Jinsen's パイプ

カテゴリ:ピーターソン( 2 )

ピーターソン: アイリッシュフレーク ( Peterson: Irish Flake )

a0150949_21205798.jpg
 ピーターソンたばこで最初にやりたかったのがこのアイリッシュフレークである。なにしろアイルランドの名たばこである。もともと同郷のマレー社の製造で、いまはドイツのコールハス社が作るが、ピーターソン社のシールも貼ってあるし会社のサイトには我が社のたばこと宣伝されているからよほど厳しいチェックを受けていると思いたい。ならば「アイリッシュ」と銘うったたばここそ本命だろう。
 ところが海外のレビューを読むと、いずれもこれはニコチンがきつい、おそらくもっとも強いたばこだとあるのでので二の足を踏んだ。外人が強いというなら脆弱な日本人は目がまわるかもしれない。そこで前に書いたがまずユニバーシティフレークから始めた。そちらは際立った特徴があるたばこではないが、一度やるとつづいて手がでる。あっというまに缶があいた。どこかしらふしぎな魅力があるのだ。そこで、いよいよ本命に手をだした。
 缶をあけると、2cm x 7.5cmの細長いフレーク。ややスパイシーな、甘い香料の香りがあり、いい感じの熟成臭もあって期待がつのる。火をつけてみると、あ、これは、なんとたばこらしいたばこであることか!
 葉組はバージニア、ケンタッキー、バーレーである。ユニバーシティはバージニアとバーレーで、バーレーがすっかりバージニア味を丸めていた。しかしこちらはバージニアの青臭さ、ケンタッキーのスパイシーな香り、バーレーの木の実味、すべてがくるが、とくにケンタッキーの風味が強くでていかにもたばこらしい。最初に感じた甘みはずっと持続する。おそらく甘味料がいくぶん加えられているらしい。舌に甘みは感じつつ、全体としては質実剛健、ザ・たばこという感じ。
 たまたま常喫のダンヒルフレークとヨットが空いていて比べてみた。ダンヒルフレークはさすがにバージニア葉の王者、青臭さから酸味、ほのかな甘み、フッとお花の香り、バージニアの特徴がすべてくる。草原の丘にたってひろびろした光景を俯瞰しているようなたのしみがある。こちらアイリッシュはそういう広がりはなく、もっぱらたばこをたのしんでる、ニコチンの酔いに心地よく身をまかせているという感触。ただし、ニコチンは予想したほど強くなかった。
 ダンヒルのロイヤルヨットはやはりワン&オンリーの秀逸なたばこだ。ストーブドバージニアの、やや脂臭いようなねっとりした味にミルク味と蜂蜜の甘みがかすかにのる。このミルク味だがこれはバージニア葉を充分ストーブしたためにでてくるようである。バージニア葉だけからこれだけの旨味をとりだせるなんて奇蹟に思える。
 そういうダンヒルたばこと比べると、ピーターソンは直球一筋という感じだな。ユニバーシティは際立った特徴がないと書いたがたしかにバージニア葉の宏大な域はなく、バーレーがそれを丸くしているのでやや単調に思える。ところが、そこがふしぎなんだが、つい手がでてしまい、パイプのたのしみを満足できる。こちらアイリッシュは、ケンタッキーの魅力がくわわり、心なしバージニアの深みもましているようでこれまたパイプのたのしみを充分満喫できる。
 ぼくはこれまでバージニア葉の旨味を追求したたばこ中心にたのしんできたがアイルランドのたばこはそれとは別のたのしみ、いわばパイプ喫煙の別世界を見る心地がしてそちらのほうもしばし徘徊したくなってきた。
 ピーターソンたばこの社の説明ではこれらは伝統的製法でブレンドされたと注記してある。しかし、ぼくにはどこがそうなのかわからない。ぼくがふしぎな魅力と書いたことはそれに関係してるかとも思われるが、わからない。まだまだぼくはパイプ喫煙の入り口でまごまごしてるんだなと痛感させられる。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-10-01 21:24 | ピーターソン | Comments(12)

ピーターソン: ユニバーシティフレーク ( Peterson: University Flake )

a0150949_20403590.jpg
 こんどはアイルランドのたばこである。
 パイブメーカー、ピーターソンの名はそのユニークな作りで知られる。ぼくも初心者の頃1本買い、しばらく愛用していたが、煙が上に抜けるあのシステムがうっとうしくなっていまは出番がない。
 アイルランドのダブリン市の老舗で、自社ブランドのパイプたばこもあるがそちらはおなじダブリン市のマレー社に製造委託してきた。パイブのピーターソン社、たばこのマレー社、並んでダブリンの名企業として成長したのだ。マレー社はのちにダンヒルたばこを委託製造し、また銘品、エリンモアも送りだすがお決まりの資本戦争に台無しにされていまは廃業している。現在のピーターソンたばこはドイツのコールハス社が作るが缶の包装にはピーターソン社のマークがあるからさぞ厳密な検査を受けて市場にだされていると想像したい。
 缶をあけると、3cm x 7cmのしっかりしたフレークが2列に並ぶ。4つ折りにしてボウルに詰め、火をつけると、わずかな甘みとあるかなしかのイギリス着香にまじっていいたばこの香りがきた。バージニア味をバーレーが丸くしている。着実にスローバーニングするたばこで吸いやすく、マイルドだ。
 日頃やってるバージニア・フレークほど強い個性はなく、とりたてて旨いというほどではない。いわばごくふつうのたばこというところである。しかし、吸いつづけるうちにぼくはこのたばこのよさがわかってきた。
 余談だが、ぼくの学生時代、常喫したシガレットは「いこい」だった。両切りで20本入り40円。もっと高価なたばこに香りのいいピースがあるし安いたばこなら新生がある。「いこい」はごくふつうの手頃なシガレットだった。シガレットはニコチンの補給が第一だし、まだたばこの味もよくわからない頃だから、適当に安価、吸えばたちまちニコチンが体内をまわるこれは手放せないたばこだった。

 ユニバーシティフレークはそんな位置にあるパイプたばこに思える。アイルランドのネットショップを見るとパイプたばこはピーターソン、ダンヒルのほかは自社ブレンドと見知らぬブランドが2種、それだけしか載ってない。価格はダンヒルが1割がた高い。ピーターソンはこの国のもっともふつうの、誰でもやるたばこではないかと想像する。価格についてはアメリカのショップもやはりダンヒルより1割がた安く、手頃な価格である。アイルランドたばこはニコチンがきついと聞いたのでもっともマイルドと評判のこれからはじめてみたが、それでもニコチンはかなり強い。フレークなので屋外でも吸いやすく、ニコチンの補給も充分、価格も手頃、まずは気安いたばこだった。しかも味はきわだってはいないがしっかりしているのだ。
 これを買ってから朝の一服はこれになった。今朝、試しにオールドゴーリィをやってみると、やはりその存在感は抜群で、香り高いバージニア味に恍惚となった。しかしユニバーシティフレークにはべつのよさがある。たばこの味はさほど主張してこないがゆっくりふかしているうちにニコチンが心地よく体内をめぐり、夏の陽射しにきらきら光る庭の木立がきわだって美しく見えてくる。感覚がひらき、心がうごきはじめる。おだやかでつつましいたばこである。
 アイルランド人というと気性が激しく、アメリカに移民した当初はニューヨークの警官や消防士はみなアイルランド人だったそうだが、このたばこをやっていると、じつは心のやさしい、質実剛健、自然と調和するおだやかな時間の経過をなによりとする愛すべき人たちなのではないか。そんなことも考えた。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-08-14 20:42 | ピーターソン | Comments(12)