Jinsen's パイプ

カテゴリ:エスクード( 1 )

ピーター・ストーカビー: エスクード・ネイビーデラックス

a0150949_2242549.jpg


 初回の海外通販、3番手はエスクードである。
 葉組はバージニアとペリク。充分熟成したあとロープに撚られ、円盤にカットしてある。「エスクード」はポルトガルの通貨単位で硬貨もあった(現在はもちろんユーロだが)。直径4センチほど、500円玉より大きい円盤がポルトガル硬貨に似てたのだろうか。
 これまた複雑な履歴があり、元々は1870年の昔、Cope brothersが製造、Gallaher社が販売した。Cope brothersは1936年までかかわったがその後Gallaher社が引き継ぎ1994年まで製造販売。そのあと1997年からA.C.ピーターソン社が昔のプレス機を使用して製造したのでネットではピーターソン社の名前が多く見られるが現在はストーカビー社が製造販売している。
 前に書いたがスリーナンズのペリクがいまはルイジアナ・ペリク葉でなくケンタッキー・バーレー葉を使ったアカディアンペリクになったのにがっかりし、代替品を求めてこれを知った。スリーナンズもディスク状だが直径1センチ弱、こちらはその4倍はある。どきどきしながら火をつけた。
 ムムム。旨い。スリーナンズより上品な味で、バージニアの香りをペリクの甘さ、酸味が包み、やはりお花の香りがかすかに漂う。しかしダ。ぼくはここでまたバーレー葉を感触してしまった。公開されたレシピにはバーレー葉はない。すると……。
 正直いって自信なくなった。ひさしぶりにスリーナンズを吸ったとき、ペリクが無い! と感じてネットで調べているうちにケンタッキーバーレー葉をペリク漬けにしたアカディアンペリクの存在を知らされた。しかし、たしかにぼくの記憶の泥臭い感触はないが現在のスリーナンズのアカディアンペリクはなかなかイケる。なにも郷愁を求めなくてもいいじゃないの、と思いつつ、昔の女友達に会う気持でエスクードを吸い、旨い、と感じつつ、やはりこれもアカディアンペリクじゃないかと疑ってしまった。ネットでいろんなレビューを読んでもそう指摘した記事は見当たらない。するとこれは純正ルイジアナペリクとするしかないが、ではぼくが感じたケンタッキーバーレーの香りはどうなるんだ! 自分の感覚を大事にすべきか、事実をとるべきか。
 たしかにこれは旨いタバコなんだ。バージニアとペリクの甘みと酸味、その抜群のからみぐあい。それがあれば何も出所を問題にしなくともいいのでは? と片方で思いつつ、ぼくが昔味わったあのペリク味がいま無いのはぼくの味覚の変化のせいか、それとも知られざる地下変動があったのか。
 あれ? そんなとこ考えつつもう1時間も吸ってるゾ。はて、これもパイプ喫煙の魔術のなせるわざか。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-15 22:48 | エスクード | Comments(13)