Jinsen's パイプ

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ガーウィズ・ホガース: ベストブラウンNo2 ( Gawith Hoggarth: Best Brown No2 )

a0150949_1724091.jpg
 GH社はバーレーの使い方がうまいと評判だがバージニアとバーレーをブレンドした銘品にブラウンフレークがある。これは無着香と着香、2種あるがあいにく通販会社で欠品していた。このベストブラウンNo2は着香ブラウンフレークと葉組がおなじ別ブレンドである。どこが違うのか、わざわざNo2と名づけたのは何故か、まったくわからないがとにかく試してみた。
 缶をあけるとおなじみのイギリス香が漂う。フレークといってもダンヒルのような精密裁断ではない。ナタで削ったようなわらわらの板でぼくはこのほうが親しみがもてる。2枚とり、くるくると丸めてボウルに詰める。フレークは詰めるのも吸うのも手軽で楽だ。
 火をつけると、イギリス香はごくわずか、バージニアの甘みと酸味にバーレーのつるんとした乾いた味が同時にきた。じつはこのところフリボーグ&トレイヤーのバージニア葉を毎朝やり、ちょっと舌にひりつく感触になれていたが、こちらはバーレーのおかげでそれがまったくない。いわば達磨さんのようにお尻が丸まってる感じ。バージニア葉は糖分が多いので多かれ少なかれ舌にひりつく感触tongue biteがあり、なかにはこれを嫌う人もいる。ベストブラウンNo2はバージニア葉の特徴はきちんと香らせながらその点だけは回避している。なるほどこのあたりが評判の原点なんだろうか。ある識者は、GH社はバーレーがみごとな低音を奏していると書いているが、それもこのあたりからくるのだろうと頷けた。
 バーレーファンのかたはもちろんだがマイルドなバージニア物が好きというかたにも適したたばこと思う。
 ところで「イギリス香」という語を使ったが、これはEnglish flavourとかEnglish scentと呼ばれる語のぼくの勝手な訳語である。ぼくのブログではこれまで「ケンダル芳香」という言葉を使ったきた。これはアメリカ人がこの香りをKendal scentと呼んでいてその訳語だった。つまりGH社やSG社、いわゆるケンダル地方のたばこ特有の香りということである。
 しかし、この香りはケンダルたばこだけではない。ぼくの体験ではイギリスのベストセラー・パイプたばこのコンドルやセントブルーノにもこの香りはあるし、マレー社のエリンモアにもある。そしてイギリスやヨーロッパではこの香りをEnglish flavourと呼んでいるのにアメリカ人だけが何故かKendal scentと呼んでいるのだ。
 GH社のエナーデールはこの香りがもっとも強烈だが、そこにはアーモンドとバニラを混入し、ふつうのイギリス香たばことやや一線を画してしいる。このあたりになるとケンダル芳香といってもいいかもしれないがベストブラウンNo2くらいおとなしいのはやはりイギリス香といったほうが適切と思える。
 というわけで今後は「イギリス香」という語を使います。English flavourもしくはEnglish scentのことと思ってください。
 このたばこは忘れたころにイギリス香がほんのり漂い、品のいい、甘い、マイルドな、しかししっかりバージニア味がするたばこです。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-12-22 17:07 | ガーウィズ・ホガース | Comments(4)