Jinsen's パイプ

読み物: シャーロック・ホームズ『四つの署名』

a0150949_10484247.jpg
 このブログにコメントをくださるくつしたさんはたのしい文章を書かれる。発想もトンでいるけどその内容がパイプを愛好者の心を遊ばせてくれる。たびたびこれを読むうちに、ぼくも日頃の堅苦しいたばこレビューでなく、夜更けのパイプ愛好家の心をなごませる気楽な雑感を書いてみたくなった。

 このところぼくはYouTubeにあるBBCテレビ放映のシャーロック・ホームズ映画をよく見る。『四つの署名』はおそらく一番有名な作品と思うが、そのなかの一シーンがとくに印象にのこった。

 若い女性の依頼人に伴い、ホームズとワトソンがある屋敷を訪ねる。大金持の息子で部屋中をインド風の調度で飾り、まるで博物館のよう。主人は小柄な肥満体の男で、丸顔の頭は両脇だけ髪の毛をのこして禿げあがり、にやにや笑いしているが、内心に激しい感情が渦巻き、落ち着かない様子。
 ドイルの原作ではこうなっている箇所である。

「失礼して私は煙草をやらせていただきます。香りの高い東洋の柔らかい煙草です。すこし気がたっておりますので、こういうときは水煙管で一服やりますと、たいへんおちつきますでな」
 彼は大きな雁首に火をつけて、薔薇水をごぼごぼいわせてうまそうに吸った。
(延原謙訳、岩波版)

 映画では、主人が水キセルを吸い込み、一服やると、そわそわ落ち着かない表情がいっときやわらぎ、ホッとした顔になるのがアップで写された。そのときの主人のしあわせな表情、これが記憶にのこった。トゲトゲした心をたばこの一服がやわらげ、ひとときのしあわせ感につつまれる。ぼくは水キセルはやらないが、およそたばこ喫煙の本領はここにあるのではないか。
 じつはこれを見る前、夕食後、ぼくはSGのスクワドロンリーダーをやっていた。マッチでまず着火すると、火がつくかつかないかのうちにラタキアの優雅な香りが漂う。着火後、しばらくすると、こんどはオリエントの甘い香りがきた。ラタキアのひと刷毛の風、オリエントの甘い芳香、ボディになっているバージニアのしっかりした味わい。そのハーモニーにうっとりさせられたのだった。
 ぼくはそのとき心に悲痛があったわけではないが、やすらぎは訪れた。もし何か心配事があり、それを逃れてひとときの安静を得たかったらこの一服は顕著な効果があったろう。
 ぼくはそこでさらに東洋的なたばこ、前にやったマクレーランドのイェニジェたばこを思い出した。
 スクワドロンリーダーのようなイングリッシュミクスチャーはバージニアが主体でラタキアもオリエントも付け足しである。オリエントの香りと甘さは非凡だがやはりバージニアに隠れている。しかしマクレーランドのイェニジェたばこはオリエント葉を主にしているので逆にバージニアが付け足しになっている。
 ああ。あのときのあの香り。天国に遊ぶ気分だった。なんとしあわせな香りだったことか。それを思い出すとこの主人の気持ちが一層理解できた。
 東洋のたばこは香りを重視し、それにつつまれて一種の現実逃避、いっときの夢見ごこちを理想としてきたように思う。しかしイギリスたばこは味わいに重点をおき、ラタキア、オリエント、ペリクを付加したりあるいは自然熟成、熱処理などによって味を濃厚にしてきた。東洋のたばこはもっぱら香りに耽溺し、イギリスたばこはバージニア葉の深い味わいをたのしむ。このあたり民族性の違いなのだろうか。しかしそういうイギリスたばこであっても味わいにくわえて香りに酔い、ひととき憂さをわすれる効果があることはまちがいない。
 パイプ喫煙者はよくご存知だが、おいしいたばこを吸いたければ、日常のリズムから離れることである。日常のリズムの延長では最良の味は味わえない。喧噪の現実にしばし背を向け、外界を遮断し、たばこ葉が燃焼する、その植物のリズムに合わせることが大切だ。

 ところでYouTubeで見ていると、ここのところの英語字幕はこうなっていた。(ぼくは英語字幕つきで見ている。YouTubeはふつう字幕無しだが、字幕のボタンがあり、クリックすると字幕つきになる。便利なモンだ)

「Well, then, I trust that you have no objection to tobacco-smoke, to the balsamic odour of the Eastern tobacco. I am a little nervous, and I find my hookah an invaluable sedative.」

 ドイルの原文はどうだったか、調べてみたら、何と! この部分は原文そのままだった。
 上の延原謙の名訳はそれを翻訳したものである。

[PR]
by jinsenspipes | 2014-09-21 10:54 | Comments(28)
Commented by ちぇん at 2014-09-24 20:06 x
お久しぶりです。
僕の大好きなホームズの記事楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます。
最近になって初めて使い続けたパイプが育つというのを経験しました。
吸ってみていつもより美味しく感じ、持った感じが軽くなったのを感覚しました。
これですね?パイプを楽しんでおります。-y(^。^)。o0○
Commented by jinsenspipes at 2014-09-25 21:04
>ちぇんさん
 やあ、ひさしぶりです。
 パイプが育つ。たしかにそうだとぼくも思います。
 ある段階で、日増しにおいしく感じることがあります。
 カーボンのつき具合なんかと関係あるんでしょうね。きっと。
 楽しいパイプ・ライフを!
Commented by jinsenspipes at 2014-09-25 21:08
>くつしたさん
 ヘェー。それも一種の水パイプでしょうかね。
 着香たばこの魅力ってありますね。
 ぼくはもっぱらアンフォーラですが。
 軽井沢の地ビール!
 くつしたさんはいろんなことをご存知ですねェ。
 こんどは焼き粘土ですか。
 アハハ。失敗したら「やけ」。おもしろい!
Commented by jinsenspipes at 2014-09-27 20:18
>くつしたさん
 そうでしたか。危ない葉っぱの道具ですか。興味津々です。
 アンフォーラはもちろんフルアロマです。赤い包装。
 昔はアンフォーラはたしか5種くらいありましたけど、いまは赤だけですね。
 アハハ。こんどは「にやけ」ますか。
 あ、このアドレスのはハンディ水パイプですね。
 ヘェー、こういうのあるんだ。味はどんななんだろう。
Commented by jinsenspipes at 2014-09-30 21:50
>くつしたさん
 ぼくはテレビを見ないのでテレビの話はパス。すいません。
 テレビを見ないというか、そもそもテレビが無いんですね。
 カミさん用にキッチンに1台ありますが、これはカミさん専用でぼくはノータッチです。
 歴史を大事にする国としない国。
 これはむつかしすぎてぼくには何ともいえませんが、インターネット社会になってからの大変化。
 これはおそろしいものがありますね。
 ヒトの生活が昔からの伝統の踏襲、親から子に伝えるものだった昔と、
 世界中の情報が手軽に手に入り、何でも利用できるようになった今と、
 凄い違いがある。
 最近とくに身にしみて感じてます。
 それだけ自分が年とったということでしょうけどね。
「歴史」って何なんだったんだろうと思ったりして。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-01 20:38
>くつしたさん
 あ、GHはブラウンフレークだったんですね。
 12Mixtureと書かれたんで何かと思ってました。
 くつしたさんはまあまあでしたか。ぼくはおいしいたばこと思いますけど。
 近所の団子屋のお話。うちの近くにもあるんですよ。やはり老夫婦がやってる小さなお店。
 ここのおはぎが絶品で、ときどき買います。
 毎週、土日だけ作るんですね。それでたて続けに2、3回買ったら、張り紙がしてあって、
 毎日、作ります、ということになっちゃった。
 そうそう毎日は買えないから、しばらくいかなかったら、また張り紙が出て、
 おはぎは土日だけ作ります、と。元にもどっちゃった。
 駅の近くに立派な和菓子屋さんがあるけど、そちらはまるで機械で作った味。
 じぃさんばぁさんが手作りする味とは雲泥の差です。
 くつしたさんご存知のお店はつぶれちゃいましたか。
 うちの団子屋も、どうですか、いつまでもつか。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-05 22:22
>くつしたさん
 あ、リボンカットもハサミで切るんですか。
 それはまた丁寧な。
 ダンヒルの安売りしてますね。案内で読みました。
 あ、アキネイター、やってみました。
 シャーロックホームズを連想して質問に答えていったら、6、7回で当てました。
 おもしろいサイトですねェ。
 それにしてもくつしたさん、いろんなサイトをご存知だなァ。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-06 20:22
>くつしたさん
 なるほど。1本が長いですか。
 缶入りは缶の重さは加えません。たばこの重さだけです。
 イギリス製品といえばGHのたばこがあるじゃないですか。
 アハハ。
「竹やぶ焼けた」ですね。
Commented by くつした at 2014-10-07 21:19 x
そっか。GHがそうか。灯台下暗しというとなんというか。お恥ずかしい。
そうか。缶は含まないか。極めて有益な情報、ありがとうございます。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-08 22:21
>くつしたさん
 もちろんたばこ缶の重量は含みません。
 たばこの重量だけです。
 ここのところ夜はロイヤルヨットばかり吸ってます。
 ニコチンが強いたばこなんで酔い心地がこころよいです。
 今夜も気持ちよく酔いました。
 
Commented by jinsenspipes at 2014-10-10 11:06
>くつしたさん
 前はぼくもロイヤルヨットで悪酔いしたことがありました。
 いまは吸い方がうまくなったのか、だいじょぶです。
 ただ、ニコチンが強いことはあいかわらずで、最初の一服でニコチンの酔いがからだ中を駆けめぐります。
 でも、少しするとおさまるので、おさまった頃、また一服。また酔いが駆けめぐり。
 これをゆっくりくり返してると、けっこう気持ちいいんですね。
 ぼくはくつしたさんよりニコチン許容量が強いんでしょう。
 そのポスターは、ぼく知らない。
「部外者以外立ち入り禁止」はまちがってますか? 
 工事現場なんかで見かけますが、安全のためと違うのかな。
Commented by くつした at 2014-10-11 17:28 x
寒くなって参りました。いかがお過ごしでしょうか。コーヒーを淹れるとき一度に使う豆の量は以前の五分の三くらいの薄めが好きになった私です。
「部外者以外立ち入り禁止」だと、部外者は入ってもいいことになるんです。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-11 22:22
>くつしたさん
 あ、そうか。「部外者立ち入り禁止」でないといけないんですね。
 読みきれなかった。
 家ではコーヒーはあまり飲まなくて、紅茶が多いです。
 コーヒー飲むときはモカが好き。酸味があるのが好きです。
 ただ、酸味をうまく残していれてくれる店はめったにないですね。
 駅の近くの商店街にコーヒー豆を売る店があり、
 店の入り口のよこにテーブルと椅子が2脚だけあってここで飲ませてくれます。
 ここのモカはおいしいんだが、たいがい誰かが占領しててめったに座れない。
 喫茶店ではなく、豆を売るお店の宣伝用に店頭で飲ませてくれるだけなんですね。
 たまたま空いてると、しめたとばかり座り込みます。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-13 22:51
>くつしたさん
 アハハ。
 愉快な小話、ありがとうございます。
 こんなシーンが現実だったらぼくもその場で「JIN老人」に注目したいです。
 よなよなの里って長野県なんですね。
 何やらたのしそう。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-14 20:57
>くつしたさん
 あ、軽井沢でしたか。
 ご紹介いただいたサイトみましたが、やる気まんまんですね。
 ぜひ、写真コンテスト、応募されたらいいです。
 えっ、YouTubeで早送り再生できるんですか。それは便利。
 ぼくはMacでsafariですが、できません。
 今夜もまた、ロイヤルヨットで、ほろ酔い気分です。ウィーッ。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-15 21:00
>くつしたさん
 アハハ。
 またまた傑作をありがとう。
 ハードボイルドですか。軟派みたな気がしてるけど。
 Macはもうずいぶん前からです。
 写真をやるんで、昔は、visualかsoundを扱う人はみなさんMac派だったんです。
 PhotoShopというソフトが以前はMac専用で、これを使いたいためにMacを買った人もいました。
 ごく初期は、Macを買うとPhotoShopが付属してたときもあったくらいです。
Commented by くつした at 2014-10-20 23:04 x
ボクたちの心のなかで藤子・F・不二雄は永久に生き続けるでしょう。


Commented by jinsenspipes at 2014-10-22 10:57
>くつしたさん
 いまはそんなことないですが、昔はWindowsのパソコンは会社におく事務機みたいな感じ。
 Macは見るからに遊び心いっぱいで、家におくならMacと思ってました。
 そうでしたか。くつしたさんは藤子・F・不二雄ファンなんですね。
 ぼくは漫画世代の前の活字世代です。
 漫画は手塚治虫くらいしか読んでないですが、活字のほうでは、一時、開高健に入れこみました。
 開高さんの紀行文やエッセイは読みまくったものです。
 学生時代は芥川龍之介でしたけど。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-23 11:12
>くつしたさん
 あ、この埴輪はすばらしい。
 くつしたさんは造形センスをお持ちですね。
 ちょっとユーモラスな感じもあって魅力です。
「古代が語りかける」。
 いい言葉だなァ。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-24 23:02
>くつしたさん
 いま見ましたら4枚写真がのってました。
 ところが4枚めは「応募はこちら」のお知らせがダブってて写真の上のほうしか見れない。
 1、2は違うと思うし、3もちょっと違うかナ。
 そうすると、4の「ゆずみかん」さんの写真らしい気もしますが、
 そういうわけで確認できませんでした。
 すいません。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-25 17:43
>くつしたさん
 あ、そうか。
 ぼくのMacはスクロールバーを消してるんです。それで見えなかった。
 onにしたらスクロールできました。
 もしかして、お面がたくさん写ってる写真ですか?
Commented by jinsenspipes at 2014-10-26 18:26
>くつしたさん
 当りでしたか。
 この写真が一番目につきました。
 ほかのかたのは、まぁ、ありきたりというか、ありそうな構図ですね。
 サイト運営者が気に入るようなシチュエーションを狙ってます。
 くつしたさんのは発想がユニークです。
 パイプをやるようなかたなら、ありきたりでなく、このくらい発想がトンでないといけない。
 もし景品もらえなかったら、運営者に遊び心が不足してると、逆に笑ってやってください。
Commented by jinsenspipes at 2014-10-29 18:28
>くつしたさん
 うん。これもおもしろい。
 缶の鬼は笑ってるのに影の鬼はすごんでるのね。
 お面のとこれと、どちらがいいかなァ。
 迷います。
Commented by jinsenspipes at 2014-11-06 10:49
>くつしたさん
 アハハ。
 もう入賞気分なんですね。
「左手はポケットに、軽く右手をあげて」
 目に浮かびます。
 運営者も褒め上げて、落選者へもなぐさめのお言葉。
 念がいってます。
 名演説ですね。
Commented by jinsenspipes at 2014-11-07 21:52
>くつしたさん
 そうでしたか。それは残念。
 マ、見る目のない運営者、と肩をすくめるところですね。
 しかし、敗者の心境を語るくつしたさんの文。
 これまた名文でした!
Commented by jinsenspipes at 2014-11-14 22:57
>くつしたさん
 ここのところは新しいたばこは買わず、お気に入りばかりです。
 朝はバージニアNo1。昼はアンフォーラ。夜はFVFかスクワドロンリーダー。
 ずっとこれです。
 秋になり、たばこが一段とおいしくなったので、浮気したくなくなったせいもありますね。
 ただ、マクレーランドのバージニアとオリエントを買いたい気もありますが、
 円安で、ちょっと二の足を踏んでます。
 くつしたさんはふつう何を常喫してるんですか?
Commented by jinsenspipes at 2014-11-16 23:18
>くつしたさん
 ナイトキャップですか。
 ファンが多いたばこですね。
 あ、今年の漢字というのがあるんですね。
 ぼくは「変」です。
 冬に軽い手術をしたし、その後、夏は体調不良。
 いつになくいろんなことがありました。
 例年「同」なんてうらやましいです。
Commented by jinsenspipes at 2014-11-19 10:35
>くつしたさん
 ぼくの同体験はワインです。
 酒屋で売ってる「ワイン」なるものはやたら甘い飲みものだと思ってました。
 大人になり、本物のワインを飲んだら酸っぱい。甘みは隠れてて、まぎれもないお酒。
 そういう体験はほかにもいくつかありましたね。
 いまのかたは生まれたときから本物を知って育ってますからそういう体験は無いでしょう。 なかにはトンカツのように外国の料理が日本風に変化し、
 それが日本文化として、日本の本物になっている例もありますね。