Jinsen's パイプ

マクレーランド: 2035 ダークネイビーフレーク ( McClelland: 2035 Dark Navy Flake )

a0150949_22401715.jpg
 海外のパイプ・フォーラムにある質問がでた。
「サミュエル・ガーウィズのフルバージニアフレークを吸ってみたいがずっと品切れしている。私はマクレーランドの愛好者なのでこの会社で類似のたばこはないだろうか」
 ある識者の書きこみ。
「2035が近いです。製法がほとんどおなじだし、真っ黒な外見も似てます」
 別の識者の書きこみ。
「私はFVFも、2035もやってるし好きですが、味は別物です。類似のたばことは思えない」
 最初の識者の書きこみ。
「私は製法がほとんどおなじといいました。どちらもバージニア葉をじつくり熱処理し、葉がもつ甘みや果実風味を充分引き出しています。味が異なるのはバージニア葉の違いです。SG社はアフリカ産ですがマクレーランドはアメリカ産、それも2035はイースタンベルトのレモン・バージニア葉です。アメリカ産バージニアは糖分の含有量が世界一多く、なかでも2035の葉はずば抜けて糖分が多い。SG社は非凡な技術で糖分の少ないアフリカ産バージニアからみごとに旨味を引き出していますが、マクレーランドのバージニアはもともと糖分が多いのでその点有利ですし、さらにバージニア葉のもつほかのおもしろみも引き出しています」
 さらに。
「FVFがアフリカ産バージニアからいい味を引き出しているとはいえバージニア葉がもつ複雑な味わいはアメリカ産バージニアにはかないません。FVFはわかりやすい、初心者向けたばこで。マクレーランドにはもっと含みがあります」

 この識者の意見で、ぼくは賛成の部分と反対の部分、勉強した部分があった。
 FVFがアフリカ産バージニアを使っているというのは事実なんだろうか。ぼくは知らなかった。もしFVFがアフリカ産とすると、この識者の指摘はおおよそ真実と思われる。
 しかし、だからFVFは初心者向けという結論はアメリカ人の子供っぽい国産品礼讃にみえる。

 2035の葉組と製造についてはマクレーランド社の解説がある。
「このユニークなたばこの製造はイースタンベルトのレモン・バージニア葉とカッター・グレード葉をブレンドし、プレスし、熟成させ、軽くストーブしてみごとな暗色の香り高いケーキにすることから始まります」
 アメリカのバージニア葉の産地は「ベルト(地帯)」で区別され、たとえばオールドベルト(旧地帯)はバージニア葉の原産地であるバージニア州とそこに隣接するノースカロライナ州の一帯、イースタンベルトはノースカロライナ州の東部から中心部にかけて、ミドルベルトはオールドベルトとイースタンベルトの中間部の小地帯である。
 カッター・グレード葉というのはバージニア葉の先端から下のほう、根に近いほうの葉を指すらしいがそれがどういう特徴があるのかはぼくは知らない。
 さて。何はともあれ吸ってみる。
 写真でおわかりのようにこのたばこはケーキからの削りだしでじつはかなり固い。プロークンフレークのように丸めてポイというわけにはいかずしかたないので細かく砕いてつめた。またやや湿り気が強く、ちょっと乾かしたほうがいいようだ。
 火をつけると、ああ、5100でおなじみの軽く、明るいバージニアである。これがマクレーランドのバージニアの、ということはアメリカ産バージニアの特徴なんだろうか。
 しかし、5100と決定的に違うところがある。5100はオールドベルトのレッド・バージニアで香ばしさがまず感じられるが2035にはそれはほとんどない。かわりに強い甘みと酸味、果実の香りがどッときた。そしてときどき青臭さがくる。これは5100には感じなかった。ふと、ぼくは若い頃、ブラジルを旅して覚えたマンゴーの味を思い出した。ぼくが定宿にしていたリオの安ホテルは朝食がマンゴー食べ放題、食堂の中央にマンゴーが山と積まれていた。ブラジルではマンゴーは安果実だからさほどありがたくはないがしかしマンゴーの甘さと、どこかにしっかり青臭さがのこる味は天下一品だった。2035はそんな味わいがある。甘い果実味のどこかに青臭さがのこりそれが心地よい。
 マクレーランドの5100と2035でぼくはアメリカ産バージニアの香ばしさと、果実味+青臭さを知った。そしてじっくり味わっているとたしかに識者のいう通り、さらなる含み味も感じられる。たとえばダンヒルのフレークなどと比べるとそちらはやや一本調子、マクレーランドのたばこは軽快で明るいなかにさまざまな生体反応が跳びはねているようである。
 では、FVFはどうか。たまたま缶が開いていたので比べてみた。ここでぼくは識者の意見とわかれる。ダンヒルのフレークはやや一本調子で含みが少なかった。FVFは違う。こちらはやや暗い、くぐもった感触のなかにやはり深い味わいがある。それはマクレーランドの軽快で明るい感じとは対照的で、やや重厚、やや鈍いがじわじわと沁みだしてくるものがある。喩えてみると、映画とテレビの違いといえるだろうか。テレビの映像は明るく、細部が鮮やかですべての要素があからさまである。映画はどっしりと暗く細部はぼやけて溶け合っているが、いい味がある。テレビの映像は報道の延長だが、映画は作品として自立する。

 しかし、バージニア葉のさまざまな味わいを知るにはマクレーランドたばこはじつに教育的である。アメリカ人は何が何でも組成とか、製造法とか、実体を詮索しなくてはすまされない実証主義者のようだ。イギリス人やヨーロッパ人、旧大陸人はそこは曖昧でも出来がよければいい、完成した作品を愛する性向なのかもしれない。
 好奇心旺盛なジャパニーズとしてはもう少しマクレーランドたばこでバージニア葉について勉強したくなった。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-05-15 22:46 | マクレーランド | Comments(14)
Commented by 和菓子 at 2013-05-19 14:43 x
うーん、そのアメリカ人の識者さんは、「含み」とか、複雑味もはっきりしている煙草が好きなんですかね?
それにしても、葉の産地まで分かる感覚の鋭さは見習いたいものです。

マクレーランドはグランドオリエンタルのドラマリザーブを開けています。
爽やかで美味しいですよ。
海外のレビュアーさんが「オリーブオイルの味」と言っていましたが、その通りだと思います。他に、「スパイシー」というレビューもありましたが、僕はそれは感じませんでした。
初マクレーランドでしたが、ケチャップ臭は予想以上に気にならなくて、その点は安心しました。
Commented by jinsenspipes at 2013-05-19 15:08
>和菓子さん
ぼくもそう思います。
海外のレビューだと、葉の産地や部位をちゃんと読んで評しているかたがいますね。
ぼくも見習いたい。
あ、グランドオリエンタル、吸われましたか。
ぼくもつぎに手をだそうと思ってます。
オリーブオイルの味ですか。ますます吸いたくなるなァ。
グランドオリエンタルはバージニア葉とミックスなので、海外のレビューではケチャッブ臭が強すぎるというのもありますね。
和菓子さんは気になりませんでしたか。
ぼくはもう覚悟して、これは熟成臭なんだと納得するつもりでいます。
何にしてもこのオリエンタルたばこの一連は魅力ありますねェ。
Commented by 2号 at 2013-05-20 11:45 x
ケチャップ臭が苦手だったんですが、jinsen さんに着いていきたくてマクレーランドいきました(笑)
海外からバルクをいくつか発注しましたが到着を待ちきれず近所のパイプ屋さんでマクレーランドのダークスターを購入(笑)
しかも2008年製造の5年熟成されたのを頂きました!
味はバルク2035とよくにていると聞いたのですが、ケチャップ臭は全くせず果物のような甘味を存分に堪能できあっという間になくなりました!
バルク2035も発注したので到着を楽しみにしています!
次のマクレーランドのレビューも楽しみにしています!
Commented by jinsenspipes at 2013-05-20 17:32
>2号さん
やはりケチャップ苦手でしたか。
ぼくもそうでしたが無理矢理感性を納得させました。
ダークスターは2035と似てるらしいですね。
やはり甘みがありましたか。
たぶんそっくりだと思います。
2035が届いて、比べられたら、ぜひ感想お願いします。
ぼくがダークスターをやるのはだいぶ先になりそうです。
Commented by mifune at 2013-05-21 21:46 x
2035 ダークネイビーフレークは吸いにくいと言うレビューがよく目に付いたので避けてましたが、
「ブラジルを旅して覚えたマンゴーの味を思い出した」とか言われると欲しくなってきました。
長い間放置してた2010はあっという間に無くなりました。
Commented by jinsenspipes at 2013-05-21 23:27
>mifuneさん
甘いですよォ。それとフルーティ。素敵なたばこです。
火つきはちょっと悪いけど、一度火がついてしまえばあとはラクチンです。
2010はClassic Virginiaですよね。オレンジからレッドバージニア。
すると5100に近くてやはり香ばしいですか? ストーブされてはいないでしょうけど。
長い間放置してあったそうですが、味は変わってないでしょう。
マクレーランドのバルクは、完成してから出荷するまでの熟成はしてないそうですよ。
(缶入りは2〜3年熟成させて出荷するらしいけど)
だから放置するだけで自然熟成するらしい。
自然熟成にはあるていどの空気が必要だから、安物ジャーでも充分らしいです。
外人はラフだから、安物ジャーにほりこんで、いい味になったなんて自慢してます。
ぼくの5100も3年ほったらかしでいい味がでてました。
Commented by ちぇん at 2013-05-22 15:32 x
お邪魔します。
2035ネイビーフレークと5100レッドケーキを吸っています。
jinsenさんのおっしゃるとおり甘くてフルーティで果物みたいですね。
5100がこんなに美味しいタバコだったなんて、以前はよく味わえてなかったみたいです。
S・Gの1792フレークも空いていたのでバージニア三昧をやっています。
バージニアだけの銘柄でも産地、製法でこれほどに違う個性があるんですね。
また美味しいタバコを教えてくださってありがとうございます。
Commented by jinsenspipes at 2013-05-22 17:54
>ちぇんさん
やあ、もう2035をお吸いですか。すばらしい!
5100もいいですよねェ。
ありゃ。1792も。ほんとバージニア三昧だ。
そうなんですよ。
おっしゃる通り、バージニア葉だけでこんなにバラエティがある。
ぼくもようやくそれがわかりかけてきたところです。
うれしいですよね。
Commented by mifune at 2013-06-02 21:48 x
いやー、2035注文完了!
マクバレンネイビーフレークを燻らせながら到着を気長に待ってるところであります。
んんーたのしみだなー、ぼくもマクレーランドはまりそうだ。
Commented by jinsenspipes at 2013-06-02 23:13
>mifuneさん
おや、さっそく。
アハハ。mifuneさんは絶対ハマルな。
とにかくバージニアの宝庫です。
それとオリエント。こちらのほうが奥が深そうだ。
マクレーランドはあと2種のこっているからそれを紹介したらオリエントです。
Commented by mifune at 2013-06-07 20:12 x
いやいや、先ほど2035到着しましていま試してますが、これはウマイですね!!
香ばしい柑橘系とFVFの味がチラホラ見え隠れしてます。
これは常喫リスト決定ですね。
マクレーランド恐るべし!!
Commented by jinsenspipes at 2013-06-07 20:27
>mifuneさん
やあ、着きましたか。
気に入っていただいてなによりです。
(mifuneさんなら気に入ると思ってました)
マクレーランド、いいですね、ほんと。
Commented by shino at 2013-08-02 23:17 x
来ました2035!すごく味が濃縮された美味しいタバコですね。
独特の香りは皆さんが仰るケチャップ臭なのでしょうか。
やはり慣れるまでは少しかかるかな~
明日は本命2020に挑戦です。
やたらタバコのコレクションが増えたから、またパイプも増やさなきゃ・・・
Commented by jinsenspipes at 2013-08-03 00:06
>shinoさん
あ、やりましたか。
ケチャップの臭いありましたか。もしあったら我慢、我慢。
それより甘酸っぱい果実の味がありませんでしたか。
それが本命です。
2020はまた違います。まったく違います。
ぜひ、感想をお知らせください。
ハハハ。
そうですねェ。パイプもたくさんあったほうがたのしいです。