Jinsen's パイプ

study: バルカンソブラニー ( Balkan Sobranie )

a0150949_21201918.jpg

 パイプたばこのブレンドに「バルカン」タイプというのがある。TobaccoReviews.comのブレンド一覧で調べると、現行パイプたばこで「バルカン」を名のるのがなんと19種もあった。
 博識のG.L.ピースによると、バルカンブレンドといい出されたのは1990年代から、火元は当時の銘品、バルカンソブラニーのおかげだという。いまは市場から姿を消したバルカンソブラニーはかくも名声を博し、その味を忘れかねたファンのために各社がバルカンブレンドを発売することになった。残念ながらぼくは未体験だが、現行バルカンブレンドからその銘品ぶりを知りたくなり、とりあえずその前にバルカンソブラニーについて調べてみた。
 バルカンソブラニー(Balkan Sobranie)はRedstone一族が経営するSobranie House社の製品で20世紀のいつ頃か不明だがロンドンに登場した。Redstone一族はロシアのユダヤ人で一時期バルカン半島に移住し、たぶんここでこの銘品が誕生、のちにイギリスに移住して事業を拡大したのだろう。葉組はバージニア葉とラタキア葉にマケドニア産のトルコ葉を入念にミックスしたものといわれる。しかしこのブレンドは1968年7月、イギリス最大手のギャラハー社に買収され、同社はこの複雑なミクスチャーではとても採算がとれないので製造工程を簡略化し、70年代、80年代と売りつづけるが1995年、製造を断念した。
 バルカンソブラニーをアメリカに輸入していたのはJames Russell社だが、製造中止を知らされたRedstone一族のIsasore Redstoneは同社を口説き、再発売を試みるが"ソブラニー"の商標権はギャラハー社が所有するので使えず、かわりに「バルカンサシエニ(Balkan Sasieni)」の新命名で発売する。しかし肝心のオリエント葉の調達が難問でオリジナルの味わいとはほど遠いものだった。さらに数年後、バルカンサシエニはデンマークのオーリック社に買収され、現在はオーリック傘下のヴィレガー・ストーカビー社の扱い商品としてアメリカ市場に出ている。またギャラハー社が製造を断念した1990年代以降、さきにG.L.ピースが指摘したように各社がバルカンブレンドを世に送り出すことになった。
 バルカンソブラニーの葉組は、このたばこのキーポイントがトルコ葉で、バルカン半島南部から小アジアにかけて産出されるものである。このたばこの名称はまさにバルカン半島の地名からきているし「ソブラニー」は現地語で議会を意味するそうだから、マ、「バルカン議会」というところか。またラタキアはもちろんシリア産でいまのキプロス産と違いタールの臭いが強いのにこのたばこにはそのタール臭さが少なく、メローな味わいだったそうだ。
 ラタキアの「タール臭い(tarry)」という形容詞はぼくは初めて知ったがなるほどと頷けた。マレイ社製の昔のダンヒル965がまさしく「タール臭い」たばこでいまのオーリック製にはほとんど感じない(着火した直後にわずかに匂うことはあるが)。ぼくはこれまで堆肥の臭いと書いてきたがこれは「タール臭い」+熟成臭がわかりやすい表記かとも思う。
 さらに詳しくこのたばこの葉組を書いた記事を引用しておく。
「バルカンたばこの香りはトルコ葉による。トルコ葉はバルカン半島南部と小アジアで産出され、良品はギリシャ、マケドニア、トルコのヨーロッパ側、イズミル(旧スミルナ)のものである。さらにほかに黒海沿岸部、クリミア、シリア、以前はエジプトでも栽培された。トルコ葉という名の由来は現在のトルコでなく昔のオスマントルコ帝国の支配地をさすものである。
 バルカンソブラニーの葉組はマケドニア産の"Yenidje tobacco"を芯にしている。マケドニアはかってオスマントルコ帝国に領有されていた。"Yenidje tobacco"は現在ギリシャでは"Giannitsa"、マケドニアでは"Yannitsa"と呼ばれているがどちらも海外では手に入らない。代用品はトルコのヨーロッパ側で栽培される葉である」
 参考までにバルカンソブラニーの缶に記載されたこのたばこの説明は下記である。
「この伝統あるミクスチャーはバージニア葉とラタキア葉それにYenidje葉によるソブラニー社のもっとも古いブレンドでマイルドでありながら芳醇な味わいを秘めています。クールスモーキングを約束し長く吸っても飽きることがありません」
 では現行の「バルカン」ブレンドでバルカンソブラニーに近いものは何かというと、これはもう百花斉放、人さまざまだが、バルカンサシエニはどうやら失敗作らしく評価は低い。信頼できるレビュアーの記事を読むと、やはりサミュエル・ガーウィズ社のバルカンフレーク、ガーウィズ・ホガース社の「バルカンミクスチャー」あたりらしい。しかしSG社のバルカンフレークにはトルコ葉は含まれないようである。なのになぜ類似するのか。
 このあたり葉組だけではない別の要素もあるようだ。この2種は手に入り安いので試してみようと思う。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-07-01 21:23 | Comments(10)
Commented by いまむー at 2011-07-01 23:15 x
僕もバルカンソブラニーだけはやった事ありません。
当時、初心者だった僕はラタキアが怖くて吸えませんでした。
吸えない名品が増えて行くってのはどうしようもない事なんですね。
スリーナンズに挑戦してみてつくずく思い知りました。
むかついたので、ペリクを足してやりました!20%!!
ブレンドした葉を馴染ませるのにはプレスしたほうがいいと、どっかで聞いたことがあるので、作る時はプレスして1カ月寝かせたんですが、今回は容器をシャカシャカ、シェイクしただけで半日ほったらかしました。
そうするとですね、異様に味がなじんでて、ボウルから立ち上る煙もとてもいいんです。もちろんペリクは倍になってるんですが、そう言う事ではない気がします。
ひょっとしたら、馴染ませるだけならシェイクだけでいいかもしれません。プレスは熟成させる時にするんでしょうね。そう感じました。
結局、失敗作は何とも言えない香ばしい香りのお気に入りになりました。もちろん、5%でも再チャレンジしますけど!!
Commented by いまむー at 2011-07-01 23:15 x
タバコの味は葉組だけではないんですね。
作り方も大きくタバコの味を変えると思います。

SGのバルカンフレーク。
何か絶対に秘密がありそうですね!
僕も試してみます! ワクワク!
Commented by jinsenspipes at 2011-07-02 00:06
>いまむーさん
さすがァ。
なんとペリクを増量!
で、ブレンド方法を工夫したんですね。
なんかプロになってきましたね。
ぼくもいまむーさんの実験結果を読んで教えられることがたくさんでてきました。
こんごとも結果をお知らせください。
Commented by jinsenspipes at 2011-07-02 00:10
>いまむーさん
そうなんですよ。
おっしゃる通り、葉組だけじゃないですね。
ガーウィズ・ホガース社のはトルコ葉が入ってるらしいのでとりあえずこれは海外通販で注文しました(そのほうが安いので)。
SGはアメリカの通販会社では品切れなんでこれは国内で調達するしかないです。
いきつけのショップで買ってきます。
Commented by hooker at 2011-07-06 10:00 x
おはようございます、hookerです。
balkan sobranie 吸ったこと無いです。
伝説のタバコですね。
吸ってみたい気もするのですが、あまりにも美味しかったら、次に吸える機会は無いでしょうから、それも辛いかな。
「balkanって何ですか?」と、たばこ屋さんに尋ねたことがあります。
たばこ屋さん、「ラタキアの・・・オリエントの・・・???」
私には、何の事やらさっぱり判らずモヤモヤしていました。
Commented by jinsenspipes at 2011-07-06 20:42
>hookerさん
やあ、ご無沙汰でした。
そうなんですよ。
博識のG.L.ビースもbalkanの正体は不明といってます。
baklanブレンドはたくさんあるけど、じゃ、Englishブレンドとどう違うかというとくっきりした根拠はない。
ただバルカンソブラニーの名声によりかかってるだけじゃないかと推測してるんですね。
よーするに、バージニア、ラタキア、オリエントのブレンドですが、比率なのか、オリエントの葉によるのか、そのあたり曖昧なんです。
ぼくとしては本物をやったことがないけど、とりあえずいまのバルカンブレンドを何種かやってみて推測してみたいです。
正直いうと、バルカンブレンドはやったことがないので、吸ってみて、感想を書いてみます。
ぼく自身もいまからたのしみです。
Commented by hooker at 2011-10-01 04:54 x
お久しぶりです。hookerです。

balkan sobranie 復活したみたいですね。
ある人の情報ではJ.F.Germain製だそうです。
既にpipesandcigarsとsmoking pipesでは商品リストに在ります。
人気が高いでしょうから、手に入るまでには時間がかかりそうですが、楽しみが一つ増えました。

SGも国内では品揃えが良くなってきているように思います。

涼しくなってきたので、バージニアとペリクが恋しくなってきました。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-01 11:44
>hookerさん
おひさでーす。
あ、早耳ですね。
ぼくのところには今朝、通販会社から通知がきてました。
ジャーマイン製だからきっとおいしいでしょう。
ただ、すでに売り切れ状態でした。
そう。
秋はたばこがおいしいですね。
Commented by TSUKA-P at 2012-06-14 23:22 x
>jinsenさん

ラタキアの香る美味しい煙草で、未知の銘柄を運良く入手、目から
ウロコの機会を得ました。

古パイプをポチった際にgetしたPresbyterian Mixture。葉組みはVLO。
缶裏にUS-Virginiaとhigh-quality Macedonian gradesとあり
あの伝説的なたばこは、こんなニュアンスなのかっと妄想ばかり
が膨らんでしまっております。

とにかく優しく、味わいもマイルドで、良質な土の香り?の
ニュアンスに、ラタキアでヴァージニアのほんのり上品な甘さを
底上げするかのような造りで、クールスモーキングの煙はクリーミィ。
オリエントの特徴的なスパイシーさは、さほど気にならず、
底上げされたヴァージニアの旨みと甘みで感じないのかも
しれません。あまりのジャストミートにハマりまくっております。
ヴァージニアでもなく、ラタキアでもないとなると、恐らくオリエント
だと思うのですが、これがとにかく美味しく感じます。
この癒し系のお味は常喫していたいのですが、日本未入荷銘柄なので
円高のうちに確保しておきたいです。
いやぁ~、まだまだ極上の美味しいたばこ、あるもんですねぇ♪
Commented by jinsenspipes at 2012-06-15 20:34
>TSUKA-Pさん
またいいたばこを見つけられましたね。
ぼくもメモしてきます。
ぼくらの知らないおいしいたばこはたくさんありますよ。
いい出会いがあったらしあわせです。