Jinsen's パイプ

study: ザバディ氏に学ぶ(フレークの吸い方)

a0150949_16432895.jpg
 バージニア・フレークたばこについて、ポール・ザバディ(Paul Szabady)氏はニュースグループASP(alt.smokers.pipes)に多くのコメントを残している。無類の健筆家でその発言はわかりやすく勉強になるのでいくつか抜き書きを紹介したい。

「バージニア・フレークの喫煙をマスターするにはほとんど芸術的といえるスキルが必要だが、しかし努力の甲斐はある。習得すればするほどバージニア葉の知らなかった秘密があらわれてくる。バージニア葉の湿り気と喫煙温度はたいへん狭いレンジに収まり、その範囲で吸えば完璧な栄光があらわれる。湿り気が多すぎれば、煙は湿り、香りが失われる。乾きすぎるとヒリヒリするし、舌焼けする。乾き気味のほうが適しているとはいえきわめてデリケートだ。フレークたばこのほとんどは湿り気味にパッキングされているので、喫煙に適した湿り気にするには乾かさなければいけない。」

 バージニアたばこの喫煙には湿り気(逆にいえば乾きぐあい)と喫煙温度がかかわることは体験で感じていたが、こう書かれると、なるほど、味と香りがあらわれるレンジが狭いせいだと納得する。よくいわれるが、バージニアたばこは消えかかりがおいしい。熱くすると味わいはほとんど消える。

「ブライト、ゴールデン、レモン、イェローなどのバージニア葉はもっとも微妙でデリケートなバージニアの香りを味わえるが、それをリボン・カット(あるいはさらに細かい紙巻き用カット)にしてしまうと冷静かつ熟練したベテランでも手にあまる。それをフレークにしたものだけがゆっくり燃焼するクールスモーキングできるし、さらに熟成により、また他のバージニア葉とブレンドすることにより、鋭さをメローにできる。フレークのほとんどは多種のバージニア葉−−−おなじブライト葉でもさまざまな品種のもの、またレッド・バージニア、ストーブド・バージニア、さらにバージニア葉の下部の葉など−−−をブレンドしている。」

 フレークたばことリボン・カットのミクスチャーはおなじパイプたばこでもまったく別物である。ミクスチャーは細かく裁断したバージニア葉、ペリク葉、ラタキア葉、オリエント葉などをミックスし、その混ぜ具合、あるいは熟成による調合をたのしむがバージニア葉そのものの味の深さは曖昧になる。バージニア葉が内包する、ほとんど宇宙的とさえいえる味わいの深淵を知るにはフレークたばこ以外にない。

「クールに吸えば吸うほど香りはゆたかにくる。厚いフレークはゆっくり燃やさなくてはいけないし、たいへん、たいへんゆっくりした喫煙技術がいる。人が休んでいるときのかすかな呼吸に等しいほどである。着火や再着火の際は深く吸いこんではいけない。炎をたばこに近づけるためのほんの2、3回の吸いこみで充分である。軽く吸い、火種をボウルトップのたばこに広げる、必要ならまた火をつけ、トップのたばこがくすぶりだしたらつぎに火種をゆっくりボウルのなかに下ろしていく。ボウルの2/3ほど吸ったら灰を捨てるがわずかな灰色の灰は残すようにする。かならずボウルの最後まで吸いきること。最後の1センチほどが交響曲のクライマックスである。ボウルの半分だけ詰めて吸うか、小さめなボウルのパイプで吸うことで絶頂感を得られる。」
 ぼくが昔、フレークで苦労したのは吸いすぎるせいだった。ミクスチャーはマッチを近づければめらめらと燃え上がる。枯れ草を燃すようなものだ。ところがフレークは板状の固形物だから、いわば材木に火をつけるようなもので、よほどの火力(つまり強く吸う力)がいるもんだと思いこんでしまった。実際は逆なのだ。フレークは軽く火を近づければ、ポッと火がつく。じつに簡単に火がつく。そこでこんどはそれを吹き消さないていどのおだやかな空気を送りこむと火がゆっくり広がっていく。ミクスチャーを吸うときの半分くらいの空気量で充分である。むしろむつかしいのはふつうの呼吸の空気量では強すぎて、ポッとついた火種を吹き消してしまうことだ。前回ザバディ氏の「呼吸喫煙法」を紹介したが、やはり呼吸と、たばこの喫煙はわけたほうがいい。呼吸は鼻で続けておき、それより一段ゆっくりした吸い吹きで口のなかの空気を送りこんだり吸いこんだりする。
 誰もが指摘することだが、バージニアたばこはボウルの底の最後のところが一番おいしい。だからかならず最後まで吸いきるようにするのがいい。それがなぜなかはわからないが、ザバディ氏は長時間吸いつづけることでバージニア葉がストーブド・バージニアのように熱処理されるからではないかと推測している。

 さて。ザバディ氏が推奨するフレークたばこの詰め方である。

「フレークは揉みほぐして吸ってもよい。しかし揉みほぐすことで繊維を破壊するとフレークたばこの素晴らしさは半減する。ほぐさずそのまま吸うか、わずかにほぐすていどがベストである。そのための2つの方法がある。
1: フレークを鋏で小さな4角形に切りわける。大きさはパイプのボウルの内径くらい。それをパイプのなかに積みあげていく。吸いやすくするために小片2つをよく揉みほぐし、1つをボウルの底に収めて燃えかすを作らないようにする。もう1つはボウルトップに置いて着火を容易にする。
2: フレークを適当にちぎり、手のひらを合わせてよく揉みほぐし、だんご状にする。大きさはボウルの内径にちょうど収まるくらい。このだんごをいくつかボウルに収めていく。上から軽く抑え、ちょうどいい吸い心地の固さにする。」

 1は、スリーナンズの詰め方である。ザバディ氏はスリーナンズの愛好家でこれは直径1cmほどの円板。それをボウルに積み上げて吸った。ただしこれは昔の、つまりロープたばこをカットした製品でペリク入り。いまのスリーナンズは板を海苔巻き状に丸めたものだしペリクは無い。ぼくは今のスリーナンズは未体験だが外見はやはり1cmの円板のようだ。それに似せて板状のフレークをカットして吸う方法である。
 しかし、ぼくも試してみたが、うまくいかなかった。昔のスリーナンズは湿り気が多く、むしろベチャベチャした感じだったのでうまく吸えたがいまの乾き気味の板だと隙間が多すぎてうまく吸えないし、鋏で切るのはやや手間である。
 2は、いまぼくはほとんどのフレークをこれで吸っている。ダンヒルやオーリックはやわらかいので簡単にだんごにできるし、あまり繊維を破壊することもない。SGもBBFはこれで吸えるが、FVFは固いし厚いのでだんごにしようとすると割れてしまう。これはまた別の工夫がいるようだ。

[PR]
by jinsenspipes | 2014-02-14 16:47 | Comments(25)
Commented by あいうえお at 2014-02-15 03:54 x
お久しぶりです。
寒い季節ですが、お身体に触りはありませんか?
フレークについて、興味深い話でした。
自分は喫茶店や屋外で喫むことがことの他多く、世間の幸福なパイプスモーカーのように、暖かい書斎で入念に湿度管理して楽しむことは出来ませんが、切り方、喫み方はぜひ参考にさせていただきます。

この人に限らず、フレークはできるだけ繊維を生かし、折るくらいで吸うのが良い、と言われますが、実は自分はそうした味の違いがよくわからないのです。
むしろ丹念に揉みほぐした方が、それぞれのタバコの、例えばラタキアやストーブされた葉の甘みが出てくるように思えてしまいます。
葉の状態による喫味の違いは、どうやれば気づけるのでしょうか?
Commented by Shin.A at 2014-02-15 08:09 x
いつも楽しく拝見しています。
パイプ喫煙ブログ数あるなかで、一番のお気に入り♪
今後も細くロングに良い味をお届けください。
Shin.A
Commented by jinsenspipes at 2014-02-15 11:06
>あいうえおさん
はい。元気してます。
いや、ぼくもね、おなじフレークをほぐして吸うのとほぐさないの、比べたことはないですよ。
ベテランのみなさんが(G.L.ピース氏まで)ほぐさないのが格段旨いといってるんで信じこんじゃってるだけです。
たばこは個人差が大きいですから、丹念にほぐしたほうが旨味がでる、ということもあるかもしれません。
どれだけ違うものなんでしょうかねェ。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-15 11:08
>Shin.Aさん
うれしいコメントありがとうございます。
はい。
細〜〜〜く、長〜〜〜く、つづけさせていただきます。
これからもぜひお立ち寄りください。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-15 22:41
>くつしたさん
エエッ! ほんとですか。
でもたばこが原因じゃないかもしれませんよ。
お医者さんとよく相談されたらいいです。
治ったら、また吸いたくなりますよ。
なんて気楽なこといっちゃいけないか。
とにかく、お大事に。
なーに、たばこ吸わなくっても、くつしたさんにはぜひコメントお願いしたいです。
でも、とにかく、お大事に。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-16 11:09
>くつしたさん
あいかわらず健筆ですねェ。
たのしく読ませていただきました。
思いついたんですが、昔読んだ外国のSF小説にこんなのがありました。
未来の話で、地球の廃墟を発掘した未来人が、シェークスピアとシャーロック・ホームズは同一人物だという仮設をたてるんですね。
ホームズは晩年、養蜂家としてのんびり生活する、これはコナン・ドイルも書いてることです。
未来人はこの二人ののこした言葉をいろいろ検討した結果、二人はおなじ言葉をのこしている。だから同一人物に違いないとします。
シェークスピア: 「To be, or not to be, that is the question」「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」
ホームズ: 「To bee, or not to bee, that is the question」「蜂にしようか、やめようか、それが問題だ」
(つまり養蜂家になろうか、なるまいか)
存在の「be」と蜂の「bee」は発音がおなじなのでそれにひっかけたジョークです。
Commented by くつした at 2014-02-16 23:31 x
ニヤッとなってしまいました。
にしても、頭痛止めのクスリの副作用が頭痛だと困ります。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-17 10:50
くつしたさん
アハハ。
頭痛の薬の副作用が頭痛!
そんなのありなの?!
Commented by jinsenspipes at 2014-02-18 18:24
>くつしたさん
合鴨でしょ。ときどき食べます。やや脂濃い味ですね。
モノクロ写真は魅力ありますね。ぼくも昔はそうだったし。
とても雰囲気ある写真になります。
くつしたさんの女装!
ハハハ。
遠慮しときます。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-21 23:22
>くつしたさん
鴨南蛮はやっぱり合鴨が多いんじゃないかな。鶏肉使ってる店もあります。
天然のカモは大衆料理に使うのは無理ですよね。
ハハハ。
河童えびせんですか。
くつしたさんの発想はトンでて素敵です。
無頼ねェ。いませんね、いまは。
不良という言葉もほとんど死語じゃないですかね。
ぼくらの世代は不良少年に憧れたものですがいまの若い人は違いますよね。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-23 11:13
>くつしたさん
そうですね、ぼくが書いた不良は積極的に反抗してるヤツですが、おちこぼれ、ダメ人間も、じつは魅力ありますね。
そちらは消極的に反抗してるんだと思います。昔は神に近い、といわれてましたよね。
ヘェー。そういう酒があったんですか。
安吾はもちろん無頼派です。ただ、本人はいたってマジメ人間だったと思えるフシがありますね。
無頼に憧れ、いわば自分がマジメすぎることに反抗してたんじゃないかな。
ほんとに無頼だったら緻密な文章なんてとうてい書けませんものね。
Commented by pegus at 2014-02-24 15:59 x
お久しぶりです。
フレークに関する投稿に気付くのが遅くなってしまい、ちょっと悔しく思っています(笑)
FVFを常喫としている私にはとても参考になる記事でした。
以前は絨毯を丸めるような感じでクルクル巻いてボウルに詰めていたのですが、モノによって余りにも厚みが違うので、最近はクシャクシャっと団子にしてボウルに入れています。
いずれにしても余り粉々にならないよう、堅いフレークを柔らかくする程度の解し方にしています。
喫う時はできるだけ静かに喫う用心掛けていますが、パイプに意識が行ったときは大抵吸いすぎてます。
美味しく吸えた瞬間がありながら、常時美味しく喫えないところがパイプ喫煙の魅力なのかもしれませんね。

>くつしたさん
運転中のパイプシェイプにお気遣いいただきありがとうございます。大抵ベントシェイプのパイプなのですが、ビリアードのときはできるだけ咥えっぱなしにしないよう注意することにしますm(__)m
Commented by jinsenspipes at 2014-02-25 10:56
>pegusさん
ひさしぶりです。いらっしゃーい。
あ、やはり前に巻いて吸ってましたか。
ぼくも昔は、四つ折りしたり、巻いたりしてましたが、所持のパイプが底が浅いのが多いんですね。
隙間ができやすく、その分たくさん吸いこんで苦労させられました。
だんごにすることを憶えてからはもっぱらそうしてます。
ぼくはパイプはくわえますが、吸ったり吹いたりせず、ただくわえただけのときが長いです。
鼻呼吸していて、ときどき思い出したように吸ってみる。
そのときだけ、吸うことと味わうことに意識を集中させます。あとはだらしなくくわえているだけです。
初心者向けパイプの吸い方を書いた記事で、規則的に吸い、戻す、と書いたのがありますが、
そんなに頻繁に熱い空気を口に入れてたら、舌とか口内全体が腫れあがってえらいことになります。
紙巻きを吸うのとおなじで、ときどき、思い出したように吸ってみる。これがおいしいですね。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-26 10:55
>くつしたさん
ぼくは安吾とおなじ。無頼あこがれ派ですね。
本人は小心者のだめ人間です。
「汚いやら怖いやら」あいかわらず日本語の使い方がうまいなァ。
Commented by jinsenspipes at 2014-02-28 22:19
>くつしたさん
ぼくの沖縄の友人の娘さん(子供ですが)バッタをむしゃむしゃ食べちゃうそうですよ。さすが沖縄人!
遠藤周作、堀辰雄、渋いところが出てきますね。お薦めの本はチャンスがあったら読ませていただきます。
エエッ。東北の祖母ですか。いいお年でしょうにご無事でなによりです。
なーに、家なんかまた建てればいい。命あってのものだねです。
ちっとも暗い話じゃないじゃないですか。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-01 17:01
>くつしたさん
アハハ。
蟻たべちゃったんですか。
昔、映画がありましたね。
皿に盛った蟻を上流社会の着飾ったお嬢さんがスプーンで食べてる。
もちろんこれもcookingしたやつでRawではありませんが。
ぼくの若い頃は新橋のガード下でザリガニを食わせる店がありました。
新宿のしょんべん横丁では皮剥いだ雀をぶら下げて、スズメ焼きといって食わせてましたし。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-05 11:01
>くつしたさん
焼け跡ガード下世代よりはあとです。新橋の店はいまはありません。
あ、くつしたさんは東京ではないんですね。初めて知りました。
鶏をさばくのは昔は家庭でやってたもんです。まず首を切り、血をだすんですが、これを一気にやらないと血が肉にまじる。
近所のオヤジがよくさばいてるのを見てました。
秋は、イナゴとりが子供の仕事で、米の麻袋いっぱいイナゴをとり、母親が鍋で焼くんですが、甘辛の味つけで、これは旨いです。
カリカリしてほんとに旨い。
ヘビ、カエル、ウサギ、昔は何でも食べてましたね。ぼくは体験ないですけど。
スズメはけして旨くはないです。マ、当時としてもゲテ物あつかいでしたね。
ただ、焼き鳥屋の店先に皮剥いだスズメがぶら下がっている光景は見物でした。焼き鳥っていったってブタ肉ですからね。
映画は『世界残酷物語』です。ヤコペッティ監督のヒット作ですが、ヤラセが多いと悪評さくさくでした。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-07 17:50
>くつしたさん
公開当時は評判だった映画です。キワドい映画ではありませんが主張の強い映画です。
40人で同じ誕生日の人がいるんですか? ちょっと信じ難い感じ。
消費税についてはくつしたさんと似てるな。勝手にしやがれ、ですか。
あ、岩手県ですか。やはり災害の被害はおありでしたね。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-09 10:59
>くつしたさん
ぼくも数字は苦手なんで理屈はわかりませんが、そうなんですか。
あ、そちらは氷点下3度ですか。
東京はちょっと暖かい。
でも、3月にしては寒いです。
梅が盛りで、河津桜がひとつ、ふたつ、咲きはじめました。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-11 16:56
>くつしたさん
誕生日については理解してます。ただ、ヘェーッ、ほんとォ! という驚きだけです。
停電は、うちのほうは計画停電というヤツで、何日の何時から2時間停電、という感じでした。
ただ、予定はそうでしたが、実際に停電したのは1回か、2回かな。ほとんど無かったです。
たしかに喉元すぎればですね。被災者のかたはまだまだ傷跡がのこるでしょうが。
今日はとりわけ暖かくなりました。
春がきた、という感じです。
くつしたさんには寒中お見舞い申し上げます。
いまロイヤルヨットで一服しました。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-13 23:06
>くつしたさん
アハハ。敵を焼くですか。うまい。
ぼくは江戸っ子とはいえないでしょうね。
三代つづかなきゃいけないそうだし、
喧嘩と火事が好きというわけでもないし。
喧嘩は好きじゃないですが、喧嘩っぱやい感はありますね。すぐカッとなるから。
火事と喧嘩が江戸の華、といわれたのは、もともと江戸の住民が田舎者の集まりだからですよ。
江戸の町というのは諸国から流れついた田舎者が住みついてできたから、
京大阪のような伝統ある町とは違い、喧嘩が絶えなかった。
また、狭い土地に小さな家をびっしり建てたから火事もしょっちゅうだし、たちまち燃えひろがった。
そういうことじゃないかな。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-15 16:30
>くつした
アハハ。いよいよ文章冴えてきましたね。
火事を起こした罪は重罪です。大災害の元になるからでしょうね。
あら。春の足音が聞こえましたか。それはしあわせです。
浣腸お見舞いですか。
トホホ。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-18 17:47
>くつしたさん
いま気づいたけど、前の返信で敬語を忘れましたね。失礼しました。
ハハハ。お見舞い、どきッとさせられました。
書簡集はねェ。著名人なら売れるでしょうけど、われわれじゃ出してもねェ。
無名人でも読んでくださるかたがいるのがインターネットのいいところです。
辛辣な書評ですね。でもほんとです。
やあ、くつしたさんのお庭、春の気配いっぱいで素敵ですね。
さすが熱帯植物は我が家の庭にはありませんが、ようやく梅が咲きました。
うちは日当り悪いせいか遅いんですよね。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-21 23:29
>くつしたさん
アハハ。いじめて、いじめてですか。
もちろんパイナップルがないのはわかってました。
クイズは、うーん、わからない。
地面が湾曲してるから、なんて答えは、もちろん違いますよね。
Commented by jinsenspipes at 2014-03-23 21:02
>くつしたさん
ありゃ。正解でしたか。
最初地球の丸さを考えましたが、わずか1kmではさほど差はないだろうと思っちゃいました。
次のクイズはまったくわかりませんねェ。
で、教えられたアドレスを見てみました。
アハハ。
望遠鏡を逆さに見ればワニが小さくなるのでピンセットで挟みますか。
こりゃ、いい。

じゃ、ぼくからも一つ。
次の英文を訳してください。

You might, oh, made today's some fish.

中学生のとき先生が黒板に殴り書きして、おい、これ、訳してみろ、といった英文です。