Jinsen's パイプ

読み物: シャーロック・ホームズのパイプ 1

a0150949_16183494.jpg
 ひさしぶりに、いや、それどころか何十年ぶりかに、本棚で埃まみれになっている文庫本に手をのばした。新潮社版で10冊ある。
 コナン・ドイルのホームズ譚は長編が4話、短編が56話、短編は5冊に収まるが、新潮社版は各短編集から1、2話がこぼれ、それを別に1冊にまとめたので10冊になる。
 気になるかたもいらっしゃると思うので発表年順にまとめてみた。
  緋色の研究     1887年
  四つの署名     1890年
  冒険(短編集)   1892年
  思い出(短編集)  1894年
  バスカヴィル家の犬 1902年
  帰還(短編集)   1905年
  恐怖の谷      1915年
  最後の挨拶(短編集)1917年
  事件簿(短編集)  1927年
(新潮社版はここに落ち穂をまとめた「叡智」がくわわる)
 イギリスがもっとも輝いたころ、ヴィクトリア朝が舞台である。ロンドン市街を馬車が走り、ガス灯がともる。電話や車はまだないから、ホームズはメッセンジャーボーイを使ったり、電報をうつ。指紋捜査は普及してなかったようだ。さすがに後期の作品になると電話が出てきたり蓄音機がでてきたり車がでてきたりするがそれも控えめである。気分はあくまでヴィクトリア朝なのだ。

◯ 高名の依頼人[事件簿]-1925年にストランド誌に掲載
「私はカールトン・クラブにおります。でも急ぎのときは、Xの31というのが私の電話番号ですからどうぞ」
◯ マザリンの宝石[事件簿]-1921年にストランド誌に掲載
(隣室でホームズはヴァイオリンでホフマンの「ベニスの舟歌」を弾いているはずなのに突然悪漢がいる部屋にあらわれる)
「いったいあのヴァイオリンはどうしたというのだ?まだ聞こえている」
「(ホームズはにっこり微笑み)ちかごろ蓄音機というすばらしいものが発明されましたよ」

 ある識者によると、全60話にたばこはまんべんなく登場し、ないのはたった4話という。世界中にシャーロッキアン(熱烈なホームズファン)がいてどんな些細なことも見逃さない。
 ぼくが最初に読んだのは高校生のときだからパイプについては無知だった。訳本に「陶製の古いパイプ」とあるのでてっきり支那のパイプだと思った。有名な「ペルシャ製スリッパをたばこ入れがわりに使っていた」という記述もあるから、支那だのペルシャだの、当時の東洋趣味のなせるわざと思いこんでいた。
 いま原本を調べてみると、「陶製の古いパイプ」は「old clay pipe」で、いまならパイプの知識がふえたのでクレイパイプのことだとわかる。ブライアパイプもでてくるが、当時パイブといえば主流はクレイパイプ、つぎにメシャムパイプでブライアパイプはようやく普及しだした頃である。パイプをくわえたホームズの肖像画は掲載したストランド誌にも、のちに映画のポスターにも画かれ、メシャムパイプやキャラバッシュパイプをくわえたのもあるが、作品には登場しない。

 ホームズはどんなパイプを何本もっていたか。所有するパイプは3種、クレイパイプ、ブライアパイプ、そして長い桜のパイプである。
 このうちクレイパイプはいたるところに登場する。

◯ 花婿失踪事件[冒険]
「そこで私は、依然としてまっ黒になったクレイパイプを燻らしつづけるホームズを椅子のなかに残して帰途についた」
◯ 同上
「やがて脂(やに)のしみた古いクレイパイプをとりあげ、その古いなじみの相談相手に火をうつして、ふかぶかと椅子にかけなおし、濃い紫の煙をもくもくと渦巻かせながら、さももの憂くてたまらぬという顔つきをしていった」

 原本では上の「まっ黒になったクレイパイプ」「black pipe」。下の「脂のしみた古いクレイパイプ」は「old, oily clay pipe」。この両者「old, black or oily clay pipe」はしょっちゅう出てくる。
 ブライアパイプは以下の2カ所にしか登場しない。

◯ 四つの署名
「『ぼくは最近大陸まで手をのばしたよ』しばらくたってから彼はブライアの古いパイプに煙草をつめながらいった」
◯ 唇の捩じれた男[冒険]
「……膝の前に1オンス入りの強いシャグ煙草とマッチの箱をおいた。愛用のブライアのパイプを口に、ぼんやりと天井の一角を見すえて、鷲のように鋭い緊張した顔を浮きあがらせ……」

 長い桜のパイプはたった1カ所である。

◯ ぶな屋敷[冒険]
「ホームズはまっ赤になった燃殻を一つ火箸でつまみあげて、ながい桜のパイプに火をうつした。考えるのをやめて議論でもしようという気持になったとき、いつも彼はクレイパイプをやめてこの桜にするのが例なのである」

 そして材質を明記しないパイプも数多く出てくるのでこれがクレイなのかブライアなのかはわからない。

◯ 恐怖の谷
「……なにかを深く熟考するときというと使う汚らしいパイプに火をつけて……」

 また琥珀の吸い口をつけたパイプも持っていた。これはおそらくブライアパイプだろう。

◯ プライオリ学校[帰還]
「この地図を私の部屋へ持ちこみ、寝台のうえにひろげて、ランプをその中央に工夫して据え、煙草を吸いながら地図を眺めて、煙のでている琥珀のすい口でときどき興味ある地物を指しながら喋った」

 ホームズがパイプを何本もっていたかは不明だが、あきらかに数本のパイプを所有し常用していた。パイプラックを使っていたからである。

◯ 空き屋の冒険[帰還]
「それから図表類、ヴァイオリンのケース、パイプラック、ペルシャのスリッパまでが、そのなかに煙草が入っているのだが、ひと目で見てとれた」
◯ 青い紅玉[冒険]
「ホームズは紫のガウンを着て、ソファにとぐろをまき、パイプラックを右がわの手ぢかな場所に据え、今まで研究していたらしい新聞を、クシャクシャと山のようにそばへ積んでいた」

 ホームズ所有でないパイプにも興味深いものがでてくるが、それはまた次回に。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-01-26 16:22 | Comments(24)
Commented by る・る・る・るっく at 2013-01-26 16:36 x
ホームズ登場ですね。
かつての名探偵というと、なんだかみんな愛煙家だったような気がします。

エラリー・クイーンはシガレットかな?
ポアロはパイプじゃなかったかしら?
フェル博士は?
ファイロ・ヴァンスは?
フレンチ警部は?

う~ん、忘れていますね。
なんだか、もう一度読み直してみたくなりました。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-26 16:55
>る・る・る・るっくさん
ポアロってたばこ出てきましたっけ?
ちょっと記憶ないナ。
あの、小柄でさえないベルギー人はたばことは縁遠いような……。
Commented by たかはる at 2013-01-26 17:06 x
こんにちは。

パイプってどんなん?と訊かれたときに、シャーロック・ホームズが咥えてるアレ、とか答えるとすんなり理解してくれるので重宝しています。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-26 17:36
>たかはるさん
アハハ。
ホームズとパイプのイメージが定着してるってことですね。
チャーチル首相の葉巻も懐かしいけど、これからは嫌煙の時代。
そういうのなくなっちゃうでしょうね。
Commented by 和菓子 at 2013-01-26 22:21 x
ホームズですか。「パイプ喫煙の教養だから、いつか読もう」と思ってたんですが、先延ばし先延ばし…
映画から入るのも手ですかねぇ
Commented by jinsenspipes at 2013-01-26 23:54
>和菓子さん
どうですかねェ。
映画はかなり別もののような気もしますけど。
最近のは見てませんが、旧作だと、ビリー・ワイルダー監督の「シャーロック・ホームズの冒険」が好きです。
ネス湖の怪獣まででてきておもしろい。
ぼくはビリー・ワイルダーは大好きで「お熱いのがお好き」から「アパートの鍵貸します」いまでもDVDで見てます。
ワトソン役が名優、コリン・ブレイクリーでさしづめジャック・レモンというところ。笑わせます。
Commented by 和菓子 at 2013-01-27 23:50 x
ありがとうございます。
それをとっかかりにホームズの世界を覗いてみます。
実は推理小説は読んだことが無いんですよ。
ミステリーならわずかに「そして誰もいなくなった」を読んだことがある程度です。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-28 00:12
>和菓子さん
いやあ、映画についてはまったくぼくの個人的好みですから参考にはならないです。
ビリー・ワイルダー監督が好きで、今夜もダンヒルのフレークやりながら「アパートの鍵貸します」見ちゃった。
2時間の映画なのでちょうど1服にぴったりです。
ホームズなら、やはり短編集の「シャーロック・ホームズの冒険」か「シャーロック・ホームズの帰還」あたりがいいですよ。
一番有名な、「赤髪組合」や「踊る人形」「六つのナポレオン」が入ってますし。
アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」はおもしろいですね。
何回も映画になってるようですが、歌手のシャルル・アズナブールのでた映画もおもしろかった。
Commented by mifune at 2013-01-28 19:36 x
ぼくはパイプというとホームズよりアインシュタインのイメージが強かったのですが、どちらにせよ時間をかけてじっくり事実を見究めるアイテムとしてパイプがあるのかなあと感じています。
そういえばコロンボもパイプじゃないけど愛煙家?でしたね
Commented by jinsenspipes at 2013-01-28 20:47
>mifuneさん
そうそう。アインシュタインもそうでしたね。
「時間をかけてじっくり事実を見究める」。たしかにそうですね。
とにかく1時間以上、煙とたわむれる。
いろんな味と香りが去来するとともに、いろんな思いがきては去っていく。
ふつうの生活の時間とは違う異次元にひたれるのがたのしみです。

コロンボは葉巻ですね。全盛期はひっきりなしでしたが、後期はくわえてなかった。
やはり時代ですか。
どのエピソードだったか、葉巻じゃなくてパイプにしたらと誰かにいわれたのがありました。
コロンボの答えが、「パイプは道具が多くて」。
これ、ずっと印象に残ってます。
Commented by くつした at 2013-01-29 07:43 x
記事を興味ぶかく読ませてもらいました。
ネッシーがでるホームズ映画はみたことあります。JINさんはビリー・ワイルダーがお好きでしたか。何やら、しぶいですな。第十七捕虜収容所 が私は1番すきです。といっても大して他には見てませんが。アパート鍵も昔見ましたが面白くなかったような記憶があるのですが年とった今みたらイケるかもかもしれません。映画みながらパイプ吸うのに憧れます。JINさんは2時間も吸って飽きが来ませんか。わたしは45分も吸えば飽きるるし、そもそも45分も吸えば吸い終えてしまいますがJINさんは1ボウルを2時間かけ吸うのですか。
乱筆乱文失礼しました。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-29 16:54
>くつしたさん
ありゃ。「第十七捕虜収容所」って、これまた渋い!
ぼくも大好きです。
あれのウィリアム・ホールデンはまさに当たり役ですね。
ホールデンはまったくおなじ役柄でデヴィッド・リーン監督の「戦場にかける橋」にでてます。
ああいう、倫理観などどこ吹く風で、金になるなら何でもやる、陽気で憎めない男というのは、
ユダヤ系ドイツ人でアメリカに亡命したワイルダーとか、イギリス人のリーンとかの目からすると、
アメリカ人の典型に見えるんでしょうね。
おなじくイギリス人のヒチコック監督がジェームズ・スチュアートをご贔屓にしたのも、
彼の目からすると、彼が平均的アメリカのサラリーマンの典型に見えたんだと思います。
生粋のアメリカ人監督が画くアメリカ人像とは違っていておもしろい。
「アパートの鍵貸します」は不倫がテーマだから、好き嫌いありますよね。

2時間吸うのことはめったにありません。ちょっと筆が走りましたネ。すいません。
2g入りの小さいボウルのパイプで1時間弱、これは朝、3gのふつうのパイプで1時間半くらいです。
たまに2時間いっちゃうときもありますが。
Commented by くつした at 2013-01-30 01:10 x
なるほど。外人から見た、その国の典型となる俳優の存在ですか。生粋のアメリカ人監督が描いたアメリカ人像と言うと映画では、イーストウッドやらジョン・ウェインってところなんでしょうか。

JINさんは不倫に興味があるのですか。
Commented by 天邪鬼 at 2013-01-30 13:00 x
お邪魔します。
以前、私のブログでシャーロック・ホームズについてのコメントを頂いた時から楽しみにしていました。
実に、jinsen さんらしい内容ですね。とても勉強になりました。

私もパイプを喫煙する前に読んだ時は何も思わなかったのですが、今はパイプ喫煙シーンが気になります。
同時に、ブライヤーパイプの歴史の浅さ(?)も。
私の印象ではクレイパイプの方が登場回数は多いようですが、(どこに描いてあったか失念しましたが)長考するときとそうでないときでパイプの種類が違うという記載も読んだ記憶があり、当時のパイプの完成度(?)もいろいろ想像され、楽しめました。
煙草そのものも、今のようなヴァージニア煙草では無いような印象を文中から受けますし、いろんな意味で現代のパイプ喫煙とは異なるようで、これもまた楽しく読める要素のひとつのように感じています。
続編を楽しみにしています。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-30 17:02
>くつしたさん
さあ、どうなんでしょうねェ。
ジョン・ウェインなんか近いのかな。でもおなじジョン・フォード監督のお気に入りでもヘンリー・フォンダみたいなのもいるし。
よくわからないですね。
クリント・イーストウッドはちょっと違うかもしれません。やや不良がかってて、そこが魅力だけど。
それぞれの監督にそれぞれのアメリカ人像があるんでしょうね。
それが外国人の監督の手にかかるとステロタイプになるのかもしれないです。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-30 17:10
>天邪鬼さん
そうそう。天邪鬼さんに先に書かれちゃったので少し時間をおきました。
ブライヤーパイプはほんの2カ所だけ。あとはぜんぶクレイパイプですね。
たばこについてはまたあらためて書こうと思ってます。
そちらはとても興味深いので。
コナン・ドイルは当時の日常生活を克明に描いているので、
ヴィクトリア朝時代のたばこの吸い方がよくわかってたのしいです。

パイプたばこ好きのかたがおもしろがって読んでくださると、とてもうれしいですね。
ぼく自身、夜更けにパイプやりつつ、ニヤニヤしながら読めるネット記事があったらいいナと、つねづね思ってたんですよ。
Commented by くつした at 2013-01-31 16:10 x
なるほどヘンリー・フォンダは言われてみるとそんなきがします。

ところでパイプはサンドブラストのほうが、ツルツルの木目の出たパイプより美味いと、だれかが自分のサイトで書いてたのを昔、見たのを思い出したのですがJINさんはご自身の経験からしてどうですか。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-31 21:33
>くつしたさん
いやあ、サンドブラストのほうがうまいなんて知りませんし、
ぼくは両方もってますが、とりわけ違いがあるとは思いませんね。
パイプの個体差はあると思います。うまいパイプ、どうしようもないパイプ。
しかしそういう理由は、あるかもしれませんが、ぼくは知らないなァ。
どうなんだろう。
Commented by くつした at 2013-02-01 04:46 x
サンドブラストは表面積がひろいので熱が逃げやすくクールスモーキングできるのがそのワケだそうです。実際、そのサイトの主はツゲに依頼しサンドブラスト化したら、その前より美味くなったとのことです。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-01 18:04
>くつしたさん
その話は聞いたことがあります。
たしかに一理ありますね。
そんなに目にみえて変わるものなのかなァ。
ぼくは、マ、教えていただいても手持ちのパイプをサンドブラストにはしないでしょうけど。
Commented by くつした at 2013-02-02 06:28 x
円安になってまいりました
Commented by jinsenspipes at 2013-02-03 00:19
>くつしたさん
ありゃ。
少し不利になりますね。
Commented by あいうえお at 2013-02-05 01:38 x
一昔前まで、パイプといえばホームズか学研マンガの「博士」でした。
推理小説でいえば、ジョルジュ・シムノンの「メグレ警部シリーズ」もパイプが頻出します。なにしろ執務室にずらりとパイプを並べ、煙草を詰めておき、次々と火をつけて楽しんだのですから本格です。

そういえば、ホームズの時代は喫煙におおらかなようで、当時の女王ヴィクトリアがかなりの嫌煙家だったため、公共の場所での喫煙は一切禁止だったそうですよ。
男たちは自宅か、クラブのような場所で吸うしかなかったとか。よくパイプを片手に鹿打ち帽で虫眼鏡を構えるホームズの姿が膾炙していますが、当時はそれは法的にも「あり得ない」姿だったようですね。
グラナダ・テレビのホームズはその辺りしっかり考証していて面白いと思います。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-05 21:05
>あいうえおさん
該博な知識をお持ちのコメントありがとうございます。

ヴィクトリア朝の喫煙についてはぼくはこういう印象をもってます。
当時の社会には一定のルールがあり、おたがいにそれを尊重しつつバランスをとっていた。
男は大人になれば喫煙するのは当然で、女はそれを尊重した。
いっぽう男は、非喫煙者の女や子供がいるところでは迷惑になるので喫煙を控えた。

フォード監督の映画「駅馬車」は時代設定がこの頃ですが、こんなエピソードがありました。
6人乗りの駅馬車で、ドクター・ブーンが葉巻をすぱすぱやる。
隣に座った女がいかにも迷惑そうな顔をするが、自分からは何もいえない。
同席する男(賭博師という設定ですが)「淑女の前ではたばこは控えるのが当然だ」と叱責する。
ドクター・ブーンは素直に認めて「好きなものでつい失念した」と火を消し、女に詫びる。
こういうルールがちゃんと機能していたのであえて禁止するまでもなかった。

いまはここに環境問題がからんでくるので複雑になってますが、ルールが曖昧になってきたのも問題です。