Jinsen's パイプ

カテゴリ:W. Ø. ラールセン( 1 )

W. Ø. ラールセン: ファイン&エレガント ( Fine & Elegant )

a0150949_22175469.jpg

 夏になると酸味のきついたばこが吸いたくなる。それもバージニアのほのかな酸味でなく柑橘系の香料たっぷりの酸っぱいたばこである。前にセリーニを書いたがラールセンのこれも酸味では劣らない。
 このたばこはデンマークの老舗パイプメーカー、ラールセン社の近年の商品で、最初買ったのは2006年11月。じつはショップでサンプルをいただき、おいしいのですぐ買った。同社の新ポーチ物が4種、日本で発売され、これが一番気に入った。発売当初は「フレッシュ&エレガント」という名前で通称ラールセンの青と呼んでいたが、しばらくしたら名称がいまの「ファイン&エレガント」に変更した。なぜなんだ?! あるいは前の名前が他社の登録ズミだったとか。しばらく吸っていたがその後あいだがあり、この夏、また吸いたくなってショップにいくとこんどは包装が変わっていた。写真にある手前の右がいまのポーチ。まわりにあるのは押し入れ放りこんであった昔の青のポウチである。
 あけると、強い酸味、オレンジというよりライムに近い。それとチョコレート風味、もう一つ熟した果実の香り、レーズンというところだろうか。火をつけると味がまったくそのまま、酸味+チョコレート+レーズンである。葉組はキャベンディシュ+バージニア+バーレーとされているがぼくはキャベンディッシュ味しか感覚できず、それもごく微かである。ほとんどこの香料の強い味に消されてしまっている。
 イギリスたばこは徹底してバージニア葉の追求、それに対抗してDatch & Dane、つまりオランダとデンマークが香料たっぷりで味つけしたキャベンディッシュたばこを送り出したことは前に書いたが、Datchのキャベンディッシュの銘品、アンフォーラにはバージニア味がしっかり残っている。しかしDaneのこのたばこにはバージニアが痕跡としか感じられない。もちろんラールセンのこの新商品がデンマークの代表たばことはいえないだろうがなんとなく北にいくにつれてバージニア味がうすれているような感触はのこる。
 海外のたばこレビューにこんなのがあった。
「レーズンとレモンの強烈な香りがバーレー、キャベンディッシュ、バージニアのミクスチャーにふりまかれ、その味を殺している。ルームノートは悪くないがこの匂いは蚊を寄せつけそうだ」
 アハハ。何もそんなにケナさなくてもよさそうなものだがよほど勘にさわったらしい。
 イギリスたばこのバージニア追求を至上とするかたには邪道とみえるかもしれない。じつはたった今、ラットレーのマーリンフレークをやったばかりだが、やはりこの奥の深さ、バージニア葉だけから甘み、酸味、花の香りやら樹木の匂いやら、宏大な宇宙を引き出してる凄さはイギリスたばこならではである。それと比べるとラールセンのこれはミントタブレットのFriskみたいなものだ。お口にいれれば、ほーれ、Sharpen you up ! ひととき清涼感を味わえる。ただそれだけ、深みも奥行きもないが、マ、いいじゃない。
 げんにマーリンフレークだ、FVFだといってるぼくがときどきフッとこのFriskをやりたくなってショップに走る。朝の一服と夜の食後の一服はさすがに手がでないが、暑い夏の日中、クーラーの利いた部屋でぼんやりしたいときはひょいと手がでるのである。
 Sharpen you up !

[PR]
by jinsenspipes | 2011-08-15 22:21 | W. Ø. ラールセン | Comments(27)