Jinsen's パイプ

カテゴリ:アシュトン( 1 )

アシュトン: ギルティプレジャー

a0150949_2105564.jpg


 このネーミングにこのデザイン。そこに惚れちゃった。
「罪ふかき快楽」。フフフ。
 ですね。
 アシュトンは1977年から84年までダンヒル社の理事を勤め、パイプ作りにも貢献した人物。84年にダンヒル社を去り「アシュトンパイプ社」を設立、独特のキュアリング技術を使ったパイプの評価は高いんだそうだ(ぼくは縁どおいが)。
 同時にロンドンのC.E.McConnell社と共同してパイプたぱこを発売するがMaConnell社は1989年に廃業、そのあとアメリカのマクレーランド社が引き継いで発売する(たぶん1998年頃)。ブレンドは6種で、Black Parrot、Brindle Sovereign、Old Dog、Original Old Church、Pebblescutである。
 しかし2005年頃(たぶん)マクレーランド社はアシュトンたばこ製造を破棄、以後はドイツのコールハス社が発売するがブレンド名がまったく替わっている。現在流通するコールハス社のアシュトンたばこは7種、Guilty Pleasure、Rainy Day、Consummate Gentleman、Artisan's Blend、Smooth Sailling、Winding Road、Gold Rushである。
 どうなってんだろう?
 なにかしら複雑な権利関係の匂いがしますね。
 それはさておき。
 このデザインとこのネーミング。そそられるでしょう? いいトシしたおっさんの秘密の情事。なにやら淫靡でそれだけに快楽に酔いしれる。ハハハ。ほんまにそんな味するんかいな?
 します! ほんとに甘く、淫靡、秘めた快楽の味がします! なんてそれは先入観のなせるワザだろうがなかなかの逸品でした。
 缶をあけたときから甘く、果実の酸味が漂う、マンゴーと説明されているがなるほどあのとろりとした感触がある。
 葉組は社の説明ではバーレー葉中心のキャベンディッシュのようだが、マイルドでほんわかしている。葉じたいの味はぼんやりしているかわりに最初から最後まで甘い香りと酸味が舌と鼻をくすぐって気持いいったらない。
 かたい話をすれば、マ、それだけの味だが、ぼくはこういうの好きですね。もともとバージニアフリークだが着香物もきらしたことがなくてたいていはアンフォーラかマクバレンのバニラクリーム、夜更けの一服にいい。これからはこの「罪ふかき快楽」を手許におき、若い頃の情事のあれこれを思い出しながらひととき夢ごこちをたのしもうと思う。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-10-23 21:07 | アシュトン | Comments(0)