Jinsen's パイプ

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ガーウィズ・ホガース: エナーデール

a0150949_22263969.jpg


 ガーウィズ・ホガースの看板タバコ、エナーデール。バージニアに香りづけのため少量のバーレーが混じる。
 缶を開けるとビニール袋に詰めたブロークン・フレーク。香りを逃がさない配慮と思うが、その香りがかなり強烈。なんていうか、線香の匂い、おじいちゃんの箪笥の引き出しをあけたときの匂いというか、そんなところ。しかし火をつけると意外と匂いが収まり、バージニアの甘さがどーんとくる。うれしくなってくゆらせていると、シナモンかミントのような清涼な香りもあって奥が深い。うちのカミさんは「いい匂いネ、香水みたい」というから嗅覚はさまざまである。
 イギリスのタバコレビューを読むとみなさん絶賛で、懐かしいとか、おなじみのとか賛辞が並ぶ。誰もが例にあげるのが、Condor、st Bruno、どちらもイギリスで売上トップのパイプ・タバコである。ガーウィズ・ホガースはマイナーな会社だから宣伝文句にもこれらの銘柄をあげて「おなじみのイギリスの香り」と書いている。してみると、この香りはイギリス好みのということになるのだろうか。
 かなり壊れたフレーク状で、ダンヒルのフレークのように整然としてないので、ハテ、ほぐして吸うべきか、このまま二つ折りに吸うべきか、迷うところである。思いきって形がしっかりしたところは二つ折り、そこに壊れたのもブチこんで乱暴にやってみたがこれでも充分いける。フレークタバコは二つ折りして詰めればいいだけだから楽でいいし、もともと燃焼度合いを計算してあるから自然に燃えるままにくゆらせればよくて楽である。
 何度がやってるうちに匂いも心地よくなり、なんかクセになりそうな気がする。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-30 22:56 | ガーウィズ・ホガース | Comments(2)

ジャーマイン: スペシャル・ラタキア・フレーク

a0150949_21135469.jpg


 ジャーマインのスペシャル・ラタキア・フレーク。
 バージニア、メリーランドのゴールデンキャベンディッシュ、オリエント、ラタキアのミクスチャー。
 いやこれもじつに旨い。
 バージニアの風味とラタキアの香りがまろやかに交錯する。ふつうのラタキア物と比べると、あの独特の香りはやや弱く、いわばバージニア風味の隠し味のように響く。そのぐあいが抜群。そして前に紹介したペリク・ミクスチャーとおなじくメリーランドのゴールデンキャベンディシュが甘さと酸味を添える。甘く、とろーんとしたラタキア風味のバージニア!
 このジャーマインという会社、ファンになっちゃった。社歴200年になるというイギリスきっての名門で、19世紀、帆船を走らせて諸大陸からタバコを木樽に詰めて運搬してたというがじつに独特の味がある。
 メリーランドはアメリカでも閉鎖的な地域で移民の関係から外国への輸出はフランスとオランダに限られていた。当然タバコもオランダ(のちにデンマーク)にメリーランド・タバコがあるだけで本国アメリカでもイギリスでもこの種は使われなかったと文献にある。ではなぜイギリスのジャーマインに? という疑問がわくが、ひょっとしてこの会社が特別のルートを持ち、それを売り物していたのではいう痛快な想像もできる。
 ジャーマインにはメリーランドのゴールデンキャベンディッシュを使わないレシピもあるからこんどはそれを試してみたいナ。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-26 21:51 | ジャーマイン | Comments(2)

study: キャベンディッシュ

a0150949_16482885.jpg


 パイプタバコの葉組を読むと、バージニア、バーレー、オリエンタルはタバコの葉の種類。ラタキアはシリア葉の薫製、ペリクはルイジアナ葉の漬け物。そこまではわかるが、キャベンディッシュというのがよくわからない。これは葉を加工して甘みや香りをつけたものだが、どうやるのか、よくわからないのでネットの文献を調べてみた。以下はぼくがお勉強したまとめです。

 3つのタイプがあるらしい。
 イギリスのキャベンディッシュ伝統製法は熱風乾燥したバージニア葉のみ使い、型に入れて圧力をかけて3、4日おく。するとバージニア葉に含まれる糖分が沁み出し、甘みが出てくる。ただこれだけでケーシングはしない。またイギリスのブラック・キャベンディシュはまず葉を蒸気で蒸し、そのあとプレスしたもの。伝統製法ではキャベンディッシュ(とくにブラック・キャベンディッシュ)にリコリスとアニスがケーシング・ソースに使われることもあるらしい。
 アメリカのキャベンディッシュはバーレー、バージニアなどあらゆる葉、またその組み合わせから作る。まずケーシング・ソースに浸し、ソースがなじむまで寝かせる。そのあと圧力をかけてプラグにすることもあるしそのままのこともある。アメリカのブラック・キャベンディッシュは充分ケーシングしたのち黒くなるまで蒸気で蒸したもの。かなり強引な製法なので、元の葉の味わいを失ったり、とくに粗悪な葉に味付けをするために処理されることもあるという。
 オランダやデンマークでもバージニア、バーレーなどさまざまな葉とその組み合わせを使う。まず葉を蒸して、葉の気孔を開かせたあとケーシングする。このほうがソースがよく染みる。その後型に入れて圧力をかけてケーキにし、カットする。キャベンディシュからさまざまな味を引き出したのはオランダやデンマークの功績でアンフォーラ、ボルクムリフ、マクバレンなどが名作を送り出した。

 アンフォーラはキャベンディッシュの傑作だが、ポーチに書かれた宣伝文句に「繊細な香り、その複雑なミックス、これはバージニア葉がもともと持つ味と香りにインスパイアされたものです」とある。イギリスの伝統製法キャベンディッシュはバージニア葉をプレスしたり蒸したりしてバージニアの本来の甘みや香りを引き出そうとしたものだった。しかしオランダやデンマークはさらにそれを拡張し、人工の甘みや香料でケーシングし、あるやなしやの仄かな味をくっきりした顕在の味と香りにした。
 ぼくらはそのどちらもたのしんでますね。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-26 00:12 | Comments(0)

マクバレン: バニラクリーム

a0150949_16145538.jpg


 マクバレンのバニラクリーム。缶入りのフレークはバージニアとブラックキャベンディシュのプラグをフレークカットしてあるが、ポーチのはそれをほぐしたもの。
 バニラ味のタバコはたくさんあるがぼくはこれが好きだ。マクバレン社のサイトにあるこのタバコの製作秘話によると、1999年、これを開発したとき苦労したのはトップフレイバーのバニラ風味が強すぎないように抑えることだったとある。たしかにこのタバコはバージニア味とバニラ風味のバランスがいい。
 バニラの芳香とバージニアの深い味わいが絶妙のバランスでくる。旨く吸うとバニラ風味には独特の甘みと、ややクリーミーなミルク味がきてこれがたまらない。過燃焼気味に、熱くして吸うと、バニラの香りとミルク味が前面に出過ぎてバージニア味が隠れてしまう。できるだけ火種を小さく、ちびちび吸わないといけない。
 冬の朝、眩しい陽光を正面にうけたわが家の縁側で、寒い日だが陽射しが強いおかげでぽかぽか日なたぼっこしながらこれをたのしんだ。至福の時間。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-24 16:52 | マクバレン | Comments(6)

アンフォーラ: フル・アロマ

a0150949_2211194.jpg


 フル・アロマチック。いわゆる「赤」である。
 30年前、初めてパイプを買ったとき、ショップの店員さんにたばこは何がいいのと聞くと「辛口ならハーフ&ハーフ。甘口ならアンフォーラ」といわれて両方買った。これは適切な紹介だったと思う。どちらも火付きと火持ちがよく、初心者にはもってこいである。
 のんでみるとハーフ&ハーフはやや焦げた匂いの乾いた味でアンフォーラは甘く、ミント風の清涼な香りがあってどちらもいい。のちにバージニア味を知ってからはバーレー味のハーフ&ハーフはのまなくなったが甘口のアンフォーラはずっと続いた。いまでもなくなると次を買ってる。
 これはミクスチャーでなくキャベンディッシュである。ポーチの説明によると、バージニア、バーレー、ケンタッキー、オリエンタルをケーキにし、リボン状にカットしたものという。このリボンだが昔は少し太めで今はだいぶ細くなっている気がするのだが、どうでしょうか?
 味はいまでも変わらない。甘みとミント風の清涼な香りが素敵。しかしフルボディで、しっかりバージニア味がするし、とくに後半は良質のバージニアたばこの味わいが深い。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-18 22:36 | アンフォーラ | Comments(2)

サミュエル・ガーウィズ:  パーフェクション

a0150949_14302473.jpg


 サミュエル・ガーウィズのパーフェクション。
 名前の由来は、この会社がお客さんの注文でこれを作ったところ「完璧だ(Perfection!)」と賛辞を受けたというんですね。
 バージニア、ターキッシュ、ラタキアのミクスチャーで、缶をあけるとまずラタキアの香り。前半はラタキア味が強いけれど後半はバージニア味が深くなる。
 かなり甘口に仕上がっていて、その甘みのなかにかすかにバニラの香りがする。このあたりの配合が絶妙だ。バニラはこのくらいがちょうどいい気がする。おなじ会社のグラウスムアもバージニア主体ながら甘く、さわやかな香料が香るが、ぼくはどちらも好きですね。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-16 14:41 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(30)

ジャーマイン: ペリク・ミクスチャー

a0150949_11421211.jpg


 ジャーマインのペリク・ミクスチャー。
 じつに旨いタバコだ。
 バージニア、メリーランドゴールデンキャベンディッシュ、ペリクのミクスチャー。
 ペリクはスリーナンズが好きだし、朝一番の桃山もペリクが入る。しかし初めてだったがぼくにはペリクはこれならこれが一番と思われた。
 缶をあけるとじくじく湿っている。しかも猛烈な匂い。この酸味と臭気はちょっと類がない。そして一服すると、キャベンディッシュの甘みとペリクの強い味がどーん。ふつうペリクはバージニアの隠し味か旨味をますために入れると聞いていたけどこれはもろペリクという感触。つまりバージニア/ペリクじゃなくてペリク/バージニアなんだな。
 スリーナンズだとバージニア味にペリクがうまくブレンドされ、そこにお花の匂いのような高貴な香りが漂う。また桃山だとペリクはほんの隠し味でおかげでバージニアの味が塩気をおびたしんなりした味になってそれが旨味となる。しかしこちらはペリクが前面にきて、それがキャペンディシュの甘みでとろ〜とした独特の味になる。うーん、こういうのありなんだと感心しいっぺんに好きになった。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-16 11:47 | ジャーマイン | Comments(12)

JT: 桃山

a0150949_22181327.jpg


 桃山。
 ぼくの朝一番のタバコはこれ。
 ペリク入りのバージニアです。
 パイプ歴は永いけど、何度も挫折して紙巻きにもどってます。しかしタバコそのものは大学時代からずっと続いている。まあ肺は真っ黒でしょうね。2006年。しばらく休んでいたパイプを再開し、当初は紙巻きとパイプ、半々でしたがそのままパイプの量がふえて今になってます。たぷんこのままパイプふかしながらあの世にいくんでしょうね。桃山が朝一のタバコになったのは2007年頃から、来年でもう3年になります。
 ほぼ1ヶ月に1缶のペース。のむのは朝一だけであとはほかのたばこです。パイプはダンヒルとチャラタンのどちらも小ぶりのアップル。ダンヒルの2番になるでしょうか(あまりよく知らない)。

 習慣になったせいか朝一番の桃山はじつに旨い。舌に甘みとほのかなお酒の香り。そしてバージニアのやや青臭い味と、じくじくわいてくるエキス。ペリクはバージニアに塩味をつけたくらい控えめですけど、ときたまにょろにょろと蛇のようにからんでくるときがあります。これがくると、あ、きたナと……。
 バージニアにしては甘すぎるとおっしゃるかたが多いけど、日本人にはこれくらいマイルドなのが合っている気がします。後半、ややバーレー味がでてくるのが難ですね。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-13 22:20 | JT | Comments(2)

pipe: ピーターソン

a0150949_12242122.jpg


 おなじく。
 このシェイプ、横からみるとカッコいい。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-12 23:12 | Comments(0)

pipe: ピーターソン

a0150949_12223728.jpg


 初めて買ったパイプ。たぶん1970年代の半ばだったと思う。
 その頃ちょっとしたパイプブームがあり、ぼくのまわりでもパイプを始めた友達が多かった。それもこのPetersonがはやりで初心者には舌が焼けないというのが売り文句だった。新宿の加賀谷で買い、タバコはハーフ&ハーフを薦められたと憶えている。その頃よく買ったタバコは、アンフォーラの赤、スィートダブリンなど。バージニア葉もバーレー葉も知らない初心者だった。
 このPetersonはDunmore 71と刻印があり、あとになって会社のサイトで調べたが掲載がない。ネットで検索してみたら海外の中古市場に出品された記事があってどうやらごく短期だけ投げ売りされた量産品のようだった。そのあとビリアードを何本か手にいれてわかったのはPetersonリップはたしかに初心者には適切で、ほかのビリアードはすぐ舌焼けしたがこちらはだいじょうぶ。ベントでくわえやすいということもあって永いあいだ外出用に使っていた。
 いまはまず出番がない。吸い方もうまくなって舌焼けがなくなり、そうなるとリップが上にひらいたこのパイプはかえって吸いずらいというか変なところに煙がくる気がして敬遠している。しかしなにしろ30年以上お世話になったパイプなのでときどき懐かしくなって手にすることがある。道具としてでなく、静物として見る感じかな。

[PR]
by jinsenspipes | 2009-12-12 23:10 | Comments(0)