Jinsen's パイプ

ダンヒル: ナイトキャップ ( Nightcap )

a0150949_1145540.jpg

 オーリック社製のいまのダンヒルは8種あるが、3種は未体験だった。DeLuxe Navy Rolls、Standard Mixture、ナイトキャップの3種でどれも日本では入手できない。なかでも海外通販会社で人気の高いナイトキャップは売り切れが多くたまたまみつけたのでうれしくなって注文した。
 缶を開けるとラタキアの匂い、しかし965などと比べるとやや薄い感じ。火をつけると、ああ、やっぱり! ペリクが底にあるので全体がマイルドになっていた。葉組はバージニア、ラタキア、ペリク、オリエントでその混じりぐあいがじつにいい。ペリクは舌に甘酸っぱくからみ、ラタキアはもっぱら香り、そして口内にはバージニアのふくよかな感触。そのすべてが渾然と混じりあいしかし密やかに主張してくる。ダンヒルの傑作レシピである。
 ダンヒルたばこにはバージニア葉の味わいを追求したフレークがあり、充分料理したストーブドバージニアのロイヤルヨットがあり、ラタキアとバージニアの配合の妙の965がありと、どれもくっきりした特徴をもつが、ペリクをブレンドしたものは少なくて現行商品ではナイトキャップとDeLuxe Navy Rollsだけである(後者はバージニアとペリクのみのいわゆるVaPerだがぼくは未体験だ)。なのでナイトキャップはペリクを含む貴重なレシピになる。
 じつはオリジナルのダンヒルたばこにはElizabethan MixtureというやはりVaPerがあったがオーリック社製のラインナップにはない。古いダンヒル社のカタログによるとこのたばこはエリザベス一世女王統治時代(17世紀初頭)に開拓されたアメリカの最も古い植民地で栽培されたバージニア葉を使っているとある。ただぼくの記憶では数年前にマレー社製らしいこのたばこが日本のショップに入荷したことがあったが買いそこねた。
 たまたま965を常喫していたので比べてみた。どちらもラタキアの香りと甘さがある。しかし965の甘さはキャベンディッシュからくるからやや乾いた感じ、ナイトキャップはペリクからくるので甘酸っぱく湿っている。ラタキアは強烈な個性をもつスパイシーたばこなのでその強さを発揮するほど多量に使いつつなお味わいをマイルドにするにはそうした中和剤がいるのだろう。
 ナイトキャップの発売は1951年でダンヒルの商品としては遅いほうになる。さらにElizabethan Mixtureになると1971年発売だからすでにダンヒルはCarreras社に買収されまもなく自社製造を断念してマレー社に移管する(DeLuxe Navy RollsについてはダンヒルのHistory Bookには無く、よくわからない)。ペリクを含む商品の開発が遅いのは不思議だが、じつはダンヒルのMy Mixture(顧客のオーダーによるブレンド)は1917年からペリク入りがカタログに載っている。それをFactory Blend(自社製造オリジナル商品)にしなかったのはペリクの葉が入手難だったからではないかと想像している。前にあげたダンヒル社のカタログを読むとナイトキャップとElizabethan Mixtureの説明に「高価なペリクを加えてます」とある。バージニアやラタキアには「高価な」という但し書きはないから、ペリクは実際に高価、つまり入手困難だったのではないか。極端なペリク愛好者は別としてふつうのパイプスモーカーならラタキアの中和剤はキャベンディッシュの甘みで充分、あえてペリクを必要としなかった。と、まァ、これはまったくのぼくの妄想だが、そんなことも考えてしまった。
 しかし、ダンヒルがあえて発売したペリク入りナイトキャップがいまは965と並ぶベストセラーになっている! 
 このあたりは嗜好品の宿命で、価値を決めるのはユーザーということ、おもしろいネ。
 追記: ぼくはオーリック社製ロンドンミクスチャーにもペリクを感覚する。しかしオリジナルにはペリクの記載は無く、これはオーリック社独自の裁量だと思う。オリジナルのもつ甘みや熟成感をだすために微量のペリクを入れるのはよくあることだからだ。しかしこれはまったくぼくの独断であるいはペリクは入ってないかもしれない。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-05-16 11:49 | ダンヒル | Comments(19)
Commented by くつした at 2011-05-16 22:46 x
こんばんわ。ストーブドバージニアって何なのなですか。ビュテラのロイヤルビンテージ・ダークストーブを買ったのですが、分からず困ってました。
Commented by jinsenspipes at 2011-05-16 23:11
>くつしたさん
料理とおなじです。
充分火を通して料理する。英語だとcooked virginiaともいいます。
バージニア葉は草ですからもともと青臭い匂いがします。桃山なんかはかなり青臭くてそれがまた魅力の一つになってます。hay type(干し草ですね)とかgrassyと呼ばれます。
ダンヒルのフレークは加熱・圧縮してますからだいぶ薄れてますがやはり青臭さは残ってます。
ロイヤルヨットは充分火を通し、料理されたバージニアなので青臭さは無く、やや脂っこい、ときにミルクのような味に変質してます。これがストーブドバージニアの特徴です。
Commented by jinsenspipes at 2011-05-16 23:47
>くつしたさん
追記です。
ぼくは自分でパイプたばこをブレンドしたりしないのでこれはネットの記事の受け売りですが……
自分でストーブドバージニアを作るには、オーブンやクロックポットを使って加熱してるようです。クロックポットはアメリカで普及している電気煮物鍋で炊飯器みたいな形状です。
海外のスモーカーはバージニア葉の舌焼けを嫌い、ストーブする人が多いようです。もちろん加熱することで味も変わりますが。
たばこ会社は文字通りストーブに入れて加熱します。
Commented by hooker at 2011-05-17 14:46 x
こんにちは、hookerです。dunhillのペリク、気になりますよね。nightcap購入したのですが、もったいなくて開封できません。もう一つ、気になっているのが、SGの着香物です。PERFECTIONとFIRE DANCEを発注しました。FIRE DANCEは乾燥させて吸うと良いとのレビューがありますね。楽しみですが、ちょっと怖いです。
Commented by くつした at 2011-05-17 15:13 x
わざわざ詳しい説明をありがとうございました。うんとタメになりました。じつにお詳しいですな。
ヘイタイプという言葉もよく目にしてましたが、意味がわからないでいましたが、そういうことでしたか。
ラットレーハローザウィンドがミルク風味がすると思ってましたが、そうでしたか。となると、ダンヒルロイヤルヨットは吸ったことがありませんが、ハローザウィンドに喫味は似てますか?
あと火を通すというのは、鍋で水と一緒に煮るということですか?
Commented by jinsenspipes at 2011-05-17 18:28
>hookerさん
やあ、ひさしぶりです。
アハハ。買ったのにやってないんですか? もったいない。
ナイトキャップは旨いです。ほんとに旨い。
ぼくもじつはファイアダンス買いました。これたのしみです。
いまナイトキャップと、マーリンフレークをやってるので、空いたらつぎに吸います。
SGは日本でもだいぶ品薄になってきましたね。
ちょっと心配です。
Commented by jinsenspipes at 2011-05-17 21:20
>くつしたさん
いい味覚をお持ちですねェ。
ハローザウィンドはストーブドバージニアですからミルク味がするはずです。
バージニア葉は加熱すればするほど脂っこい、ときにミルク味が強くなりますから。
ただぼくはロイヤルヨットにはミルク味を感じますけどハローザウィンドはあまり感じたことがありませんでした。それはたぶんペリクのせいだと思います。ハローザウィンドにはわずかにベリクが加味されていてその酸味がミルク味を殺いでいるんだと思います。
しかしくつしたさんがミルク味を感触されたとしたらそれは正解。ぼくより鋭い味覚をお持ちですね。
ハローザウィンドとロイヤルヨットはおなじストーブドバージニアで喫味は似てるはずですが実際はやや異なります。ロイヤルヨットは甘みに蜂蜜を使っている(とぼくは思います)ので、よけいミルク味が強調され、あの独特の風味がでてます。ハローザウィンドはペリクの酸味が下地にのってこれまた独特です。
「火を通す」と書いたのは「煮る」ではありません。「ストーブする」つまりキャンプに使うコンロのように器具にいれて下から燃やして加熱する方法です。
Commented by くつした at 2011-05-19 00:16 x
いやあ、わたしの場合、ハローザウィンドはミルクの味ではなくミルクの香りなんです。舌で感じるほどではないんです、どうも。
ところで貴君はハローザウィンドとマリンフレイクの、どっちが旨いとおもいますか?マリンフレイクは、わたしは吸ったことがないのですが。あとこのナイトキャップと写ってる木の像は何か由緒ある品なのですか?
Commented by jinsenspipes at 2011-05-19 01:17
>くつしたさん
なるほど。ミルクの香り。味と香り、そのあたり微妙ですね。
ハローザウィンドとマーリンフレイク、どちらかなあ。違う味だからどちらともいえないなあ。
マーリンフレークはペリク味が濃いです。VaPerという感じです。ただバージニアもいろんな含みがあってとてもおいしい。いまのところぼくは毎日マーリンフレークをやってます。
写真についてですが、アフリカのタンザニアにいったとき買ってきた木彫りの彫刻です。黒檀の原木に大勢の人の姿を彫りこんだもので手作りですからおなじ物は二つとない。いまの世の中でこんな逸品を作る作家がいたら車が買えそうな高価な芸術品になりそうだけどじつは路上の無名のアフリカ人がコツコツ作って売ってるんですね。ダンヒルたばこ1缶のお値段。
対比したくなったというとカッコいいけど、マ、ナイトキャップだから夜のムードがほしくって並べてみました。
Commented by いまむー at 2011-05-21 23:05 x
おひさしぶりです!気が付いたらもう夏日和ですね。

ナイトキャップ!!大好きでした。
日本で手に入らなくなってからはやってませんが、
僕はペリクが入ってるというだけで、何でもおいしく感じちゃいます。最近は海外でも在庫が出てきてるのかな?
絶対に仕入れたいと思います。
Commented by jinsenspipes at 2011-05-22 00:25
>いまむーさん
やあ、いらっしゃい。
ナイトキャップはこれが初体験でした。
旨いたばこですねェ。
なんで日本で買えないんだろう。
いまはアメリカ通販会社でもダンヒルは買えます。
せめてもの救いですね。
Commented by いまむー at 2011-06-22 21:15 x
大量に仕入れたナイトキャップやってみました。
期待した通りの芳香。膨らみ。厚み。ボディー感でした。やっぱりこいつは旨いです。
満足感もあるし、この値段でこんなにも満足させてくれるのですから、やっぱりいい煙草ですね!
Commented by jinsenspipes at 2011-06-22 23:15
>いまむーさん
あ、仕入れましたネ。
旨いでしょ。ぼくもびっくりした。
なんでこのたばこ日本で売らないのかふしぎですね。
Commented by shino at 2013-05-24 23:35 x
お邪魔します。
Smokingpipes.comで買って初体験しました。これは美味いですね。
リビングショップ安藤さんに質問したら、代理店が輸入再開の意向のようで、
年内には販売されるかもしれないとのことでした。
そうなったらナイトキャップファンが増えそうです。
Commented by jinsenspipes at 2013-05-24 23:56
>shinoさん
あ、海外通販されましたか。円安で、ちょっと高くつきましたね。
これはおいしいたばこですよ。
なんで国内で買えないか、ふしぎです。
再輸入ですか。
きっとファンが増えますね。
Commented by あいうえお at 2013-10-18 01:58 x
お寒うございます。
ダンヒルナイトキャップ、限定ですが国内で発売したようですね。
以前喫んで見た時は、管理の杜撰さもあってとても味を楽しむどころではありませんでしたが、今度はどうでしょうね。
浅草のタバコ屋さんにありましたが、嗜まれましたか?
Commented by jinsenspipes at 2013-10-18 11:32
>あいうえおさん
おや、そうでしたか。
あいかわらず情報が早いですね。
国内発売のは未体験です。
ぼくは海外通販で買ってました。
ダンヒルのベストセラーの一つですが、ぼくが通販で買ったこれはおいしかったです。
ペリクとラタキアの感じが素敵でした。
ただオーリックはときどき製法を変えるみたいだから今現在はどうかわかりません。
Commented by かつ at 2014-11-07 00:54 x
寒くなってくるとラタキアの燻した香りが恋しくなり、今日買ってやってみました。
これ、実にうっとりする程美味いですね…。
ペリクの酸味でしょうか、柔らかい酸味を遠くからラタキアが輪郭を与えている様な、ペリクとラタキアが殆ど一体となっている感じがしました。
僕はこの位のラタキアが一番ツボですね〜。
ダンヒルは本当に上品ですね。舌焼けが全く感じないし火持ちも抜群にいい。これに比べてしまうとSGは頑固親父の様な扱い辛さw
それでも頑固親父の凄みのある美味さはSGにしかない様にも思いますから、仲良く出来た時の喜びもひとしおですけれどね。
本当に美味しいタバコでした。
Commented by jinsenspipes at 2014-11-07 21:48
>かつさん
 おいしいたばこですね。これ。
 おっしゃる通り、いろんな葉がうまく溶け合ってます。
 SGは頑固親父! これもたしかですね。
 今夜は食後にFVFをやりました。
 頑固親父と仲良しになれたようです。