Jinsen's パイプ

ガーウィズ・ホガース:  バルカンミクスチャー( Balkan Mixture)

a0150949_16483676.jpg

 社の説明によると、葉組はバージニア、ラタキア、オリエント、トルコ葉とある。トルコ葉はいまはオリエント葉とほぼ同意語に使われるがダンヒルやラットレーの古いカタログではとくにトルコ葉と指定されることがあるのでなにやら期待感がたかまる。ただし社の説明によるこのたばこについては「真の古典的スタイルのパルカンタイプブレンド。ラタキアと特選バージニア、そしてオリエントのミックス」とあるのみである。
 缶をあけると、GH社おなじみ、ビニールに包まれたたばこ葉は細かくやや湿り気がある。火をつけると、おっ! やわらかい甘みとかなりの酸味をともなうまるい味がきた。これはバージニアとは違う。ラタキアの香りは初めからあるが、ごく軽めで背景にかくれる。前面にくるこのまるい味、これがオリエント+トルコ葉なのだろうか。
 海外のレビューでオリジナルのバルカンソブラニーについて書いたある記事が印象にのこっている。そのレビュワーはバルカンソブラニーの葉組にあるたばこ葉のあらゆる組み合わせを吸ったがついに元の味には出会わなかった。で、結論として、こう書いている。
「バルカンソブラニーの秘密は、Yenidje葉とラタキア葉を調合した際の絶妙な相互作用、そこからのみこの味が出てくるといわざるを得ない」
 Yenidje葉にもない、ラタキア葉にもない味がこの二つを調合することによって出てくる、というのだ。
 ぼくはオリエント、トルコ、ラタキアを区別できるほどの感覚を持ちあわせないが、ふつうのラタキアブレンドはバージニア葉とラタキア葉がそれぞれを主張しつつ混じりあっているのはわかる。しかしGH社のバルカンミクスチャーのボディはバージニアともラタキアとも違うsomethingであり、もしこの評者の仮説が正しければ、まさしくオリエント+トルコ+ラタキアの相互作用が作りだした極上の味、といえるだろう。
 では、バージニアは? というと、気をつけるとときどきヘイタイプバージニアのやや青臭い味はちゃんとのこっている。これが終盤近くになるとやや濃くなり、つまりバージニアが前面に出てくる。しかし喫煙の全体に支配的なのは、その、やわらかい甘みとかなりの酸味に包まれた、ふしぎな丸い味なのだ。
 これがじつに複雑な味を含み、ときにクリーミー、ときにフローラル、一瞬、ミントのような清涼な香りがよぎるかと思うと、つぎにカカオ味がしたり千変万化する。まったくふしぎな味だ。これに比べると含みの多いバージニア葉もしょせんはヘイタイプのあの青臭さか、ストーブドタイプのミルク味+動物性の脂肪味、なんと単調なことかと思われたりする。
 ある好事家が書いたネットの記事にこういう描写があった。
「19世紀末、イギリス紳士のたばこの好みに変化があらわれた。オリエンタルミクスチャー、すなわちバージニア葉にトルコ、マケドニア、ギリシャ、シリアなどの葉を混ぜたものがたちまち上流社会に流行した。芳醇かつ煙量ゆたか、さらに中東のエキゾチックな芳香に満ちたこの新種はやがてバルカンソブラニーという傑作に集約され、ロンドンのたばこ街、セントジェームス地区のクラブに集まる将校や外交官たちの好むものとなった」
 たしかにダンヒルの965などはおなじ路線をねらったものだったろうし、ぼくの記憶にあるマレー社製965(1970年代のものでダンヒル社が秘蔵し熟成していたシリア産ラタキアのさいごの葉を使ったもの)はこの記事の通りのものだった。しかし965はあきらかにラタキア色が濃いがバルカンソブラニーは独自の調合で別種の、しかも同社にしかできない味を創造したと思われる。
 前に紹介した「Yenidjeとラタキア葉の絶妙な相互作用」と書いたレビュワーは現行たばこではこのGH社のバルカンミクスチャーがもっとも出来がよいとしている。また同意見の他のレビュワーのなかには、いいがややマイルドすぎると評する人もいる。ということはソブラニーはさらに複雑かつ大胆、微妙な味わいがあったということになるだろうか。
 しかし、ぼくとしては大満足。いいたばこに出会えたとうれしがっている。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-07-11 16:51 | ガーウィズ・ホガース | Comments(9)
Commented by いまむー at 2011-07-14 19:06 x
うーむ。これを読めば読むほどタバコってのは難しいなぁ・・・と思います。ブレンダーってのはホントにすごい仕事ですね。
今回は大量にタバコを取り寄せてしまったので、これをやるのはずいぶん先になると思いますが、絶対に試そうと思います!
それにしても、「相乗効果」ですね。。。
なるほど!!!
Commented by jinsenspipes at 2011-07-14 21:44
>いまむーさん
じつはいまSG社のコモンウェルスも空いてるんですね。
そちらはVa50%、ラタキア50%とされてて比べてみるとやはりバージニア主体のラタキア多量という感じ。
GH社のバルカンミクスチャーはラタキアをうんとおさえて独特の味をだしている。
ぼくはようやく「バルカン」の正体がわかってきた気がしてます。
まったくおなじ葉組でもイングリッシュミクスチャーになっちゃうのもあり、バルカンになるのもあり、なんですね。
じゃ、オリエント無しのSG社の「バルカンフレーク」はどうなんだ?
じつはこれも買ってあるんですがいま空いてるのがダンヒルのヨットと、甘いのが吸いたくてアンフォーラを買っちゃったんでしばらくおあづけです。
つぎにやってみたくてワクワクしてます。
「相乗効果」、まさにそうですが「触媒」という感じもありますね。
Commented by くつした at 2011-07-17 20:04 x
そういえばピーターソンたばこのレビューがありませんが貴方はきらいですか。
Commented by jinsenspipes at 2011-07-17 22:20
>くつしたさん
はい。吸ったことないんです。
ぼくのたばこレビューなんて、ほんの山の裾野をかじってるようなもので、吸ったことない厖大なたばこがあります。
一生かかって吸いきれるもんですかね。
トシとって不安になってきました。
Commented by jinsenspipes at 2011-07-19 17:21
>くつしたさん
あ、ソラーニについてはメモしときます。ありがとうございます。
ぼくのポートレートサイトは趣味で女の子を撮ってる写真館です。
もう9年続けて400人ほどの素人モデルさんを撮ってきました。
モデルさんはサイトを見てメールで応募してきます。
ヌードは撮ったことないですね。野外撮影オンリーですから。
Commented by くつした at 2011-07-20 00:57 x
すごい。モデルに給料は出すんですか。
Commented by jinsenspipes at 2011-07-20 13:11
>くつしたさん
無料です。もちろん。
素人モデルさんですから。
Commented by くつした at 2011-07-21 00:22 x
ジンセンさんの、趣味人としてのあり方に感銘をうけました。やっぱ人間は遊びがないと


これはまずい、もう2どと買わん、というようなパイプたばこ、ありますか。
Commented by jinsenspipes at 2011-07-21 17:41
>くつしたさん
ありがとうございます。
もう二度と買わないたばこ、ありませんねェ。
ただし一度買ったけどその後買ってないたばこはたくさんあります。
うっ、まずい! というほどではないけど買う気がおきないのはありますね。