Jinsen's パイプ

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ダンヒル: マイミクスチャー965

a0150949_1672983.jpg


 ぼくがパイプをはじめた頃から30年あまりのみ続けてきたお気に入り。おそらく世界中のパイプ党が愛してやまないタバコでしょうね。
 ダンヒルのレシピではなく、顧客の注文のブレンドで、965は注文番号とされる。
 こんな光景が想像できる。
 20世紀初頭のある日、ロンドンのダンヒル店を紳士がたずね、店員に特注ブレンドを注文する。
「マイルドでおだやか。甘口がいい。舌焼けは嫌だ。エキゾチックな香りがあればなおいい。それでも全体にコクがあること」
 その通りの逸品ができた。
 葉組はラタキアとキャベンディッシュとオリエント。それぞれが上品に混じりあい、極上のハーモニーを奏でる。香りはほんのりラタキア。甘みはイギリス伝統のバージニアのキャベンディッシュ。ボディには低音域としてオリエントが重心をつける。添加物は何もないのにはんなりした甘みがあり、ラタキアの香りのほかにオリエントの芳香やバージニアのかすかな匂い。それがすべて渾然一体となり、全体としてはマイルドで甘口。ヘイタイプのバージニアは舌焼けの元だがここではキャベンディッシュなので舌焼けはまったくなく、ひたすらおだやかでゆっくり燃える。絶品だ。
 ダンヒルのタバコは1967年からMurray Sons社が製造、当初は旧ダンヒル工場でそのまま作り、1981年から自社工場に移したが2005年に閉鎖。以後はデンマークのOrlik社が作っている。永年の愛好家のなかにはOrlik製造の965に苦情をいうかたもいるがぼくはそうは思わない。ただキャベンディッシュの甘みが昔のほうがとろーんとしてた気もするがこれは記憶違いかもしれない。
 今日は965をダンヒルのパイプ、ハーフベントで吸った。ぼくはベントよりビリアードやアップルが好きだが、965はベントがいい。ラタキアにはじまる微妙な芳香アンサンブルがベントだとよく香る。いや、ただ香りだけじゃないのかもしれない。鼻にくる香り、舌にくる味や甘み、口のなかに広がる味わい、そのすべてがこのタバコから響く。
 しあわせにしてくれる。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-26 16:10 | ダンヒル | Comments(17)

ダンヒル: フレーク

a0150949_23205773.jpg


 バージニア葉のみ、添加物一切なし。バージニアの神髄がたのしめるタバコである。
 サミュエル・ガーウィスやラットレーの製品と比べるとモダンなフレークといえると思う。キャンディー・ボックスほどの小ぶりで四角い缶をあけると香ばしいバージニアの香り、だがやや脂っこい。この香りはロイヤルヨットと同じでぼくはストーブド・バージニアだと思う(確信はないが)。サミュエル・ガーウィズやジャーマイン、ラットレーなど旧家のバージニアはもっとストレートなヘイタイプなので、これはかなりモダンな感じがする。オーブンでじっくり焼き、持てる味を最大限ひきだしたバージニアに違いない。
 精密にカットされた3インチのフレークが20枚ほど入る(1、2枚足りないときもあるようだ)。1枚が2.5g。これはぼくのスタンウェルのアップルベントにちょうどいい。二つ折りしさらに細く二つ折りしてボウルに詰めるとややはみ出る。それをギュッと押しこめばいい。フレークをほぐして吸う人がいるが、なんでそんな面倒なことするのか。どの会社のフレークもその会社推奨の燃焼速度を計算して作られているはずだからほぐしちゃったら元も子もないじゃないの。だいいち面倒だ。
 火をつけると、ああ、なんて旨いんだ! 甘みと酸味たっぷりの、こってりしたバージニア味。いやいやうまく吸うともっと複雑な香りがこめられている。ダンヒルタバコの特徴で火つきも火持ちも抜群。ぼくのスタンウェルでフレーク1枚だとだいたい1時間半くらいのスモーキングになり、これもぼくにはちょうどいい。ラールセンやマストロ・デ・パヤのボウルの大きい奴だと1枚半から2枚入るがこれだと時間がかかりすぎる。
 ゆっくり、ボウルからひと筋の煙がゆらゆらとのぼるのを見ながら過ごす至福の時間。
 しかしこれにしろロイヤルヨットにしろダンヒルのタバコは独特だと思う。それ以前の旧家のタバコはそれこそ湖水地方(レイクランド)の農村風景が目に浮かび、干し草の匂いがするがダンヒルのタバコにはロンドンが見える。都会の、モダンな、やや退廃の味。20世紀の前半、ダンヒルがあれだけ名声をほしいままにしたのはこのモダンさにあるんじゃないかと、そんなことを考えながら。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-20 23:24 | ダンヒル | Comments(6)

ダンヒル: ロイヤルヨット ( Dunhill: Royal Yacht )

a0150949_21565027.jpg


 ダンヒルタバコのなかでもとりわけユニークな逸品と思う。バージニア葉オンリーの典型的イングリッシュブレンドである。
 このバージニアはあきらかにmatured、つまり熱処理されているが、どんな熱処理なのか、かねがね気にしていたらネットのある文献にストープド・バージニアの傑作とあった。たしかにオーブンで焼いたという感じに近いのだがストーブドと書いた記事はこれひとつなのでちょっと断定しずらい。海外レビューのなかにはキャベンディッシュと書いた記事もあり、そうかとも思う。いずれにしても充分に熱処理されたものであるにはちがいない。ちなみにダンヒルの説明には「甘さをだすためによく調理したバージニアが、ヘビィボディのバージニアに加えられている」とあるだけだ。
 缶をあけると、かなり脂っこく、かつスパイシーな匂い。乾いたリボンカットで、これはダンヒルタバコの特徴だが詰めやすいし火つきも火持ちも抜群である。
 吸ってみると、なんとユニーク! 舌に甘さがくるがこれは蜂蜜の甘さだ。そしてどこかミルク味が漂う。この甘い味の奥のほうに深煎りしたバージニア味があり、最初に感じたスパイシーな匂いもまじる。なんとなくぼくはおいしいミルク・ティーを飲んでいるような気になった。こんな複雑な味なのに、全体に軽く、長く吸いつづけていても飽きがこない。こんなタバコはほかに類がない。まさに逸品という語にふさわしい。
 ただこのタバコ、夕食後の満腹感のあとにはいいが、夕方のような空腹時にのむとやや辛みが強い。もともとニコチンはきつめだしバージニア味も濃く、おまけに夕方はからだのリズムが早くなっているから吸引が早い。なのでおいしい夕食を食べた満足感のあとのとろとろのミルク味が出てこず、もっぱら辛いタバコと思ってしまうことがママある。それはそれで深煎りバージニアの濃い味をたのしめばいいのだが、ぼくは蜂蜜とミルクのまじったバージニア味に惚れているのでもっぱら夕食後のタバコにしている。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-13 21:59 | ダンヒル | Comments(11)

タバコ世界史年表

a0150949_12144464.jpg


たわむれにこんな年表を作ってみた。コロンブスのおかげでアメリカ大陸とヨーロッパが結ばれたときに始まるタバコ年表
タバコは15世紀にヨーロッパに紹介され、スペイン、フランス、イギリスの順で普及する。
16世紀はまずスペインでクレイパイプとシガー。17世紀はヨーロッパ全土でパイプ、18世紀はスナッフ(かぎタバコ)。19世紀はシガレットが流行。
パイプではまずクレイパイプ、18世紀からメシャム、19世紀からブライアだ。
夜更けの酒とパイプの煙のつれづれにおたのしみください。

1492 コロンブス、アメリカ到達
    新大陸からヨーロッパにもたらされた三大作物
    タバコ、じゃがいも、梅毒

1518 タバコ、スペインに紹介
1525 スペインの船乗り、クレイパイプ使用
1530 シガー、スペインの下層階級で流行
1556 タバコフランスに紹介
1564 タバコイギリスに紹介
c1570 ヨーロッパでパイプ喫煙流行

1607 植民地バージニア開拓
1613 バージニア収穫のタバコ、イギリスに
1618-48 30年戦争でタバコ普及

1720 メシャムでパイプ作る
1776 アメリカ独立
1792 サミュエル・ガーウィズ創業(スナッフ)



1820 ジャーマイン創業
1825 コモイ、サンクロードでパイプ作り
c1830 パリでシガレット吸いはじまる
c1830 コルシカ島で初ブライア・パイプ
c1840 コモイ、ブライア・パイプ作り
1842 フランスでシガレット製造開始
1851 ケーウーディ、ニューヨークにタバコ店
1853-56 クリミア戦争でシガレット流行
1854 コモイのブライア・パイプ、ロンドンに
c1860 ニューヨークでシガレット製造
1875 ピーターソン、ダブリンにタバコ店
1876 サビネリ、ミラノにパイプ店
1880 ガーウィズ・ホガース創業
1890 アメリカンタバコ会社創業
1893 ダンヒル創業

1901 ブリティッシュ=アメリカンタバコ会社創業



[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-07 00:45 | Comments(4)

ハーフ&ハーフはラッキーストライクだった!

a0150949_16302349.jpg


 ハーフ&ハーフの起源が知りたくてちょっと調べてみたらやっぱり元はラッキーストライクでした!
 ラッキーストライクはアメリカのR.A.Patterson社が1871年に売り出した噛みタバコが始まり。まだ紙巻きは少なく、噛みタバコとパイプがタバコの主流だった時代だが、まもなく紙巻きも発売した。しかしこの会社は1905年、かのタバコの帝王、ジェームズ・デュークのアメリカンタバコ会社に買収され、競争会社のR.J.Reynold's社のタバコ、キャメルの対抗馬とされた。
 1909年、アメリカンタバコ会社は同社の別ブランド、バッキンガム・タバコとこのラッキーストライクを混ぜ合わせて新商品を売り出した。これがハーフ&ハーフで、この命名は2種のタバコ葉のブレンドというより、2社のタバコのブレンドの意味合いがあったように思われる。パイプ葉と紙巻き、両方売り出した。
 前に書いた記事に海外レビューからの引用で「昔の缶にラッキーストライク&バッキンガム・ブライトとあった」と紹介したがそれがこの新商品だったのだ。この表記が1939年まで続いたそうだが、その後ハーフ&ハーフは独立したブランドとして一人歩き始め、ラッキーストライクとは別れる。1980年代になってアメリカンタバコはハーフ&ハーフを手放したのでいまのピンカートン社(スウェディッシュ・マッチ社の傘下)に引き継がれた。
 おもしろいモンである。人に歴史あり、とはいわれるがタバコの銘品にも数奇な歴史があるんだなァ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-05 16:36 | ハーフ&ハーフ | Comments(6)

ガーウィズ・ホガース: ラム・フレーク

a0150949_23331440.jpg


 ガーウィズ・ホガースのタバコのなかでも傑作ではないか。じつにおいしい。
 葉組は、天日乾燥のバージニアにくわえてバージニアとバーレーのキャベンディッシュ、ケーシングにメイプルシロップ、リコリス、バニラそれとラム酒を使ったとある。
 缶をあけるとビニール袋に包まれ、なんとミソ漬けの匂いだ(もっともこれは吸ったときは感じない)。大きめのフレークでややスパイシー、かすかにお酒の腐敗した香り。期待がふくらむ。
 火をつけると、甘い! バージニア+バーレーのキャベンディッシュの甘さにストレート・バージニアの青臭いヘイタイプの香りが両方くる。ああ、こういうのもあるんだ! バーレーもかなり感じる。
 海外のレビューに「ラムを感じない」という評があるがその理由も頷ける。ことさらにラム酒をフレイバリングしたタイプとは違うのだ。そもそもキャベンディッシュの由来を辿ると、帆船で新大陸からヨーロッパにタバコの葉を運ぶときにラム酒の大樽に詰めたためにその香りがついたそうだが、これを吸っていると、バージニアの芳香のどこかにラムのエコーが響き、心を遠くカリブの海賊が活躍した昔に運んでくれる。
 それともう一つ、この甘さだが、ペリク入りではないかと思わせるときがある。JTの桃山がやはりバージニアの香りをラム酒で丸くし、さらにわずかのペリクで甘酸っぱさをつけている。ぼくはどうやらこういう年増女の色気、それがときたま少女の可憐さを見せた瞬間、それに弱いようだと、自分で納得したりする。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-03 23:39 | ガーウィズ・ホガース | Comments(4)

ベルズ: スリーナンズ -again-

a0150949_1145415.jpg


 久しぶりに吸ったスリーナンズがペリク不在。がっくりきた記事を書いたが、ペリクの現状をネットで知るうちにぼくの味覚も変わってきた。おもしろいモンである。
 あれから日に一度はスリーナンズをやるが、捨てたものでもないじゃん、という感じだ。
 しなしなした小指大のディスク状で、小さいボールだと、底はほぐして2、3枚。そのあとディスクを数枚積み重ねていき、てっぺんは火がつきやすいようにまたほぐしたのを2、3枚。着火するとゆっくり着実に燃えるところはフレークタバコと同じ。ふつうのリポンカットより数段燃焼がいい。
 ケンタッキー・ペリクはフェイク(ニセ)ペリクとした記事もあるが今ではこれが本命とするしかない気もする。その甘さと酸味がまず最初にくる。もともとのペリクはもっと野性的で漬けすぎた白菜漬けの如く、強烈な臭い酸味がきたが、こちらは上品な甘酸っぱさで臭みはない。しかしこの味はほかのタバコにはないものでやはりスリーナンズならではといえる。

 そのあとじつに旨いバージニア味がつづき、気のせいかケンタッキー葉で力強く、ややエグ味をくわえているようでもある。このバージニア味はキャベンディッシュのように丸くなく、ストレートに青臭くくる。ジャーマインのペリク・ミクスチャーはメリーランドのキャペンディッシュと混じりとろとろに甘口だが、こちらはキリッとしたバージニア味とケンタッキー・ペリクの甘酸っぱさが交互にくる。これもスリーナンズの特徴だ。さらにもともとのスリーナンズにあったお花の香りがごくたまにきて、このあたりはオーリック社に喝采を送りたい。
 欠けているのは純粋ペリクの臭気と強烈な酸味。それが薄まってはいるがそのほかの特徴はよくコピーされている。海外のレビューアーがオーリックはよくやったと賞讃するのももっともだと思った。今となっても純粋ペリクの臭気などを求めるのは年寄りのノスタルジアなんだろうなァ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-02-01 01:45 | スリーナンズ | Comments(2)