Jinsen's パイプ

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ダンヒルたばこ、USAで復活

a0150949_0292942.jpg


 ぼくが海外通販をお願いしてるSmokingpipes.comは毎週定期メールを送ってくるが11月24日にこんな記事があった。
「2008年以来待ちかねたダンヒルついに到着!」
 やたらうれしそうな内容。
 さっそくチェックすると、あるある「965」「ロイヤルヨット」「フレーク」おなじみのブレンドが気安いお値段でのっていた。とりあえず国内で買えない「ナイトキャップ」を頼むかと、しかし所用にまぎれて数日たってサイトを見ると、あ〜れ〜、すでに「965」「ナイトキャップ」「フレーク」など人気商品は売り切れ。5日で売り切れちゃったんだそうだ。
 USAダンヒル復活の詳しいいきさつは同サイトのブログにあるのでご覧ください(下をクリック)。

Smokingpipes.com Blog

 しかし複雑怪奇ですね。
 じつは11月2日付のPipesmagazine.comの記事に「ダンヒル復活はむつかしいか」の記事がのった。
 ダンヒルたばこの商標権の所有者はBAT(British American Tobacco)で以前はここが販売していた。しかし2008年以後BATは販売を停止しUSAではダンヒルは買えなくなっていた。そこに登場したのが葉巻界の大手、CAO社で、ずいぶん前からCAOが輸入業者になってオーリック社製造のダンヒル商品を販売する噂が出ていた。
 ところがCAO社の副社長で創設者の子息、Tim Ozgener氏がごく最近退陣することになりCAO社の葉巻の販売権はGeneral Cigar社に移った。同社はSwedish Match社の傘下にあったが、このSwedish Match社もScandinavian Tobacco社と併合され……何がなにやらさっぱりわからない。
 実際にダンヒルたばこを製造するデンマークのオーリック社ではすでに充分な供給量は生産ずみという。あとは権利関係のクリアということなのだろう。

 もう一度もどってSmokingpipes.comのブログによると、とにかくいろいろあったが11月24日、ついにダンヒルたばこ4500缶が到着した! ところが前に書いたブレンドは5日で売り切れた!
 アハハ。
 きた! 知らせた! 売り切れた!
 さすがダンヒル。アメリカの人気も凄いのネ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-12-06 00:33 | Comments(25)

ダンヒル: ロンドンミクスチャー

a0150949_21324351.jpg

 じつはこれ、初体験である。ダンヒルはつい965やフレークに手がでてしまいこれはやったことがなかった。
 早く吸ってればよかったと悔やまれるたばこである。
 社の説明では葉組はバージニア+ラタキア&トルコ葉でこれは965と似ている。喫味も似ていて、965を軽くしたイメージがある。ラッキーなことにたまたま965があったので比べてみた。缶をあけた香りは、965のほうがラタキア臭が強く、ロンドンミクスチャーはやや角がとれて丸い。吸い比べると、965はラタキアの香りが前面にきてそのバックボーンにバージニア・キャベンディッシュの甘みがひろがっている。ロンドンミクスチャーはラタキアが弱いかわりにキャベンディッシュでないストレートなバージニア葉が香るのだが、さて、ここに一つ問題がある。
 じつはぼくはここにベリクを感じてしまった。ペリクについては、社の説明にも、またネットの記事にも見当たらないが、海外のタバコレビューを読んでいたら少数だがペリクの存在を衝いた記載があった。やはりおずおずと「……感じてしまう」などと消極的だがしかし毅然として「オレは確信する」という態度を崩していない。むつかしいところである。世の通説を信じるべきか、自分の味覚を信じるべきか。いつも迷う。
 ロンドンミクスチャーは喩えてみると高音部にラタキアの香りがあり、中音部にバージニアがひろがり、低音部をペリクの甘酸っぱさが固めている。965も甘さはあるがこれはキャベンディッシュの甘さなのでややblur、つまり低音域が欠けるのだ。といってもこれは比較したときの話で、965は965の抜群のバランスがあるからこれで充分であるし、ラタキア物としての使命を果たしている。こちらロンドンミクスチャーはラタキアはやや弱くし、かわりにバージニアをペリクで補強して完璧な世界を構築している。いいたばこに出会った。
 ダンヒルたばこの現存するブレンドでもっとも古いのはロイヤルヨットで1912年に登場するがロンドンミクスチャーは1928年である。じつはこれはダンヒル社の廉価版たばことして発売され、同時に出たスタンダードミクスチャー(こちらはラタキアの含有度合いによりマイルド、ミディアム、フルの3種類があった)と並んで安価だった。イギリスの通貨はわかりにくいので当時のアメリカの価格をみると、ロンドンミクスチャーは1ポンド当り5ドル(1ポンドは450gだから50g缶8個以上になるネ)なのに歴史の古いロイヤルヨットは倍の10ドルもした(1920年代)。当時はダンヒル社が世界のトップブランドに躍りでる時期でもあり、もともとオーダーメイドの「マイミクスチャー」からスタートしたダンヒルが専門マイナー会社から普及品ビッグブランド会社に転換する際の目玉商品がこれだったのではないかと推測できる。廉価版とはいえ内容は充実し「ロンドン」と気負った命名もあってこれぞダンヒル!という自信満々の商品だったのだろう。
 ぼくとしてはダンヒル銘柄のなかではもっともバランスいい、中庸の素敵なたばこを発見できたと満足している。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-12-03 21:37 | ダンヒル | Comments(5)