Jinsen's パイプ

ラットレー: オールドゴーリー

a0150949_12115878.jpg


 ようやくこの名品が吸えた。うーん。評判どおり。おいしい。
 ラットレーの昔のパンフレットを読むと、pure virginiaタバコとしてブラウンクルーニー、ハローザウィンド、そしてこのオールドゴーリーの3種がのり、とくにオールドゴーリーはイギリス伝統製法で作られ、添加物も何もないバージニア葉オンリー、イギリス人ならvade mecum(必携)のタバコだ、とある。このパンフにはマーリンフレークは掲載されてない。そしてネットのタバコ販売店のカタログにはマーリンフレークはオールドゴーリー同等品と書かれていた。
 どうやらマーリンフレークとオールドゴーリーは、サミュエル・ガーウィズ社のフルバージニアフレークとベストブラウンフレークの関係とおなじと想像される。識者によると、SG社のフルバージニアとベストブラウンはおなじイギリス・ケーキから作られ、その後のフレーク処理の過程が違うそうだ。そしてフルバージニアはフレークそのものだがベストブラウンはブロークン・フレークが混在し、初心者には吸いやすいし、やや軽くしてある。ベテランは重厚なフルバージニアを選び、初心者はベストブラウンで充分そのよさを知ることができる。
 ラットレーでいうと、マーリンフレークは細切りフレークだがオールドゴーリーはブロークン・フレークで、やはりおなじ違いがある。細切りとはいえフレークタバコは敷居が高いというかた、またリボンカットに慣れたかたならほぼ同等のブロークン・フレークが吸いやすい。
 ラットレーは現在ドイツのコールハス社が製造するが、同社によると、マーリンフレークの葉組はダーク・バージニアのブラック・キャベンディッシュ+わずかのベリク。オールドゴーリーはダーク・バージニアにケンタッキー葉を混ぜ、やはりわずかのペリクを加えたとある。もともとはどちらもバージニア葉オンリーだったが、おなじ味をだすために隠し味としてペリクが加味され、さらにオールドゴーリーにはケンタッキー葉を混ぜて腰を強くしてあるようだ。しかしぼくの味覚ではケンタッキー葉は感知できない。このあたりはコールハス社の苦心の結果だと思われる。
 製法も、オリジナルはイギリス・ケーキから出発しているはずだが、いまはそんな手間のかかる製法はとらず、マーリンフレークはキャベンディッシュ製法で作られ、オールドゴーリーは(コールハス社の説明によると)3ヶ月ほど圧縮熟成したのち手でわらわらにほくどしたとされる。
 ペリクにしてもほとんどわからないていどである。いわれてみるとこの甘さはペリク独特のジュースのせいかと思われるていど。ペリク臭はまったくなく、隠し味になっている。
 ぼくはもともとのラットレー製品を知らないがコールハス社は苦心惨憺、オリジナルの味を現代製法でだす策をねっているようで好感がもてる。
 コールハス社のラットレーの一番の弱点は甘みが強調されている点で、スコティッシュ・ブレンド(ラタキア物)もこのバージニア・ブレンドもちょっと甘みが出過ぎている。このあたりは近年、お酒が甘口になりつつあるのと関係あるかもしれない。これも時代かと思うし、ぼくにしてもそれが嫌だというほどではない。

(追記)
 喫煙の後半で、いわれてみればケンタッキーかなという香りがあった。前半はまったくバージニアの香りのみだったが……。これは想像だが、このケンタッキーはペリクではないか。アカディアン・ペリクはケンタッキー・バーレーを漬けこむのでどうしてもケンタッキーの香りが残る。それではないかと思った。もっともいわれてみればそうかなというていどでほとんど感知できないのではあるが。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-07-10 12:16 | ラットレー | Comments(8)
Commented by ぽんたろう at 2011-06-08 12:49 x
これも旨い煙草ですね・・・ただ私の好みはマリンフレイクのほうですかね。マリンフレイクほどの感動がなかったのが残念です。
Commented by jinsenspipes at 2011-06-08 15:04
>ぽんたろうさん
同感です。
ぼくもマーリンフレークは常喫してますがこちらはほとんど買うことがありません。
Commented by plug at 2012-03-03 13:22 x
こんにちは。
先日の発注でこれの100gを購入したので最近連投してます。
朝から吸ってみたり食後に吸ってみたり様々なシーンで試してますが、どうも食後の方が合うみたいです。(朝一で吸ったりしますがw)ただ、これもつい、SGのベストブラウンフレークなどと比較してしまうんですが、わかりやすい味という印象です。SGは軽くしかも味わい深いというか、結局SGが好きなんでしょうね、つい基準になってしまいますwとりあえずこれを100g喫了したらマリンフレークにいきたいと思ってます。
Commented by jinsenspipes at 2012-03-03 21:23
>plugさん
SGとの比較、同感です。
SGは、やわらかくしかも味わい深いですね。
そのあたりは伝統の重みでしょうね。
ラットレーのオリジナルもそうだったかもしれないし。
あ、ぼくもマーリンフレークを注文したところです。
SGのFVFがいま終り、こんどは(着いたら)マーリンフレークです。
Commented by すみれ草 at 2013-05-16 22:20 x
こんばんは、お邪魔します。
先日初めてラットレーのマーリンフレークを吸ってとても旨かったので続けてこのオールドゴーリーを購入してみました。マーリンフレークと比べると甘さやぺリクがかなり控えめなので地味な印象を受け最初は「なんか、物足らないな~」みたいな感想だったのですが、一缶吸い続けていたらこの煙草の良さが少しだけ分かるようになった気もします。辛口の味に仕上がっているのはケンタッキー葉によるものでしょうか?ついSG社のブラッケン・フレークを思い出してしまいました、香りにも共通するものがありますね。
ラットレーの他の銘柄もいろいろ試してみたくなりました。
Commented by jinsenspipes at 2013-05-16 23:32
>すみれ草さん
いらっしゃーい。
マーリンフレークはかなり甘いですよね。吸いやすいたばこです。
オールドゴーリィは、いまちょっと記憶をたどってみたんですが、ここのところやってないのではっきりしない。
ただぼんやりあるのは、ぼくはあまりケンタッキーを感覚しなかったようです。
ブラッケンフレークはケンタッキーがかなり強いですよね。
いわれてみると、共通点があるかもしれないですけど、うーん、ちょっと自信ないです。
しばらくやってないのでオールドゴーリィをこんど買いなおしてみます。
そのとき報告しますのでしばらくお待ちください。
Commented by すみれ草 at 2013-05-17 22:37 x
お返事ありがとうございます。

マーリンフレーク、オールドゴーリー・・・おっしゃるようにどちらも吸いやすいですね、煙草によってはまだまだ上手く吸えない初心者なのでとても助かります。
マーリンフレークはぺリクを強く感じました。ぺリク入りの煙草はオーリックのゴールデンスライスドとSGのセントジェームスフレイクしかこれまで吸ったことがなかったのですがマーリンフレークのぺリクも美味いですね。独自の臭気と舌に刺さるような感触はゴールデンスライスドのぺリク味に近いと思いますし、セントジェームスフレイクのぺリク味も少し感じるし「これはアカディアンペリクに本物ぺリクが少し混ざっているのだろうか・・・?」などと勝手に想像(妄想?)しながら吸っていました。

私の感想は、まあ・・軽く聞き流してやってください。(笑)
ベテランの方が読まれたらきっと笑われるようなことを書いているような気もしますので。

それにしてもパイプ(煙草)の世界は広くて深くて楽しいものですね。
たくさんの魅力的な煙草を紹介してくださっていることに感謝しています。
Commented by jinsenspipes at 2013-05-18 21:28
>すみれ草さん
いい味覚をお持ちですね。
ぼくもペリク党なのでペリク入りは大好きです。
日本人は漬け物とか梅干しとか好きだから乾いたラタキア物よりペリクが合ってるんじゃないかと思ったりします。
ただ、本物ペリクはもうないんじゃないでしょうか。
いまジャーマインのペリクミクスチャーを吸ってますがこれもアカディアンになっちゃったようですよ。
ぽくのペリクへの傾倒は昔のスリーナンズから始まったんでちょっと偏っているかなとも思います。
昔のスリーナンズは、おそらく製法なんでしょうが、すばらしいペリク風味で、梅酢に漬けたんじゃないかと思ったほどです。
いまのスリーナンズはペリクはなくてケンタッキーだけですからまったく別物です。
ほんとにパイプたばこの世界は宏大ですね。
最近、マクレーランドを吸いだしてまた一段とそれを実感しています。