Jinsen's パイプ

パイプタバコの製造 -1

a0150949_2211392.jpg


 日頃たのしんでいるパイプタバコはどう作られるのか。
 ネットには厖大な情報があふれていてありがたい。お勉強したことをまとめてみた。

 1492年、コロンブスが北アメリカに達し、先住民の吸うタバコをヨーロッパに持ち帰った。

 先住民のタバコ喫煙法はじつにさまざまで、いまのタバコ喫煙のすべてにわたる。ヨーロッパ人はただこれを工業化しただけだ。マ、文明なんてそんなもの。人類10万年の歴史のなかで体験され、熟成された文化が500年ぽっちでは変わりようもない。ヨーロッパ人が見たのは、タバコ葉を噛む(噛みタバコ)、粉にして鼻から吸う(嗅ぎタバコ)、巻いて吸う(葉巻)、道具で吸う(パイプ)、分類すれば4種になる。

 噛みタバコはもっともシンプルでただ葉を噛めばいい。嗅ぎタバコは葉をすりつぶして吸う。数枚の葉をロープ状に撚ると保存に適した。細く撚ればいまの葉巻になるし、太く撚り、吸うときに端を刻めば噛みタバコにもまたパイプに詰めてもいい。現在のロープタバコあるいはツイストタバコである。加熱圧縮するプラグタバコの原型もある。大きな丸太の幹に穴をあけ、タバコ葉を押しこむ。上からきっちり栓をして数ヶ月おき、丸太を割ると固形物になっていて樹液が沁みて味わいもよい。この固形物は端を欠いて噛みタバコ、細かく刻んでパイプタバコになる。
 ヨーロッパ人はこの未知の文化を持ち帰り、自国に伝えた。スペインがもっとも早く、すでに1525年にスペインの船乗りがクレイパイプで喫煙した記録もあり、1530年にはスペインの下層階級に葉巻喫煙がみられたとされる。16世紀を通じてスペイン・ポルトガルの船乗りに喫煙の習慣がひろまり、ヨーロッパ全土に伝播した。イギリスには船乗りにより1560年頃紹介された。

 16世紀のヨーロッパでスペイン、ポルトガル、フランスなどラテン語圏には葉巻喫煙が広まったがイギリスはパイプ喫煙を好んだ。アメリカ大陸で育ったタバコ葉は樽に詰め、帆船でスペインに運び、ここからヨーロッパ各国に輸出される。イギリスも最初このスペイン物に頼っていたがのちに北米のバージニアに植民、タバコ栽培に成功し、1614年に初めての作物が到着してからは自国製に切り替える。翌年の1615年、ロンドンにはタバコ葉を売る店が7000軒あったというからタバコ喫煙文化の広がりは急速だった。

 17世紀はヨーロッパ全土がパイプをくゆらせる世紀となる。
 当然パイプタバコの製造が産業となるが、それは次回に。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-05-07 22:14 | Comments(6)
Commented by いまむー at 2010-05-09 08:46 x
いやいや、すいません!!
消えたのは多分僕のせいです。。。
多分と言うのは、酔っててよく覚えてないからですが、
昼間っから気持ちよくなってまして。。。

お騒がせいたしました。陳謝です。


街中でみんなが歩きながら、パイプをふかしてる
ロンドン。。。。
そんな時代に行ってみたいなぁ。

数年前にスペインにいたんですけども、その頃は禁煙運動もなく、マドリッドの街中に、葉巻とおばさんの香水の香りがあふれてました。
僕は好きだったなぁ、あの香り。
Commented by jinsenspipes at 2010-05-09 20:41
>いまむーさん
あ、そうでしたか。安心。
ぼくのせいで消えたかと心配してました。
ぼくはスペインは、もう20年も前かなあ。
葉巻とおばさんの香水の香り!
いいですねェ。
ぼくの記憶はリオハとハーモン・セラーノです。
居酒屋のおっさんが豚の足を脇にかかえてナイフで削いでくれた。
それをかじりながら、リオハを呑んでました。
タバコの記憶は、ムムム、無いです。
ザックにはスタンウェルのパイプが入ってたはずだけど。
Commented by いまむー at 2010-05-11 07:14 x
お!jinsenさんも行かれた事があるんですね!

リオハとハモンかぁ。なつかしいなぁ!
日本にあるスペイン風居酒屋は高いし、あんまり美味しい所はないですよね。

スペインのタバコ屋さんで一本20円位の小さい葉巻を買って吸ってました。もちろんパイプもやってましたが、何故かバリバリの着香物しか売ってなくて、タバコの味がほしくなるとふら~っとタバコ屋に立ち寄って安葉巻をふかす・・・っていうのが日課でした。

また行きたいなぁ。。。。
Commented by jinsenspipes at 2010-05-11 21:46
>いまむーさん
若い頃、ヨーロッパによくいったんですよ。
スペインは一度だけ、スイスに長く滞在してた夏に遊びにいきました。
といってもグラナダのアランブラの小さな僧院に泊り、毎夜、町で呑んだくれて昼はアランブラの花園で昼寝してました。
日本のスペイン居酒屋はいったことないけど、ベルリンではよくいきました。サングリアばかり呑んでました。
スペインのタバコの記憶はないですね。
ぼくもまたいきたい。
Commented by いまむー at 2010-05-12 03:04 x
もしかしてjinsenさんはバックパッカー世代ですか??
僕は美術大学を出たんですが、その研修旅行でヨーロッパを回りました。卒業してからは1年間マドリッドに留学してました。

そんな訳で、スイスはバスでアルプス山脈を越えただけで終わったんですが、冬の山道をスキーを履いて走ってる人がいました。ノルディックスキーの選手だったのかな??



僕が初めてブライヤーパイプを買ったのはマドリッドなんです。
見た目だけで選んだので、バーズアイは
綺麗なんですが、気道がずれていたり、それはもう吸いづらいパイプでした。でもだんだんコツがつかめてきたので、今でも現役でがんばってもらっています。

パイプっていろんな歴史が積み重なって行くところも面白いですよね。

でもこれから良いパイプを買うにつれて、出番が無くなって行くんだろうなぁ。。。。

でも、そうなっても手放せませんよね!
jinsenさんのピーターソンみたいに!!
Commented by jinsenspipes at 2010-05-12 21:12
>いまむーさん
いや、その世代かどうかは知りませんが、バックパッカーとは縁がなかったです。
ヨーロッパを歩いたのは仕事半分、遊び半分で。
あ、いまむーさんのパイプはスペインからでしたか。
バーズアイだとするとかなりな逸品ですね。
ぼくは日本で買ったピーターソンからですがミュンヘンでスタンウェルを買いました。これがいまでは一番のお気に入りです。
ピーターソンはリップが合わなくていまは使ってません。
スタンウェルはほぼ毎日。やはり年季が入ったのはひと味違いますね。
おとといまた今月分を海外発注しましたけど、マーリンフレークを2缶たのんじゃった。
2ヶ月分です。
あとマクレーランドのバージニアとG.L.ピースのペリク物をオーダーしたのでついたらレビュー書きます。
いまむーさんはあいかわらずダンヒルですか?