Jinsen's パイプ

サミュエル・ガーウィズ:  1792フレーク

a0150949_21351281.jpg


 またすばらしいタバコに出会えた。
 サミュエル・ガーウィズ社の創立が1792年、創立年号をネーミングしたこのタバコには思い入れがあるんだろうと想像したいところである。じつはこのタバコ、缶入りのほかにもともとのケーキも「COB」プラグとして販売されている。つまりイギリス伝統製法そのままにバージニア葉を加熱圧縮してケーキにし、それを小口にカットしたものが「COB」、さらにそれをフレークにスライスしたものが缶入りになる。
 葉組は、社の説明ではバージニア+オリエントとされ、タンザニア葉が混じるとされている。しかしぼくの味覚はそこまで感知できなかった。良質のストレート・バージニアのプラグ・バージョンという印象。
 缶を開けると、ジャーマインのミディアム・フレークに似たタコ糸状の細く切ったフレーク。適量をつまんでボウルに詰めればいいから凄く楽だ。やや湿り気があるが火つきは極上、火持ちも最良で、自然に燃えていくのにまかせればいいからエラク長時間吸える。
 ケーシングにトンカビーンズ(トンキン豆)が使われている。これは桜餅の風味といわれ、化粧品に使われるそうだ。ごく上品な甘さで、おしつけがましくなくさらりと舌にのる。「しらけさせる甘み」という感触。良質のキナコに似ているか。
 ベイクトしたバージニアだからヘイタイプとは異なるが、しかしどこかに青臭さがのこり、それとトンカの甘みのブレンドぐあいがじつに絶妙だ。甘さも、バージニアの青臭さと酸味も、遠くにしっかりかまえていて前面に主張してこないが、いわばそのエコーの響きがうつくしい。
 タンザニア葉はぼくの味覚では感知できないが、このタバコは少々吸いこんでも熱くならず、舌焼けもまったくない。もしかするとこれがタンザニア葉のご利益かと思われるが、まだまだぼくは勉強不足ですね。
 ゆらゆらと自然に燃えるにまかせて吸っているとモーツアルトを聞くような優雅な気分になるが、ちょっと吸いこむとバージニアの旨味がどッとくる。こういう至上の味はアメリカやデンマーク、ドイツ、どの国にもない、イギリス・タバコにしかない伝統の風味と思える。
 いやあ、うれしい出会いだった。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-05-04 21:39 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(22)
Commented by いまむー!!!!! at 2010-05-07 04:10 x
わーーーーーーん!!
せっかくたくさん書いたのに~~~!!!


全部消えてもーた~~~~!!!!!




今回ペリク系以外で狙っているのが、これです。


やはり、このネーミング期待しちゃいますよね!!

ダンヒルのロンドン的な味はわかってきました。
やっぱ、次はサミーでしょう!!

サミーと、ジャーマインとラットレイこの辺はしばらく研究材料になりそうです。

めざせ!完全制覇!!!
Commented by jinsenspipes at 2010-05-07 10:30
>いまむーさん。
ひょっとして少し前に書きこみいただきましたか?
見たような気がしたんだけど、返信しようと見直したら無かった。
削除はしてないのでいまむーさんが消されたのかと思ってましたが違いましたか。
何が原因だろう。ご迷惑かけたようですね。すいません。

いやあ、ぼくもサミュエル・ガーウィズ、ジャーマイン、ラットレーあたりは完全制覇したいですね。
マーリンフレークを買いたして2缶めですが、このバージニアの軽さ、旨さ、ほかにはない。
原点になってます。
Commented by HERO(ひろ) at 2010-11-24 01:24 x
この煙草の味の旨味を感じるようにするにはある程度の熟練が必要ですね、

最初、この葉っぱ吸った時は最初の吸い始めは一瞬旨いと中頃から過燃焼ぎみだったのか、きなこ臭くなるように、口の中にまとまりつき、のどつっかかりと合わせ、僕には合わない葉だと思ったのですが、

再度、パイプをヴァージニアに合うとされているシャンクの長い、小振りのピリヤードタイプのパイプで一筋縄のような煙がでるような感じでゆっくり、吸いましたら私の好きな酸味が感じられるようになりました。

パイプの吸い方も奥深いですね。

パイプ歴3ヶ月で、この数カ月でパイプを60本以上にもなってしまった 汗!

パイプ馬鹿のような自分です。

ラットレーは美味しいですね(笑い

サミエルを制覇できたら、ジャーマインにいって、痛いと思います。

マクレーランドはほとんど、吸いました。

サミエルを吸い終えたら、次はジャーマイン・アシュトンかな?
Commented by jinsenspipes at 2010-11-24 16:11
>HERO(ひろ)さん
こんにちわ。
素敵なお名前ですね、heroさん。
たしかにこの葉は癖がありますね。好き嫌いがわかれるかもです。
えっ。3ヶ月でパイプ60本ですか。凄いなァ。
ぼくなんか30年やってて20本ちょいです。
葉のほうは必需品ですけど、パイプは、マ、道具なので最低限あればいいかなというところです。
(というのは強がりで本音は貧乏人というわけですが)
マクレーランドはあのケチャップ臭がどうも苦手なんですね。
#5100がまだのこっていますがあの臭いがくるかと思うと手がでない。困ったもんです。
ジャーマインはいいですよ。
ぼくはジャーマインのペリクがとりわけ好きです。
またいらしてくださいね。
Commented by HERO at 2010-11-24 17:45 x
コメレスありがとうございます。

マクレーランドは確かにケチャップ臭いですね。パルオーマインやベストショーなどの着香系は他の煙草メーカーにはない、癖がないというか。品のある香りがというのか、吸っている当人より、回りの人にいい香りと評価されるような感じで、独特のマクレーらしいというのか?結構美味いですね。

マクレーは僕の中ではディープホローが一番好みに合いました。
ブロックモートンでラタキアに開眼をして、最初、不味いと思っていた、ダンヒル965の美味しさを感じる事ができ、葉っぱは自分の好みという先入観で吸ったら、それぞれの葉の美味しさは感じられないと反省して、どうしたらこの葉は美味しく頂けるのか?自分の好みに合う味や香りを味わえるのかという事をやっております。


これから、フルヴァージニア、スクアドロンリーダーと未開封の葉っぱもあるので、それを試してから次のジャーマインへいこうと思っているのですが、

ミディアムフレイクとベリク・ミックスチャーは柘さんから製造中止と言われ、とても残念に思っています。

また、遊びを兼ね、参考させて頂きに是非、よらせて頂こうと思っています。
Commented by jinsenspipes at 2010-11-24 21:38
>HEROさん
マクレーランドはフロッグモートンから始め、薦められて#5100を買いました。
これとても旨いんだけど、ケチャップ臭に辟易しちゃった。いまだに残ってます。ぼくには合わないようです。
あ、ペリク・ミクスチャーは製造中止ですか。残念。大好きでした。
ジャーマインておもしろい会社のようですね。たしかフランスの海岸近くにある小さな島にあって言葉もフランス語、英語、チャンポンに使っているらしい。
サミュエル・ガーウィズとガーウィズ・ホガースは親戚会社で、イギリスの湖水地方、例のピーターラビットのイラストにあるようなのどかな田園地帯にあってタバコもそんな雰囲気を伝えてます。
ジャーマインとはやはり違いますね。
はい。
またぜひお立ち寄りください。
Commented by HERO at 2010-11-25 17:55 x
マクレーのヴァージニア系はケチャップのような味がしますね。
なんでなんだろうな・・・。それがマクレーの使用しているヴァージニアの種類のせいなのかな?

すいません、#5100は知りませんでした、柘のカタログにはないので、

ビュテラのヴァージニアもマクレーで製造させているらしく、そのケチャップの香りがもろです。それが好きだという人もいるのですが、

ちなみにマクレーのローズラタキアはそのようなケチャップ臭はしなく、ちょっと特色のあるラタキア風味で美味しく頂けました。
ラタキアと言えば、今ところサミエルとラットレーが僕の中では好みが合い、美味しく頂いています。

在庫にしているベロウアーズ・ラタキアはまだ、未開封ですが、ラタキア感が強そうな葉ですがどんな感じなのか 楽しみです。
Commented by jinsenspipes at 2010-11-25 21:54
>HEROさん
貴重な情報ありがとうございます。

マクレーランドのケチャップ臭は、会社の説明ではバージニア葉の自然な熟成によるらしいですね。
海外のパイプ党も気になるらしく、ここに詳しい討議が記録されてます。
http://forum.pipes.org/~discus/discus/messages/24/7441.html
また柘のカタログにあるのはほんの一部ですが、マクレーランド社は自社サイトがないです。
そのかわりここに全カタログがありますからご覧になってください。
http://www.pipeshowonline.net/McClelland_Home.php

マクレーランド製ビュテラもケチャップ臭はするんですね。それが心配だったのでビュテラはジャーマイン製しかすったことがないんです(エソテリカ・シリーズ)。
しかしHEROさんの経験談ではマクレーランドのなかでもケチャップ臭のないのもあるんですね。知らなかった。
オリエント系など、マクレーランドには魅力あるブレンドがあるのでこういう情報を頼りにしてこんどやってみたいです。
情報や体験談があったらぜひお知らせください。

おっしゃる通り、SGとラットレーのラタキアはいいですね。ぼくはダンヒル965も好きです。
Commented by TSUKA-P at 2012-05-23 06:24 x
>jinsenさん

待望の初SG、1792 Flakeをちょびっと味見してみました。
強烈な辛さからはじまり、美味しいところを探しながら
ゆったりプカプカしたんですが・・・
強烈なニコチン酔いでノックアウトでしたw
とにかく、もぉグルングルンで、どこに美味しさが潜んでいる
のか堪能するまでには至っておりません(涙)
パイプの所為なのかっと、ストレートのビリヤードで試すも
辛さとグルングルン先行で、よくわかりません。
(ハッ●シのストーンまっしぐらのような感覚・・・w)
今まで喫ってたパウチものが軽すぎたのか、これが
重すぎるのか、こういうモンなんでしょうか・・・?

Commented by jinsenspipes at 2012-05-23 11:03
>TSUKA-Pさん
うーん。困りましたねェ。
辛いというのはふしぎです。このたばこはキナコのような上品な甘みのあるたばこのはずです。
お書きになった症状は、強く吸いすぎたときのものですが、でもほかのたばこはよく楽しんでらっしゃる。
あとは体調ですね。
ぼくもたまにたばこが辛いなァと感じるときがあり、あとで気づくと、風邪ぎみだったり、胃の調子が悪かったりします。
それくらいしかわからないなァ。
すいません。
お役にたてなくて。
(P.S. ポーチたばこと缶入りたばこが違うということはないです)
Commented by TSUKA−P at 2012-05-23 17:58 x
>jinsenさん

早速のコメントありがとうございます。
確かに最初の火付けは強めに吹き吸い
して、TOPを炭化させてました。

もしかして…
フレイクものは、パウチものの硬詰め
吸いのように、あまり押さないもので
しょうか?
(それで必要以上に濃縮したとか…)
まさか、クルクル、ポンで
お手軽着火?

晩飯終わりましたら、SGリターンマッチ
してみます。
Commented by jinsenspipes at 2012-05-23 18:22
>TSUKA−Pさん
そうですねェ。フレークはぎゅうぎゅう押し込めないです。
フレーク自体の硬さがありますからそれ以上に圧力はかけない。
ただ1792はタコ糸状の細切りですよね。
ですから板状のフレークよりはややリボンカットふうに押す必要があるかもしれません。
それもボウルに自然に収めるていどでいいと思います。

最初、TOPを炭化させるのは、その通りです。
炭化といいまけど、要するに平均して白くなればいいんです。
それも強く吸う必要はない。
火を見てればわかりますが、ごく弱い火で、自然に燃えひろがってくれるはずです。

パイプたばこの吹き吸いは、紙巻きたばこより弱い空気量で充分です。
よく女の子のほっぺたにキスするていどといわれますね。
Commented by TSUKA−P at 2012-05-24 16:19 x
>jinsenさん

1792 リターンマッチしてみました。
ほどよく?乾燥したのか、火の付きも
持ちもよかったように思います。
肝心の味わいですが、初日よりかは辛く
ありませんでしたが、やはりまだ甘みより
も辛味が強い感じでした。
グルングルンの原因は、もしかしたら
1792フレークでニコチン摂取量のMAX
を超えたしまったのかなっと
たっぷりのSt.James Flakeの後に味見した
ラタキアで、ふと思いました。

今日は一服もまだ喫ってない状態で、ニコチン
タンクも空ですw ちゃんと1792喫うか、
チョコフレ缶開けるか、迷うところです。
Commented by jinsenspipes at 2012-05-24 17:20
>TSUKA−Pさん
あ、おちついてきましたね。
よかったです。
1792そんなに強かったですかねェ。ぼくの記憶もあいまいで。
いろいろお買いになりましたね。
何をやろうか、迷うところが、パイプ喫煙者の一番の贅沢な悩みですね。
Commented by TSUKA-P at 2012-05-25 18:09 x
>jinsenさん

ニコチンタンク空にして帰宅後、再度1792フレークで
事前乾燥などせず、513KSに収まる量をボウルに入れ
セメントマッチしてみました。

いざ、着火。一番最初の辛さなんてドコ吹く風。いきなり
美味しい甘みとトンキン豆?のいい香りが支配的に
感じられ、湿ってる所為か再着火を繰り返すも、純粋に
葉の甘みや旨みと、トンキン豆フレーバーを堪能すること
ができました。
終盤も、グルングルンも全くなく、やんわり優しく心地いい
甘さのなか、この甘さに陶酔していたいとすら思いました♪

ただ、晩飯前に1ボウル1時間半コースでガッツリ堪能して
しまったので、食後の一服でグルングルンになったりして・・・。
気をつけますf(^_^;)
Commented by jinsenspipes at 2012-05-25 21:28
>TSUKA-Pさん
やあ、おいしく吸えたようですね。
よかった、よかった。
初日は体調わるかったかもしれませんね。
1792はやわらかくやさしいたばこです。
ぼくはしばらくやってないのでまた吸いたくなりました。
Commented by すみれ草 at 2013-02-28 15:24 x
はじめまして。
パイプを始めてまだ1年数ヶ月の初心者です。こちらのブログでこの「1792 フレーク」に興味をもって購入したのですが自分に合ったのかすごく気に入って今まで15缶ほど吸いました。辛さが底のほうにあってバージニアの酸味と甘さがからんでくる何とも美味しい煙草ですね。辛さといい煙の粗さ、また(トンカビーンズ以外の)独自の香り・・・この煙草にはケンタッキー葉が多分入っているのだと初心者ながら感じているのですがjinsenさんはいかが思われますでしょうか?

毎回ためになる楽しい記事をありがとうございます。写真も素晴らしいですね。光と影の使い方、構図、背景など・・・「こんな写真自分じゃ真似しても絶対に撮れないな!」というのも多いです。
「オーリック ゴールデンスライスド」の写真なんか大好きです。

また寄らせていただきます。



Commented by jinsenspipes at 2013-02-28 18:02
>すみれ草さん
やあ、はじめまして。ようこそです。
ありゃ。1792を15缶ですか。ほんとに気に入られたんですね。
ケンタッキー葉ですが、ぼくは入ってないと思います。
しかし、すみれ草さんがそれを感じたのは凄くわかります。
というのは、ここのバージニア葉は、dark-fired Virginiaなんです。
バージニア葉はふつうfire-cured 熱風乾燥ですが、このバージニアは直火で、念入りに乾燥させたもののようなんです。
SG社にはたしかdirk-fired バージニアはこれしか使われてないと思います(もう一つあったかもしれないですが今、思い出せません)。
つまり入念に火に炙ってきつい感じに仕上げているので、本来きつい味のケンタッキー葉に類似していると思われます。
いい味覚をお持ちですね。すばらしいです。
写真について、ありがとうございます。
いろいろ新機軸を考えているんですが、そろそろネタ切れの感じになってきました。
はい。
またいらして、たばこの感想などお寄せください。
たのしみにしてます。
Commented by すみれ草 at 2013-02-28 22:30 x
jinsenさん、詳しい説明ありがとうございます。
同社のFVFはじめバージニア葉100%の煙草をいろいろ体験していくうちにこの煙草だけ独自の喫味でしたのでながいこと疑問に思っていました。なるほど製法が違うのですね!加工(調理)によって同じ葉でも引き出せる味がこんなにも違うのですね、勉強になりました。
ケンタッキー葉のことなどたいして知りもしないのに質問して失礼しました。
ケンタッキー葉といえばカタログに「1792の軽いタイプ」とあったのに興味をもってBrachen Flakeを一度吸ったことがあるのですがパイプを始めて数ヶ月ということもあってかその美味しさはまったく分からず「辛かった」という印象しか残っていません。ケンタッキー葉の勉強にまた近いうちにチャレンジしてみようと思っています。

いままで試した煙草はほとんどjinsenさんのブログで紹介されたものばかりです。まだ取り上げられてないもので、気に入って繰り返し吸っているのは「ジャーマイン Brown Flake」(3缶)と「ピーターソンのPerfect Plug」(6缶)くらいです。jinsenさんのブログを見ながら煙草選びをするのが楽しみです。

今回はいろいろ教えていただきありがとうございました。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-28 23:31
>すみれ草さん
じつはぼくも前からdirk-fired virginiaが気になっていたんです。
ネット通販のsmoking pipes comの紹介文を読むと、このdirk-fired virginiaをケンタッキーと書いているのをときどき見かけます。
dirk-firedという乾燥方法はふつうケンタッキー葉に適用されるので勘違いしてるようなんです。
しかしバージニア葉にもこの、いわゆる深煎りみたいな乾燥方法をとるのがあってGH社には何種かこの葉を使ったのがあります。
でもぼくにしてもぜんぶ検証したわけではないので、そう書きながらあまり自信はありません。
ぼくが間違ってるかも知れないと、いまでも半信半疑です。

ブラッケンフレークって、SG社のですか?
これについてはぼくのレビューがありますからご覧ください。
こちらはまぎれもないケンタッキー葉ですが、凄く強いたばこです。強いけど甘くて旨い。じつにユニークな味です。

あ、ブラウンフレークは書いてなかったですね。
こんど候補にあげときます。いかがでしたか?
プラグたばこは、ぼくは横着者なんであの削る作業を考えるとちょっと二の足踏んでます。
なんか、2、3回でめんど臭くなり、投出しちゃいそうで心配です。
Commented by すみれ草 at 2013-03-01 21:07 x
jinsenさん、こんばんは。

dark-fired Virginiaとケンタッキー葉のことを知りたくて今日煙草屋さんへ行ってSG社のブラッケンフレークを早速買ってきました。jinsenさんが書かれているように「強いけど甘くて旨い」を実感できたらうれしいのですが。以前吸ったときは「旨さ」をほとんど感じなかったので期待と不安が半々です。
感じることがあったらブラッケンフレークの記事にコメントさせていただきます。何か収穫があればいいのですが。

ジャーマインのブラウンフレーク・・・開缶したときの煙草の匂いが好きです、かなり酸味がある熟成臭がたまりません。何か吸う前から期待できそうないい香りですね~。SG社・GH社に共通するあのケンダル臭もあって少し泥臭さを感じる旨い煙草ですね。
こんなこと書いていたらまた吸いたくなってきました(笑)。

パーフェクトプラグの感想は控えておきます。
jinsenさんが途中で投げ出されたらパーフェクトプラグが可哀相ですので・・・(笑)
Commented by jinsenspipes at 2013-03-01 23:00
>すみれ草さん
おや、早手回しですね。はい。吸われたらコメントお願いします。
すみれ草さんにいわれてジャーマインのブラウンフレークを買おうとしたんですがあいにく欠品してました。
残念! 入荷したらやってみます。
パーフェクトプラグは当分パスです。ハハハ。