Jinsen's パイプ

ピーターソン: アイリッシュフレーク ( Peterson: Irish Flake )

a0150949_21205798.jpg
 ピーターソンたばこで最初にやりたかったのがこのアイリッシュフレークである。なにしろアイルランドの名たばこである。もともと同郷のマレー社の製造で、いまはドイツのコールハス社が作るが、ピーターソン社のシールも貼ってあるし会社のサイトには我が社のたばこと宣伝されているからよほど厳しいチェックを受けていると思いたい。ならば「アイリッシュ」と銘うったたばここそ本命だろう。
 ところが海外のレビューを読むと、いずれもこれはニコチンがきつい、おそらくもっとも強いたばこだとあるのでので二の足を踏んだ。外人が強いというなら脆弱な日本人は目がまわるかもしれない。そこで前に書いたがまずユニバーシティフレークから始めた。そちらは際立った特徴があるたばこではないが、一度やるとつづいて手がでる。あっというまに缶があいた。どこかしらふしぎな魅力があるのだ。そこで、いよいよ本命に手をだした。
 缶をあけると、2cm x 7.5cmの細長いフレーク。ややスパイシーな、甘い香料の香りがあり、いい感じの熟成臭もあって期待がつのる。火をつけてみると、あ、これは、なんとたばこらしいたばこであることか!
 葉組はバージニア、ケンタッキー、バーレーである。ユニバーシティはバージニアとバーレーで、バーレーがすっかりバージニア味を丸めていた。しかしこちらはバージニアの青臭さ、ケンタッキーのスパイシーな香り、バーレーの木の実味、すべてがくるが、とくにケンタッキーの風味が強くでていかにもたばこらしい。最初に感じた甘みはずっと持続する。おそらく甘味料がいくぶん加えられているらしい。舌に甘みは感じつつ、全体としては質実剛健、ザ・たばこという感じ。
 たまたま常喫のダンヒルフレークとヨットが空いていて比べてみた。ダンヒルフレークはさすがにバージニア葉の王者、青臭さから酸味、ほのかな甘み、フッとお花の香り、バージニアの特徴がすべてくる。草原の丘にたってひろびろした光景を俯瞰しているようなたのしみがある。こちらアイリッシュはそういう広がりはなく、もっぱらたばこをたのしんでる、ニコチンの酔いに心地よく身をまかせているという感触。ただし、ニコチンは予想したほど強くなかった。
 ダンヒルのロイヤルヨットはやはりワン&オンリーの秀逸なたばこだ。ストーブドバージニアの、やや脂臭いようなねっとりした味にミルク味と蜂蜜の甘みがかすかにのる。このミルク味だがこれはバージニア葉を充分ストーブしたためにでてくるようである。バージニア葉だけからこれだけの旨味をとりだせるなんて奇蹟に思える。
 そういうダンヒルたばこと比べると、ピーターソンは直球一筋という感じだな。ユニバーシティは際立った特徴がないと書いたがたしかにバージニア葉の宏大な域はなく、バーレーがそれを丸くしているのでやや単調に思える。ところが、そこがふしぎなんだが、つい手がでてしまい、パイプのたのしみを満足できる。こちらアイリッシュは、ケンタッキーの魅力がくわわり、心なしバージニアの深みもましているようでこれまたパイプのたのしみを充分満喫できる。
 ぼくはこれまでバージニア葉の旨味を追求したたばこ中心にたのしんできたがアイルランドのたばこはそれとは別のたのしみ、いわばパイプ喫煙の別世界を見る心地がしてそちらのほうもしばし徘徊したくなってきた。
 ピーターソンたばこの社の説明ではこれらは伝統的製法でブレンドされたと注記してある。しかし、ぼくにはどこがそうなのかわからない。ぼくがふしぎな魅力と書いたことはそれに関係してるかとも思われるが、わからない。まだまだぼくはパイプ喫煙の入り口でまごまごしてるんだなと痛感させられる。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-10-01 21:24 | ピーターソン | Comments(12)
Commented by くつした at 2012-10-03 03:01 x
きましたね。アイリッシュ。まっくろなフレイク、見た目はかっこいいんですね。どんどん、すってください。
どうでもいいことですが
アイリシュウィスキーのんでます最近。うまいです
もっと、どうでもいいことですが、ひぐらしのなく頃にってアニメ、傑作でした。
Commented by jinsenspipes at 2012-10-03 17:02
>くつしたさん
アイリッシュウィスキーって呑んだことありません。
おいしいですか?
アハハ。
アニメのことはまったくわからない。
Commented by くつした at 2012-10-09 03:05 x
うまいです。アイリッシュ。シェリーのかおりです。
ブッシュミルズ10年が2200円でした。おなじ店で4年まえは確か3200円でした。こまったものです。

http://www.smokingpipes.com/cigars/
でダンヒル安売りしてますね。JINさんには、
ぜひたくさん買ってほしいです。
わたしはいま思案中です。
Commented by jinsenspipes at 2012-10-09 20:58
>くつしたさん
そうですか。
機会があったらやってみます。
ダンヒルについてはニュースメールいただきました。
バルク販売もあるみたいですね。
ただ、ぼくはたばこのストックはいっさいしてません。
その月に吸うぶんだけ買い、吸い終わるとつぎを注文します。
貧乏性なんでしょうね。
買いだめはしてません。
Commented by る・る・る・るっく at 2012-10-11 15:48 x
こんにちは、
>貧乏性
……いえ、これはひとつの見識かと思います。
買いだめはあまりお行儀がよくない、と自分では思っているのですが……。

先日、しばらく前にカラにしたBob's Chocolate Flakeが喫いたくなって、
お店に買いに行こうかと考えたのですが、いや待てよ、
海外通販でまとめて買えばずっと安い。
と PipesandCigars.com を見ているうちに、
送料が高くつくのである程度の数買ったほうがお買い得。
G.H.のRum FlakeやEnnerdaleとかG.L.PeaseのLagondaとか、
あ、ErinmoreのFlakeなんかある。Erinmoreはあの独特の香りが
好きになれなかったんだけど、Flakeで、角缶がすっごくカワイイじゃん
などとあっという間に増えてしまいました。
来年、いや再来年くらいまでストックが増えてしまいそうで、
こちらのほうがよっぽど貧乏性ですね。
Commented by mehikari at 2012-10-11 16:50 x
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
Jinsenさんは文章が上手いので読んでいて面白いですし勉強になります。
いきなり不躾なことお訊ねしてすみませんが、もしかして文章を書くお仕事をなさっていますか?
Commented by jinsenspipes at 2012-10-11 18:16
>る・る・る・るっくさん
でもみなさんたばこをストックされてるようですよね。
買いだめしないのは単にお金がないせいですが、
一度空けたたばこはどんどん味が落ちていくから早く吸ってしまいます。
ジャーに移したりしてもおなじで最初の味と香りはとうてい望めません。
50g缶は、ふつうのパイプ喫煙者の1週間ぶんを想定してると聞いたことがあります。

あ、缶のデザインが好きで買っちゃうことはありますね。
マクバレンのバニラフレークなど、おいしいこともおいしいけど、あの缶はいつも手許においときたい。
Commented by jinsenspipes at 2012-10-11 18:18
>mehikariさん
ようこそです。
いえいえとんでもない。駄文で恥ずかしいです。
物書きしてたこともありますがネットの記事は書きなぐりです。
原稿用紙にむかうのとは違いますね。
Commented by mehikari at 2012-10-11 20:23 x
そうだったのですか!いやいや、とても読みやすい文章ですし、たばこの味わいをすごく素敵に表現なさっていると思います。
それでは、またお邪魔させていただきます。
Commented by jinsenspipes at 2012-10-11 22:55
>mehikariさん
いや、もう昔のことで。
はい。
ちょくちょくご覧いただき、またmehikariさんのたばこの感想などもお聞かせください。
Commented by mehikari at 2012-10-12 22:07 x
こんばんは。
私なまだパイプ喫煙は駆け出しなのであまり銘柄を試していないのですが、ラールセンのカーリーフレイクはとても美味しかったです。バージニアのみのフレイクでキャラメルの香り。それからFVFはダントツで美味しかった。はじめてパイプで感動した銘柄です。jinsenさんが常喫していたという桃山を今やってますが、これとても美味しいですね!個人的にはダンヒルより好きです。
ピーターソンはやったことないですが、jinsenさんのレビューを読む限りアイリッシュウイスキーみたいな雰囲気ですね。アイリッシュウイスキーは3回蒸留で香り豊かなスコッチと違いプレーンな味だそうです。アイルランド人は華やかな味わいより質素な味が好きなんでしょうか。


Commented by jinsenspipes at 2012-10-13 00:05
>mehikariさん
カーリーフレークは前にやってました。そういえばレビュー書いてないですね。
また吸いたくなった。
桃山はいまは吸ってません。昔はずっとこれ一筋だったんですが、おいしいたばこがふえちゃって。
アイリッシュウィスキー、そうですか。
たしかにアイルランド物はストレートで、小手先を使わず、ずばり本質を衝いてくる感じですね。
ぼくはアイルランドのたばこでそれを感じました。
酒、たばこ、料理、そういうところに人間の本質がでるものなんですね。