Jinsen's パイプ

読み物: シャーロック・ホームズのパイプ 2

a0150949_2218304.jpg
 ホームズのパイプではないが、殺された被害者がもっていたパイプも登場する。
 以下は被害者の持ち物リストの一覧。

◯ 白銀号事件[思い出]
「ろうマッチが1個、2インチほどの獣脂ろうそくが1本、A.D.P印のブライアのパイプに長刻みの(long-cut)キャベンディッシュたばこを半オンスばかり詰めた海豹皮のポーチ、金鎖のついた銀時計、金貨で5ソヴリン、アルミニウムの鉛筆ケース、書付が2つ3つ、『ロンドン、ワイス会社製』と刻印のついた非常に細くて鋭い、それでいて曲りにくい刃をもつ象牙の柄のナイフが1つ」

 ろうマッチはいまのマッチ(安全マッチ)の前に作られた硫化燐マッチである。いまのマッチはマッチ箱の側面に貼られたストライカー(擦り板)にこすりつけないと発火しない。しかしろうマッチはどこで擦っても火がつくので我国では作られていない(輸入品で売っているが)。獣脂ろうそくはいまのろうそくと違い動物の脂分から作られたもの。マッチはもちろんだがろうそくもパイプ喫煙用じゃなかったかとぼくは思う。つまりろうそくにマッチで火をつけ、パイプを着火したのだろう。
 この持ち物リストを見てホームズはさいごの象牙のナイフに注目する。そしてワトソン博士が「これは医者のほうで白内障メスというやつだ」と看破し、事件解決の糸口となる。つまりこのリストで象牙のナイフ以外は当時の紳士のポケットにありがちなものだと見過ごされることを著者は意図している。マッチ、ろうそく、パイプ、たばこポーチ、いずれも必需品だったのだ。
 さて「このA.D.P印のブライアのパイプ」である(原文は、A D P brier-root pipe)。この「A.D.P」が何の略称か、シャーロッキアン達が目の色かえて詮索してきたが、まだ当たりはないようである。パイプ好きがすぐ思いつくのは「アルフレッド・ダンヒル・パイプ」であるが、残念でした、ダンヒルがパイプを作りだすのは1910年のこと、この小説の発表は1892年だから無理である。おおかたの推測は当時ロンドンに無数にあったパイプ製造会社もしくはパイプショップだろうということになっているが、どなたか探し当てたらたいへんな発見になることうけあいである。

 もう一つ、こちらは留守中にホームズを訪ねた依頼人が置き忘れたパイプである。

◯ 黄色い顔[思い出]
「おや! あのテーブルのうえのはワトソン君のパイプじゃないね? 客が忘れてったんだ。古いブライアに通常たばこ屋で琥珀と称しているまがいものの長い吸い口がついている。いったい本物の琥珀の吸い口といったら非常に珍しいもので、このロンドンにだって本物を持ってる人は幾人もあるまい。なかにハエのはいっているのは本物だと思いこんでいる人もあるが、偽物の琥珀のなかに偽物のハエを入れることがりっぱに職業として存立する世のなかだからね」

 なるほど当時はそうだったのか。貴重な時代証言である。ところでホームズも琥珀の吸い口のブライア・パイプを持っていることは前回紹介した。ホームズの琥珀の吸い口は本物だったか、偽物だったか、想像するとおもしろい。
 さて。この置き忘れたパイプからホームズ流の人物推定がはじまる。

◯ 黄色い顔[思い出]つづき
「パイプというものは、時々きわめて面白いことを教えてくれる。懐中時計とくつひもとを除けば、おそらくこれほど個性を現わすものはあるまい。もっとも今の場合は、そう大して重要な特徴も現れてはいないが、それでもこのパイプの持主が筋骨たくましい男で、左ききで、歯なみが丈夫で、ものごとに無頓着な性癖があり、経済上の苦労のない男だくらいのことはわかる」

 なんと!
 ここからえんえんと謎解きがはじまるが、はしょって紹介すると、
「吸い口を強く歯で噛んである=筋骨たくましい男、歯なみが丈夫」
「パイプの片側が焦げているのはランプやガスの火で着火している証拠。しかも右側が焦げている=左きき」
「パイプとともに置き忘れられたたばこは1オンスが8ペンスもする高価なもの=経済上の苦労のない男」
「ものごとに無頓着な性癖」についてはとくに記述はないが、パイプを焦がしたり、置き忘れたりすることから類推できることなのだろう。
 ワトソン博士相手にこの謎解きをしているところにパイプの持主があらわれる。ホームズの推理通り、背の高い、がっしりした30歳くらいの青年だった。
 さらにこういう一節がある。「このパイプは新しく買ってまず7シリング6ペンスというところだろうが、見たまえこの通り二度修繕してある(中略)これは二度とも、新しくパイプを買いなおすよりも高い修繕料をとられたに違いない」。また、この青年がパイプとともに残したたばこは1オンスが8ペンスもする高価なものとなっていて、このたばこについてはのちほど紹介するが、目が止まったのはパイプとたばこの値段である。
 ある記録によると、当時の貨幣価値は1ポンドがおよそ現在の3万8000円くらいだそうである。すると7シリング6ペンスのパイプはおよそ1万4000円になる。たばこのほうは1オンス約1300円。なるほど、パイプはまあまあの値段。たばこはいまの2オンス缶がイギリスで買うと10ポンド(1500円)くらい。昔は税金も安かっただろうから1オンス1300円はかなり高いたばこということになりそうだ。
 さいごにパイプの着火にランプやガスの火が使われたという記述を補足しておきたい。イギリスのヴィクトリア朝期はすでにマッチが普及していたが、しかしそれ以前の習慣からランプの火にパイプを近づけて着火する人も多かった。また、当時ロンドンにはガスが供給されていたので、市内に無数にあるたばこショップは店内にガスの火口をつけっぱなしにし、客が勝手にパイプに火をつけられるサービスをしていたというからおもしろい。
 ホームズ探偵談はこういう時代を知るてがかりがあちこちにあるのがうれしい。


[PR]
by jinsenspipes | 2013-02-09 22:21 | Comments(19)
Commented by あいうえお at 2013-02-09 23:50 x
引き込まれる文章、拝見しました。
やはり紳士が煙草を嗜んでいた時代の話はいいですね。
まだダンヒルもない時代ですが、当時の煙草を楽しみたいものです。
日本にある、所謂シャーロキアン(今風に言えば、ホームズ・オタクでしょうか)の団体である日本シャーロック・ホームズ・クラブでもパイプーラは比較的多いですね。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-09 23:59
>あいうえおさん
いや、お恥ずかしいです。
ほんとに紳士がまわりの人のことも考慮にいれてパイプをたのしむ。
いい時代でしたね。
あ、そういうクラブがあるんですか。
やはりオタクは日本にもいるんですね。
パイプやる方は沈思黙考型の、お山の大将が多いから、
ホームズ譚のような小説に惹かれるのかもしれませんね。
Commented by くつした at 2013-02-10 14:38 x
ううむ、実に、おもしろいですな。
わたしも子供のときホームズの、パイプから持ち主を推理する場面を読み、あの理屈が牽強付会に思えあまり感心しなかったことを覚えてますが、現在、(別にホームズに憧れ真似て吸いだしたわけじゃないですが)じぶんが吸う身になってみると、あれはもっともな理屈(というか推理)だなと感じるのに何か皮肉な可笑しさを感じます。
今日はちょうどJINさんがマッチで着火してることについて、マッチ臭さが葉に移らないのか聞きにきたのですが、どうですか。わたしも昔やってみましたが臭くてダメで、もっぱら100円ライタです。

JINさんは原書を読んでいるのですか。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-10 17:56
>くつしたさん
持主類推が牽強付会、これわかります。
ホームズお得意の類推がぼくも鼻についたときがたびたびありました。
くつしたさんとおなじ感想です。

マッチですが、擦った直後は臭いですね、軸木に燃えうつれば臭わないです。
ぼくはマッチ派ですが、たばこ葉に臭いがうつったと感じることはないですね。

ぼくが読んでいるのは新潮社版ホームズです。
ただ、訳者が読者の便宜を考え、一般的な言葉に直しているところ、たとえばclay pipeを陶製のパイプとしているところは、
パイプ愛好者ならば原語の直訳で通じるのでクレイ・パイプとしています。
原書は、いまはネットに掲載されてますから、要所要所、参考にしてます。
Commented by くつした at 2013-02-14 23:22 x
なるほどそうでしたか。ところでクレイパイプおもちですか。はじめて私がかったのが1500円のクレイでしたが、だいぶ、ちっこい奴でして、当時は右も左も分からなかったので、なんともおもいませんでしたが、まもなくして壊してしまい次にコーンをかい、ボウルが大きく、ずっと吸いやすいなとおもい、つぎに、ブライヤをかい、更に大き、なんと吸いがってがいいのかとおもったものですが、クレイでブライヤー並にボウルのおおきい奴はないんですかね。あれば買いたいです
Commented by くつした at 2013-02-14 23:23 x
きょう、たまたま、ベン・キングズレーがワトソン役のホームズ映画をみましたが、おもしろくなかったです。では。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-15 11:16
>くつしたさん
クレイパイプはもってません。クレイパイプはみな小さいんじゃないでしょうか。
もともと折れやすいし、大きいともっと壊れやすいと思います。
コーンパイプももってません。
ぼくのパイプはどれも安物か中古のブライヤで、マ、だましだまし吸ってます。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-15 11:31
>くつしたさん
ありゃ、そんなのあるんですか。知りませんでした。
ベン・キングズレーは名優ですよね。シンドラーのリストのユダヤ人役、記憶にのこってます。
ただワトソン役にはどうですかね。ちょっと想像できない。

ところで前のコメントでダンヒルのフレークとマーリンフレークの違いについて訊かれましたね。
吸ってみましたが、ぼくはマーリンフレークのほうがおいしかった。
しかし、あそこで書いたGHのCRフレークや、SGのFVFと比べるとやはり深みの点で劣る気がします。
イギリスの充分熟成したフレークはやはり別物で、ダンヒルはあきらかにデンマーク製の長所と短所をもち、
マーリンフレークはイギリス物とデンマーク物のあいだくらいに位置するんじゃないかと思います。
たまたまFVFのさいごのひと切れがあったので吸いましたが、いまBBFを注文しているので、きたらまた書きます。
Commented by くつした at 2013-02-16 14:21 x
ううむ、そうですか。

ちなみにベン・キングズレーがワトソンの映画 「迷探偵シャーロック・ホームズ/最後の冒険 」でもホームズ(マイケル・ケイン)はキャラバッシュをすってました。わたしはベンは「ガンジー」が印象的です。シンドラーのリストにも、でてましたか。となると、ユダヤ人演ってイギリス人演ってインド人演ったわけですな。すごいですな。でもたしかにベンのワトソンは、なんか変でした。
ところでパイプ掃除に塩入れますがあの塩はなんの意味があるんですかね。そのまま過酸化水素水を入れたら駄目でしょうか。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-16 17:10
>くつしたさん
マイケル・ケイン! あのイギリスの名優ですね。
ということはイギリス映画なのかな。
あ、「ガンジー」がありましたね。ベン・キングスレーはお父さんがたしかインド系ですよ。
マイケル・ケーンのホームズもミス・キャストのように思えるけどなァ。
「バットマン・ビギンズ」の家令とか「ウォルター少年と夏の休日」のジイ様を思い出すと。

塩を使うパイプのお掃除があるんだそうですね。ぼくは知らないし、やったこともありません。
パイプの掃除はクリーナーを通すだけ。もう40年もそれだけです。
ちゃんとお掃除したら、垢だけのこってパイプが消えちゃうかも。ハハハ。
Commented by くつした at 2013-02-16 20:14 x
ははは。

なんと。塩入れ掃除はしてませんでしたか。あの掃除法は意味ないですかね。
Commented by くつした at 2013-02-16 20:14 x
ははは。

なんと。塩入れ掃除はしてませんでしたか。あの掃除法は意味ないですかね。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-16 23:10
>くつしたさん
いえ、意味ないも何も、知らないんですよ。
ぼくがパイプ始めた頃は聞いたこともなかったし、クリーナーを通す以上の手入れは知らなかった。
そのまま40年ということです。
別に粋がったり、ケナしてるわけではありませんよ。
ただ、知らないというだけで。つまり無知なんですね。
Commented by あいうえお at 2013-02-16 23:37 x
横から失礼します。「塩を通す掃除」とはソルトキュアリングと言うものではないかと。
パイプに塩を詰め、アルコールを浸し、カーボンを全て取り去る方法のことでしょう。たしか2chの「やる夫がパイプに挑戦するようです」という読み物(読みやすく面白いものでした)に詳しく書かれていた筈。
ラタキアやペリクの匂いが鼻についたり、掃除をサボりすぎてカーボンが詰まった時の掃除方法ですが、言わばパイプの初期化なので、また一からカーボンを付ける手間がカーボンをつけていく手間がかかります…
Commented by jinsenspipes at 2013-02-17 00:20
>あいうえおさん
ありがとうございます。
なるほど。そういう掃除法があるんですね。
パイプの初期化ですか。
うーん。
ぼくの古パイプなどどうなんでしょう。
もうありとあらゆる臭いがまじっちゃってゴミ溜状態でしょうか。
前に書きましたが、ヨーロッパを貧乏旅行してた頃はスタンウェルでハッシッシを吸ってたくらいですから。
ハハハ。笑っちゃいますね。
Commented by くつした at 2013-02-18 01:20 x
あ、そっか。たとえばずっと着香もの専用してたパイプで急遽、バージニアを吸わんといけなくなったときなど、匂いが気になったときにやればいいってことですね。気にならないなら、しなくとも良いってことですな。わたしは基本的に非着香しか吸わんので別にしなくてもいいってことになりますな。なにも考えてなかったので律儀にやってました。今後はすこしモノを考えるようにします。あつくなったカーボンだけ取ってれば問題ないんですな。
Commented by jinsenspipes at 2013-02-18 11:06
>くつしたさん
いや、ほんとはちゃんとお掃除したほうがいいと思いますよ。
ぼくは無精なだけで、パイプ本来の味は損なわれているかもしれません。
ラタキアは無いはずなのにかすかに匂う。そういえば前にラタキアを吸ったっけ。なんてことしょっちゅうです。

カーボンですが、これは1年に1回くらいガリガリやります。
偽カーボンと違い、本物のカーボンはほんのうっすら、ボウルにしっかり固着します。
あ、ついてきたなと思うのは、毎日吸ってるパイプでも1年もしてからですね。
ぼくは貝剥きナイフというのでガリガリこすります。
Commented by ΠΟΣΕΙΔΩΝ at 2014-12-02 16:26 x
白銀号事件に出てくる「ADP印のブライアのパイプ」は英国Adolpe Posener製のパイプを指すものと思われます。
Michael Lindner氏のパイプショップであるThe Pipe Rack.comにこのAdolpe Posener製のパイプがいくつか出品されており、Lindner氏による詳しい解説があります。また刻印の写真も示されており、ADPの刻印が認められます。
白銀号事件が執筆された時期とPosenerがパイプを製造、販売していた時期も適合することから「ADP印のパイプ」はAdolpe Posener製のパイプと解釈するのが妥当と思われます。
Commented by jinsenspipes at 2014-12-02 21:28
>ΠΟΣΕΙΔΩΝさん
 あ、これは貴重な情報ありがとうございます。
 そうだったんですか。
「ADP」刻印についてはずいぶんあちこち探しましたが、
 Adolpe Posener製と指摘した記事にはゆきあたりませんでした。
 世界のシャーロッキアンが拍手喝采する情報ですね。
 ほんとにありがとうございます。