Jinsen's パイプ

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ロバート・マッコーネル: スコティッシュケーキ ( Scottish Cake )

a0150949_154119.jpg

 ロバート・マッコーネルのこれはVaPer(バージニア+ペリク)の逸品として知られる傑作である。いまはドイツのコールハス社が製造するがつい20年前までのオリジナルはVaPerではこれが一番とするファンも多かった。
 缶を空けると、ブロークンフレークでわらわら状態。脂っこいストーブドバージニアの匂いが期待をそそる。
 じつは昨日までラタキア物ばかりだったので、火をつけると、ああ、これだ、やはりぼくはペリク好みなんだとホッとしたが、いや待てよ、VaPerとはやや異なる味がする。ペリクはかなり強くて、それは満足だが、ボディのバージニアに異質の味がある。これはケンタッキー葉の味じゃないだろうか。
 念のため葉組を確認すると、やはりケンタッキー+バージニア+ペリクとあった。うーん。ぼくはオリジナルのこれを吸ってないので何ともいえないがVaPerの評判はどこからきたのだろう。海外のレビューをみると、やはりVaPerとするレビュアーが多く、ケンタッキーあるいはバーレー(ケンタッキー葉もバーレー種である)も少量含まれると書いたレビュアーも少数だがいる。
 さてこれからはぼくの推論になる。オリジナルのこれはVaPerだったとぼくは思う。そうでなくてはあれだけの評価がえられたはずはなく、またぼくが買った缶の裏に貼られた説明には「バージニア+ペリクである」と明確に書かれている。しかし昔のペリクは純正ペリクだったはずだがいまのこの缶のペリクはアカディアン・ペリク、つまりケンタッキー葉のグリーンリバーバーレー種に漬けたペリクと思われ、これは吸ってわかった。アカディアン・ペリクを使えば当然ケンタッキー葉の味がするので、コールハス社はオリジナルにはないケンタッキー葉を葉組に表記したんじゃないだろうか。しかしむしろこれは良心的な表記で、たとえばまちがいなくアカディアン・ペリクを使っているスリーナンズがそれを表記してないのはあきらかに不当である。おかげでスリーナンズは「(純正)ペリクを使ってない、これはスリーナンズじゃなくてケンタッキーナンズだ」という悪評すらあるんだからネ。
 ケンタッキー葉はちょっとクセの強いバーレー種である。ふつうのバーレー葉は丸く、ナッティ風味でおとなしい味だがケンタッキー葉はバージニア葉に似た陰翳がある。ぼくは前にガーウィズ・ホガース社のケンタッキー葉の単体を買ったことがある。どんな味だが確認したかったのだ。これはやや渋めのバージニアという感じで、スパイシーで、独特の風味がある。バージニア葉はふくよかだがケンタッキー葉はややきつく、エッジがはっきりしている。ちょっとエグいといってもいいかもしれない。たばこに厚みがでるので腰を強くしたいときなどよく使われるが、この葉が好きというかたもいて実際これをメインにしたブレンドもある。
 スコティッシュケーキはケンタッキー葉の味がかなり強いVaPerというところである。しかし、何度か吸ううちにこういうのもありだなと思うようになってきた。バージニア葉だけのVaPerはもちろんいいが、こういう変種があってもいい。ペリクにしたっていまとなっては純正ペリクを使ったたばこなんてあるんだが、ないんだが、それすらわからないのだから、アカディアン・ペリクもペリクなんだと、ぼくは素直にたのしむようになってきた。マ、そうでもしなきゃ、この激動の時代、生きていてたのしくないしネ。だからこのスコティッシュケーキもここのところのお気に入りなのである。
 KenPerもけっこうイケますよ、と申し上げたい。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-09-27 15:09 | ロバート・マッコーネル | Comments(13)

サミュエル・ガーウィズ:  スクワドロンリーダー ( Squadron Leader )

a0150949_2214769.jpg

 この銘品もぼくは初体験だった。おいしいたばことは承知しつつ、ごく一般的な葉組なのでつい目新しいもののほうに目が向いてしまっていた。初めてやって期待をはるかに越える逸品とわかった。
 SG社は缶のデザインがたのしいが、この缶の図柄は一次大戦で活躍したイギリスの複葉戦闘機、ソッピース・キャメル(Sopwith Camel)。たばこの製造も当時でイギリス空軍を称えたものという説もある。ブレンド名は「飛行中隊長」。軍隊用語ではスコードロンリーダーと表記されるが階級が空軍少佐になるので日本では「イギリス空軍少佐」の別名でも知られる。
 葉組はバージニア、ラタキア、オリエントで、缶を開けるとオリエント葉の香りが強くラタキアとバージニアを圧倒する。火をつけると、うっ、これは旨い! すばらしい味わい。
 バージニア、ラタキア、オリエントの壮麗なハーモニーというか、いっそtutti(全奏)というか。オリエント葉のスパイシーでやや刺激の強い味わい、ラタキアの脂っぽい燻製臭、バージニアの青臭い匂い、それがどっと口内にひろがり、それぞれがしっかり主張して止まない。まぎれもなく最高級のイギリスブレンドである。
 初盤はそんな感じだが、中盤、終盤になるにつれて3種が微妙にまじりあい、甘みと酸味を増し、しっくり溶けあってくる。このあたりが一番おいしいところである。さて、この甘みと酸味はおそらく3種の持ち味の総合なんだろうがほかのどのたばこより強く感じた。
 同種のミクスチャーだとダンヒル965がそうだが、ぼくの昔の記憶ではマレー社製965はこれをさらに甘口にし、エッジをぼかした感じでラタキアの香りが圧倒した。965はキャベンディッシュが甘みをつけているからだ。いまのオーリック社製はそのマイルド感がないからこれに似ているともいえるがそれぞれの葉のコクの深さは比較にならない。SG社の200年の歴史は伊達ではないのだ。
 一つ思いついたことがある。この葉組はいわゆるバルカンブレンドとおなじだ。だとすると、それとこの手のイギリスブレンドの違いは何だ? というおなじみの疑問がわく。たまたま前に買ったGH社のバルカンミクスチャーが少しのこってたので吸い比べてみた。うむ。やはり違う。バルカンミクスチャーはマイルドでおだやか、全体がアマルガム化しているが、こちらはそれぞれの葉がはっきり主張しつつ、大きなまとまりを作っている。おそらくバルカンソブラニーがそうだったのだろうし、各社のバルカン商品はそれに追従したという説は正しいように思える。
 おなじSG社のバルカンフレークはどうなんだというと、これはぼくの独断だが、もしそれがかなり後期の商品とすると、SG社としてはおなじ葉組でスクワドロンリーダーという傑作がすでにある。そこでSG社はわざとオリエント葉を外し、バージニアとラタキアだけでマイルドなたばこを仕上げ、バルカンブレンドとして市場に送り出した。などと想像してみたのだが、いやいやこれはおいしいたばこでヤワになった頭がでっちあげた妄想、というとこですかナ。
 しかし、なんと旨いたばこだろう。みなさんが絶賛されるのももっともである。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-09-13 22:17 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(39)

ガーウィズ・ホガース:  ボブズチョコレートフレーク ( Bob's Chocolate Flake )

a0150949_1827193.jpg

 ガーウィズ・ホガース社のたばこでも1、2を競う銘品である。ぼくは初体験でした。
 缶をあけると、ああ、おなじみのケンダル芳香。アメリカ人は石鹸臭いといい、ぼくは前におばぁちゃんの箪笥をあけたときの臭いと書いたあれ、エナーデールに共通する。
 ブロークン・フレークで、板ではなくわらわらにほぐしてあるので詰めやすい。
 火をつけると、やはりケンダル芳香は強いが底にチョコレートの甘みがのる。バージニアの香りはおとなしく、丸みがあるのはバーレーを含むせいだろうか。やや塩味がある。博識なG.L.ピースは塩を含まないたばこはないがふつうほとんど感覚できないと書いている。ぼくもたまにしか感じないがこのたばこでははっきり味がした。
 しばらくやってて気づいたがじつにクールスモーキングできる。バージニア葉は熱くなりがちだがこのたばこはほんとにクールで強めに吸っても熱くならない。それと、何か、バージニアとバーレーだけにしては複雑な味がある……。
 念のため葉組の解説を読んでびっくりした。バージニア82%、バーレー10%、なんと、ラタキア8%!
 うーん。ラタキアはまったく香らなかった。あの独特の燻製臭がないのでぼくは感覚できなかった。
 そこで2服めはじっくり味わってみると、やはりラタキアははっきり顕在化してこないが、バージニア+バーレー+ラタキアが非常にユニークな宇宙を形成しているらしいとわかった。この異様なまでのクールネスはそのおかげなのだ。
 じつに奥が深い。深い森をみるように鎮まりかえった景色にチョコレートのねっとりした甘みがのる。火が収まった中盤から終盤にかけてその感じが一層深まり、さらにバージニアの青臭さ、バーレーの丸い味もくっきり、そして、あ、たしかにラタキアだと感覚できる瞬間がときどきあった。
 あるイギリスの識者はケンダルたばこの2社のうちサミュエル・ガーウィズはバージニア葉に利点があるがGH社はバーレー葉の使い方がうまく、音楽でいえば低音が利いていると書いている。ぼくはそこまでは感覚できないのでまだまだガキだなと反省するがラタキアのこういう使い方があることも初めて知った。はっきりラタキアとわからせない。しかし大半を占めるバージニア葉の弱点を撓め、さらに腰を強め、ユニークな味わいをだす。すばらしいブレンド技術であるし、これぞイギリス伝統のわざといいたい。
 海外のレビューを読むと、それもアメリカ人が多いがおおかた絶賛である。これは推測だがこのたばこはアメリカ市場を意識して発売したのではないかと思う。まず命名がそれらしい。さらにバージニア葉特有の舌焼けがまったくない。ここに舌焼けと書いたのはtongue biteの厳密な意味で、糖分の多いバージニア葉にありがちな舌のチリチリ感のこと。過燃焼による舌のやけど(tongue burn)とは違う。アメリカ人は舌焼けが嫌いらしく、そもそもバーレー葉は糖分が無いおかげで舌焼けしない、まったくアメリカ人好みで開発された品種だった。8割かたバージニアなのに舌のチリチリ感がないこのたばこは奇蹟のブレンド技術の賜物で、これならアメリカ人にも受け入れられるはずだと考えたのではないか。素人の推測ですがネ。
 3服め。このたばこの吸い方になれてきた。バージニア+バーレー+ラタキアのユニークな味わい、手に持つボウルの暖かさよりさらに冷やっこいとさえ感じるクールさ、そこに塩味とチョコレートの甘みがアクセントをつける。すばらしいたばこである。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-09-02 18:29 | ガーウィズ・ホガース | Comments(10)