Jinsen's パイプ

study: ダークケンタッキーの謎 ( Mysterious Dark Kentucky )

a0150949_11461321.jpg
 少し前にペーター・ハインリヒの「ダークストロングフレーク」のレビューを書いた。
 このたばこはオーリック社の「ダークケンタッキー」と中身はおなじらしい。そちらが2007年にアメリカ市場から姿を消したあとファンのみなさんはこれに鞍替えしたようなのである。
 しかし、会社が違うのに中身がおなじなんてある得るのだろうか? ずっと疑問だった。
 ネットで調べても記事がない。ところがあるドイツ語の記事にそれらしい記述がみつかり、めんど臭いけどgoogleの翻訳で読んでみると、あった! そのあとドイツのネット記事を漁っていくうちに、あるある、どうやらドイツではよく知られた話題であるらしいのだ。
 もっともドイツでも真相は不明で、ただこのたばこのファンが、Aたばこ店のハウスブレンド(自家製たばこ)「AA」とB店のハウスブレンド「BB」は同一か? といった話題があちこちに登場していた。
 ドイツに「Pfeife und Tabak」(バイプとたばこ)いうサイトがあるが、ここのフォーラムでは10年前からたびたび話題にのぼり、ついにオーリック製「ダークケンタッキー」と中身がおなじハウスブレンドの一覧表まで掲載されていた。おもしろいので参考に転載しておく。左がたばこshop名、右がその店が販売しているハウスブレンド商品名である。
「Pfeife und Tabak」http://www.pfeife-tabak.de/

「たばこshop名」「商品名」
Peter Heinrichs _____"Dark Strong Flake"
Pfeifenstudio Frank __"Black and White"
Thomas Behrend ____"42"
Pfeifen Bier _______ "23"
Schneiderwind______"Darley Moor"
Diehl_____________"Special Blend The Tiger"
Tabakhaus Bielefeld Crüwell__"45"
Tabak-Keistler______"Bivisible"
Rauch in Wetzlar_____"Tabakskollegium Nr. 3"
Bonner Pfeifen&Cigarrenhaus___"Nr 29"
 このたばこがすべてオーリック製「ダークケンタッキー」だとされているから凄い。
 なんでこんなことがありうるのか? 真相はまったく不明だ。ただこれらのshopのハウスブレンドはいずれもドイツのコールハス社に製造委託している。そこで推測としてデンマークのオーリック社とドイツのコールハス社のあいだに何らかの契約があり、ドイツ国内に限って販売(あるいは製造も)を許可しているのではないか、という説が読めた。
 うーん。またまたぼくにはよくわからない不思議がでてきた。そういうことが裏でこっそりなされているとしてもネットに堂々と一覧表まで公開されているとはネ。
 アメリカではG.Lピースがおなじ製法のたばこ「ジャックナイフ」を昨年発表している。いまのところこのたばことオーリック製を比べた記事は見当たらない。ドイツのサイトには「ジャックナイフ」はまったく登場せず、これを評したアメリカのサイトにはオーリック製はでてこない。
 ぼくはペーター・ハインリヒの「ダークストロングフレーク」が気に入り、ここのところずっと吸いつづけている。ほんとはオリジナルであるオーリックの「ダークケンタッキー」、G.L.ピースの「ジャックナイフ」を手に入れ比べてみたいところだが出来ずにいる。どなたか両方体験されたかたがいらっしゃったらぜひ感想をお聞かせください。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-06-30 11:58 | オーリック | Comments(0)