Jinsen's パイプ

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サミュエル・ガーウィズ: チョコレートフレーク ( Samuel Gawith: Chocolate Flake )

a0150949_2033412.jpg
 このブログにコメントをくださるmifuneさんが「SGのチョコレートおいしいですよォ」と書いてくださった。じつはぼくもいまやってて、空けたのはペーター・ハインリヒのカーリィと一緒、ただそちらを先に書いた。
 前にGH社のボブズ・チョコレートフレークがとてもおいしく、比べてみたくなったのだ。
 あいかわらずのSG社フレークで開けると熟成バージニアの匂いにチョコレートの香りがまじる。火をつけると、ウムム、丸い味だ。バーレー葉の丸い味わいがバージニア葉とうまくミックスされ、バージニア葉特有の匂いやヒリヒリ感をやわらげている。ちょうどいまはFVFも空いていてそれと比べると特徴がよくわかる。FVFはバージニア葉のあらゆる特徴をフルに発揮するから青臭さもあり、ちょっと口内を刺激する強さもあり、ふしぎなお花の香りが漂ったりする。こちらは喫味がひたすら丸く、やや物足りない気もしないではないが吸っていて心地よい。さらに甘いチョコレート風味がのり、これがまた心地よい。飽きのこないたばこだ。
 ではGH社のボブズ・チョコレートフレークとどう違うかというと、ぼくには差異は感じられない。どちらも少量のラタキアを隠し味でいれ、これが喫味をクールにしている(ラタキア自体は感覚できない)。それと比べるとFVFはホットなたばこといえる。このクールネスが心地よさに通じるのだと思う。
 このたばこの缶に「ケンダル市長コレクション」とあり、社の解説には「これは『サミュエル・ガーウィズの一番』コレクションに最初に収められたたばこです」と書かれている。カタログを探すとこのコレクションにはほかにサムズフレーク、ウエストモーランドミクスチャーが収まる。何が基準かはわからないがどれもマイルドで吸いやすいたばこ、やはりこのあたりが常喫に適ということになるのだろうか。
 このチョコレート風味だが、ぼくが好きなマクバレンのバニラクリームもバニラ風味が強くて手がでないときがある。香りを前面にだした着香たばこはときとして嫌味になるがこのたばこのチョコレート風味はごく薄く、海外のレビューでも「どこがチョコレートなの?」というのがあって笑っちゃう。人によっては感覚できないていどなのだ。しかしこのたばこもGH社のボブズチョコレートもともにフレークたばこでミクスチャーではない。フレークはことのほかクールスモーキングでゆっくり吸うものだからじっくりやってるあいだに唇のあたりにわずかに甘さがのったり、漂ったりしてくる、そのていどの着香で、これがまた気分いい。
 ぼくはまだ修行がたりなくて、バージニア葉の味わいをフルに発揮したFVFや、ストーブドバージニアに蜂蜜とミルク味を加えた奇蹟ともいえるロイヤルヨットなどに心酔しているが、ほんとのパイプ吸いはこのたばこの軽み、かすかなチョコレート風味、ゆったりした喫味、これこそパイプの楽しみだというかもしれないとふと思ったりする。それが「ケンダル市長コレクション」に真っ先に加えられた理由なのかも。
 パイプたばこは奥が深い。ヒトの本性を教えてくれる。ぼくはまだひよっ子だと反省した。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-02-20 20:35 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(80)

ペーター・ハインリヒ: スペシャルカーリィ ( Peter Heinrichs: Special Curly )

a0150949_1174470.jpg

 OPA! と歓声をあげたくなる旨いたばこである。
 ぼくのブログにコメントをくださるいまむーさんに紹介された。いまむーさんは、これもときどきコメントいただく天邪鬼さんのブログで知ったということでお二人にはお礼申し上げます。
 ぼくが知らない銘柄なのでネットで調べてみると、いやはや、無知というのは恐い。知らないのは日本人とアメリカ人くらい。ヨーロッパでは超有名な銘柄だった。
 ペーター・ハインリヒ(英語読みだとピーター・ハインリクスになる)はドイツ、ケルン市のパイプショップで、ヨーロッパで1、2を争う名店だった。ケルン市に3店舗を持ち、さらに個人コレクションを収蔵したパイプ博物館も持っているというから凄い。自家製パイプたばこも販売し、すでに300品種を数える。自社工場は持たないので製造は委託、どこかは不明だがマクバレンではないかとの噂もある。このスペシャルカーリィは近年発売されたもののようで(たぶん2002年頃)、オリジナルのスリーナンズやエスクードが復活したと評判になっていた。
 ぼくが購入したのは100g缶である。缶をあけると、2cm径ほどのコインたばこがかなり崩れ、わらわらにほぐれたなかにコイン状が点在する感じ。熟成臭が強いが、少し乾き気味だった(つまりほんのり湿っているていど)。この大きさはスリーナンズとおなじだが、昔のスリーナンズはじくじく湿っていてコインが半ば溶けかかっていた。そして強烈な熟成臭があり、やや腐敗したような臭いたばこだった。
 で、火をつけると、ああ、これはまさしくスリーナンズそのもの、厳密にいうと90%そっくりだ!
 コインたばこは葉をロープ状に撚って作られたものである。こよりを撚るように重ねた葉を合わせて撚り、まずロープたばこを作り、それを輪切りにしてコイン状に切り出す。SG社やGH社はいまだにロープたばこを製造していて、ぼくが前にGH社のロープたばこ「カーリィカット」を買ったときこれはペリク抜きのスリーナンズだと感動したことがあった。
 しかし現在のスリーナンズやエスクードはこの面倒な過程を簡略化している。ロープに撚るかわりに葉をプレスして板状にし、それをくるくる巻いて海苔巻き状にしたものをスライスする。たしかにこれもコインたばこになるが、これはかたちだけ真似たフェイクである。味がまるで違う。
 あるドイツの好事家の記事をネットで読むと、ハインリヒ社はこのたばこをかつてエスクードを作っていた製造機械を使って作ったとあった。エスクードは1870年にイギリスのthe Cope Brothers社が発売、のちにギャラハー社に買収されたが1994年まで製造は続いた。そのあとデンマークのA.C.ピーターソン社がもともとの製造機械を使ってこれを再現するがそのA.C.ピーターソンもオーリック社に買収され、製造方法は近代化されていまはフェイクたばことなった。この記事を信じるならハインリヒ社は往事の製法そのままで作っているはずである。
 たしかに喫味はGH社のロープたばこに酷似している。葉巻のラッパーに使うやわらかい葉の味があり、プレスで作ったフェイクたばことは格段に相違する。ぼくはこの記事を信用したい。このまろやかなバージニア葉の味わいはGH社なGH社のたばことよく似ているし、まっとうな製法で作ればおなじバージニア葉もこれほどふくよかな味になるというのがわかる。
 ただひとつ、ペリクに問題があると思った。往年のスリーナンズのあの熟成臭はあきらかにルイジアナ真性ペリクだったがここで使われているペリクはケンタッキー葉のアカディアンペリクと思う。酸味と甘みが薄く、昔のあの何ともいえない臭みがない。これはたとえてみると往年のマレー社製ダンヒル965のあの臭み、シリア産ラタキアを充分熟成させた臭いと、今のキプロス産ラタキアの加熱早生熟成の違いとおなじである。
 とはいえルイジアナ真性ペリクなんてのは半ば伝説のかなたに消えたようなものだからそれを望むのは酷というものだろう。ぼくは90%で満足しなければいけない。この点はいまむーさんも指摘されていた。
 ちょっと考えさせられることがあった。ハインリヒ社はヨーロッパでは知らない人がいない有名ショップらしいがネットの記事は少なくてぼくは気づかなかった。これが問題で、インターネットはアメリカ主導だからたいへん偏っている。インターネットで世界情勢を知るのはアメリカの色眼鏡で世界を見るのとおなじである。ぼくがハインリヒ社について調べたときはドイツのネット記事を読むしかなかった。
 もうひとつ。ハインリヒ社はオリジナル自家製ブレンドを300種ほど販売し、ヨーロッパ人はラタキアならNo39がいいとか、いやNo15がいいとかたのしんでいる。一方極東に住み、アメリカ経由の情報にしか接していない日本人は知名度のあるダンヒルとか、スリーナンズとか、いまは商標権を所有する外注会社が製造するたばこしか知らないですませている。なんともお寒い話である。
 いまのところぼくはイギリスの名家、SG社やGH社のたばこに固執しているが、それは200年もの伝統を持つたばこからたばこ本来の味をからだに沁みこませたいからである。もしそこを卒業でき、先に進もうとするなら、さしづめハインリヒ社のカタログを片っ端からやってみるのもいいかなと思わせられた。ヨーロッパ人ならイギリスの名家に劣らずたばこの喫味の奥義を承知しているはずである。つまり文化を体得してる。ホットドッグとバーガー以外料理らしい料理を知らないどこかの国とは大違いである。

 ペーター・ハインリヒ社のサイトは下記である(urlをクリックすれば飛べます)。
 http://www.peterheinrichs.de/
 ドイツ語表記で、英語表記もあるがホームページのみ、なかはすべてドイツ語で読みづらいが一度はお訪ねください。

 いい経験させてくださったいまむーさんと天邪鬼さん、ありがとう!

[PR]
by jinsenspipes | 2012-02-11 11:17 | ペーター・ハインリヒ | Comments(17)