Jinsen's パイプ

タバコ世界史年表

a0150949_12144464.jpg


たわむれにこんな年表を作ってみた。コロンブスのおかげでアメリカ大陸とヨーロッパが結ばれたときに始まるタバコ年表
タバコは15世紀にヨーロッパに紹介され、スペイン、フランス、イギリスの順で普及する。
16世紀はまずスペインでクレイパイプとシガー。17世紀はヨーロッパ全土でパイプ、18世紀はスナッフ(かぎタバコ)。19世紀はシガレットが流行。
パイプではまずクレイパイプ、18世紀からメシャム、19世紀からブライアだ。
夜更けの酒とパイプの煙のつれづれにおたのしみください。

1492 コロンブス、アメリカ到達
    新大陸からヨーロッパにもたらされた三大作物
    タバコ、じゃがいも、梅毒

1518 タバコ、スペインに紹介
1525 スペインの船乗り、クレイパイプ使用
1530 シガー、スペインの下層階級で流行
1556 タバコフランスに紹介
1564 タバコイギリスに紹介
c1570 ヨーロッパでパイプ喫煙流行

1607 植民地バージニア開拓
1613 バージニア収穫のタバコ、イギリスに
1618-48 30年戦争でタバコ普及

1720 メシャムでパイプ作る
1776 アメリカ独立
1792 サミュエル・ガーウィズ創業(スナッフ)



1820 ジャーマイン創業
1825 コモイ、サンクロードでパイプ作り
c1830 パリでシガレット吸いはじまる
c1830 コルシカ島で初ブライア・パイプ
c1840 コモイ、ブライア・パイプ作り
1842 フランスでシガレット製造開始
1851 ケーウーディ、ニューヨークにタバコ店
1853-56 クリミア戦争でシガレット流行
1854 コモイのブライア・パイプ、ロンドンに
c1860 ニューヨークでシガレット製造
1875 ピーターソン、ダブリンにタバコ店
1876 サビネリ、ミラノにパイプ店
1880 ガーウィズ・ホガース創業
1890 アメリカンタバコ会社創業
1893 ダンヒル創業

1901 ブリティッシュ=アメリカンタバコ会社創業



[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-07 00:45 | Comments(4)
Commented by いまむー at 2010-02-08 19:18 x
まいどお世話になっています。
この年表面白いですね。
世界史年表と比べてみると、ガリレイやシェークスピアやインカ帝国を滅ぼしに行った船乗りたちもクレイパイプを使ってたのかな?とか、
ナポレオンは物凄く綺麗な彫りの入ったメシャムを持っていたのかなぁ?とか、
色々な想像が楽しいです。
で、こうやってみると、ダンヒルは割と新しい会社なんですね。意外でした。

教えていただいたHPみてみました。
面白い!特にPocket Tinはみてて飽きません。
使いにくそうですけど、また発売されたら買ってしまいますね。
Commented by jinsenspipes at 2010-02-08 22:49
>いまむーさん
いらっしゃーい。
年表っておもしろいですね。
ならべるだけでいろいろ想像できます。
そうそう。クレイパイプやメシャムはそういう想像ができます。
ダンヒルって、たぶん当時のオシャレ会社だったと思いますよ。時代の先端切って新しいこと始めたんですね、きっと。
H&Hのサイト、おもしろいでしょ。
またこういうサイトみつけたら紹介します。
こういうところをネットサーフィンしてると時間を忘れます。
Commented by にわかや at 2012-03-20 20:26 x
はじめまして。
Jinsen様の後塵を拝しつつ、パイプをはじめてみた者です。
もともと歴史が好きなこともあって、この記事は特に面白く読ませていただきました。

業界に吹く逆風こそあれ、今は煙草の種類も多く楽しめていますが、この年表を見てみると
20世紀前夜、ヴィクトリア時代末期のイギリスが天国のように思えてきますね。
ガーウィズ・ホガース、ダンヒルと次々生まれる新しい煙草を鵜の目鷹の目で鑑定する紳士たちの姿が見えてくるようです。

当時も時のヴィクトリア女王の嫌煙趣味に泣かされていたようですが、女王の薨去と共に時代は変わりました。
現代の風潮もまた、時代と共に変わるものでしょうか。
Commented by jinsenspipes at 2012-03-20 20:59
>にわかやさん
うれしいコメントありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
20世紀初頭は他分野同様、たばこ界も革新の時代だったと思われます。
ダンヒル、ラットレーは新進気鋭の時代の寵児だったんでしょう。
それ以前のオランダ、イギリスの老舗はいまはほとんど忘れられてしまった。
かろうじてイギリスのサミュエル・ガーウィズ、ガーウィズ・ホガース、J.F.ジャーマインが生きのびているだけです。
ぼくはもっぱらこの3社のたばこを吸い、当時のパイプ喫煙者とおなじところに立ちたいと思ってます。
それをベースにすれば、現代のたばことの位相の違いがわかるはずだと……。
はかない望みですが。

またときどき感想、ご意見などお寄せください。