Jinsen's パイプ

ラットレー: ダークフレグラント ( Rattray's Dark Fragrant )

a0150949_21173850.jpg

 ブラックキャベンディッシュの最高傑作とされる。
 ロバート・マッコーネルのマデュロで書き忘れたが、あれもブラックキャベンディッシュの傑作で、この二つは並べて語られることが多い。
 缶を開けるとこちらも真っ黒な葉。マデュロとそっくりで区別つかない。やや湿り気のあるところもおなじ。やはり熟した果実の甘酸っぱい香りがあるが、マデュロはラム酒で着香されるがこちらはバージニア葉そのもの、しかしわずかにペリクで甘みと酸味にアクセントをつけている。
 しかし基本の味は最良のバージニア味で、これだけ料理しても青臭さを失わないし、ヘイタイプのややぴりぴりする感触はまったくなく、ひたすらマイルド、じつに旨いたばこだ。
 ここのところぼくはキャベンディッシュに目覚めたのである。ちょっと深入りしたくなり、まずは典型を舌に憶えこませようとこれを選択した。キャベンディッシュはバージニア葉を加熱圧縮し、いわばじっくり煮こんだ料理あるいは深煎りしたお茶というところである。葉の持つ味わいを最高度に抽出しつつ味をマイルドにする。ヘイタイプのバージニアは料理でいえば刺身か塩焼き。手をくわえず素材の生の味をのこそうとする。しかしキャベンディッシュはじっくり火を入れ、たっぷり時間をかけ、素材の隠れた味を引き出したものである。イギリスの伝統技術が生んだ最高の料理だ。
 じつはぼくはDutch & Dane ( オランダとデンマーク )のキャベンディッシュに興味がわいたのだった。キャベンディッシュは国により作り方が異なり、イギリスはバージニア葉のみを使い原則として着香料は加えない。しかしDutch & Daneはバージニア葉、バーレー葉、その他の香味たばこを自由に混在し、ふんだんに着香料をかけ、甘口のとろりとした独特のキャベンディッシュに仕上げる。その最高傑作がオランダのアンフォーラだし、デンマークのマクバレン社製バニラクリームもじつにユニークな味をだしている。ただバニラクリームがデンマーク・キャベンディッシュの典型かどうかはぼくはまだ不明。マクバレンのほかのたばこやボルクムリーフも試してみたいと思っている。
 ほかに現代のキャベンディッシュの傑作にアメリカのレーン社製キャプテンブラックがある。ぼくはこのたばこ、1990年代に初めてやり、ベタ甘だが旨いと思ったことがある。ところが5、6年前、また買ってみると、とにかくPG味が強く、たばこを吸ってるんだか化学薬剤吸ってるんだかわからなくてがっかりした。この会社はダンヒルパイプたばこのアメリカの代理店で自社ブレンドにも定評があるんだがひょっとしていまは外注製造しているのかと思う。つい最近レーン社はデンマークのSTG社に買収されただがそうなるとこんごのキャプテンブラックはオーリック製になるんだろうか。マ、それは別としてこのたばこには数種の銘柄があり、PG味が強くないものもあるらしいからいつか再挑戦してみたい。
 横道にそれちゃったがラットレーのこのたばこは評判通りの逸品だった。バージニア葉を時間かけて丹念に料理し、持ち味のすべてを全開させている。イギリスのキャベンディッシュの一番おいしいところを味わい、さて、つぎにオランダやデンマークは何をたばこに求めようとしたかのか、先に進んでみたい。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-11-16 21:21 | ラットレー | Comments(23)
Commented by 天邪鬼 at 2011-11-17 18:22 x
初めまして。

いつも楽しみに読んでいる読者の一人です。

パイプをやりながらも味音痴のため、記事を読む度に、「こんな風に感じとることができたらな〜」と、羨ましく思っています。

今回の Dark Fragrant は、私も大好きな煙草なのですが、こういう背景があるとは知りませんでした。

そもそも、キャベンディッシュについて良く理解していなかったのですが、今回の記事を読んでスッキリと整理されました。
ありがとうございました。

今後も楽しみにしております。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-17 20:37
>天邪鬼さん
ようこそです。初めまして
ぼくも天邪鬼さんのブログたのしく拝見させていただいてます。
キャベンディッシュは奥が深いたばこですね。
ぼく自信もあまり知識がなくて、これを機会に勉強してみたいと思いました。
たまたまマデュロも空いているので、比べてみましたが、やはりラットレーのはおいしいですね。
つぎはオランダのキャベンディッシュを探訪してみようと思います。
こちらこそ。
ぼくも天邪鬼さんのブログたのしみにしてます。
Commented by くつした at 2011-11-21 01:33 x
わたくし邪鬼 さんのブログも、よんでいます。
お互いを知っていたタバコブログ作者が
はじめてコメント欄で言葉をかわす場面を見られて、なにやら楽しいです。
第三者として私も
おふたりのブログを楽しみにしております。
ではお二人ともお元気で。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-21 11:02
>くつしたさん
天邪鬼さんのブログはたのしいですね。
好奇心旺盛、活動家、博識。読み応えがあります。
ぼくも好奇心だけは旺盛ですが、ひきこもり、人みしり、天邪鬼さんとは正反対です。
Commented by 天邪鬼 at 2011-11-21 18:35 x
くつしたさん、jinsen さん

過分なお褒めをいただき、恐縮です。
でも、とっても励みになります。

これからも、よろしくお願いいたします。
Commented by mifune at 2011-11-21 22:17 x
久々のラットレーですね
まだ数種類しか試してないのですが、好きですね。

天邪鬼さんが来られてたんですね!
実を言うと僕は天邪鬼さんのブログがきっかけで海外通販始めたようなものです。
確か、こっちでは中々手に入らないラットレー物を集められてる記事を興味深く読んだのを覚えています。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-21 23:57
>天邪鬼さん
いえ、ほんとにたのしみです。
あちらの雑誌とか書物とか、ぼくはまったく縁がないし。
ほう、と目を丸くして読んでます。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-21 23:59
>mifuneさん
はい。
ラットレーはマーリンフレークかオールドゴーリー、これは欠かしたことないんですけどね。
そうそう。
mifuneさんにお願いですが、mifuneさんのブログをリンクさせていただいていいですか?
前から気になってたんですが。
Commented by mifune at 2011-11-22 20:43 x
>jinsenさん
ブログリンクありがとうございます
ブログタイトルどおり、パイプ煙草を全く知らない宇宙人が吸ったらどう思うか?というような内容ですが、よろしくお願いします。
そもそも僕がパイプ煙草を試してみたいと思って色々ネットで検索したのですが、上級者ばかりで、初心者の記事が見当たらなくて困ったことを覚えています。
そういうことでテキトーにやってますのでテキトーに落書きしてください。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-22 21:39
>mifuneさん
ありがとうございます。
いまリンクしました。

いやあ、ぼくのブログは初心者のかたが読んだら何が何やらわからないでしょうね。
SGだ、GHだ、略語は多いし、知らない名前はたくさんでてくるし。
ぼくはほんとにパイプたばこが好きなかただけ見てくれればいいやと思ってます。
初心者に親切なブログはいくらでもあるし、ぼくは人に教えたりするのは苦手だし。
深夜のバー・カウンターで好き者同士がひそひそ話する。そんな感覚で書いてます。
Commented by mifune at 2011-11-22 22:00 x
そうそう、jinsenさんのブログはわかりにくかった!w
しかしいろんな方のブログを渡り歩くうちにjinsenさんの記事もわかるようになってきまして。
それと、僕が好きだなーと思うパイプ煙草はjinsenさんがレビューされてることか多かったもので、あー、次は何買おうかこの人に聞いたら間違いないやーってとこですね。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-22 22:58
>mifuneさん
わかりにくかったでしょうねェ。
すいません。
しかし、趣味の世界ってのは底が知れませんね。
どんどん深入りしちゃう。
ここまでわかった、と思ったらもっと先があったりして。
そこがたのしいんだけど。


Commented by tango6 at 2011-11-26 14:00 x
こんにちわ。
「おや、今回はjinsenさんと同じたばこを買ってしまったナ」と嬉しくなっておりましたが
報告が遅くなってしまいました。
実は私もコレ買ったんですよ、まだ開封していないので楽しみです。

キャベンディッシュを追い求める旅を早くも実践されてらっしゃるようで素敵です。
私も負けてはいられませんネ。
ただ私はアンフォーラすら吸ったことのない人間ですので、理解を深めるのに
時間がかかりそうです・・・ま、それだけゆったりじっくりと旅が出来るのは
幸せなことですね。

さて、実はアロマティック物を試すためについ先日パイプを増やしました。ホルンのような、ダブリンのようなベントのパイプです。
あまりパイプを集めるタチではないので久々にウキウキした気持ちです。
ところがこのパイプ、通販で買ったのですが届いてみたら中間煙道。ははは、これには参ってしまいました・・・
今まさに初回のブレークイン中なのですが、最後まで燃やせるのか心配ですねぇ。
このひねくれた中間煙道のお嬢さんとは気長に付き合って解り合えるよう努力したいところです。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-26 18:29
>tango6さん
やあ、偶然! そうでしたか。
お吸いになったら感想などお寄せください。
やはり有名どころには手が出ますね。

あ、パイプを。
ありゃ。それは、それは。
うまく吸えばだいじょぶな気もしますが。
ぼくも着香物はベントで吸ってます。
やはり鼻さきに煙がでるほうがいいみたいですね。香りも味のうちですから。
アンフォーラ、おいしいですよ。チョコレート味で甘口で。
こんどはおなじオランダのキャベンディッシュをやってみます。
Commented by mifune at 2011-11-26 22:40 x
こんばんは
ちょっと困ったことがありまして、質問させてください。
pipesandcigarsでいつものように買い物しようとしたら
送料が超高くなってるんですが、何か変わったんですかねー?
こちらのミスならいいんですが、何度やっても送料が高額になるんですよー。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-27 00:35
>mifuneさん
さーて。それは。
つまり前より高くなってるってことですか。
うーん。わからない。
送料は自動的に計算されるから入力ミスってことは考えられませんね。
すいません。
ぼくにはわかりません。
mifuneさんもしっかり買い物してるなァ。
Commented by tango6 at 2011-11-27 16:07 x
昨日のパイプ、難なく使うことが出来ました。
もしかしたら仕様なのかもしれません・・・?
しかしやたら安かったんです、このパイプ。これだけ値引きされていて
買い手が付かないのは何故かと不思議になりましたが・・・
(実店舗もあるお店ですので)店頭でこのパイプのチャンバー内を見た方は
おそらく買わないでしょうね。
しかしグレインもやたら綺麗ですし、この煙道でも問題なく吸えましたので、私としては
いい買い物をさせてもらいました。ラッキーです。

着香物を本格的に始めるにあたり、やはりアンフォーラからスタートすべきでしょうね。
jinsenさんのレビューも参考にして、私も楽しく探求したいと思います。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-27 22:11
>tango6さん
あ、それはよかった。
たぶん問題ないと思いますよ。
たのしみがふえましたね。

アンフォーラの利点は、火つきと火持ちが格段にいいことで、初心者もたのしめますね。
それとポーチを開けたときのいい香り、チョコレートにミントをまぶしたような甘く涼しい香りですね。
火をつけて、あれをずっと漂わせようとするにはやはりコツがあるんです。
火が強すぎると香りが負けて煙くなっちゃう。
吹き吸いをゆっくりと、火種を小さく、丁寧に吸うといい香りがいつまでもたのしめます。
つまり、初心者にありがちな舌焼けとか、ボウルが熱くなることの防止に役立ちます。
それからボディのバージニア味もしっかりあるからそのお勉強にもなる。
バージニア物が好きなかたでもきっと満足できます。
Commented by tango6 at 2011-11-27 22:50 x
なるほど、では初心にかえって励まないといけませんネ?
ですがまぁ、構えすぎても楽しくないですしほどほどに構えて
挑みたいですね。
着香物にはあまりいい思いがなく…そう、キャプテンブラックは
やったことがあるのです。開高健先生への憧れから、という
だけの
ミーハーな動機でしたが、やってみてガッカリしてしまって。
これは古い話ではなく、ちょうどjinsenさんがガッカリされた時期と
同じくらいです。
開高先生はきっと美味しい頃のキャプテンブラックを喫まれていたのでしょうね…

そういう訳で、ここらで過去のガッカリを払拭しておきたいですね。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-28 00:10
>tango6さん
開高さんはキャプテンブラックの缶入りでしたっけ。
ぼくもファンでした。「釣魚大全」「オーパ!」「新しい天体」ノンフィクションの初版を持ってます。
「新しい天体」は味覚を文章で語るという前人未到の傑作でしたね。
亡くなったのがたしか1989年ですからレーン社のオリジナルをお吸いだったはずですね。
(亡くなったと新聞の夕刊で読んだときは密かに一人でお通夜しました)
ぼくもその頃のポーチのホワイトは試したことがあります。
だけど数年前にやったときはひどくてがっかり。
アメリカのたばこレビューを読んでもこてんぱんにケナす記事と、大絶賛の記事が半ばしてておもしろいです。
マ、アメリカ人は自分の国のオリジナルはだいじにしたいでしょうね。ヨーロッパ人はせせら笑ってますが。
Commented by くつした at 2011-11-28 01:35 x
うん、そうなんですよね。欧州人がバカにするアメリカを、大方の面で崇拝し追従する日本人は、なんですかね
やれやれ
Commented by くつした at 2011-11-28 01:36 x
だからって欧州を崇拝しろってわけじゃないですが。
Commented by jinsenspipes at 2011-11-28 11:22
>くつしたさん
マ、ここは趣味のブログなんでお手やわらかに。
ぼくがちょっと乱暴な言葉遣いしゃいましたね。
すいません。