Jinsen's パイプ

カテゴリ:スリーナンズ( 2 )

ベルズ: スリーナンズ -again-

a0150949_1145415.jpg


 久しぶりに吸ったスリーナンズがペリク不在。がっくりきた記事を書いたが、ペリクの現状をネットで知るうちにぼくの味覚も変わってきた。おもしろいモンである。
 あれから日に一度はスリーナンズをやるが、捨てたものでもないじゃん、という感じだ。
 しなしなした小指大のディスク状で、小さいボールだと、底はほぐして2、3枚。そのあとディスクを数枚積み重ねていき、てっぺんは火がつきやすいようにまたほぐしたのを2、3枚。着火するとゆっくり着実に燃えるところはフレークタバコと同じ。ふつうのリポンカットより数段燃焼がいい。
 ケンタッキー・ペリクはフェイク(ニセ)ペリクとした記事もあるが今ではこれが本命とするしかない気もする。その甘さと酸味がまず最初にくる。もともとのペリクはもっと野性的で漬けすぎた白菜漬けの如く、強烈な臭い酸味がきたが、こちらは上品な甘酸っぱさで臭みはない。しかしこの味はほかのタバコにはないものでやはりスリーナンズならではといえる。

 そのあとじつに旨いバージニア味がつづき、気のせいかケンタッキー葉で力強く、ややエグ味をくわえているようでもある。このバージニア味はキャベンディッシュのように丸くなく、ストレートに青臭くくる。ジャーマインのペリク・ミクスチャーはメリーランドのキャペンディッシュと混じりとろとろに甘口だが、こちらはキリッとしたバージニア味とケンタッキー・ペリクの甘酸っぱさが交互にくる。これもスリーナンズの特徴だ。さらにもともとのスリーナンズにあったお花の香りがごくたまにきて、このあたりはオーリック社に喝采を送りたい。
 欠けているのは純粋ペリクの臭気と強烈な酸味。それが薄まってはいるがそのほかの特徴はよくコピーされている。海外のレビューアーがオーリックはよくやったと賞讃するのももっともだと思った。今となっても純粋ペリクの臭気などを求めるのは年寄りのノスタルジアなんだろうなァ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-01 01:45 | スリーナンズ | Comments(2)

ベルズ: スリーナンズ

a0150949_14285587.jpg


 昔からお気に入りのタバコだった。ペリク味の代表である。ロープ状に撚ったタバコを輪切りにしたので1センチくらいのディスクになってる。1枚1枚ていねいに剥がしてボウルに詰めるんだよと、昔教えられた。
 しばらくご無沙汰して数年ぶりに買い、期待して吸うと、あら、ペリク味がこない。おなじみの甘みと絶妙なマイルドさはくるがこのタバコ独特のくどいくらいのペリクの酸味がこない。味覚がどうにかなっちゃったのかと不安になり、ネットで海外のレビューを見てみると、あった! 苦情がどッと書かれている。
 このタバコは1906年にイギリスで作られてからずっとペリクの王者の座にあったが近年、製造元がデンマークのオーリック社に移った。現在の同社の説明を読むとペリクの記述はなく、内容はケンタッキーになっている。バージニアとケンタッキーのブレンドなのである。大勢のレビュアーが「ケンタッキーがペリクに代わった」と書き「もはやスリーナンズ(3人の尼さん)ではない、スリー・ケンタッキー・ナンズ(3人のケンタッキーの尼さん)だ」と辛辣なレビューまである。
 さらに元のこれの甘みはペリクからくるものでしっとり濡れていたが(moist)、いまはリコリスの甘みをケーシングしているので湿っている(wet)、と微妙な違いを書き、いまのは乾燥させたほうがいいと大ベテランらしい忠告もあった。じつはよくよく吸うとわずかにペリクを感触できる気がするのだが、それについては、少量のペリクが混じるとする説と、トップ・フレイバーにペリクの香りをスプレイしたとする説があるようだ。
 とはいえペリク不在をよこに置くとおおよそのレビューは悪くはない。これはこれでいいとする意見やオーリックはこれのよい点をうまく出したと褒めたレビューが多かった。ペリク好きのぼくにすると肝心のペリクが消えたというだけでがっくりなんだけどネ。
 製造元が代わって味が落ちたという話は、桃山がJTからマクバレン社に移ったとき、ダンヒルが他社製造(マレイ社?オーリック社?)になったときも話題になった。ぼくは桃山はマクバレンになってから吸いはじめているので昔は知らない。ダンヒルはマイミクスチャー965だけ昔から常喫していて、これはたしかに変わった。やや荒くなってはいるがラタキア・ブレンドのレシピまでは変わっていない。しかしスリーナンズはペリクの名物ブレンドの、そのペリクがなくなっちゃったんだから、これは困ったことになった。
 おなじ味としてA&C PetersonのESCUDO Navy Deluxeがよくとりあげられるが、日本で売ってない。やはりジャーマインのペリク・ミクスチャーにするしかないか。
 どなたか情報あったら教えてください。切実です!

[PR]
by jinsenspipes | 2010-01-23 14:37 | スリーナンズ | Comments(0)