Jinsen's パイプ

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サミュエル・ガーウィズ:  セントジェームズフレーク

a0150949_21253467.jpg


 バージニア+ペリクのタバコでは最高級と評判の逸品である。
 バージニアは同社のフルバージニアフレーク、ペリクは正真正銘のセント・ジェームズ・パリッシュ製。文句無し、旨い。
 識者によると、SM社のヘイタイプ・バージニアにはフルバージニアフレークとベストブラウンフレーク、いずれも評判の名品があるが、元はおなじだそうだ。違うのは熱処理のぐあいでベストブラウンはあっさり処理、フルバージニアはややストーブされ、スパイシーな香りづけが加わる。このセントジェームズにもかすかにスパイシーな香りが残る。
 缶をあけると甘酸っぱく、やや脂っぽい匂いのフレーク。1インチ巾の幅広いフレークでやや湿り気がある。火をつけると、ああ!まぎれもないフルバージニアのやや青臭い味。そこに純正ペリクの甘さと酸味がくわわり、そのまじりぐあいがなんともいえない。マグロのトロを舌にのせた感触で、トローンとした甘みが口いっぱいにひろがるのにマグロ本来のシャキッとした味わいもどこかに残る。
 ぼくは反省した。若い頃、初体験したペリクはスリーナンズで、あのべったり甘さと強烈な酸味、それに独特の臭気、その年増女の色気にすっかりまいってしまった。しかしこのセントジェームズフレークにはバージニアの新鮮な香りがそよぎ、いわば処女の清楚なたたずまいを残しつつペリクの色気とうまくバランスがとれている。
 ペリク入りのイングリッシュ・ミクスチャーはこれが本家なんだと思う。あくまでも主体はバージニア。ペリクはバージニアの旨味を強調するためにある。スリーナンズはペリクを前面にすえた亜流、しかしなんとも魅力ある亜流なのだった。
 つけ加えると、スリーナンズ、エスクードでぼくはこのペリクはケンタッキー・バーレー・ペリクと感じたが、セントジェームズのペリクはまぎれもないセント・ジェームズ・パリッシュ純正ペリクと思う。ケンタッキー・バーレーの匂いは微塵もなく、ひたすらバージニア葉の高貴な香りが漂いつづける。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-30 21:30 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(12)

journal: ビュテラ・パイプタバコ売却

a0150949_11384946.jpg


 旧聞だがアメリカのビュテラ・パイプタバコの販売権売却の記事がネットにあった。今後はビュテラパイプ会社でなくArango Cigar Co.が販売する。ただしアメリカ国内とあるから海外は事情が異なるかもしれない。
 パイプ作家、マイケル・A・ビュテラは1980年代にパイプ作りを始め、90年代からはパイプ・タバコのブレンディングにも手を染めた。彼のレシピはアメリカのマクレーランド社とイギリスのジャーマイン社、また著名ブレンド「ペリカン」はデンマークのピーター・ストーカビー社と各社が作り、レシピは38種にのぼる。
 日本でも買えるブレンドはマクレーランド製(それとベリカン)だが「イギリスの伝統製法でないとできない」としてイギリスにオーダーした商品はジャーマインのEsotericaブランドとして発売され、これは日本では買えない。アメリカ作家のレシピを本家アメリカのほかにイギリス、デンマークにわけて製造しているのはそれぞれの国に独自の伝統製法があり、それがまた隠し味になっていると想像できて興味深い。
 これまではすべてのレシピがビュテラパイプ会社の販売、海外の投稿レピューでは、ジャーマインのEsotericaが販売はビュテラパイプ、いったいどうなってるんだ! というのもあって笑っちゃったがこんごはArango Cigarがまとめて販売、そうなるとEsotericaの名前はのこってもビュテラと結びつかないかもしれない。
 ダンヒルといい、スリーナンズといい、あちらのブランド事情は激変しますね。

 Arango Cigar Co. Buys Inventory and Rights to Butera Pipe Tobacco Names

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-22 11:39 | Comments(6)

ピーター・ストーカビー: エスクード・ネイビーデラックス

a0150949_2242549.jpg


 初回の海外通販、3番手はエスクードである。
 葉組はバージニアとペリク。充分熟成したあとロープに撚られ、円盤にカットしてある。「エスクード」はポルトガルの通貨単位で硬貨もあった(現在はもちろんユーロだが)。直径4センチほど、500円玉より大きい円盤がポルトガル硬貨に似てたのだろうか。
 これまた複雑な履歴があり、元々は1870年の昔、Cope brothersが製造、Gallaher社が販売した。Cope brothersは1936年までかかわったがその後Gallaher社が引き継ぎ1994年まで製造販売。そのあと1997年からA.C.ピーターソン社が昔のプレス機を使用して製造したのでネットではピーターソン社の名前が多く見られるが現在はストーカビー社が製造販売している。
 前に書いたがスリーナンズのペリクがいまはルイジアナ・ペリク葉でなくケンタッキー・バーレー葉を使ったアカディアンペリクになったのにがっかりし、代替品を求めてこれを知った。スリーナンズもディスク状だが直径1センチ弱、こちらはその4倍はある。どきどきしながら火をつけた。
 ムムム。旨い。スリーナンズより上品な味で、バージニアの香りをペリクの甘さ、酸味が包み、やはりお花の香りがかすかに漂う。しかしダ。ぼくはここでまたバーレー葉を感触してしまった。公開されたレシピにはバーレー葉はない。すると……。
 正直いって自信なくなった。ひさしぶりにスリーナンズを吸ったとき、ペリクが無い! と感じてネットで調べているうちにケンタッキーバーレー葉をペリク漬けにしたアカディアンペリクの存在を知らされた。しかし、たしかにぼくの記憶の泥臭い感触はないが現在のスリーナンズのアカディアンペリクはなかなかイケる。なにも郷愁を求めなくてもいいじゃないの、と思いつつ、昔の女友達に会う気持でエスクードを吸い、旨い、と感じつつ、やはりこれもアカディアンペリクじゃないかと疑ってしまった。ネットでいろんなレビューを読んでもそう指摘した記事は見当たらない。するとこれは純正ルイジアナペリクとするしかないが、ではぼくが感じたケンタッキーバーレーの香りはどうなるんだ! 自分の感覚を大事にすべきか、事実をとるべきか。
 たしかにこれは旨いタバコなんだ。バージニアとペリクの甘みと酸味、その抜群のからみぐあい。それがあれば何も出所を問題にしなくともいいのでは? と片方で思いつつ、ぼくが昔味わったあのペリク味がいま無いのはぼくの味覚の変化のせいか、それとも知られざる地下変動があったのか。
 あれ? そんなとこ考えつつもう1時間も吸ってるゾ。はて、これもパイプ喫煙の魔術のなせるわざか。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-15 22:48 | エスクード | Comments(13)

マクレーランド: フロッグモートン

a0150949_16471417.jpg


 初海外通販の2番手はこれ、マクレーランドの代表作である。
 会社の設立は1977年頃らしいがこのフロッグモートンの発売が1990年、たぶんもっとも初期の傑作である。前々からこのカエルの図柄が欲しかった。
 缶を切ると(アメリカタバコは食品の缶詰とおなじ缶なので切ると書きたくなる)甘酸っぱい匂いと、おいしそうなラタキアの香り。葉は黒々していて湿り気がある。ハテ、これはキャベンディッシュなのか。深炒りのバージニアだ。葉組はバージニアとラタキアだけ(たぶん)。
 火をつけると、ああ、甘く上品なラタキアが香り、バージニア味にまじる。おいしい。この甘さとラタキアのブレンドぐあいがこのタバコの身上だろう。
 しかししばらく吸っているうちに、物足りなくなってきた。イギリス物だとこのあたりでバージニアやラタキアの奥深い味わいがじくじくと出てくるのだがそれがない。いつまでたっても甘いラタキアの香り+バージニア味。うーん、これは。
 海外のレビューを読むとやはり評価がわかれるようだ。概して若いスモーカーには好評で、初めてイングリッシュミクスチャーを楽しんだとか、ラタキアの旨さを知ったと絶賛されるが、年配者は物足りないと書き、ラタキア物もしくはイギリス物と着香物のハイブリッドと見られている。
 手近なところでダンヒルのマイミクスチャー965と比べると、ダンヒルはあくまで主体がバージニア、その本来の甘みとこくをだすためにラタキアとオリエントが加えられ、バージニアの奥深い微妙な味を引き出している。マクレーランドのこれはバージニア、ラタキア、ケーシングの甘み成分、それぞれがひとしくからみあって味を作り、バージニア本来の深い味は感じられない。引き出す、というのでなく並べるのだ。
 G.L.ピース、マクレーランド、いまのアメリカ代表タバコを吸ってみたが、共通点があり、軽く、まるで紙巻きの感覚で吸えるパイプタバコという印象である。これに比べればイギリスタバコなど泥臭く、よれよれ爺さんのダンスを見るようだ。軽快でスマート、味は細く繊細で、ぼくはまだ一種だけだがほかにコンピュータで描いた精密画のように微妙な味を調合した商品がつづくことだろう。そこに若いパイプファンがつくのだろう。
 いや、それでいいのだと思う。サミュエル・ガーウィズやラットレー、ダンヒルの仕事はいまでもちゃんと味わえるのだし、それを真似るのは無意味だ。アメリカ人は現代性と若者の嗜好を一方で考え、イギリスの伝統の味を他方で考え、現代にふさわしい「売れる」答えをだしたのだ。
 ぼくはもう年寄りだが、若い人にまじり、しばらくアメリカ人の答えを旅してみよう。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-10 16:51 | マクレーランド | Comments(3)

G.L.ピース: ホッドスディライト

a0150949_21455492.jpg


 ぼくの初アメリカタバコである。もっともプリンスアルバートやハーフ&ハーフ、キャプテンブラックなど定番を除いて近年のアメリカタバコという意味である。海外通販を始めてやっとこの高価なのが吸えた。
 この会社は設立が1999年、レシピは設立者、グレッグ・ピースだがブレンダーはコーネル&ディールである。2000年3月にカイロ発表(これは日本では売ってない)、つづいて同年8月に出たのがこのホッドスディライト、ごく初期のブレンドである。
 アメリカ郵便局から郵送された小包をあけて期待に胸ふくらませて吸ったのだが、ムムム、これは肩すかしでした。
 缶をあけると猛烈な酸味の匂い。レーズンだというが、ぼくにはお酒の匂いに思える。この酸性の匂いがさいごまであってちょっと鼻につく。葉組はボディがバーレーのブラックキャベンディッシュ、そこにバージニアとペリクがブレンドされる。ペリクをブレンドしたお酒の香りというとたちまち桃山を思い出し、じつはこれを買った理由もそこにあったが、桃山のラム酒フレーバーはごくわずかなのにこちらはさいごまでお酒の匂いがのこる。ペリクはうまく調合されているが、ボディがバーレーというのはアメリカ人にはいいかもしれないがぼくには合わなかった。
 これ一種でG.L.ピースは評価できないが、このブランドにはどーんと迫るものがない、線の太さがなく頼りない感がある。しかしこれは逆に繊細だ、ともいえるし、ぼくのような年寄りにはわからない現代的な味なのかもしれない。じつはこれを吸ったあと欲求不満になってダンヒルのフレークを吸ってみたがこちらはなんと豪快! 味といえば甘さとバージニア味、それだけなのにじつに奥行きが深かった。
 ぼくはたまたま自分に合わない商品を試したのかもしれないからつぎからフレーバー無しのストレート味のG.L.ピースを買ってみようと思う。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-06 21:49 | G.L.ピース | Comments(6)

パイプタバコ海外通販

a0150949_1637216.jpg


 パイプ党のみなさんは海外通販をじゃんじゃん使ってらっしゃるようだがぼくはまだ未経験である。だいたい年寄りは国内の通販すら苦手で、使ったことがないのだから、まして海外など……。
 しかし、貧乏人はタバコを買うのもたいへんで、ふだん買うのは価格帯にしてダンヒルのあたりまで。せいぜいサミュエル・ガーウィズ止まりで一線をひいている。ひょっとして、海外通販を使うとこの一線を越えられるだろうか。春のきざしのなま暖かさに誘われて重い腰をあげてみた。
 結論からいうと、ぼくの一線内のタバコならわざわざ海外から買うまでもないとわかった。タバコの売値じたいは、アメリカのネット販売業者で、50グラム缶が日本で買うポーチタバコていど、かなり安く、物によっては半値くらいになるが、これにタバコ税と運賃をくわえるとどっこいになってしまう。
 しかしここに大例外があり、それはG.L.ピースやマクレーランドなどアメリカのパイプタバコで、これは日本で買うとベラボーに高い。常喫してる桃山の倍以上の値段だからぼくにはとても手がだせない。しかしこれがポーチタバコていどで買えると、税と運賃をかけても3割ほど安い計算になる。それならぼくの一線内に収まるから、つまりぼくでも買えるのだ!
 で、試しに注文したみた。
 たくさん買っても無駄になるので初回は50グラム缶を3缶。G.L.ピース、マクレーランドに、日本で買えないA.C.ピーターソンをそれぞれ1缶ずつ(貧乏人はみみっちいネ)。
 注文して8日。今日荷が届いた。
 うん。これならぼくに買えないタバコはなくなった。
 これから何でも吸えるゾ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-03 16:32 | Comments(2)