Jinsen's パイプ

マクバレン: ソレントミクスチャー ( Mac Baren: The Solent Mixture )

a0150949_1540216.jpg
 またまた傑作と出会えた。
 このところぼくが一番気になっているのがデンマークのマクバレン社である。イギリス物、オランダ物はだいたい見当ついてきたがデンマークたばこがいまいちわからない。しかしこれまでやった同社のバージニアNo1、バニラクリーム、バーレーロンドンブレンド、いずれも逸品だった。
 マクバレン社の歴史は1887年まで遡るが、社名をマクバレンとして再出発したのが1950年、その最初の商品がこのソレントミクスチャーである。さしづめこのあたりをやったらデンマークたばこの奥行きがわかるかもしれない。
 100g缶を空けると、かなり強くラタキアが香った。しかも、なんと昔のダンヒル965にあった甘い熟成臭もあって期待が高まる。
 火をつけると、ウム、これは!
 バージニア葉の香り + ラタキアの燻製臭、それもしっかり熟成され、ややじくじく湿った臭いがある。プラスしてキャベンディッシュの甘みと酸味がきた。これはまるで干しぶどうの感じ。どうやらバーレーもまじるらしく、バージニア葉の鋭さを丸くしているしやや木の実の味もある。そのいろんな味わいがどッといちじにやってきてじつにカラフル。しかも全体はまろやかで軽快。や、これは素敵なたばこだ!
 葉組は想像通り、バージニアにシリア製ラタキア、キャベンディッシュ、バーレーとある。シリア製ラタキアは昔のダンヒルもラットレーもそうだったが、1970年代に輸出禁止になり、各社、キプロス製に切り替えたはずである。近年また輸出再開になったようだがマクバレンは禁止時代をどう乗りきったのか。知りたいところである。ぼくはこのラタキアに熟成臭を感触したが、マクバレン社の解説を読むと、どうやらフレイバリングにラム酒を使っているせいらしいとわかった。熟成臭と思ったのは間違いらしい。しかしこのラタキアは965のような強い刺激がなくマイルドでじつに爽やか。もっとも965はオリエント葉の配合が多いのでラタキアが強調されているかとも思うが。
 初盤はいろんな味と香りのハーモニーをたのしんだが中盤以降になるとそれが渾然一体となった。ラタキアは最初ほど強く主張せず、かわりにバージニアとキャベンディッシュが全面にきた。甘みと酸味が強く、前に書いたが干しぶどうの感触がある。ラベルの解説にオリジナル・マクバレン・キャベンディシュと書かれているが、やはり俗説通り、Dutch & Daneの特色はこのキャベンディッシュにあるのだろう。DutchのアンフォーラのキャベンディッシュとこのDaneのキャベンディッシュ、いい対称である。それに比べるとラットレーのダークフラグラントのあの無骨なキャベンディッシュなど、イギリス気質丸出しの感がある。
 さきに書いたがマクバレン社は1887年創業のデンマーク一の由緒あるファミリー会社で、その子息が20世紀初頭にアメリカで修行し、帰国後、マクバレンの商標で新製品を発売する。第一号がこのソレントミクスチャーである。やはりアメリカ市場を狙ったものと思われ、缶のラベルには「English Mixture」と書かれ、ダンヒルやラットレーの愛好者に的を向けているようだ。アメリカ人の評価もおおむね良好で、軽いEnglish MixtureあるいはマイルドなEnglish Mixtureという評が多い。
 しかし日本人のぼくとしてはやや異なる感想をもった。イギリスたばこは直球一本槍、バージニア葉にしろ、ラタキア葉にしろ、その極限をつねに追求しているようにみえるが、デンマークたばこはむしろブレンドの妙、香りや味の重なりぐあいをたのしんでいるようにみえる。その繊細な配慮が日本人のぼくには親近感がわく。しかもイギリスたばこといってもダンヒル、ラットレーはいまは自社製造ではなく、創業以来の伝統を保持しているのはサミュエル・ガーウィズ、ガーウィズ・ホガース、ジャーマインの3社だけである。マクバレンはそれに匹敵する歴史をデンマークという国で背負っているのだ。
 イギリス物よりマイルド。しかしたばこ葉の味はしっかり出し、加工技術は繊細にして精緻。80人のオーケストラが全員でピアニシモを奏でる、その満々の体力を秘めつつ、音はやわらかくやさしい。マクバレンのいろんなたばこをやってみたくなった。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-04-28 15:44 | マクバレン | Comments(20)
Commented by mifune at 2012-04-29 01:24 x
何と言ってもマクバレンは安い
パイプはじめたころは、安いから三流煙草だろうという勝手な位置付けをしてましたが、今ではそんな変な先入観も無くなったので、少しはパイプ煙草がわかるようになってきたなあ、とか思ってます。
次はラムフレークとか試してみたいですね。

今、ジャックナイフを半ボール分くらい残しておいたのを吸いきってますが、なんかの味に似てるなーとずっと思ってましたが、これロイヤルヨットですね。
改めてjinsenさんのロイヤルヨットを読んでみましたが、そーそー、そんな味だってとこですね。
Commented by jinsenspipes at 2012-04-29 11:04
>mifuneさん
マクバレンて、ぼくも軽く考えてました。
しかしその身軽さはデンマークたばこの持ち味や伝統と関係するみたいです。
とくにこのソレントミクスチャーはおいしいです。

やあ、やってますね。
ぼくも今朝はハインリヒのダークストロングフレークでした。
ハインリヒ版は、お酒でいうと、辛口の酒、チョコレートだと、ビターチョコレート、ミルクチョコレートのべたべたする甘さがない味ですね。もちろんこのたばこはチョコレート味とは無縁ですが。
100g缶なので一ヶ月はもっちゃいます。
Commented by tango6 at 2012-04-29 21:08 x
こんばんわ。

なんと・・・マクバレンにもまともな(というのは大変失礼なのですが)銘柄があるんですね。
どうにも国内展開しているもののラインナップを見ているとそういう印象を持ってしまいます・・・
本物のシリアンラタキアってのは今本当にあるんでしょうか?
マクレーランドなどもシリアンラタキアをウリにしているようですが・・・
まぁルイジアナペリクについても言えることですが、これらはもうメーカーのウリ文句を信じて
楽しむしか、我々にできることはありませんよね。

バーレー入りのイングリッシュと言えば、以前微妙な(悪い意味で、です)たばこをやったことを
思い出しました。
「DISTINGUISHED GENTLEMAN」というたばこですが如何ともし難いたばこでした。
バーレーとキャベンディッシュを含むラタキアものでしたが、個人的にはものすごく浅いブレンドに感じ、
消費に手こずったたばこでした。
それ以来バーレーの入ったイングリッシュは警戒してしまうのですが、こちらのソレントは気になりますね・・・
まだまだ、知らないたばこがありすぎますね。
Commented by jinsenspipes at 2012-04-29 22:38
>tango6さん
アハハ。いや、ぼくはマクバレンはまともな会社と思ってるんですよ。
マクレーランドのシリア製ラタキアは本物です。たしかカタログにも輸出再開したあとのラタキアと書いてありますよね。
いまはシリア製は手に入ります。ただ、昔のと比べると質がおちるという人もいますね。

Distinguished Gentlemanはぼくは知らなかったのでネットで調べたら、アメリカのE.Hoffmanという会社のたばこらしいですね。
この会社は1857年創業の老舗ですが、いつのまにか廃業し、2006年にふたたび市場に登場したという記事がありました。
「舌焼けも、後悔も、けしてさせません」という売り文句だったというから当然バーレーはふんだんに使っているでしょうね。だいたいアメリカ人は舌焼けを極度に嫌うから、バージニア党よりバーレー党なんです。

バーレーの入ったイングリッシュミクスチャーは結構多いですよ。
tango6さんはバーレーはお嫌いですか?
ぼくはマクバレンのバーレーロンドンミクスチャーをやって以来、バーレーの旨さを知りました。
Commented by tango6 at 2012-04-30 12:37 x
なるほど、シリアンラタキアは本当に存在するのですね。
よくよく考えたらキプロスラタキアしかやったことがなかったので、やはりこのソレントを
試す価値はありそうです!
キプロスに物足りなさなんてないのですが(SGコモンウェルスなんか特別の逸品ですし)、
シリアンはやはり気になりますねぇ…

いやぁ…ははは。痛いところを突かれました。
そうなんですね、バーレーは少し苦手です…とはいえSG社やGH社、ジャーマイン社のたばこは
バーレーの有無に関わらず抵抗がないので、どうも調子いいんですよね、私は(苦笑)
ですので苦手というよりは、変な先入観がありすぎるのではないかと自分自身で分析した次第です。
マクバレンのソレント、それからバーレーロンドンは今後の購入候補としてしっかり覚えておかないといけませんね。

またもいい機会をいただけました。
jinsenさんのお陰で世界が広がりますね。
Commented by tango6 at 2012-04-30 12:46 x
ああ、それから…
マクバレン社がこれほどの老舗であるとは知りませんでした。
我ながらなんと軽率な…
失礼な書き込みをしてしまいましたが、どうかご容赦ください。
マクバレン社にもこの場でお詫びを申し上げます。
(連投すみません)
Commented by jinsenspipes at 2012-04-30 17:20
>tango6さん
シリア製ラタキアはぼくの記憶にあるのは965の70年代の味と香りです。
しかしそれはおぼろげでしかなく、またシリア製ということよりダンヒルの熟成のおかげかとも思われます。
キプロス製とはっきり違いは指摘できません。

バーレーについてはぼくもtango6さんとおなじ印象をもってました。
それを払拭したのはマクバレンのバーレーロンドンブレンドでした。
デンマークの会社はキャベンディッシュとバーレーについては世界一の技術があるとぼくは思ってます。
あれほどバーレー好きなアメリカ人でさえ本物のバーレーはデンマーク物が優れてると認めてますしね。
ただ、そういいつつ、日頃吸っているのは自国製品で、マ、自尊心の強いお国柄なんでしょうね。
Commented by jinsenspipes at 2012-04-30 17:27
>tango6さん
マクバレンはたしかに誤解されやすい会社ですね。
ぼくもtango6さんに近い感想をもってました。
とにかくアメリカ市場を意識しすぎで、売れ筋を狙いすぎるし、工場の近代化も極端ですから。
しかしアメリカやドイツのいい加減な会社とはやはり一線を画し、伝統を捨てきれない頑固なところも感じられるんですね。
イギリスと拮抗していたオランダがさっさと店じまいしちゃったからぼくはデンマーク物をもっと知りたくなりました。
Commented by tango6 at 2012-04-30 21:26 x
シリアンよりもキプロスの方がボディがある、そんなような話を聞いたことはありますが…
果たしてどうなのかは分からないですね。
その話をしている人が今のシリアンについて話をしているとしたら、昔のものとは訳も違いますし。

いやしかし、ここにきてバーレーが気になってくるとは…
先日海外通販したたばこも消化出来てきましたので、ソレントとバーレーロンドンを
発注してみました。ついでに、まだ試していないエソテリカも2つほど…

うーん、マクバレンを掘り下げてみるのも楽しそうですね。
jinsenさんを追い掛けてばかりで恐縮ですが、またいい経験が出来そうです。
Commented by jinsenspipes at 2012-04-30 23:13
> tango6さん
ぼくの記憶が正しければ、シリア製のほうが味、香り、ともに上です。
キプロス製はやや荒い感じ。

ありゃ。これは責任重大。
バーレーロンドンブレンドは絶対お薦めです。バーレー葉のよさがよくわかります。
ソレントのほうは、マイルドなEnglishMixtureですから、イギリス物の深さが好きなかたには物足りないかもしれません。
そうだったらご勘弁を。ぼくはデンマーク物のことをよく知りたくて買い、それはよくわかりました。
ぼくもこれからマクバレンを少し買いあさるつもりです。
Commented by くつした at 2012-05-02 00:07 x
フロッグモートンすってみました。イケますな。
以前吸ったビュテラ ロイヤルビンテージ ダークストーブ の香りがします。
「ラタキア +  ビュテラ ロイヤルビンテージ ダークストーブ」 かなとおもいました
 
Commented by jinsenspipes at 2012-05-02 17:05
>くつしたさん
フロッグモートン、ぼくもだいぶ前にやりました。
おいしいたばこですよね。
ビュテラのそれはマクレーランド製ですね。
そうですか。似てるんですね。
Commented by tango6 at 2012-05-15 22:26 x
こんばんは。
先週末にマクバレンのバーレーロンドンとソレントが届きまして、早速やっております。
バーレーロンドンはjinsen さんが推薦されるのももっともですね、これはいい!
缶裏の説明に僅かにバージニアを含む、というニュアンスの説明書きがあるのが気になりますが…
どうなのでしょうね。
ソレントミクスチャーも素晴らしいたばこで感激しております。
予想外にスパイシーで、これがシリアンラタキアの成せる技なのかと興味深く感じています。
ラムで熟成感を出しているのもいい。GHのラムフレークを思い出します。
確かにおっしゃられるように、マクバレン社のたばこは日本人に合うように思いますね。
JTが委託したのも納得いくというものです。

…と、お薦め下さったマクバレンは絶賛の出来映えなのですが、これらと共に買ったエソテリカのドーチェスターが
なんとも凄まじいうまさで!
土日は一日中吸っていました。
エソテリカは以前ラタキア物だけやったことがありましたが、どうやら本命は
バージニアのようですね。紛れもなくvaperの超一級品でした。
Commented by jinsenspipes at 2012-05-15 22:55
>tango6さん
やあ、届きましたね。気に入っていただいたようでホッとひと安心。
バーレーロンドンはバージニアも入ってましたか。
味はバーレーそのものという感じでしたが。
ソレントミクスチャーはマイルドで朝の一服にぴったりです。
ラムフレイバーも嫌味がなくていいですね。

ドーチェスター、よかったですか。
ぼくはペリク入りはダンバーしか経験ないのでぜひやってみたいです。
つぎのオーダーにいれときます。
エソテリカはジャーマイン製なのでしっかりしてますね。
Commented by tango6 at 2012-05-16 09:32 x
ついでに書くと、ジャーマイン社のたばこも日本人に合うと考えます。
私のこの時季の常喫が、実は煙管でやる刻みたばこなんですね。
刻みたばこは国産葉100%。つまり在来種を味わえるたばこですが、この刻みたばこにある味わいが
ジャーマイン社のメリーランドにもあると感じるようになりました。
ふっくらと柔らかい感触や、和を感じさせる枯れた味わいに共通点があるなぁと、
このところ改めて感じております。
ジャーマイン名義のたばこですとロイヤルジャージーラインやプラムケーキにはこれを感覚します。
エソテリカのドーチェスターにもあるような…社の解説に確か「エアキュアードリーフ」とありますので、
(在来種にはエアキュアードを用いるという記事を見かけたことがあります)
これがメリーランドのことかなと想像して楽しんでおります。

話がジャーマインのことになってしまいました、申し訳ありません(苦笑)

今朝もソレントやっております!おっしゃる通り、朝の一服が素晴らしいですね。
Commented by jinsenspipes at 2012-05-16 11:55
>tango6さん
あ、それはいえますね。
なるほど国産葉はメリーランド種に共通しますか。
それは気づかなかった。
もっともぼくはメリーランド葉の特徴が明確にはわかってないんですよ。
つぎのレビューでジャーマインを書きますのでじっくり味わってみます。

バージニアは熱風乾燥ですね、ふつう。
自然乾燥のバージニアというと、ひょっとするとメリーランドになるのかも知れない。
ただぼくはメリーランドが自然乾燥かどうか知らないのでこれも調べてみます。

ぼくの今朝の一服はダークストロングフレークでした。
これ、ケンタッキー葉独特の香りと甘さ、味わいが素敵だと、つくづく感じながらやってました。
今朝は5月らしい、晴天のあたたかい、陽射しは暑い朝でしたね。
庭で陽射しをあび、そよ風を感じながら、気持よかったァ。
(これから昼ご飯の準備、今日は海老ちりソース煮を作ります)
Commented by tango6 at 2012-05-16 20:41 x
有難うございます。
ですが私の話はアテになりませんので・・・悪しからず(苦笑)

今朝の一服はダークストロングですか、これもやってみたいたばこの筆頭なんですよ・・・
ハインリヒといえば、アメリカからの通販で買えるものですとあとはゴールデンスライスドと
シリアンラタキアにペリクのカーリィカットといういかにも美味そうなNo.39も気になっています。
ぼちぼち朝の一服も暑さが辛い季節になりそうですね・・・

あ、なんとお昼は海老チリだったのですか!いいですねぇ。
たばこよりもjinsenさんの中華料理が気になり・・・なんて調子のよいことを申し上げてはまたご迷惑になりますね。
いやぁ、毎度すみません。

次回のレビュー、ジャーマインということで大変楽しみです。
まだやってない銘柄もたくさんあるのでワクワクしています。
Commented by jinsenspipes at 2012-05-16 21:18
>tango6さん
ダークストロングのおかげでケンタッキー葉の奥深さがよくわかりました。
マクバレンのバーレーロンドンではバーレー葉の味を憶え、こんどはケンタッキー葉です。

ハインリヒのゴールデンスライストはオーリックそのものという噂もありますね。
どうなってんだろう。
No39、そうですか、よさそうだな。

中華料理はそろそろ2年。ようやく炒飯ができるようになりました。
チャーハンはシンプルなだけに思い通りなのができるのはやはり1年かかりましたねェ。

あ、次回のレビュー、間違えた。ガーウィズ・ホガースでした。
イギリス・キャベンディッシュの濃いところを紹介します。
Commented by tango6 at 2012-05-16 21:48 x
1つの葉について掘り下げるのは楽しいですね。
私はオリエントの奥深さを、以前書き込みさせていただいたSG社のシャグで体験し、そして同社のサムズフレークで
よく理解しました。
SGのオリエントはイズミル産の物で、まさしく“トルコ葉”と呼んで差し支えない葉のようですね。
確かmifuneさん・・・でしたか、サムズフレークを愛好なさっておられますよね。
いや実に美味しいたばこをお教えいただいたなぁと、密かに嬉しくなっていたんですよ。
(勝手に話題に出してしまいすみません)

なんと、チャーハンを体得されたんですね!チャーハンは難しいそうですね。
シンプルなものほど難しいというのは色々なものに当てはまりますよね・・・

あら、次回はGH社のレビューでしたか。
でしたら尚の事嬉しいです。GHはバルクの種類が多すぎてとてもとてもやりきれませんから(苦笑)
新作、お待ちしております!
Commented by jinsenspipes at 2012-05-16 23:40
>tango6さん
オリエント葉についてはぼくはまだ勉強不足です。
だいたいの傾向はわかりますが産地まではとても。
たしかマクレーランドにたくさんありますよね。一度試してみたいです。

サムズフレークはmifuneさんも大推薦で、ぼくは未体験。
これもつぎの発注でたのもうかな。

チャーハンはね、最初はベチャベチャ、つぎは焦げつき、ずいぶん苦労させられました。
中華鍋で作る料理は、ゴルフとかビリアードとおなじで、ほとんどスポーツ感覚なんですよ。
コンロの火力、鍋の温度、その一瞬の変化にからだが反応できるか、どうか。
プロは1分で仕上げますが、家庭用の火力の低いコンロだと、マ、3分が勝負。
1年じたばたしてたら、ある日、コロッと3分で仕上がった。そんなモンです。

GHはイギリスで買うとバルク、アメリカだと(バルクもありますが)缶入りですね。
どうやらアメリカ市場向けはイギリス国内流通品とは違うらしい。
ぼくは缶入り専門です。