Jinsen's パイプ

サミュエル・ガーウィズ: フルバージニアフレーク

a0150949_1873778.jpg


 ひさしぶりに買った。半年ぶりくらいになるだろうか。やはりこのタバコは旨い。
 甘みと酸味が深いところから香ってくる。かすかに果物の香りも。深く吸うとバージニアの青臭さがくるが、充分加熱圧縮されているのでふつうは感じない。コクの深さは比類がない。
 バージニア葉の味わいにわずかに甘みと酸味がまじるところ、これを味わうとラットレーの甘みはやや人工的だと再認識される。それはそれでおいしいけれどバージニア葉本来の甘みはこちらにある。
 しかしこのタバコ、ぼくにとってひとつ難点がある。ぼくはフレークはほぐさずそのまま吸うが、このフレークは重いのだ。SG社のバージニアフレークにはもう一つベストブラウンフレークがある。識者の説によると、この2種は元はおなじバージニア・ケーキでこれをフレークに再加熱圧縮する際の工程が違うそうだ。ベストブラウンフレークはやや軽く、フルバージニアは重い。そしてベストブラウンはフレークのままボウルに詰めて問題ないが、フルバージニアやや火持ちに難がある。
 これは想像だが、日本人のドロー(吸い)は外人に比べて弱めなのではないだろうか。試しに少し強くドローすると、火持ちはよくなるが味がきつすぎるし、吸い終わって口内がやや荒れた感じがする。SG社のほかのフレークや、ラットレー、ダンヒルなどはぼくのふつうのドローで、ほとんどドローを意識せずに吸いきれる。日本人のドローは弱めで(ぼくだけかもしれないが)これは少し重いフレークなのである。
 もちろんほぐせば問題ないが、フレークをほぐして吸うのはぼくには抵抗ある。ダンヒルの古いブロシュアの「ライトフレーク」の解説にこのタバコは「戸外に適し、とくにスポーツマン向き」とある。リボンカットだと、タバコポーチにパイプの頭をつっこみ、指先で葉をかきよせなければいけないが、フレークなら1枚を二つ折りしてボウルに差しこめばいいだけだから楽チン。しかもダンヒルのフレークは小型の平缶でポーチいらず、このままポケットに入れればいい。その目的で作られたんだからやはりほぐさずに吸いたいところである。
 じつはフルバージニアを買ったときラットレーのマーリンフレークもあったので比べてみた。ぼくは缶を開けると永くても一ヶ月で吸いきるようにしている。G.L.ピースは、缶タバコは2oz缶でストックするのがよく、開けたらできるだけ早く吸え、どんどん変質して味が落ちると書いている。だいたい2oz缶はふつうのパイプスモーカーで一週間に吸いきる量を想定して作られたものだから一ヶ月でも永すぎるくらいである。余談になったが、そういう理由で常時あいた缶は(ジャーに移してあるが)せいぜい6、7缶ていどに止めている。しかしこのところ朝一番の一服は桃山でなくマーリンフレークにしているので買い置きがあり、そこで、両者を比べてみると、コク、バージニア味、ともにフルバージニアに旗があがる。しかしこの重さはちょっとヘビーで、昼間、ひょいと吸うときはマーリンフレークに手がでる。たっぷりした夕食後、いわば正座してじっくり味わおうか、というときはフルバージニアである。
このあたり、微妙だナ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-06-27 18:12 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(16)
Commented by plug at 2010-07-22 14:43 x
ご無沙汰です。
Jinsenさんのレビューを読んでFVF試してみました。
もともとベテランさんたちからもちょこちょこ聞く銘柄でしたのでこれを機にと思いまして。
純粋にバージニアをぎゅっと凝縮した味と言えばいいんでしょうか?だいたいまだまだ経験不足で比較が難しいですが、マーリンフレイクに比較し自然な甘みを感じることができました。同時にコモンウエルスも手に入れたので楽しみです。
Commented by jinsenspipes at 2010-07-22 22:17
>plugさん
やあ、ひさしぶりですね。
FVF試されましたか。
じつはぼくもplugさんと同意見です。
マーリンフレーク(というかコールハス社のラットレー)は甘みがやや強い感じがするんです。SG社のほうがナチュラルでだとぼくは思うんですが。
それとおなじSG社でもFVFとBBFを比べると、FVFが圧倒的に深みがある。ぼくの語彙では書ききれませんが、FVFをじっくり吸うと、バージニアの香りの裏に、甘みや酸味、それとお花のようななんともいえない微妙な味がからんでじつに素敵です。
コモンウエルスもすばらしいですよ。バージニア味とラタキア味がストレートにくるのに軽いんですね。ダンヒル系はオリエント葉が前面にきますけど、こちらは(ラタキアもオリエント葉ではあるけど)スモークされた、やや脂っこい、革製品の匂いのようなラタキアがお鼻のまわりに漂ってしあわせになります。
試されたらまた書きこんでくださいね。
Commented by hooker at 2010-10-10 03:26 x
はじめまして。
jinsenさんのレビューを拝見していると、jinsenさんは本当にパイプを楽しんでいらっしゃるんだなぁと感じます。私はFVFを上手に吸えません。香り・甘味・酸味、手が届かない遠いところにあって、引き寄せられない感じです。1枚で2時間くらいかかるし。吸うのに「覚悟」が要ります。自身初ペリクのSt.JamesFlakeも買いましたが、何時になったら開封できるか…
Commented by jinsenspipes at 2010-10-10 09:31
>hookerさん
やあ、ありがとうございます。
いやぼくもFVFはちょっと手こずります。
ドローが、外人とぼくらとはやや違いがあるのかなとなぐさめたりしてます。
1枚に2時間かけるのは、いい吸い方してらっしゃいますね。
たしかに「これから2時間吸うんだ」と思うと覚悟がいりますね。
St James Flakeはとてもおもいしいし、こちらはうんと吸いやすいですよ。
吸われたらまた感想などお寄せください。
Commented by hooker at 2010-10-10 15:34 x
jinsenさん、ありがとうございます。
半ば修行のようになりかけていたFVFですが、楽しんで吸いたいと思います。
ラットレーも挑戦したいです。
Commented by jinsenspipes at 2010-10-10 15:52
>hookerさん
FVFはほぐして吸うなら問題ないけどそのまま詰めるにはコツがいるみたいです。
ボウルの径や深さが、折りたたんだフレークとうまく密着し(少し隙があり)ぐあいを吟味したらいいです。
隙が多すぎるとドローしても空気ばかり吸いこんでしまう。必然的にドローが強くなり、旨くない。
もしかしたらちょっと乾燥させたほうが火持ちがいいのかもしれないけど試したことはありません。
その点、ダンヒルのフレークなんか楽でいいですねェ。
ラットレーは旨いです。吸いやすい。火持ちは一番じゃないでしょうか。
ぼくは朝一番のパイプは永年桃山でしたけどいまはラットレーの「ハローザウィンド」になりました。
海外通販で買って安いというところもあるんですけどね。
苦労するのも楽しみの一つじゃないでしょうか。
たばこは一つひとつ癖があり、それに合った吸い方をみつけると、そりゃあもう、最善の味を繰り出してきます。それをみつけるのは苦労だけど、こういう苦労はたのしいです。
おんなの子とおなじ……なんていったら叱られるかな。
Commented by hooker at 2010-10-11 18:21 x
jinsenさん
何度も申し訳ありません。
ほぐしてみました。
美味しかったです。
FVF嬢が少し微笑んでくれたようです。
でも、ちょっと調子に乗りすぎたのか、過燃焼になってしまいました。
FVFはほぐすのも一苦労でした。
Commented by jinsenspipes at 2010-10-11 18:27
>hookerさん
あ、よかったてすねェ。
微笑みましたか。
過燃焼しないで、じっくり可愛がってあげれば、もっといい姿態が出てきますよ。
あ、ほぐすの、苦労しましたか。
なーにぐずぐずに、くちゃくちゃほぐせばいいんですよ。
でも、よかった!
Commented by mifune55555 at 2010-11-23 23:08
はじめまして、パイプ初心者です!
Jinsenさんを含め、いろんな方のパイプ煙草レビューを読みあさってます。
ラットレーのブラックマロリーが美味しかったのでマーリンフレイクが欲しいと思ったのですが、ここのブログ読んでFVFを買ってみました!
今吸ってますが超旨いです!
Commented by jinsenspipes at 2010-11-24 00:25
>mifune55555さん
ありがとうございます。
ありゃあ。初心者なんておっしゃりながら渋いのをやってますねェ。
偶然ですが、いまサミュエル・ガーウィズのベストブラウンフレーク(BBF)をやってました。
FVF、旨いですよねェ。BBFもいいですよ。
ここのところ朝の一服はハローザウインドにしてますがいまのラットレーはやや味が濃い。
サミュエル・ガーウィズがバージニアとしては素直でいいですね。
甘み、酸味、香り、ほんとにバージニア葉そのものの味をひきだしてます。
またときどきお立ち寄りください。
いろんな葉の感想などお聞かせくださいね。
Commented by mifune55555 at 2010-11-24 02:22
どーも!
初心者ですが渋いですよー!!
吸い方はめちゃくちゃですが…
やはり上級者の方が長年の経験で辿り着いた常喫銘柄は旨いのばかりですね。
サミュエル・ガーウィズは以前ファイアダンスを吸ったことがあって大変お気に入りだったのですよ。
確かBBFの着香バージョンってどっかに書いてあった気がしました。次回あたりBBF狙ってみます。
でもラットレーをはじめて吸った時の味の濃いさも忘れられませんしねー。色々迷いながら次の購入銘柄を検索するのは楽しいですね。
Commented by jinsenspipes at 2010-11-24 16:21
>mifune55555さん
ファイアダンスはだいぶ前に一度やってちょっと味を忘れてました。
こんど買って吸いなおしてみます。
ラットレーの味の濃さは一つにはストーブド・バージニアの濃さでしょうね。
もう一つはケンタッキー葉じゃないかと思います。さほど確信ないですけど。
おとといまでハローザウィンドを常喫してて、昨日からSGのBBFを開けました。
そしたらBBFの素直なバージニア味にあらためて感動しましたね。
甘みも酸味も、じつにナチュラルでいい。
しかし、ふとハローザウィンドのこと思うと、あれはあれでまたいいんですね。
やはり看板ブレンドはそれぞれ個性があっておいしい。
おっしゃる通り、つぎ何買おうかなと迷ってるときってしあわせですね。
Commented by 文月 at 2013-03-25 19:05 x
昔良く吸っておりまして、jinsen様の記事を読んで久しぶりに……と購ったのですが、情けないようなペラペラのフレークになっておりました。以前はもっとしっかりと厚みがあったように記憶しているのですけれど、気のせいでしょうか。それとも仕様が変更されたのでしょうか?
Commented by jinsenspipes at 2013-03-25 20:57
>文月さん
おっしゃる通りですね。
ほんの数年前はボテッと厚いフレークで、ぼくは4つ折りにして縦にいれてました。
いまはペラペラだし、裁断もラフで、1枚1枚まちまちですね。
しかたないから絨毯を丸めるようにくるくる丸めていれてます。
フレーク物はしょっちゅう仕様が変わりますね。
ダンヒルも昔は細長かったですが、いまは幅がありますし。
ただ、SGのフレークはいまは皆、これとおなじですよ。
BBFは前はブロークンフレークでしたがいまはFVFとおなじです。
Commented by 文月 at 2013-03-25 21:21 x
やはりそうでしたか。心なしか昔の方が味わい深かったような気がするので、出来れば元に戻していただきたいものです。
ダンヒルフレークやソラニのエイジドバーレイフレークのように幅のある方が好きですねえ……。そういえばソラニのエイジドバーレイフレークはダンヒルフレークと缶の作りや煙草の包み方がそっくりなのですが、何か関係があるのでしょうかね?
Commented by jinsenspipes at 2013-03-26 00:07
>文月さん
そうですか。
FVFの味は昔と変わらない気がしてますけど、どうでしょうか。
じつは前のコメントをいただいたときFVFをやってました。
あのじわじわくる甘みと酸味はほかのたばこでは味わえないようにぼくは思います。
ソラーニはぼくは未体験で何ともいえません。
ダンヒルはデンマークのオーリック製ですがソラーニはどこが作ってるんでしょうか。
オーリックだとするとそのあたりに類似性があるのかも知れませんね。
それについてはまったく無知なので、すいません。