Jinsen's パイプ

ロバート・マッコーネル: スコティッシュフレーク ( Robert McConnell: Scottish Flake )

a0150949_20502115.jpg
 ひさしぶりのマッコーネルたばこである。
 前にも書いたが、マッコーネル社はロンドンの老舗で1848年の創業から100年を越す年月、銘品を送り出してきた。自社ブレンドだけでなくダンヒルの紙巻きを作っていたこともあるし1980年以降はラットレーたばこを外注生産する。1980年代といえばロンドンのたばこ会社は壊滅状態で、マッコーネル1社のみ、この地のたばこshopのハウスブレンドまで一手に引き受けていたが、1989年、時代の波には勝てず廃業。設備一式はドイツのコールハス社が買い上げたのでその後はマッコーネルたばこも、またマッコーネルが作っていたラットレーなど全商品がコールハス社の製造となった。
 ぼくはこれまでマッコーネルたばこの「スコティッシュケーキ」「マデュロ」「グレンパイパー」を紹介してきたがこのスコティッシュフレークは、フレークたばこであること、通販会社などに掲載された紹介文によると数種のバージニア葉を独自の工法で熟成させたとあるので興味が沸いた。つまりバージニアフレークだというのだ。
 ところが実際に吸ってみると紹介文とは大違いだった。
 缶をあけると、強い酸味と甘い香り、ぼくはりんごを連想したが、ラム酒のようである。あれ? 着香してあるのか。フレークにはまちがいなく、4cm x 6cmでこれがとても薄い。ふつうのフレークの半分くらいの薄さである。
 火をつけると、あ、これは、ペリク入りだった! バージニア+ベリクで、ケンタッキー葉の香りもあった。バージニアのベースにペリクの酸味と甘み、それをラム酒が強調し、とろんとした感触。さらにケンタッキーが腰を強めている。なんとぼく好みのたばこだった。バージニア葉にちょっと特徴があり、青臭さはもちろんだが何か異種の味もまじる。そのあたりが複雑な味わいをみせてなかなか奥が深いたばこである。
 初めてのたばこを買うときは通販会社の紹介文やネットのレビュー記事を参考にするが、そのどこにもペリクやラム酒の記載はなかった。アメリカのレビューもいくつか読んだが、みなさん紹介文につられてバージニア葉のあれこれを論じるだけ。いったいどうなってるんだと思っていたら、一人のレビュアーが、この紹介文はおかしい、製造元のコールハス社のサイトの文が正しいと指摘していた。そこでコールハス社の記事を読むと、あった! 「ダークバージニア葉とスパイシーなケンタッキー葉、それにわずかのペリクをフレークにプレスした。ラム酒で着香」。ちゃんとペリクとラム酒が記載されてる。じゃ、通販会社の紹介文はどこから引用したんだろう? またアメリカのレビュアーの大半が誰もそれに触れてないのはなぜだ? またまた薮の中である。
 ところで同社には類似のたばこでスコティッシュケーキがある。これは前に紹介したが葉組はバージニア+ペリク+ケンタッキーでこれとおなじである。ただラム酒の着香はない。
 このケーキというのはイギリス(スコットランドも)たばこの伝統製法の工程でまずすべてのたばこ葉はプレスされて板状にされる。大昔はこのケーキ板をたばこshopに売り、お店が客の要望でこれをカットして販売した。これがカットプラグと呼ばれるものである。しかしその後、製造段階でケーキを細かく裁断し、いまでいうリボンカット状にしたものが好まれることとなり、また製缶技術の発達で裁断した葉を缶詰にパッケージして出荷されるようになる。そうなると初期段階でケーキを作るまではない、最初から裁断しちゃえば楽だというのでイギリス以外の国ではケーキは作られなくなったのだ。
 いっぽうフレークはケーキを薄くスライスしたので、イギリスの製法では、ケーキはフレークにするか、細かく裁断してリボンカットにするか、わかれる。マッコーネル社のスコティッシュケーキは、じつはケーキを手でほぐしたブロークンフレークで、このたばこは伝統製法にのっとりケーキから作られてますと宣言したものである。またスコティッシュフレークのほうはケーキをスライスしてフレークにしたものだが、両社のもともとのケーキは、別物だとぼくは思う。
 スコティッシュケーキとスコティッシュフレーク、葉組は似ているが、使われるバージニア葉は異なる。で、ケーキのほうはどちらかというと単純なバージニア葉、フレークはバージニア葉のカクテルで味の違う葉をブレンドしてあるようである。
 どちらもぼく好みのペリク入りバージニアである。いま手許にケーキのほうはないので厳密に比較はできないが、チャンスがあれば吸い比べてみたいと思っている。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-10-28 20:53 | ロバート・マッコーネル | Comments(28)
Commented by 天邪鬼 at 2012-10-30 08:25 x
お邪魔します。

ケーキ、フレイク、プラグは、パイプ喫煙ならではの製法なのでしょうか?(と、個人的いは思っているのですが)

実は、私はほとんどのパイプ煙草がケーキにされ、そこからの刻み方でいろいろあるのかな?と思っていました。
間違いが解り、感謝しております。

それにしても、バーなどでプラグ煙草やフレイク煙草を取り出すと、知らない人は皆ビックリします。
そして、そんな時に「趣味・喫煙」という意味を理解してもらえます。

話は変わって、意外にネットで見る煙草の解説って疑問を持たざるえない場合がちょくちょくあるのですが、なぜなのでしょうね?
もしかすると、製法を変えても公表していないから?などと、個人的には思っちゃいます。

いずれにしても、毎回、jinsen さんの鋭い味覚には脱帽です。
Commented by jinsenspipes at 2012-10-30 17:35
>天邪鬼さん
ケーキ、フレーク、プラグ、これはパイプだけですね。
葉巻と、その簡略型のシガレットは固形物は吸えませんから。

マクバレンのサイトにある製造工程をみるとケーキの過程はないですね。オーリックもおなじと思います。
フレークはケーキにしてから裁断しますが、リボンカットなどは葉をドラムで混ぜ合わせてすぐ裁断してるようです。
イギリスの会社がぜんぶケーキからスタートしてるか、どうかはよくわかりません。
ただしSGの1792とか、昔からあるたばこはまちがいなくケーキからで、そのケーキも販売してますし、
あの独特のマイルドな味わいはやはりプレスするところから生まれるんだとぼくは思ってます。
プレスも熟成の一部ですから。

たしかにたばこの解説は「?」なのがありますね。
いまでは製法が違うのにオリジナルの製法をそのまま載せちゃってることもあるかもしれません。
ラットレーなんか、オリジナルはバージニア葉だけなのに、いまはペリクを少量いれてるというのが多いです.
コールハス社のサイトの解説は、さすがドイツ人で、いまの葉組や着香をきちんと記載してるようです。
Commented by mehikari at 2012-11-01 12:27 x
こんばんは。マッコーネルって歴史のあるブランドなんですね。吸ってみたくなりました。

いよいよsmoking pipe.comで注文しようと思っているのですが、発送方法は一番安いものでも問題ないですか?遅くともきちんと手元に届きさえすればいいのですが…。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-01 20:48
>mehikariさん
はい。マッコーネルは老舗でした。
ダンヒルを製造してたマレー社とならんで最後まで生き延びた会社ですね。
いまはドイツのコールハス社が製造してます。

発送方法は、ぼくはいつも一番安いやつです。アメリカ郵便局の郵便小包です。
高いのは日本の宅急便とおなじで、商品がいまどこまできてるかトレースできます。郵便小包はそれができません。
でもたいした金額のものではないからそこまでは必要ないです。
ぼくはこれまで一度も事故にあったことがありません。だいじょぶです。
約1週間から10日くらいで着きます。
ぼくが初めて海外通販を使ったときは、ほんの小額の買い物で、万一着かなくてもあきらめればいいか、そんな気持でした。
しかし、案ずるより生むは易し。ちゃんと届きました。
Commented by mehikari at 2012-11-01 22:38 x
ありがとうございます。なるほど、特に心配する必要は無さそうですね。頼んだ中で美味しいのがあったらレポートしますね!
Commented by jinsenspipes at 2012-11-01 23:02
>mehikariさん
はい。
たのしみにお待ちしてます。
Commented by 和菓子 at 2012-11-02 17:13 x
こんにちは、お邪魔します。
前回の記事でアドバイスいただいたので、「オーリック ゴールデンスライド」を試してみました。
なるべく前情報が無い方が先入観なしに味わえるかな、と店舗で殆ど何も知らず購入いたしました。
吸ってみると、私好みの甘味。
「バージニアはやっぱりこの味かぁ…」と思った直後です。
「これにペリクを入れたら合いそう…いや、入ってる?これは…ペリクで甘味が強調されてるのか?」
とおもい、やっとそこでこちらのレビューを拝見させていただき、
「あ、やっぱり入ってたぁ」と安心しました。
ケンタッキーの風味は残念ながら感知できる舌がなかったのですが、
実においしいタバコですね。
ペリクの虜になっちゃいそう(笑)
この記事のタバコもペリク入りで、興味がそそられます。いつも素晴らしい記事をありがとうございます!
Commented by jinsenspipes at 2012-11-02 22:12
>和菓子さん
やあ、感想ありがとうございます。
ゴールデンスライスドはバージニアたばこの代表ですね。
ペリクがわずかに入っていますがあまり気にならないていどです。
甘みを感じられましたか。
それはペリクもそうですがバージニア葉本来の甘みもあると思います。
でもいい味覚をお持ちですね。
ダンヒルのフレークとか、マクバレンのバージニアNo1もバージニアたばこの代表ですが、
そちらはベリク抜き、でも充分甘いです。
チャンスがあったら比べてみると、もっとバージニア葉の味がわかりますよ。
マッコーネルのこのたばこはベリク+ラム酒でちょっと特殊かもしれません。
ペリクをたのしみたいなら、ジャーマインのペリクミクスチャーとか、
サミュエル・ガーウィズのセントジェームズフレークをお薦めします。
どちらも国内で買えます。
Commented by 和菓子 at 2012-11-03 16:05 x
良い舌とは…お誉めにあずかり光栄です!
ですが、パイプに関してはまだまだ若造ですよ(笑)
バージニアの味もしっかり学びたいので、バージニア№1かダンヒルフレークも今のうちに試しておきますねw
ペリクといえば、
実はセントジェームスフレークは常喫のサイクルに入っています。これは今まで吸ったことのある煙草の中では一番好きです。もっとペリクを追求してみたくなりますね!
ジャーマインのペリクミクスチャーにも興味深々です。
そういえば、ペリク入りといえば、マクバレンのHH アカディアンペリクも興味がありますが、以前コメントで「マクバレンは、サミュエルガーウィズが好きなら、コクが足りなくて肩透かしかもしれない」…
とおっしゃっていましたね。
これについてはマクバレン社共通の物なんでしょうか?
Commented by jinsenspipes at 2012-11-03 21:40
>和菓子さん
マクバレンについてですが、ぼくはそのあたりを知りたくてしばらくマクバレンを試してました。
よくいわれるのはどのたばこもマイルドで、甘口、パンチがない。大衆向けの二級品とおっしゃるかたもいます。
しかし、いろいろ試してみて、ぼくは、マイルド、甘口というのはデンマーク人の体質からくるんじゃないかと思いはじめました。
ソレントミクスチャーのところで書きましたが、バージニアにしろラタキアにしろガツンとくる感じがない。
だからマイルドといえますが、よくよく味わうと、その奥に繊細な配慮が感じられ、これがまたとても魅力があります。
オーケストラの轟然とした全奏とはまた違う、室内楽の繊細なピアニシモがある。
それを物足りないと感じるかたもいれば、その繊細さが好きというかたもいると思います。
ぼくはどちらも好きです。
アカディアンペリクについては、セントジェームズフレークがお好きなかたには物足りないかとも思います。
しかし、よくよく耳を傾けてみると、これはこれでいいバランスがあり、マクバレンの体質がよくでてると思います。
Commented by たかはる at 2012-11-04 13:27 x
初めまして。

いつも興味深く記事を拝見させて頂いてます。
専門家?と言いたくなるほどお詳しいようですが、実際煙草屋さんか何かを営まれていらっしゃるのでしょうか?
差支えなければ教えてください。

ちなみに私はパイプ始めて3年ぐらいの若僧です(^^;)
Commented by jinsenspipes at 2012-11-04 18:23
>たかはるさん
やあ、初めまして。
見てくださってありがとうございます。
いえいえ。煙草屋ではありません。まったく趣味で吸ってます。
パイプやりだしてウン十年なんで、マ、それ相応の体験者というところでしょうか。
あ、3年吸ってらっしゃる。でしたらひととおりの修羅場は通過されましたね。
ぼくは途中で挫折したことが何回もあります。
どうにもうまく吸えないで紙巻きに戻る、しばらくして吸うとうまいのでまた続けて、とそんなぐあいです。
どんなたばこをおやりですか。
いいたばこがあったら教えていただけるとうれしいです。
Commented by たかはる at 2012-11-04 23:13 x
おお・・・大先輩ですね。

私の一番好きな銘柄はベタですが、ダンヒルのフレークです。あのヴァージニアの自然な甘さとこってりとしたバター感とでもいいましょうか、堪らないです。

他にもいろいろ喫うのですが、ブランドとしてはマクレーランド、サミュエルガーウィズ、ラットレー、レイナー、ビュテラ、ソラーニ、ストックバイあたりがよく購入するものです。着香系も嗜みますが、主に非着香のヴァージニアが好きです。ラタキア系は苦手・・・。

最初は舌焼けやらヤニクラやら色々悩まされました(^^;)
Commented by jinsenspipes at 2012-11-04 23:42
>たかはるさん
ダンヒルのフレークはあれこれ吸いまわして舌がおかしくなったときこれをやって定規にしてます。
あ、これが基本だったと、再確認してます。
いろいろおやりですね。あげられた銘柄ではSGとラットレー以外、ぼくは未体験です。
いいたばこがあったら教えてください。
そうそう。舌焼けなんて懐かしいですね。ぼくも永いこと苦労しましたけど。
吸い始めの頃と比べると、いまは吸いこむ量が1/10くらいになってる感じです。
Commented by 和菓子 at 2012-11-05 13:32 x
>jinsenさん
マクバレンの絶妙なバランス…
体験してみたいものですね。
舌が肥えてからの方が楽しめそうですから、鍛えておきます。
詳しくありがとうございました。

そういえば、皆さんはお酒飲みながらパイプをする事がありますか?
私は昨日、それでひどい目に会いました…
夜、眠れなかったのでお酒をやっていると、コモンウェルスの吸い残しと燃えきらなかったセントジェームスフレーク。
それを一緒のボウルに入れ、吸い始めたのです。
「セントジェームスうまいなあ」「お、ラタキアも燃えてきたぞ」「ラタキアは過燃焼させてもクールで不思議だよな」
なんてことを考えつつ、全力でドロー。そしたら…
「お、違う匂いがしてきた…これはサウナの香り…これは…ブライヤが焦げてる!!」
とそこで酔いが覚めましたね。急いで中身をかき出し、焦げているかチェック。
コンパニオンのスプーンでガリガリしても焦げているところは見つからなかったのですが、
お酒はほどほどにしようと、心に誓った出来事でした。
Commented by mehikari at 2012-11-05 14:14 x
こんにちは。
私はパイプにはソフトドリンクですね。お酒やりながらは吸いません。スコッチとかだと香りが強すぎてパイプたばこの味を殺しちゃうし、ビールやワインもいまいちパイプとは合わない気がするんですよね。
それと酔ってると味覚も鈍るので、その状態で吸うとたばこが勿体無く感じるんですよね。和菓子さんのおっしゃる通りパイプを焦がすのも怖いですし。なのでパイプ吸うときはわたしは大体シラフですね。
Commented by たかはる at 2012-11-05 18:12 x
ダンヒルのフレークに似た味わいとしてはIRCのバージニアフレークなんてもの選択肢にありますね。まだ届いたばかりで未開封です(^^;)
しかしダンヒルのフレークが基本となると他の煙草のハードルが高すぎます(笑)

サンプラー感覚で色々買っているので、ストックがいろいろありすぎてまだご紹介できるほど喫ってないものもあるのですが、以下の様な感じですね。

レイナーのロングゴールデンフレイク:ヴァージニアに少量のバーレとペリクが混ざってるのですが、絶妙にまろやかな味わいです。

マクレーランドのMatured Virginiaシリーズ:No22のを試しに喫ってみましたが、これもなかなかに洗練された味わいで、シリーズを全て吸って比較してみたいところですね。一般的にはPersonal Reserveシリーズのブラックウッズフレークが極上の味わいらしいので、これも試してみたい候補です。

いや、こうして書いているといくらお金があっても足りませんね。喫う時間も。パイプ煙草は奥が深いです…。
煙草そのものもなんですが、パイプやアクセサリーも凝りだすとキリがないですし。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-05 20:39
>和菓子さん
あはは。たいへんな体験されましたね。
ぼくはお酒のみながらはパイプやりません。
ただ、食事のときにかならず呑むので、食後にやるパイプがちょっとおかしいことがあります。
ぼくのばあいは無意識にドローが強くなってることがあります。
気がつけば修正しますけど、気づかずに吸ってて、おや、味が単調になっちゃったと思うことがしばしばです。
お酒の酔いの力っておそろしいですね。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-05 20:43
>mehikariさん
あ、ぼくもおなじです。
ソフトドリンクも無しです。
お酒以外にも一番合わないのがコーヒーで、味覚がまるでだめです。
紅茶ならややいいけど、やはり紅茶の香り、味がたばこにまじってしまっておいしく吸えません。
パイプやるときはそれだけ、ひたすらパイプの味をたのしみます。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-05 20:47
>たかはるさん
あ、IRCって知りません。どこのたばこですか?
レイナーも知りません。
マクレーランドは、ぼくは吸えないんですよ。
前に5100を教えていただき、やってみたら、あのケチャップ臭にびっくりして吸いきれませんでした。
たかはるさんはだいじょぶですか?
Commented by たかはる at 2012-11-05 22:58 x
煙草の味は火を着けてから、という感じでケチャップ臭は我慢しています(^^;)5100は手元にストックしてあったような・・・今度探して喫ってみますね。

IRCはショップの独自ブランドです。
https://www.iwanries.com/irc-virginia-flake-P29C1408.cfm

レイナーは以下から買えます。
http://www.smokingpipes.com/tobacco/by-maker/reiner/moreinfo.cfm?product_id=1193

どちらも国内流通しているかはよく分かりません。私は個人輸入が主な仕入先ですので。上記のショップはどちらも有名ドコロで、今までトラブルもなく利用できています。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-06 00:14
>たかはるさん
あ、IRCはIwan Riesのことなんですね。店の名前だけは知ってました。
レイナーは、写真で見ると、シャレた缶ですねェ。
憶えときます。
教えてくださってありがとうございます。
5100は、たしかに旨いバージニアと思いますが、あのケチャップ臭がくるかと思うととても手がでません。
気にされないかたがうらやましいですよ。
ぼくはおかげで大事なブランドが吸えなくて悔しいです。
Commented by くつした at 2012-11-08 00:41 x
大人の科学の付録のカメラが面白かったので、カメラ好きのJINさん、いかがでしょうか
http://allabout.co.jp/gm/gc/211474/
Commented by ちぇん at 2012-11-08 11:10 x
こんにちは、お邪魔します。

このところラットレーにハマってました。
jinsenさんのおっしゃるとおりラットレーは素晴らしい!
どれも美味しいですが今吸っているのはジョックス・ミクスチャーというやつです。
これがちょっとユニークな商品で僕が思うにバージニア+キャベンディッシュ+ラタキアというよりオールドゴーリーにキャベンディッシュとラタキアを混ぜたものです。
美味しく100g吸いきりました。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-08 16:05
>くつしたさん
おもしろい!
自分でつくるフィルムカメラ、2眼レフなんですね。
試し撮りの写真も見ましたがきれいに撮れてる。
こういう工作で遊ぶ心のゆとりがいいですね。
ぼくにはとてもない。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-08 16:08
>ちぇんさん
あ、これは未体験です。
ちぇんさん、さすが鋭い。
ぼくの知らないたばこなんでコールハス社のサイトを見てきましたら、ご指摘通りでした。
ラタキアの香りもあり、キャベンディッシュで甘みもありというところでしょうか。
ぼくもいつか試してみたいです。
Commented by ちぇん at 2012-11-08 19:44 x
サイトに書いてあったんですね。
こりゃ恥ずかしい///
甘口で僕には吸いやすい味でした。
Commented by jinsenspipes at 2012-11-08 21:36
>ちぇんさん
とんでもない。
それを見ずに、舌で感覚されたんだから立派です。
その甘さ、味わってみたいです。