Jinsen's パイプ

カテゴリ:ダンヒル( 7 )

ダンヒル: ロイヤルヨット【R2】 ( Dunhill: Royal Yacht )

a0150949_2172453.jpg
 このたばこのぼくの第一印象はミルクと蜂蜜味だった。甘くとろんとした味だがその裏にブライトバージニアの青臭さがしっかりただよっている。逆にいうと、野性的で青臭いバージニア味を甘みとミルク味がやんわりくるみ、野性味と都会味、相反する二つがここではふしぎな調和をみせている。こんな味のたばこはほかに類がない。じつにユニーク、唯一無比である。
 ダンヒルたばこの製造がダンヒル社からマレー社に移管したのが1981年、このあとしばらく質が落ちたというブーイングがしきりだったがふしぎなことにロイヤルヨットだけは好評だった。さらに2005年、マレー社の廃業で製造はデンマークのオーリック社に移って現在に至るが、ここでもロイヤルヨットの不評はほとんど出てない。もともとのダンヒルのレシピのユニークさがこのたばこの独自性を永らえているのかと思う。
 ロイヤルヨットがダンヒル社のカタログに初めて載ったのは1912年だそうである。ダンヒルのロンドン開店が1907年で、最初は客の注文を受けてブレンドする専門店だったがまもなく自社ブレンドを発表する。おそらくそのごく初期の商品だったと想像できる。手許にある1927年のダンヒルたばこパンフレットのコピーでロイヤルヨットはこう紹介されていた。たぶんこれがこのたばこの最初の紹介文と思われる。

「最高級たばこ
 以下に掲載する2種のたばこ(ロイヤルヨットとYe Olde Signe)は贅沢の極致です。
 そのたばこ葉は通常の大農園で栽培されたものではなく、小さな庭園で手をかけて栽培され、特別の品質を与えられました。
 ほかのたばこでは味わえないよろこびがあります。
 もう一度申し上げます。とっておきのときにお吸いください。いつもの満足をはるかに越えた満足感があります。
 『ロイヤルヨット』
 本物のシェード・バージニアです。
 たいへんやわらかい喫味。
 とくにデリケートな喉をお持ちのかたにお薦めします。
 (以下はYe Olde Signeの説明なので省略)」

 シェード・バージニア葉は直射日光を避け、日陰で栽培したたばこ葉で、アメリカのごく一部で作られ、おもに最高級葉巻のラッパーに使用された。最初のロイヤルヨットはこれを使ったのだろうか。
 つぎにおそらく1970年代のものと思われるダンヒルたばこのパンフレットでロイヤルヨットはこう紹介されている。

「じつに贅沢なたばこ。最高級のレモンバージニア葉とブロンズバージニア葉をじっくり熟成、これをしっかりボディがありクールスモーキングを約束するバージニア葉にくわえることで甘みと輝きを与えています。最後の工程でユニークな香りを添え、ほのかな芳香を漂わせました。この国際的に有名なたばこは人前で吸うのに最適です」

 この紹介文はダンヒル社の手になるものとしては最後と思われるが、現在、オーリック社製造になってからはLemon & Bronzed Virginiaの部分は割愛されて流布している。

 さて。ぼくのこのたばこの印象で、ブライトバージニア葉の青臭さと書いたのはまさにこれだった。マクレーランドでいえば2035や5115のブライトバージニア葉に通じる。ボディになるのはレッドバージニアで、ミルク味や蜂蜜の甘さはストーブした段階で出てくるものと思うが、その甘さはもっとかすかなものだから、やはりあとで甘みを添加しているのだろう。
 オーリック製になってからもこの特徴は変わらない。海外レビューでマレー製とオーリック製を比較したのがあり、ほとんどのかたがオーリック製になり香りもニコチンも弱くなったと指摘しているが、むしろいまのオーリック製のほうが吸いやすく好ましいと書いたかたもいる。
 ぼくのロイヤルヨット初体験はそう古くなく、2008年である。もちろんオーリック製になってからだがその初印象がミルクと蜂蜜+独特の青臭さだった。しかしオーリック製になってからも製法に変化があるらしく、最近のは着香が少し複雑になっている気がする。海外の識者はチョコレート味や干しぶどう味を指摘するがたしかにいろんな香りが花火のように飛びかう。かわりにミルク味と蜂蜜の甘さが薄れ、以前のシンプルなそれでいて強烈なしたたかさがたわめられている感もある。マ、時代の好みということになるのだろうか。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-07-07 21:09 | ダンヒル | Comments(4)

ダンヒル: ナイトキャップ ( Nightcap )

a0150949_1145540.jpg

 オーリック社製のいまのダンヒルは8種あるが、3種は未体験だった。DeLuxe Navy Rolls、Standard Mixture、ナイトキャップの3種でどれも日本では入手できない。なかでも海外通販会社で人気の高いナイトキャップは売り切れが多くたまたまみつけたのでうれしくなって注文した。
 缶を開けるとラタキアの匂い、しかし965などと比べるとやや薄い感じ。火をつけると、ああ、やっぱり! ペリクが底にあるので全体がマイルドになっていた。葉組はバージニア、ラタキア、ペリク、オリエントでその混じりぐあいがじつにいい。ペリクは舌に甘酸っぱくからみ、ラタキアはもっぱら香り、そして口内にはバージニアのふくよかな感触。そのすべてが渾然と混じりあいしかし密やかに主張してくる。ダンヒルの傑作レシピである。
 ダンヒルたばこにはバージニア葉の味わいを追求したフレークがあり、充分料理したストーブドバージニアのロイヤルヨットがあり、ラタキアとバージニアの配合の妙の965がありと、どれもくっきりした特徴をもつが、ペリクをブレンドしたものは少なくて現行商品ではナイトキャップとDeLuxe Navy Rollsだけである(後者はバージニアとペリクのみのいわゆるVaPerだがぼくは未体験だ)。なのでナイトキャップはペリクを含む貴重なレシピになる。
 じつはオリジナルのダンヒルたばこにはElizabethan MixtureというやはりVaPerがあったがオーリック社製のラインナップにはない。古いダンヒル社のカタログによるとこのたばこはエリザベス一世女王統治時代(17世紀初頭)に開拓されたアメリカの最も古い植民地で栽培されたバージニア葉を使っているとある。ただぼくの記憶では数年前にマレー社製らしいこのたばこが日本のショップに入荷したことがあったが買いそこねた。
 たまたま965を常喫していたので比べてみた。どちらもラタキアの香りと甘さがある。しかし965の甘さはキャベンディッシュからくるからやや乾いた感じ、ナイトキャップはペリクからくるので甘酸っぱく湿っている。ラタキアは強烈な個性をもつスパイシーたばこなのでその強さを発揮するほど多量に使いつつなお味わいをマイルドにするにはそうした中和剤がいるのだろう。
 ナイトキャップの発売は1951年でダンヒルの商品としては遅いほうになる。さらにElizabethan Mixtureになると1971年発売だからすでにダンヒルはCarreras社に買収されまもなく自社製造を断念してマレー社に移管する(DeLuxe Navy RollsについてはダンヒルのHistory Bookには無く、よくわからない)。ペリクを含む商品の開発が遅いのは不思議だが、じつはダンヒルのMy Mixture(顧客のオーダーによるブレンド)は1917年からペリク入りがカタログに載っている。それをFactory Blend(自社製造オリジナル商品)にしなかったのはペリクの葉が入手難だったからではないかと想像している。前にあげたダンヒル社のカタログを読むとナイトキャップとElizabethan Mixtureの説明に「高価なペリクを加えてます」とある。バージニアやラタキアには「高価な」という但し書きはないから、ペリクは実際に高価、つまり入手困難だったのではないか。極端なペリク愛好者は別としてふつうのパイプスモーカーならラタキアの中和剤はキャベンディッシュの甘みで充分、あえてペリクを必要としなかった。と、まァ、これはまったくのぼくの妄想だが、そんなことも考えてしまった。
 しかし、ダンヒルがあえて発売したペリク入りナイトキャップがいまは965と並ぶベストセラーになっている! 
 このあたりは嗜好品の宿命で、価値を決めるのはユーザーということ、おもしろいネ。
 追記: ぼくはオーリック社製ロンドンミクスチャーにもペリクを感覚する。しかしオリジナルにはペリクの記載は無く、これはオーリック社独自の裁量だと思う。オリジナルのもつ甘みや熟成感をだすために微量のペリクを入れるのはよくあることだからだ。しかしこれはまったくぼくの独断であるいはペリクは入ってないかもしれない。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-05-16 11:49 | ダンヒル | Comments(19)

ダンヒル: ロンドンミクスチャー

a0150949_21324351.jpg

 じつはこれ、初体験である。ダンヒルはつい965やフレークに手がでてしまいこれはやったことがなかった。
 早く吸ってればよかったと悔やまれるたばこである。
 社の説明では葉組はバージニア+ラタキア&トルコ葉でこれは965と似ている。喫味も似ていて、965を軽くしたイメージがある。ラッキーなことにたまたま965があったので比べてみた。缶をあけた香りは、965のほうがラタキア臭が強く、ロンドンミクスチャーはやや角がとれて丸い。吸い比べると、965はラタキアの香りが前面にきてそのバックボーンにバージニア・キャベンディッシュの甘みがひろがっている。ロンドンミクスチャーはラタキアが弱いかわりにキャベンディッシュでないストレートなバージニア葉が香るのだが、さて、ここに一つ問題がある。
 じつはぼくはここにベリクを感じてしまった。ペリクについては、社の説明にも、またネットの記事にも見当たらないが、海外のタバコレビューを読んでいたら少数だがペリクの存在を衝いた記載があった。やはりおずおずと「……感じてしまう」などと消極的だがしかし毅然として「オレは確信する」という態度を崩していない。むつかしいところである。世の通説を信じるべきか、自分の味覚を信じるべきか。いつも迷う。
 ロンドンミクスチャーは喩えてみると高音部にラタキアの香りがあり、中音部にバージニアがひろがり、低音部をペリクの甘酸っぱさが固めている。965も甘さはあるがこれはキャベンディッシュの甘さなのでややblur、つまり低音域が欠けるのだ。といってもこれは比較したときの話で、965は965の抜群のバランスがあるからこれで充分であるし、ラタキア物としての使命を果たしている。こちらロンドンミクスチャーはラタキアはやや弱くし、かわりにバージニアをペリクで補強して完璧な世界を構築している。いいたばこに出会った。
 ダンヒルたばこの現存するブレンドでもっとも古いのはロイヤルヨットで1912年に登場するがロンドンミクスチャーは1928年である。じつはこれはダンヒル社の廉価版たばことして発売され、同時に出たスタンダードミクスチャー(こちらはラタキアの含有度合いによりマイルド、ミディアム、フルの3種類があった)と並んで安価だった。イギリスの通貨はわかりにくいので当時のアメリカの価格をみると、ロンドンミクスチャーは1ポンド当り5ドル(1ポンドは450gだから50g缶8個以上になるネ)なのに歴史の古いロイヤルヨットは倍の10ドルもした(1920年代)。当時はダンヒル社が世界のトップブランドに躍りでる時期でもあり、もともとオーダーメイドの「マイミクスチャー」からスタートしたダンヒルが専門マイナー会社から普及品ビッグブランド会社に転換する際の目玉商品がこれだったのではないかと推測できる。廉価版とはいえ内容は充実し「ロンドン」と気負った命名もあってこれぞダンヒル!という自信満々の商品だったのだろう。
 ぼくとしてはダンヒル銘柄のなかではもっともバランスいい、中庸の素敵なたばこを発見できたと満足している。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-12-03 21:37 | ダンヒル | Comments(5)

ダンヒル: アーリーモーニング

a0150949_18254043.jpg


 目覚めの一服の名称のままダンヒルでは一番軽く、甘くさわやかなタバコである。
 葉組はバージニア、オリエント、ラタキアで、缶をあけるとラタキア臭が強い。しかし吸い味は、ラタキアはわずかに香るていど、バージニアの甘みと酸味がやや隠れていてオリエントのスパイシー味が前面にくる。この配合がなかなか素敵。
 ケーシングは無しとされるがぼくはわずかに甘みが加味されていると思う。
 甘い、軽い、ラタキア臭もほどほどだし、火つき火持ちも最良でじつに吸いやすい。目覚めの一服でもいいし、一日中常喫してもあきない。気がついたら1時間くわえっぱなしなんてしょっちゅう。
 しかしちょっと気になることがある。
 サミュエル・ガーウィズにグラウスムーアという逸品がある。甘く、軽く、さわやかな香りで、イギリスの湖水地方、ピーター・ラビットの絵本の世界にあるのどかな風景が見えてくる。ダンヒルはラインナップの一番軽いタバコとしてこれを売り出したのだろうし、グラウスムーアと異なるロンドンの色はまといつつ、吸いやすい軽さに共通点がある。
 しかしグラウスムーアのあの芳醇な味と比べるとこちらはやや荒く、コクに乏しい。バージニアもオリエントもよく熟成してないように思えるのはオリジナルのダンヒル製とは違ういまのオーリック製の製法のせいだとぼくは想像した。グラウスムーアには缶入りのほかにプラグも発売されている。つまりイギリス伝統製法で葉はまず圧縮・加熱されてケーキ状になり、それを裁断しリボンカットして缶にいれる。ダンヒルも元はそうしていたはずだが、オーリック製は最初の圧縮・加熱を省略し、まず葉をブレンドし、その全体をストーブしたと説明されている。じつはぼくは元々のダンヒル商品を吸ってないので断言はできないが、昔のこのタバコはもっと芳醇でコクがあったのではないだろうか。少なくともグラウスムーアと同ていどには。
 しかし、まァ、これまたスリーナンズのペリクとおなじ、老人の郷愁でしょうね。
 いまのオーリック製だって旨いし、ほかのタバコにくらべて独特のオリジナリティを主張できている。ぼくにしたってこのタバコ、お気に入りなんだからいいじゃないの。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-04-06 18:30 | ダンヒル | Comments(2)

ダンヒル: マイミクスチャー965

a0150949_1672983.jpg


 ぼくがパイプをはじめた頃から30年あまりのみ続けてきたお気に入り。おそらく世界中のパイプ党が愛してやまないタバコでしょうね。
 ダンヒルのレシピではなく、顧客の注文のブレンドで、965は注文番号とされる。
 こんな光景が想像できる。
 20世紀初頭のある日、ロンドンのダンヒル店を紳士がたずね、店員に特注ブレンドを注文する。
「マイルドでおだやか。甘口がいい。舌焼けは嫌だ。エキゾチックな香りがあればなおいい。それでも全体にコクがあること」
 その通りの逸品ができた。
 葉組はラタキアとキャベンディッシュとオリエント。それぞれが上品に混じりあい、極上のハーモニーを奏でる。香りはほんのりラタキア。甘みはイギリス伝統のバージニアのキャベンディッシュ。ボディには低音域としてオリエントが重心をつける。添加物は何もないのにはんなりした甘みがあり、ラタキアの香りのほかにオリエントの芳香やバージニアのかすかな匂い。それがすべて渾然一体となり、全体としてはマイルドで甘口。ヘイタイプのバージニアは舌焼けの元だがここではキャベンディッシュなので舌焼けはまったくなく、ひたすらおだやかでゆっくり燃える。絶品だ。
 ダンヒルのタバコは1967年からMurray Sons社が製造、当初は旧ダンヒル工場でそのまま作り、1981年から自社工場に移したが2005年に閉鎖。以後はデンマークのOrlik社が作っている。永年の愛好家のなかにはOrlik製造の965に苦情をいうかたもいるがぼくはそうは思わない。ただキャベンディッシュの甘みが昔のほうがとろーんとしてた気もするがこれは記憶違いかもしれない。
 今日は965をダンヒルのパイプ、ハーフベントで吸った。ぼくはベントよりビリアードやアップルが好きだが、965はベントがいい。ラタキアにはじまる微妙な芳香アンサンブルがベントだとよく香る。いや、ただ香りだけじゃないのかもしれない。鼻にくる香り、舌にくる味や甘み、口のなかに広がる味わい、そのすべてがこのタバコから響く。
 しあわせにしてくれる。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-26 16:10 | ダンヒル | Comments(17)

ダンヒル: フレーク

a0150949_23205773.jpg


 バージニア葉のみ、添加物一切なし。バージニアの神髄がたのしめるタバコである。
 サミュエル・ガーウィスやラットレーの製品と比べるとモダンなフレークといえると思う。キャンディー・ボックスほどの小ぶりで四角い缶をあけると香ばしいバージニアの香り、だがやや脂っこい。この香りはロイヤルヨットと同じでぼくはストーブド・バージニアだと思う(確信はないが)。サミュエル・ガーウィズやジャーマイン、ラットレーなど旧家のバージニアはもっとストレートなヘイタイプなので、これはかなりモダンな感じがする。オーブンでじっくり焼き、持てる味を最大限ひきだしたバージニアに違いない。
 精密にカットされた3インチのフレークが20枚ほど入る(1、2枚足りないときもあるようだ)。1枚が2.5g。これはぼくのスタンウェルのアップルベントにちょうどいい。二つ折りしさらに細く二つ折りしてボウルに詰めるとややはみ出る。それをギュッと押しこめばいい。フレークをほぐして吸う人がいるが、なんでそんな面倒なことするのか。どの会社のフレークもその会社推奨の燃焼速度を計算して作られているはずだからほぐしちゃったら元も子もないじゃないの。だいいち面倒だ。
 火をつけると、ああ、なんて旨いんだ! 甘みと酸味たっぷりの、こってりしたバージニア味。いやいやうまく吸うともっと複雑な香りがこめられている。ダンヒルタバコの特徴で火つきも火持ちも抜群。ぼくのスタンウェルでフレーク1枚だとだいたい1時間半くらいのスモーキングになり、これもぼくにはちょうどいい。ラールセンやマストロ・デ・パヤのボウルの大きい奴だと1枚半から2枚入るがこれだと時間がかかりすぎる。
 ゆっくり、ボウルからひと筋の煙がゆらゆらとのぼるのを見ながら過ごす至福の時間。
 しかしこれにしろロイヤルヨットにしろダンヒルのタバコは独特だと思う。それ以前の旧家のタバコはそれこそ湖水地方(レイクランド)の農村風景が目に浮かび、干し草の匂いがするがダンヒルのタバコにはロンドンが見える。都会の、モダンな、やや退廃の味。20世紀の前半、ダンヒルがあれだけ名声をほしいままにしたのはこのモダンさにあるんじゃないかと、そんなことを考えながら。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-20 23:24 | ダンヒル | Comments(6)

ダンヒル: ロイヤルヨット ( Dunhill: Royal Yacht )

a0150949_21565027.jpg


 ダンヒルタバコのなかでもとりわけユニークな逸品と思う。バージニア葉オンリーの典型的イングリッシュブレンドである。
 このバージニアはあきらかにmatured、つまり熱処理されているが、どんな熱処理なのか、かねがね気にしていたらネットのある文献にストープド・バージニアの傑作とあった。たしかにオーブンで焼いたという感じに近いのだがストーブドと書いた記事はこれひとつなのでちょっと断定しずらい。海外レビューのなかにはキャベンディッシュと書いた記事もあり、そうかとも思う。いずれにしても充分に熱処理されたものであるにはちがいない。ちなみにダンヒルの説明には「甘さをだすためによく調理したバージニアが、ヘビィボディのバージニアに加えられている」とあるだけだ。
 缶をあけると、かなり脂っこく、かつスパイシーな匂い。乾いたリボンカットで、これはダンヒルタバコの特徴だが詰めやすいし火つきも火持ちも抜群である。
 吸ってみると、なんとユニーク! 舌に甘さがくるがこれは蜂蜜の甘さだ。そしてどこかミルク味が漂う。この甘い味の奥のほうに深煎りしたバージニア味があり、最初に感じたスパイシーな匂いもまじる。なんとなくぼくはおいしいミルク・ティーを飲んでいるような気になった。こんな複雑な味なのに、全体に軽く、長く吸いつづけていても飽きがこない。こんなタバコはほかに類がない。まさに逸品という語にふさわしい。
 ただこのタバコ、夕食後の満腹感のあとにはいいが、夕方のような空腹時にのむとやや辛みが強い。もともとニコチンはきつめだしバージニア味も濃く、おまけに夕方はからだのリズムが早くなっているから吸引が早い。なのでおいしい夕食を食べた満足感のあとのとろとろのミルク味が出てこず、もっぱら辛いタバコと思ってしまうことがママある。それはそれで深煎りバージニアの濃い味をたのしめばいいのだが、ぼくは蜂蜜とミルクのまじったバージニア味に惚れているのでもっぱら夕食後のタバコにしている。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-13 21:59 | ダンヒル | Comments(11)