Jinsen's パイプ

ロバート・マッコーネル: スコティッシュケーキ ( Scottish Cake )

a0150949_154119.jpg

 ロバート・マッコーネルのこれはVaPer(バージニア+ペリク)の逸品として知られる傑作である。いまはドイツのコールハス社が製造するがつい20年前までのオリジナルはVaPerではこれが一番とするファンも多かった。
 缶を空けると、ブロークンフレークでわらわら状態。脂っこいストーブドバージニアの匂いが期待をそそる。
 じつは昨日までラタキア物ばかりだったので、火をつけると、ああ、これだ、やはりぼくはペリク好みなんだとホッとしたが、いや待てよ、VaPerとはやや異なる味がする。ペリクはかなり強くて、それは満足だが、ボディのバージニアに異質の味がある。これはケンタッキー葉の味じゃないだろうか。
 念のため葉組を確認すると、やはりケンタッキー+バージニア+ペリクとあった。うーん。ぼくはオリジナルのこれを吸ってないので何ともいえないがVaPerの評判はどこからきたのだろう。海外のレビューをみると、やはりVaPerとするレビュアーが多く、ケンタッキーあるいはバーレー(ケンタッキー葉もバーレー種である)も少量含まれると書いたレビュアーも少数だがいる。
 さてこれからはぼくの推論になる。オリジナルのこれはVaPerだったとぼくは思う。そうでなくてはあれだけの評価がえられたはずはなく、またぼくが買った缶の裏に貼られた説明には「バージニア+ペリクである」と明確に書かれている。しかし昔のペリクは純正ペリクだったはずだがいまのこの缶のペリクはアカディアン・ペリク、つまりケンタッキー葉のグリーンリバーバーレー種に漬けたペリクと思われ、これは吸ってわかった。アカディアン・ペリクを使えば当然ケンタッキー葉の味がするので、コールハス社はオリジナルにはないケンタッキー葉を葉組に表記したんじゃないだろうか。しかしむしろこれは良心的な表記で、たとえばまちがいなくアカディアン・ペリクを使っているスリーナンズがそれを表記してないのはあきらかに不当である。おかげでスリーナンズは「(純正)ペリクを使ってない、これはスリーナンズじゃなくてケンタッキーナンズだ」という悪評すらあるんだからネ。
 ケンタッキー葉はちょっとクセの強いバーレー種である。ふつうのバーレー葉は丸く、ナッティ風味でおとなしい味だがケンタッキー葉はバージニア葉に似た陰翳がある。ぼくは前にガーウィズ・ホガース社のケンタッキー葉の単体を買ったことがある。どんな味だが確認したかったのだ。これはやや渋めのバージニアという感じで、スパイシーで、独特の風味がある。バージニア葉はふくよかだがケンタッキー葉はややきつく、エッジがはっきりしている。ちょっとエグいといってもいいかもしれない。たばこに厚みがでるので腰を強くしたいときなどよく使われるが、この葉が好きというかたもいて実際これをメインにしたブレンドもある。
 スコティッシュケーキはケンタッキー葉の味がかなり強いVaPerというところである。しかし、何度か吸ううちにこういうのもありだなと思うようになってきた。バージニア葉だけのVaPerはもちろんいいが、こういう変種があってもいい。ペリクにしたっていまとなっては純正ペリクを使ったたばこなんてあるんだが、ないんだが、それすらわからないのだから、アカディアン・ペリクもペリクなんだと、ぼくは素直にたのしむようになってきた。マ、そうでもしなきゃ、この激動の時代、生きていてたのしくないしネ。だからこのスコティッシュケーキもここのところのお気に入りなのである。
 KenPerもけっこうイケますよ、と申し上げたい。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-09-27 15:09 | ロバート・マッコーネル | Comments(13)
Commented by tango6 at 2011-09-28 21:42 x
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
ペリク物については本当に悩みのタネですね・・・これも時代の流れなのでしょうか。
今は海外から購入するジャーマイン社製品と、SG社のセントジェームズフレイクだけがペリク欲求を満たす手段ですね・・・

話は変わりますが、少し前の記事でダンヒルのシガレットのお話をされておりましたので、試してみましたが・・・
これはなかなか。ちゃんとダンヒルのバージニア味を感知しました。目からウロコでございます。
パイプ休めのシガレットに丁度イイですね・・・

これからもjinsen様の更新を楽しみにしております。では・・・
Commented by jinsenspipes at 2011-09-29 17:56
>tango6さん
はじめまして。
あ、ペリクについてはぼくも一緒です。ジャーマインのペリクミクスチャーかSGのセントジェームスですね。ペリクだとこれしかないです。
ダンヒルの紙巻き、吸われましたか。バージニア葉だけで作られててその味がちゃんと楽しめますね。
ただ売ってるお店が少ない。新宿だと、ぼくの知るかぎりでは2軒しか置いてなくて、加賀屋さんにもない。
日本人はどうもバーレー派が多いようですね。
バージニア葉のセブンスターより、バーレー葉のマイルドセブンのほうが格段売れてるみたいですし。
これからもよろしければときどき近況をお知らせください。
Commented by くつした at 2011-09-30 11:35 x
ソラーニのエイジドバーレーフレイクを、すいましたが旨いです。
Commented by jinsenspipes at 2011-09-30 17:11
>くつしたさん
やあ、ありがとうございます。
ソラーニはやったことないです。
これおいしいんですね。
しっかりメモしときます。
Commented by mifune at 2011-10-01 07:18 x
ここのブランドも気になってました。
わりと新しいブランドなのでしょうか?
それとも歴史ある老舗ブランドなのでしょうか?
ラタキアフレークとか狙ってます。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-01 11:47
>mifuneさん
どうなんでしょうか。
マッコーネル社は1810年創業の老舗ですが、このブレンドがいつできたかはぼくも知りません。
ぼくもマッコーネルは吸いたいたばこがほかにもあります。
たのしみは尽きませんね。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-01 15:59
>mifuneさん
あ、まちがえた。
マッコールネル社の創業は1848年でした。
たまたまいまマレー社の社歴を読んでいて、そちらが1810年なので、混同しちゃった。
すいません。
Commented by mifune at 2011-10-01 21:10 x
さすが詳しいですね!
それくらいの歴史あるブランドって当時の空気が吸えるような気がして欲しくなります。
ラスト一枚残してたSams Flakeでも吸ってしまおう。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-01 23:43
>mifuneさん
マッコーネル、マレー、ともに最古参の老舗ですね。
スコットランドとアイルランド。
あとイングランドには湖水地方のサミュエル・ガーウィズ、そのわかれでガーウィズ・ホガース。
こちらは健在ですけど、マッコーネルは1989年、マレーは2005年に廃業しちゃった。
マレー社がつぶれたときはイギリスのBBC国営放送が追悼テレビ放映したらしくてその映像が残ってます。
パイプたばこの歴史を調べてるとおもしろいです。
とくにマッコーネルは1980年代にはロンドンで気炎を吐き、当時はパイプたばこ界を独占してたんですね。
ラットレー、ロバート・マッコーネル、アシュトン、Astley、FT、EC、ほかにもたくさん。
人気ブレンドはみなマッコーネルが作ってた。
そのブラントはいまドイツのコールハス社に移管されました。
そのあたりぼくも吸ってみたいんですよ。
あ、Sams Flakeですか。
ぼくはBob's Chocolate Flakeがいまお気に入り。
Commented by mifune at 2011-10-02 21:44 x
Bob's Chocolateうまいですね、次回あたりBulkで大量購入しようと思ってます。
ぼくはRum Flakeがまだ未経験なので、今回注文してみました。

あ、それとよく「おじいちゃんの箪笥」の香りと表現されてる部分は、USA人がSoapyと表現してる部分のことでしょうか?
Commented by jinsenspipes at 2011-10-03 11:49
>mifuneさん
そうでした。mifuneさんもお好きだと前に書かれましたよね。
じつにクールで、心地よいチョコレート味が舌にのる、素敵なたばこです。
すっかり気に入っちゃいました。

Soapyはそうです。
アメリカ人は安石鹸の匂いとよくいいますがああいう匂いの石鹸があるらしい。
ぼくは、子供の頃、年寄りの和室にいくとムッときた匂いを思い出します。
Commented by いまむー at 2011-10-08 09:47 x
なるほど。KenPerもOKですか。いや、実際そうなのかもしれません。というか、そうだと信じたい。
僕のスリーサンズは一度ジュクジュクに湿らせて熟成を促進(するらしい)させたら、ロイヤルジャージーぽくなったと以前書いたかな?ま、本物と比べてみたんですが、全然違ってました!!(笑)ま、葉っぱの色からして違うのだから、香りも違うし味も違う。。。当たり前ですね!!ただ、吸い始めてボウルの1/3位になると、不思議と似てくるんですよ。ま、味と言うより香りほうかな?
調べてみると、ペリクのミクスチャーは非常に難しいようで、上級者向けなんだとか。。。ケンタッキーのペリク。ブレンダーにしたら苦肉の策だったのかもしれないですね。いや、それでも製品になるまでの苦労はなんだか分かるような気がします。自分で色々やってみると思います。ブレンダーは凄い!今のスリーナンズだってめちゃくちゃ美味しいし!!もう少し、研究には時間がかかりそうです。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-08 22:21
>いまむーさん
いやあ、勉強させられますねェ。
実際に体験するぐらい強いことはないから。
じつはぼくは本物のペリクの味を忘れかけちゃってロイヤルジャージーを1缶買ってあるんですよ。
でも空けるのがちょっと怖くってね。なぜかわからないけどどんなショックがあるか不安なんですね。
なにしろケンタッキー・ペリクに慣らされちゃってるから。
そうですか。ペリクのミクスチャーはそんなに難しいのか。
しかしそれだけ苦労すると得るところも多いですね。