Jinsen's パイプ

カテゴリ:フリボーグ&トレイヤー( 1 )

フリボーグ&トレイヤー: ゴールデンミクスチャー ( Fribourg & Treyer: Golden Mixture )

a0150949_2243070.jpg

 マッコーネル社製のつづきになる。このたばこはロンドンのたばこショップ、フリボーグ&トレイヤーの依頼で作った。
 フリボーグ&トレイヤー店は1711年にロンドン市に開店したもっとも古いたばこショップの一つ。当時は嗅ぎタバコ全盛期で国王ジョージ4世もこの店の嗅ぎタバコご愛用だったそうだ。ロンドン市内に3店舗を持ち、とくにヘイマーケット地区に1720年に開店した店はロンドンの観光案内に名物店として紹介されてきた。
 ぼくがこのたばこに興味を持ったのは理由がある。海外のたばこレビューを読むうちにおもしろい評があった。
「みなさんは1980年代、ごく短期間だがマッコーネル社が発売したエレファント&キャッスル(EC)という銘柄をご存知だろうか? じつに良心的銘柄でロンドン子に喝采で迎えられたが、その銘柄のThe Roanokeはじつはフリボーグ&トレイヤー(FT)のゴールデンミクスチャーだった。FT店のたばこは長くロンドンでは定評だったがこのゴールデンミクスチャーだけはどういうわけか絶版になっていた。EC社の発足時、マッコーネル社のケン・マッコーネルはそれを惜しみおなじレシピをEC社のThe Roanokeとして発売することにした。これはロンドン子には衆知のことでEC社のThe Roanokeはベストセラーとなった」
 なんかそそられますよね。
 FT店のたばこもEC社のたばこもマッコーネルが廃業する1989年に姿を消すが、FT店のたばこはその後ドイツの会社が復刻版を出すことになった。もっともFT店は嗅ぎたばこのほうが有名で復刻版の話題はもっぱらそちらのほうが繁盛しているようだがパイプたばこも出ている。当然コールハス社製と思ったがどうやらプランタ社製らしく、そのあたりの事情はよくわからない。
 というわけで海外通販で買い、期待して缶をあけると、おっ、黄色葉のバージニアがびっしり。文字通り黄金色である。
 火をつけると、ムムム、マイルド! じつにやわらかい煙。しかしバージニアの甘み、酸味はしっかりくる。青臭さはほとんど無いがバージニアの旨味は充分ある。うーん。こういうバージニアもあるんだ。
 海外レビューのこれの評は良好で、しかも評者の多くは1980年代にロンドンでこれを吸ったかあるいはアメリカで輸入品をやったかたに限られているようだ。ドイツ製になっても味は変わらないという評価がうれしい。つまり初体験のぼくもほぼ当時の味わいをたのしめるわけだ。
 ダンヒルにしろラットレーにしろバージニア物はこの葉からいかに最良の味を引き出すかに専念しているように見える。たまたまSG社のFVFも空いているがこれもまたしっかり熱処理しながらバージニア葉の青臭さ、甘み、酸味をイヤッというほど出しきっている。しかしこちらは逆なのだ。バージニア風味は背後にのこしながら喫味はじつに軽く、まるで紙巻きを吸ってるよう、しかしやはりどこかにまぎれもないバージニア味が漂う。
 ぼくはこれが1980年代のロンドンの「粋」なのではないかと思った。バージニア風味? そんなのはわかりきってる。わかりきったことをくどくどやるのは野暮というものだ。このたばこをやってご覧。風のように軽いだろ。シティボーイはこうじゃなくちゃ。通りの若者をみてご覧。いまはブレークダンスの時代なんだから。アハハ。
 マッコーネルという会社はそんな会社だったのではないか。1980年代といえばダンヒルはすでに行方不明、ラットレーもマッコーネルに移管され、マレー社も青息吐息、パイプたばこの行く末も先が見えている時代である。まもなくアメリカのレーン社がブラックキャベンディシュの傑作キャプテンブラックを発売し世界一の売上を誇ることになる。そんな時代のバージニアなのである。
 ロンドン一の名たばこショップだったフリボーグ&トレイヤー店は今は廃業し、お店だったところはスーベニールショッブになり絵葉書やら土産物やらを売ってるそうな。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-11-01 22:48 | フリボーグ&トレイヤー | Comments(21)