Jinsen's パイプ

カテゴリ:オグデン( 1 )

オグデン: セントブルーノ(St Bruno)

a0150949_16145036.jpg

 コンドルと並ぶイギリスの代表的パイプたばこである。
 オグデン社の創立者、トーマス・オグデンは1860年にリバプールにたばこショップを開店した。ビクトリア女王時代のリバプールは屈指の港町、また商業の中心地で、パークレーン街にはたばこショップが軒を連ねていた。1870年には工場を開設、1896年にこの銘品、セントブルーノを発売した。しかしまもなくアメリカのたばこ王、ジェームズ・デュークのたばこ戦争が始まり、著名なオグデン社はアメリカ資本に買収された。このあたりの話は凄くおもしろいんだが長くなるのではしょるとアメリカ攻勢に対抗してイギリスでインペリアル社が設立され、その後アメリカ会社と和解が成立(ここで設立されたのがBAT社だ)、オグデン社のブランドはインペリアル社の所有となった。なのでイギリスでもセントブルーノはインペリアル製造とされることが多い。
 長い歴史と知名度をもつセントブルーノだがどうやらいまはデンマークのマクバレン社が製造しているらしいという話だ。しかし永年親しんできたイギリスの常喫者から苦情も出ないところをみると味は落ちてないらしい。ただ昔は缶入りだったがいまはポーチのみでそれが残念という声はある。いまあるのはポーチ入りのフレークとレディラブドで、ぼくは25gのレディラブドのポーチを買った。
 あけるとやはりおなじみの香り。コンドルよりややスパイシーだがほとんどそっくりだ。細かいリボンカットでかなり湿り気をおびているところもおなじ。火をつけるとコンドルより少し酸味が強く、スパイシーなので、全体の印象はコンドルがマイルドで一般向き、セントブルーノがややシャープで好事家向きだろうか。かろうじて見分けがつくていどである。
 しかしこのたばこが1896年発売とすると20世紀初頭のコンドル、エリンモアより古く、ぼくが知るかぎりではこの手の茴香/アニス系のたばこの最古参となり、イギリスたばこ特有の香りの先陣になるかと思う。コンドルの記事に書いたがアメリカ大陸から樽詰めできたたばこ葉は水とこの茴香/アニス系の香味料(あるいは別の香味植物)で「戻され」それがイギリスたばこ独特の香りとなった。おそらく当時は無数のたばこ会社がこの芳香を香らすパイプたばこを作っていたのだろうし、セントブルーノはその競合のなかで生きながらえ、名声を確立したと想像できる。
 さてこの香りがサミュエル・ガーウィズやガーウィズ・ホガースなどケンダル地方のたばこにも感覚できるのはやはりイギリスたばこの伝統によると思われる。しかし根はおなじでもケンダルたばこの香りはやや異なる。このあたりは植物香味料に独自のものを使って地方性を強調しているのだろう。
 ガーウィズ・ホガース社の代表商品、エナーデールの説明におもしろい記事がある。
「(このたばこは)アーモンドの風味をベースにフルーツやバニラの香り、そして『イギリスタイプ』の香りを加味し、とくにここにある典型的な『イギリス』の香りは我国のベストセラーたばこであるコンドル、セントブルーノと共通するものがあります」
 自社の商品説明に競合他社商品名を引き合いにだすのは異例だが、いってみれば地ビールの説明に「当社の商品はキリンビールの味と類似してます」といってるようなものだろう。エナーデールのこの記事は「イギリス伝統の香りはしますがそれ以上に素敵なプラスアルファが香る逸品です」といいたいのだ。
 ケンダルたばこからエリンモア、コンドル、セントブルーノと続いてぼくのイギリスたばこ巡礼もどうやらひと区切りついたようだ。じつはいま無性にダンヒルのロイヤルヨットが吸いたくなり、昨日新宿のたばこショップに駆けこんできた。ムムム。旨い。無条件に、旨い。しかしここにはそのイギリスの香りはない。ダンヒルにもないし、ラットレーにもない。さて、このあたりはどういうことになるのか。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-04-19 16:23 | オグデン | Comments(6)