた瞬間、「旨いじゃん!!!」っておもいました。
ラタキアはキャベンディッシュが好みとこの間書いたんですが、「全くそんな事はない」という答が出ちゃったみたいです。(笑)。
僕は単にタバコのベースとなる味にはっきりとした「甘み」があれば美味しいと感じるようです。(ただ本当に美味しいと感じるのは酸味の効いたブレンドですけど)
またこのオリエントと言う煙草。ようやく感じる事が出来るようになってきました。なるほど。こう言うタバコは、オリエントだとかターキッシュだとかを香りの中音域に感じながら吸わないとその真価は分からないんですね。。。
・・・こうやって味わえるタバコが広がっていくのは実に楽しいものです。

ちなみに・・・僕は今までパイプタバコと言うものは全て圧縮されてケーキ状や、ロープ状にして作っているものとばっかり思っていました。。。そうじゃ無いのもあるんですね!
・・・ってあたりまえか。
次はグラウスムーアが吸いたくなってきました。
楽しみ楽しみ!!!
Commented by jinsenspipes at 2010-04-07 21:30
>いまむーさん
アーリーモーニング、旨いですよね。一日中吸ってられる。
甘みもあるしね。
パイプタバコをまずケーキにしたりロープにしたりしていたのは昔のイギリスの伝統製法ですね。
ほかの国はさまざまでマクバレンのサイトを見ても圧縮製法はとってないようです。
キャベンディッシュとフレークはまだ別ですけど。
グラウスムーアは軽いのが好きなかたにはお薦めです。
軽いけどこってりしててコクがあり、アーリーモーニングとおなじで一日中吸ってられます。
ケンダル(イギリスの湖水地方)というとピーター・ラビットの絵本でおなじみですけどあんなぽかぽかした光景が見えてきますよ。