Jinsen's パイプ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ガーウィズ・ホガース: ブロークンスコッチケーキ

a0150949_17333956.jpg

 イギリスの伝統製法だとたばこ葉はまずプレスされて立方体の「ケーキ」となる。このあとは裁断してミックスしたり、さらに小さなブロックにカットしてフレークたばこになったりとさまざまの工程にわかれる。この「ブロークンスコッチケーキ」は文字通りとするとその最初のケーキをただカットしただけ、つまりもっとも素朴なイギリスたばこ(スコットランド風なのかもしれないが)ということになり、そこに興味があった。
 葉組はバージニア葉のみ。何種かをミックスしたそうで同社の「エナーデール」の葉組と似ているがバーレーは含まない。
 缶をあけると、おッ、「エナーデール」そっくりのビニールで包んだ包装でおなじみのケンダルの甘い香りがきた。たまたまサミュエル・ガーウィズの「ケンダルクリーム」も空いているのだが、よく似ている。なるほどこれがKendal Scentというやつなんだなと再確認した。
 「ケンダルクリーム」や「エナーデール」のブロークンフレークはフレークの形状がのこり、ただダンヒルのように整然としてない、いわば手でちぎったようなフレークだが、こちらは細かく砕いている。ほとんどリボンカット状態である。そしてやや湿り気をおびているので詰めるのがじつに楽だ。
 火をつけると、当たり! Rawのつまり加工されてないヘイタイプのバージニア葉のやや青臭い香り。舌と口腔にややひりひり感があるのは糖分の多い証拠で外人はtongue bite(舌に噛みつく)と呼んでますね。それと甘み。これがなんともナチュラルで野菜でいえばにんじんとかかぼちゃの甘みそっくり。そして酸味、これは最初はかすかだがボウルの終りのほうだと強くなるようだ。
 と、書いてきたが、じつはこのすべてが繊細かつ微妙で、常喫してるラットレーやダンヒルのバージニア物の半分くらいしか迫ってこない。つまりバージニア葉の特徴はくっきり持っていながら全体がほんわかとやわらかい。いや、じつにいい感じだ。
 おまけにKendal Scentが漂いつづけるからバージニア葉の青臭さにこれの甘さがまじり、それがまた心地よい。なーるほどこういうバージニア物もあるんだ。サミュエル・ガーウィズ社とガーウィズ・ホガース社、いわゆるケンダル(あるいはlakeland湖水地方)のたばこの特徴がやっと身につきはじめた気がする。おなじイギリス物でもダンヒルやラットレーとはあきらかに違うのだ。いや、こう書いて気づいたがダンヒルやラットレーは現在はデンマークやドイツの会社が製造しケンダルたばこと隔絶しているのは当然だがさいわい年寄りのぼくは大昔にオリジナルのダンヒルを吸っている。で、その記憶をたぐってみると、ダンヒルはじつに濃いたばこだった。965はあけると堆肥のようなきつい腐敗臭があり、吸うとラタキアの強烈な臭いが漂い、初心者のぼくはたじたじとなった。アンフォーラの赤やハーフ&ハーフのほうがどれほど吸いやすかったことか。しかし、この悪臭は癖になり、やがて心地よくなった。もしこの頃ケンダルたばこを吸っていたらその清涼感、透明感に恍惚となったのではないかと想像できる。ケンダルたばこはそういう位置にあるんでしょうね。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-02-18 17:38 | ガーウィズ・ホガース | Comments(6)

サミュエル・ガーウィズ: ケンダルクリームフレーク

a0150949_1745435.jpg

 しみじみたのしみたいたばこである。
 缶をあけるとふしぎな香り。やや甘く、ややクリーミー。同社の「グラウスムーア」は春の野原にでたようにさわやかな香りだがこちらは木立の多い公園を散歩するようで、ふと「甘い樹木」という言葉を思いついた。そういえばときおり樹木の匂いも漂うような。
 ブロークンフレークで少しわらわら崩れている。しかしこれが詰めるときは凄く楽。適当につまんでくるくると丸め、ぎゅっとダンゴにして押しこむ。最初の火付けにやや苦労するがいったん火がつき、ボウルトップ全体が白い灰になればあとはタンピングもせずにさいごまで吸いきれる。リボンカットは詰めぐあいが固いとかゆるいとか気を使うがこちらは製造過程で固さが調整されているから自然に燃えるままにしとけばいい。
 このケンダルクリームはフレークたばこのなかでは抜群に吸いやすい。
 葉組はバージニアとバーレーのみ。バージニア葉は糖分の含有量が多く、これが舌焼けをおこす原因になる。舌が焼けないまでも口腔全体にややひりひりする感じがあり、これが独特の香りとまじって味を作っている。いっぽうバーレー葉は糖分がゼロに近いのでひりひり感はない。このたばこもバーレーのおかげで味が円く、よく沁みた香りがさいごまでたのしめ、ゆらゆらと経過する時間を旅することができる。
 そのせいかニコチンの酔い心地が気持いい。パイプたばこのレビュアーはニコチンの酔い心地をあまり書かないが、酔い心地いいたばことそうでないたばこがあるような気がする。ニコチンがゆっくり血液にまじり、体内を循環するのを感触するのもたのしみの一つと申し上げたい。
 海外のレビューを読むと、この香りをlakeland scentとかkendal scentと呼んでいて、感じかたはみなさんまちまちである。メロウで心地よいという点では一致してるようだが誰もその原料は知らないし秘密とされているそうだ。イギリスの湖水地方(lakeland)とくにケンダル(kendal)だけの独特の草花から作るらしい。サミュエル・ガーウィズ社と兄弟会社ガーウィズ・ホガース社だけがもつユニークな香りである。
 じつはSG社にはバーレー葉を使ったブレンドが少ないのでこれを買ったのはその興味もあった。識者によると、このたばこはガーウィズ・ホガース社に対抗するために作られたという。兄弟会社だがガーウィズ・ホガース社はバーレーをふんだんに使い、アメリカ市場向けのたばこを作って成功している。SG社もその路線を狙ったというのだが、さてどうだろうか。
 そんなことを考えながら吸うとまたたのしいネ。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-02-13 17:48 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(11)