Jinsen's パイプ

カテゴリ:ニーメイヤー( 1 )

ニーメイヤー: セイル ( Theodorus Niemeyer: Sail )

a0150949_1154228.jpg
 アンフォーラと並ぶオランダのキャベンディッシュたばこの銘品。ニーメイヤー社は1819年創業、コーヒー、茶、たばこを輸入製造する老舗だが、1990年にRothmans社に買収された。当時のRothmans社はダンヒルを買収しパイプたばこ界に君臨していたのだが1999年にBAT社に併合。セイルもBATの製品となる。
 たまたまぼくはネットで1970年代のアンフォーラの雑誌広告をみつけた。「アメリカの輸入たばこでNO1のベストセラーです」とキャッチフレーズにあり、オランダのキャベンディッシュたばこがいかに優れているかをしつこいほど謳っている。かつての航海王国オランダが世界中から良質のたばこ葉を買い集め、樽づめのまま数年熟成、真似できない加熱圧縮技術でケーキに仕上げたのが当社のキャベンディッシュたばこ」ですと自信満々だ。
 ところがセイル社も負けていない。アメリカの雑誌プレイボーイに広告を載せ「オランダのもっとも質の高いパイプたばこ。その理由は、1世紀にもわたる秘密のレシピ、世界から集めた良質のたばこ葉にあり」と書き「とくにこのマイルドな味わいは20代の若者に最適です」ときたもんだ。ハハハ。
 アンフォーラはオランダのダウエグバーツ社の逸品で、この会社は創業が1753年と古く、やはりコーヒー、茶などの輸入業者だったらしい。1860年に名作アンフォーラを送り出すが、1998年にたばこ部門をImperialに売却、現在はオランダ最高のコーヒー製造会社として世界に知られている(ダンヒルがたばこ部門を切り離し、高級服装飾会社として生き延びたのと似ているネ)。
 アンフォーラとセイル、オランダたばこを二分するこの傑作もいまは製造会社が移り、ぼくの買ったセイルはオーリック社製とあった(アンフォーラもたぶんオーリック製と思う)。
 さて。前置きが長くなったが、セイルである。
 ポーチ入りで、開けると、おや、アンフォーラによく似た香り、カットも昔のアンフォーラに似てリボンというよりブロークンフレークに近い荒めだ(いまのアンフォーラはカットが細かいが1970年代のはもっと荒かった)。
 火をつけると、ありゃ、アンフォーラにそっくりだ。甘いチョコレートの香り、それにミントをまぶしたような清涼感がある。ぼくはヨーロッパの住宅や建築に入ったときの独特の雰囲気を連想してしまう。なるほどこれがDutchキャベンディッシュ共通の香りなのか。イギリスたばこは石鹸臭があるといわれる。オランダたばこはこの香りであるらしい。
 しかし、待てよ。もう一種、アンフォーラと違う味がある。それは、この甘さをシラケさせる味というか、喩えていえば甘いスイカを食べるときの塩、甘いお汁粉にまぜる塩味、甘さを強調するための錘りとなるもう一つの調味料。
 と、ここまで連想して思い出したのがGH社のボブズチョコレートだった。あれにはラタキアが入っていたナ。チョコレート味にラタキアは、スイカやお汁粉の塩味にあたるらしいゾ。やはりそうだった。セイルの葉組を読むと「ごくわずかのラタキア葉がこのレシピを忘れ難き味に仕上げています」とあった。
 おなじDutchキャベンディッシュだが、アンフォーラはストレートに甘口、セイルは塩味を効かせた大人の味、やはり個性が違っていたのだ。
 しかし、共通するこの甘い香りはしっかり記憶した。Dutchキャベンディッシュの感触はおさえたとぼくは満足である。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-11-28 11:57 | ニーメイヤー | Comments(24)