Jinsen's パイプ

カテゴリ:G.L.ピース( 3 )

G.L.ピース: ジャックナイフ-レディラブド ( G.L.Pease: JackKnife - ready rubbed )

a0150949_2212071.jpg
 前にペーター・ハインリヒのダークストロングフレークを書いた。このたばこはオーリック社のすでに製造中止になったダークストロングケンタッキーと中身はおなじらしいが、おなじ製造方法のたばこがアメリカでも発売になり、それがこのジャックナイフである。
 いつもコメントをいただいてるtango6さんとmifuneさんは試しずみで、おいしい! と教えていただいたのでさっそく注文した。プラグとレディラブドがあり、本来ならプラグを買いたいところだが、ぼくはものぐさだから吸うたびにナイフで削るのはいかにもめんどう。三日坊主でオクラになりそうなのでレディラブドにした。
 このたばこはバージニア葉とケンタッキー葉をミックスせず、それぞれの層にわけてプレスする手のこんだ作りである。ぼくが買ったレディラブドだとわかりずらいがブラグならはっきりその層が区別できるはずである。
 吸ってみると、ああ、やはりこれは逸品だった。青臭さののこるバージニア味がしっかり、プラスしてケンタッキーのやや樹木の皮のような硬質の味もしっかり。それが、ふしぎな体験なのだが、混じってくるというより別々にくる感じがした。しかしこれはほんの吸いはじめで、少しするといわば第三の味といいたい別種の味がくる。これについてはちょっと言葉で書きづらいのだが、平らな感じでややチョコレート風味、少し乾いている。あいかわらずバージニア味はあるしケンタッキーは香りとしてのこっているところにくわえてこれがくるのだ。
 これはぼくは初めての感覚だった。何なのだろうと、G.L.ビース自身によるこのたばこの説明を読んでみるとこんな一節があってなるほどとうなづけた。
 「ほかの製造業者ならブレスする前に葉を混ぜてしまうだろうが、私がケンタッキー葉とバージニア葉を別々の層にしたのは見ためがおもしろいからではない。私が考えたのは、二つの葉の持ち味が喫煙者の口内ではじめてまじりあうことで、あらかじめ混ぜてしまうのとは違う。このやり方は、作るのはむつかしいが、結果は歴然としていると思う。」
 納得する。第三の味と書いたのがつまり「喫煙者の口内ではじめてまじりあう」ことで生まれた味だった。
 さて、この第三の味だが、これはじつはハインリヒ版のダークストロングフレークに共通する。しかし、思い出してみると(そちらはもう吸いきってしまい手許にない)ハインリヒ版はどうやらかなり着香してあったようで、この第三の味がもっと甘く、チョコレート風味も強かった。つまり甘味料やチョコレートフレイバリングがしっかりほどこされていたようである。なので最初からそのお菓子のような甘い味が先にきてバージニアやケンタッキーの風味はほとんど隠れていた。
 一方、ピース版ジャックナイフは無着香たばこである。このあたりは純粋主義者のG.L.ピースらしい配慮だ。その結果、ジャックナイフでは、バージニア、ケンタッキー、第三の味、それぞれがたのしめる奥深い味わいになったのがハインリヒ版は(もとをたどればオーリック版というべきだろうが)過程はとばして「喫煙者の口内ではじめてまじりあう」味にだけ注目し、それをさらに着香して強調した。それが「売り」の商品に仕立てたわけである。
 ぼくは単純にハインリヒ版ダークストロングフレークをおいしいと感じ、100g缶をあっという間に吸いきってしまった。それはこの商品性が的を射たわけである。それに比べるとピース版はややくろうと向け、というところだろうか。
 しかしこの2層にわけてプレスするアイディアはいつ頃からあったものなのだろうか。G.L.ピースのジャックナイフは発売が昨年だがハインリヒ版の前身、オーリック版はかなり前から市場にでていたようだからそもそものアイディアは昔からあったものじゃないかとも思う。そのあたりはぼくにはわからない。
 でも、ぼくはハインリヒ版のヨーロッパの老練なプロの手になるお菓子味も好きだし、ピース版ジャックナイフのやや学生の卒業論文めいた底深い味も好きだ。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-07-22 22:20 | G.L.ピース | Comments(15)

G.L.ピース: ストラットフォード

a0150949_1724517.jpg


 G.L.ピースは最初に買ったホッドスデライトが吸ううちにおいしくなった。開缶時はお酒の香りが鼻についたが2週間もしたらほとんど抜けたらしい。かなり強いペリク物で、このペリクがなかなかよろしい。ただしベースがケンタッキーバーレーのキャベンディッシュなのが不満だったので調べてみると、バージニア+ペリクのストラットフォードをみつけてこれを買った。
 葉組はレッドバージニアとペリクのみ。そしてこれは旨かった。
 バージニアのやや青臭い、しかし丸みのある味がまずくる。ペリクはかなり少量で海外のレビューではペリクを感じないというのもある。しかし少量でもしっかり主張し、隠し味ではなくくっきりしたミクスチャーになっている。バージニア+ペリクでは桃山のようにかすかものからスリーナンズのように前面にくるものがあるがこれはバージニア味を旨くひきたてていて好感がもてた。
 アメリカの若い会社、マクレーランドとG.L.ピースについて最初のときに感想を書いたが、おなじ感慨があった。このストラットフォードなどはバージニアとペリクの配合の妙に天才的な閃きを感じるし、それは数学的とさえいえる。
 しかしたとえばラットレーのマーリンフレークに何を感じるだろうか。これは現在ドイツのコールハス社が作り、オリジナルはイギリス伝統製法のバージニア葉のみのケーキだったはずだが、いまはフレークで、バージニアのキャベンディッシュ+バージニア葉+ごく少量のペリクでおなじ味をだそうとしている。そしてその総体から感覚できるのはじつに宏大なバージニア葉の宇宙、開高健が「新しい味覚は新しい天体の発見に匹敵する」と書いたあのひろがりだとぼくは思う。吸うたびに何かしら新鮮なおどろきがこめられている。
 この深みはぼくはアメリカ物には感覚できない。イギリス人、ドイツ人とブレンダーが移っても旧世界人にはのっぴきならないこだわりがあり、新世界人はじつに明快に割り切っている。旧世界人のなかでも日本人は、なにしろ豆腐だの蒟蒻だの、わけのわからない、言葉にできない味覚をもっているんだからなおさらである。
 しかし(また、しかしと書くが)バージニア+ペリクという、いわば言語化された味覚の組み合わせに数学的なエロスを発見するアメリカ人の感覚にも捨てがたいものがある。ぼくにしても、ペリクをちょっとやってみたいというとき、ホッドスデライトに手をだしたときが頻繁にあった。
 旧世界人の得体のしれない味覚宇宙、これは人類永遠の魅力だが、新世界人の、すでに存在し、手なづけたものから美を組み合わせていくセンスもまた新しい発見といえるか。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-05-27 17:07 | G.L.ピース | Comments(6)

G.L.ピース: ホッドスディライト

a0150949_21455492.jpg


 ぼくの初アメリカタバコである。もっともプリンスアルバートやハーフ&ハーフ、キャプテンブラックなど定番を除いて近年のアメリカタバコという意味である。海外通販を始めてやっとこの高価なのが吸えた。
 この会社は設立が1999年、レシピは設立者、グレッグ・ピースだがブレンダーはコーネル&ディールである。2000年3月にカイロ発表(これは日本では売ってない)、つづいて同年8月に出たのがこのホッドスディライト、ごく初期のブレンドである。
 アメリカ郵便局から郵送された小包をあけて期待に胸ふくらませて吸ったのだが、ムムム、これは肩すかしでした。
 缶をあけると猛烈な酸味の匂い。レーズンだというが、ぼくにはお酒の匂いに思える。この酸性の匂いがさいごまであってちょっと鼻につく。葉組はボディがバーレーのブラックキャベンディッシュ、そこにバージニアとペリクがブレンドされる。ペリクをブレンドしたお酒の香りというとたちまち桃山を思い出し、じつはこれを買った理由もそこにあったが、桃山のラム酒フレーバーはごくわずかなのにこちらはさいごまでお酒の匂いがのこる。ペリクはうまく調合されているが、ボディがバーレーというのはアメリカ人にはいいかもしれないがぼくには合わなかった。
 これ一種でG.L.ピースは評価できないが、このブランドにはどーんと迫るものがない、線の太さがなく頼りない感がある。しかしこれは逆に繊細だ、ともいえるし、ぼくのような年寄りにはわからない現代的な味なのかもしれない。じつはこれを吸ったあと欲求不満になってダンヒルのフレークを吸ってみたがこちらはなんと豪快! 味といえば甘さとバージニア味、それだけなのにじつに奥行きが深かった。
 ぼくはたまたま自分に合わない商品を試したのかもしれないからつぎからフレーバー無しのストレート味のG.L.ピースを買ってみようと思う。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-06 21:49 | G.L.ピース | Comments(6)