Jinsen's パイプ

ジャーマイン: プラムケーキミクスチャー ( J.F.Germain & Son: Plum Cake Mixture )

a0150949_1725476.jpg
 これまたユニークなたばこである。
 イギリスの老舗3会社、サミュエル・ガーウィズ、ガーウィズ・ホガース、ジャーマインのうちこのジャーマイン社はやや特殊な位置にある。所在地は英仏海峡のフランスのごく近く、ジャージー島で、この島はイギリス(UK)には所属せず、イギリス王室属領という特殊な地位で、外交など対外的にはイギリスだがイギリスの法律は適用されない。ほとんど独立国とおなじで独自の政府、独自の法律をもつ。ジャーマイン社の創業は1820年、自社のたばこ製造のほかに委託製造も引き受け、ビュテラのエソテリカ、最近はバルカンソブラニーの復刻版が評判になった(もっともこれは1978年からジャーマインが製造してるそっくりさんのラベルを変えただけというのが真相のようだが)。
 このたばこは前から気になっていた。プラムは日本人の感覚だと梅になる。厳密にいうと日本の梅は特別の品種で、英語でも「ume」とされるらしい。またプラムケーキはイギリスでは干しぶどう入りのケーキでこのあたり梅とはだいぶかけはなれてくるがぼくは梅で通すことにした。マ、嗜好品の世界だから思いこみも許されるよネ。パッケージデザインもユニークでイギリスたばことしては異彩を放っている。
 期待して缶をあけると、ああ、やはり梅を連想させる酸っぱい香り+なんともいえない奥ゆかしい、上品な香りがある。いわゆるイギリス香とも違う、なんというか、日本の昔の旧家のふすまあたりに漂っているような香りである(変なたとえだけど)。
 葉は、バージニアの黄色葉と、灰褐色のバーレー、ところどころに黒いものがまじり、キャベンディッシュかと思ったがじつは違うらしい。極細のシャグでやや湿り気がありびっしり収まっていた。
 火をつけると、バージニアの青臭さに梅の酸味、わずかの甘み、すばらしい。火つきもいいが火持ちがじつによくてまず再着火せずにさいごまでいける。しかもじつにクールだ。たまたまラットレーのマーリンフレークが空いているがそちらはバージニアたばこらしく気を許すと熱くなりがちだ。ゆっくり吸うと宏大なバージニア世界が広がるがちょっと火種を大きくすると焦げ臭くなることがある。しかしこちらは冷ややかといいたいくらいクール。
 類似の体験はSG社のチョコレート、GH社のボブズチョコレートにあった。そちらはラタキアを加えてクールスモーキングを実現していたがこちらはどうなんだろう。チョコレートたばこの甘い味と、プラムケーキのやや酸っぱい、いわば梅干し飴みたいな味は両極端だがどちらもクールである。
 葉組を調べてみると、社の説明ではバージニア葉各種が80%、のこり20%の黒いのはキャベンディッシュではなくバーレー葉を熱処理した特殊なたばこでこの会社だけが作る秘密の製法によるとある。またユニークな香りはジャージー島があるチャネル諸島にしかない特別のものと、その独自性を誇示している。この葉組の説明だが、缶に印刷された記事には「キャベンディッシュ、バージニア、バーレーと特殊なブラックキャベンディッシュ。フレーバーはワインとスパイスで我が社80年におよぶレシピの成果です」とありニュアンスがやや異なる。香りについてはここにワインとあるから本来はそれが正しいのだろう。
 道明寺という和菓子がある。桜餅の一種だが、砕いた米の粒つぶがわずかにのこる食感で、塩漬けの桜の葉でくるんである。これは桜の葉ごと食べるのだが、餅と餡の甘みに桜の葉の香りがまじる上品な味わいで、ときどきふっと花の香りが漂うときがある。桜と思いたいところだがぼくは梅の香をイメージしてしまう。
 このたばこがちょうどその道明寺そっくりである。
 バージニア味になんとも奥ゆかしい上品な香り、ときどきふっと梅(と解釈しちゃう)酸味が漂い、心をどこか遠くにつれてってくれる。今朝は庭でやる朝一番のたばこをこれにした。今年は寒さがいつまでものこるが快晴の陽射しは思いのほか暖かく、やはり春の訪れを感じさせる。戸外でやるこのたばこはまた一段とおいしくて、懐かしい。イギリス人もこんな繊細な味をたのしむ習慣があるのかとうれしくなる。
 おや。どこかから梅の香りが……。庭の梅の木はまだ蕾で開花してないのに。
 たばこの香りだった! ああ!

[PR]
by jinsenspipes | 2012-03-12 17:08 | ジャーマイン | Comments(12)
Commented by 天邪鬼 at 2012-03-13 18:59 x
jinsen さんの写真を見ると、店頭では何気なく見ている缶が、とても美味しそうに見えるのですが、今回の写真は特にその感が強いですね。
雪景色の冷たい空気の中、煙草の味もさらに美味しくなりそうなイメージが湧きます。

ところで、ジャーマイン社にこういう歴史があるとは、まったく知りませんでした。
相変わらずの博識に脱帽するとともに、こういうお話がとても楽しく勉強になり、自分の喫煙まで美味しくなります。

ジャーマインの煙草はいくつか試したことがあるのですが(このプラムケーキはまだ)、私がパイプを初めて日が浅かったこともあるのでしょうが、どうも印象が良くなかったんですね。
でも、それがこの写真によってぐっと変化しました。

この煙草も「いつか試したいリスト」入りです(笑)
Commented by jinsenspipes at 2012-03-13 21:10
>天邪鬼さん
やあ、ありがとうございます。
このたばこはだいぶ前に買いましたが、できれば梅の花と撮りたいと待ってたんです。
そしたら例の大雪で、おかげで開花はおくれましたけど、これならうってつけと撮影し、缶をあけました。
ぼくもジャーマインのことはあまり知りませんでした。
そしたら最近のバルカンソブラニー関連でネットに記事が出て、読んでるうちにいろいろわかってきたんですね。
アメリカ人はイギリスの老舗が作ったそっくりさんというのでやたら持ち上げてますが、ヨーロッパ人にとっては、なんだ昔からじゃんと冷ややかです。アメリカからの情報オンリーにひたっている日本人としては真相はどうなんだと、調べたいところですね。日本人もお人好しだけど、アメリカ人のお人好しぶりはまったく困ったモンです。

このたばこはほとんどぼくの思い入りで記事を書きました。冷静に書けば、ワインの酸味をくわえたおいしいバージニアたばこでいいんですけど、ついつい道明寺まで持ちだしちゃって。手前勝手なところは読み飛ばしてください。
Commented by tango6 at 2012-03-14 16:48 x
このプラムケーキはメリーランドのキャベンディッシュではないのでしょうか?
気になりますねぇ・・・
ということで、実は昨夜発注してみました。
気になっていたPeterHeinrichsのCurlyや、グレンパイパー、ゴールデンミクスチャーなども
一緒に頼んだので、今から楽しみです。ようやく勉強したかったたばこが買えました。

食べ物でなくても、熟成発酵をしたものというのは何やら不思議な力を持ちますよね。
まさしく食べ物になってしまうとでもいいましょうか・・・
特に嗜好品には多いですね、まったく別の素材なのにおいしい食べ物にそっくり!ということが。
たばこはそれの最たるものかもしれませんネ。

ですから私はjinsenさんが道明寺をたとえにされたのも得心いく次第です。

Commented by jinsenspipes at 2012-03-14 18:01
>tango6さん
メリーランドの可能性はあると思います。
ジャーマインのロイヤルジャージーシリーズは3種ともメリーランド葉ですね。
ただプラムケーキについてはぼくはそこまで判別できませんでした。

ありゃ。ずいぶん多種を注文されたんですね。
ハインリヒのカーリィは毎日吸ってます。100g缶が半分くらいになりました。
グレンパイパー、ゴールデンミクスチャーは吸いきっちゃいましたがおいしかったです。
ちょっと軽い感じで。

おっしゃる通り、熟成発酵したものの旨味は格別ですね。
食べ物でも、最近は中途半端なのが多く、昔の完熟味はなかなか味わえません。
時間をかけて念入りに作る、そういう習慣がなくなってきたのが残念です。
和菓子の餡にしても、昔おふくろが手作りしてくれたあんこ、忘れられません。
自分で作るしかないかと思ってます。
Commented by tango6 at 2012-03-14 22:14 x
あんこを手作り、ですか。素晴らしいなぁ。
そういえば私のおふくろも茹で小豆をよくやってくれたことを思い出しました。
正月の残った餅をいれてお汁粉風…うまかったなぁ。
Jinsenさんはお料理もされるので、きっと再現も出来るのではないでしょうか。
私はどうにも不器用でして…かみさんに任せきりです(苦笑)

そう言えばハインリヒのカーリィが届く前に、今のスリーナンズをやっておきたいですね。
私は昔のスリーナンズも知らない人間ですが、良き時代に思いを馳せるためにも
今を知る必要はありますよね。
Commented by jinsenspipes at 2012-03-14 22:54
>tango6さん
そうそう。おふくろ手作りのあんこの味、忘れられないですね。
中華料理を始めたのもネ、子供の頃おふくろにつれられてハマの中華街で食べた味がしっかりのこってる。
それと高校の食堂で食べた炒飯、これは再現するのに1年かかった。ようやく3分でできるようになりました。
よーするにやや炒めすぎ、ポロポロになる一歩手前だったんですね。気がつくと。
いまはどの中華料理店いってもやわらかめの炒飯でぼくの舌は不満です。
現行のスリーナンズ、ぜひ試してください。
で、ハインリヒのカーリィと比べたら感想をお寄せください。
たのしみにお待ちしてます。
また話題の糸口がみつかるはずです。
(tango6さんはタンゴ愛好家ですか。ぼくも昔よく聞きました)
Commented by tango6 at 2012-03-15 10:00 x
はい。必ず感想をお話しします。
GHのカーリィカットとも比べてみたいですね。

いやぁ…ははは。タンゴ愛好家ではないんですヨ。
コードネームのようなミリタリーっぽい聞こえの言葉を探していて、なんとなくこうなったんですネ。
結構自分では気に入っていたりします。
音楽はもっぱらロックと、家内の影響でクラシックを聴きますね。

こんな雑談ができるのも煙のご縁ですねぇ。素敵なことです。
Commented by jinsenspipes at 2012-03-15 11:59
>tango6さん
アハハ。コードネームでしたか。
はい。
こういう雑談大好きです。
Commented by くつした at 2012-03-19 12:20 x
わたしは黒猫のタンゴしか分からんです。いい歌で
す。
なぜラタキア入りの紙巻たばこは、ないんでしょうね。
臭うからですかね。

jinsen's 街角ポートレートを楽しく見せてもらいました。数人、好みの女子がいました。それで思ったのですがjinsenさんはフェミニストですか。わたしといえば、女は三歩下がって歩くものとおもっています。シシャモと鶏はメスのほうが格段に価値があるんですけどね。
Commented by jinsenspipes at 2012-03-19 21:06
>くつしたさん
アハハ。黒猫のタンゴ、懐かしいですねェ。
ラタキア入りのシガレットは無いですか?
ぼくはよく知りませんが、そうですねェ、なぜだろう。
あ、ポートレート、ご覧にいただけましたか。
素人写真でお恥ずかしいです。
ぼくはフェミニストではないです。
カミさんに女性蔑視とよく叱られます。
くつしたさん同様です。
テレビなんて「おんな子供」の見るもんだなんていうから。
Commented by tango6 at 2012-03-25 16:36 x
早速スリーナンズを国内通販で購入しまして、数服してみました。
昔のスリーナンズを知らない者からしますと、正直なところなかなか美味しいと感じました。
ただし、やはりケンタッキーを感じますね。VaKenと言ったところでしょうか・・・
ゴロワーズやドラム(シャグ)もよくやりますので、ケンタッキーは嫌いではないのですが・・・
いやしかし、コールハスのようにもっとうまくブレンドできなかったものでしょうか。

そうですね・・・既にジャーマインのペリクやSGのセントジェームズを愛用している身としては、
これをペリク物として扱うには少々力不足でしょうか。
とは言えバージニア物と考えれば悪くないたばこですが・・・
なるほど、これが今のスリーナンズなんですね。非常に良い経験になりました。

ただ、このスリーナンズは良い点もありました。
実は初体験だったんです、スパンカット。大変気に入りました。
火持ち抜群ですね、これはゆったりバージニア味を愉しめる刻みでご機嫌です。

そう、そう言えば一昨日、海外から荷物が到着しました。
念願のハインリヒのカーリィが入っております。
また折を見てご報告致しますネ。
Commented by jinsenspipes at 2012-03-25 23:23
>tango6さん
やあ、これはうれしい。
スリーナンズの感想ですね。
そうですか。ケンタッキー葉を感じましたか。鋭いなァ。
バージニア物と考えるとおいしい、というのはわかります。ジャーマインやSGと比べるとペリク物としてはいまいち、これも同感です。

スパンカットについてですが、おっしゃる通り火持ちがいい。現行スリーナンズはフレークの薄切りをくるくる丸めたものなのでフレークの火持ちのよさが出てるんだと思います。
それと比べて、ハインリヒのカーリィはロープたばこを裁断したものです。ロープたばこは、ちょうどロープを作るように、たばこ葉を撚って作るので凄く手間がかかる。もともとスリーナンズもロープたばこでしたが、お手軽にフレークから作ってるんですね。
その違いはお吸いになればわかると思います。なんともふっくらした、葉巻を吸ってるような感触があります。
ぼくがハインリヒのこれが好きなのは、そのロープたばこの感触がある点です。しかも火持ちも抜群です。
ペリクについてはジャーマイン、SGより劣りますが、このロープたばこの感触がぼくに昔のスリーナンズを思いおこさせるんです。
ハインリヒを試されたら、ぜひ、感想をお寄せください。