Jinsen's パイプ

ガーウィズ・ホガース:  ロープたばこ3種

a0150949_21292914.jpg

 ロープたばこはパイプたばこの歴史でもっとも古い形態である。
 コロンブスがアメリカ大陸に達してたばこをヨーロッパに紹介したが、真っ先にこれを好んだのは船乗りだった。ラム酒に劣らず強い酩酊感のあるたばこは荒くれ船乗りのまたとない慰安になる。しかし長い船旅でもたばこ葉を乾燥させず、香りを逃さないためには工夫が必要だった。まず考案されたのがお手のもののロープに撚りあげる方法である。
 船乗り達はたばこ葉にたっぷり海水、ラム酒、甘味剤を染ませてロープに撚りあげた。やがて喫煙がヨーロッパ人の嗜好品となり、産業に発展したとき、このロープたばこはパイプ喫煙の標準形態となるのだ。
 1792年、現存する最古参のたばこ会社、サミュエル・ガーウィズ社の創立時、メイン商品はこのロープたばこで、おそらく当時は無数のロープたばこ製造会社があったことだろう。ロープたばこは商品名として、twist、pigtail、bogieなどと呼ばれるが、SG社とその兄弟会社ガーウィズ・ホガース社のカタログにはいまでもこの名が読める。SG社の創立から200年、その前のコロンブス時代からすると500年の歴史のあるたばこがいまでも吸えるのだから驚きだ。
 ぼくの関心もまったくそこにあった。たまたまこのブログにコメントを寄せてくださるmifuneさんにイギリスの通販会社をご紹介いただいたのでさっそく注文することにした。カタログを見るとガーウィズ・ホガース社のほうが商品が充実し15種のロープたばこがある。そのうち3種を選び、バルク(秤売り)販売なので、一番少量の25gずつを注文した。

 Kendal Brown Bogie(通称Happy Bogie)ブラウン・ボギー(写真の一番下)
 Kendal Black Bogie ブラック・ボギー(真ん中)
 Kendal Black XXX ブラックXXX(一番上の太いの)

 掲載した写真の量がそれぞれ25gである。ただしブラウンとブラックは秤量が少なかったのかおまけの小片が2、3入っていた。
 おわかりと思うがロープたばこは葉巻とよく似ている。外側を薄いラッパーでくるみなかにフィラーが巻いてある。じつはたばこの歴史上、この船乗りのロープたばこはのちにパイプ用、噛みタバコ用、葉巻と、わかれて発展する。これがすべてのたばこの元祖なのだ。
 さっそく吸ってみた。
 まずブラウン・ボギー。カタログの解説にはナイフで薄切りのコイン状に切り、ボウルに重ねればいいとある。ロープの径はおよそ1cmで、試しに厚さ1cmだけ切り出し、40年愛用のスタンウェルに詰めてみた。スタンウェルのボウル径は18mmなのでスカスカかと心配したが、切り出すとき薄いラッパーはばらばらになり、なかのフィラーもぐずぐず、入れてみるとちょうどいいぐあいである。1cm厚を3個切り出して詰めるとボウルトップまでいっぱいに収まった。
 着火にやや手間どるが、火がつくとあとはおだやかに燃えつづける。
 うっ。強いッ! 超ストロング! たちまちニコチンがからだを駆けめぐり、お目めパッチリ、すばらしい酩酊感である。なるほど荒くれ船乗りにはこれでなくてはいけないのネ。
 バージニア葉オンリーのはずだが日頃のあの青臭さや酸味、甘みはごくわずかでもっぱら強烈な「たばこを吸ってます」という感覚がきた。ウン十年前に初めてたばこを吸ったときの衝撃がもどってきた。日頃やってるダンヒルやラットレーなんぞこれと比べるとお菓子を食べてますという感じ。香りがどうの、酸味がどうのという前に「たばこ」の感触がある。
 3種は3日にわたって吸いくらべた(1日に3服はとても無理)。
 もっとも原始的なのはブラウンで一番強烈、ブラックはやや加熱加工してあるようで香りがあり、幾分マイルド(といってもかなりな強さだが)ブラックXXXも同様だがこちらは径が2cmほどでヨーロッパの標準パイプ径の1インチ(25mm)にはちょうど収まりがいいのだろう。
 海外のレビューを読むと、ロープたばこは葉巻と喫味が似ていると書く人がいる。また切り出しにはシガー・カッターがいいらしい。ぼくは葉巻はやらないのでこのあたり不明だが、紙巻きに似てるという感じはあった。つまりニコチン依存者にとっては味わうより何よりまずニコチンの酩酊感がこなくてはいけない。利くゥ、という感じがなければ吸った気にならない。昔の船乗りにとっては何よりこれが大事だったのだと思う。ぼく自身、外出時は紙巻きを吸っているが、第一の目的はニコチン補給である。
 しかし現代のパイプ愛好者は味や香りをたのしむほうに向いている。そうなるとロープたばこの需要は減少するばかりかとも思われる。
 このたばこはぼくの常喫銘柄にはならないと思うが、パイプたばこの原点を知る、いい勉強になった。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-03-07 21:38 | ガーウィズ・ホガース | Comments(10)
Commented by mifune at 2011-03-07 23:00 x
おおおお!僕も気になってたロープですね!
歴史を感じさせられる煙草って魅力的なんですよねー
いつか試してみたいと思います。
僕の方はDark Flake Scentedが届きましたが…
僕個人の感想を述べると「大失敗」でした!
トンカビーンズと書いてあるのですが、全然トンカの香りしないんです。
なんというか風呂上りのおじさん?マンダム?ローション?
というような整髪量のような着香なのですよ。
後半、着香の香りが薄くなってバージニアが強く感じられるのですが、このバージニアはすごく良いんですよ。
ですのでDark Flake の着香無しの方は凄く旨いと思いますが、
こちらのDark Flake Scentedは僕は人にオススメできませんね。
こんなのもあるんだなーと、良い勉強になりました。
Commented by jinsenspipes at 2011-03-07 23:49
>mifuneさん
いやあおかげさまでいい経験できました。
これも、マ、みなさまにお薦めするようなものじゃなく、歴史体験をしてみたいというていどの好奇心です。
ただしばらく吸うとまた別の面が見えてくるものなのでそのときまた書きます。
しかし強烈に強い。海外のレビューでもvery strongのオンバレードです。
ただそのなかにこれが私の永年の常喫たばこ、と書いてるかたもいて考えさせられます。
Dark Flake Scented。そうでしたか。
ということはUnscentedのほうがおいしそうということになりますね。
いやあ、おたがいに未知の世界を探求してますね。
Commented by plug at 2011-03-10 16:16 x
こんにちは!すごい!グロテスクといっていいほどのお姿。私がパイプタバコではニコ酔いせず、葉巻では酔いやすい訳がよくわかりましたw
さて、先日購入した1792フレークとブロークンスコッチケーキですが、実はちょっと失敗でした。まず、1792フレークなんですが、トンカビーンズの香りがはじめ苦手でした。でも965のこともあるので頑張って毎日吸ってましたらやはり慣れてきてあのほんのり香る甘みが好きになってきました。でも今まで吸った中でもニコチンがきつく調子にのって吸ってるとやられます。それから、ブロークンスコッチケーキですが、これもまた素直な甘みがとても好印象です。ではなぜ失敗かというと、組み合わせがです。私の場合、ヴァージニア、着香、ラタキアをそれぞれ一銘柄ずつ楽しんでいるのですが、どうも私の中でこのニ銘柄は味がバッティングしてしまってて飽きてくるんです。もちろんどちらもいいタバコであることには変わりありません。でもこういうこともあるのだなと痛感した次第です。両方とも味の面でおとなしいのですかね?965に対する欲求が強くなりました。
Commented by jinsenspipes at 2011-03-10 17:43
>plugさん
あ、よくわかります。
SG社とGH社、どちらもケンダルの会社だから香りが似てるんですよね。
それをつづけてやるとちょっと食傷ぎみになるかもしれません。
ぼくはいまたまたまラットレーのオールドゴーリーが空いてて、朝一番はこれ。
午後とか、練る前とかにプロークンスコッチケーキをやるのでバランスがとれてます。
(そういえばラタキアをきらしてるなァ。吸いたくなった!)
1日中ケンダルたばこ漬けになるとやはりtoo muchになりますね。
plugさんは葉巻もお吸いですか。
でしたらロープたばこは合うかもしれませんよ。
ただブラウンは強すぎる。ブラックのXXXあたりがいいかもしれません。
SG社にもブラックXXがあり、これは国内で買えますよね。
なんて薦めといてまた合わなかったら申しわけない。
話のついでと思っててください。
Commented by plug at 2011-03-11 09:09 x
「申し訳ない」ってこちらこそ申し訳ないですw何事も経験。これも又楽し、です。前にも申しましたように最近jinsenさんのあとばかり追っかけてますのでこれからも宜しくお願いします。
葉巻についてですが、ツイッターのフォロワーさんには猛者が多く私などは話しにならない程度です。だいたい、懐具合がついていきませんw。さて、お勧め、早速次の候補にしっかり加えておきます。楽しみ♪です。で、1792は国内の煙草専門店で通販にて購入したのですが、おまけで少しですが、「ガレリア・フォックス&ハウンド」「ラールセン・№32カーリーフレイク」がついてきました。ガレリアは50g1200円と安価なようですが、これはこれでOK!感じでした。つい、価格で判断しそうになりますが、やはり偏見なしに色々試してみなければと改めて思いました。
Commented by jinsenspipes at 2011-03-12 17:14
>plugさん
昨日は地震で帰宅が深夜になっちゃった。返信おくれてすいません。
葉巻は高いですよねェ。ぼくの財力ではとても買えません。
ラールセンのカーリーフレークは10年も前にやったことがあります。
おいしいバージニアですよね、たしか。
缶入りで、4角だったり丸かったりしてましたよね。
ガレリアは未体験です。
ぼくも吸ったことのないのがたくさんある。
これから先のたのしみですね。
Commented by plug at 2011-03-13 14:18 x
大丈夫ですか!?お見舞い申し上げます。
こんなときでも煙草は癒してくれますから。
Commented by jinsenspipes at 2011-03-13 23:33
>plugさん
ありがとうございます。
全然だいじょぶです。
ただ友達からしきりとメールがきますが茨城はたいへんです。
部屋がめちゃめちゃになったとか、断水してるとか。
明日からは停電が始まりますね。
うーん。
いまさらながら地震の怖さを実感してます。
Commented by いまむー at 2011-08-12 22:23 x
スート・ラム・ツイストをやってみました!
ラムは感じなかったですが、もう、葉巻ですね!!
昔は葉巻もやっていたので、葉巻に比べれば安いし、
これも常喫けっていかな??
Commented by jinsenspipes at 2011-08-13 12:10
>いまむーさん
そう、この手は葉巻の味がしますね。
ラッパーの葉が葉巻の葉らしいです。