Jinsen's パイプ

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

G.L.ピース: ジャックナイフ-レディラブド ( G.L.Pease: JackKnife - ready rubbed )

a0150949_2212071.jpg
 前にペーター・ハインリヒのダークストロングフレークを書いた。このたばこはオーリック社のすでに製造中止になったダークストロングケンタッキーと中身はおなじらしいが、おなじ製造方法のたばこがアメリカでも発売になり、それがこのジャックナイフである。
 いつもコメントをいただいてるtango6さんとmifuneさんは試しずみで、おいしい! と教えていただいたのでさっそく注文した。プラグとレディラブドがあり、本来ならプラグを買いたいところだが、ぼくはものぐさだから吸うたびにナイフで削るのはいかにもめんどう。三日坊主でオクラになりそうなのでレディラブドにした。
 このたばこはバージニア葉とケンタッキー葉をミックスせず、それぞれの層にわけてプレスする手のこんだ作りである。ぼくが買ったレディラブドだとわかりずらいがブラグならはっきりその層が区別できるはずである。
 吸ってみると、ああ、やはりこれは逸品だった。青臭さののこるバージニア味がしっかり、プラスしてケンタッキーのやや樹木の皮のような硬質の味もしっかり。それが、ふしぎな体験なのだが、混じってくるというより別々にくる感じがした。しかしこれはほんの吸いはじめで、少しするといわば第三の味といいたい別種の味がくる。これについてはちょっと言葉で書きづらいのだが、平らな感じでややチョコレート風味、少し乾いている。あいかわらずバージニア味はあるしケンタッキーは香りとしてのこっているところにくわえてこれがくるのだ。
 これはぼくは初めての感覚だった。何なのだろうと、G.L.ビース自身によるこのたばこの説明を読んでみるとこんな一節があってなるほどとうなづけた。
 「ほかの製造業者ならブレスする前に葉を混ぜてしまうだろうが、私がケンタッキー葉とバージニア葉を別々の層にしたのは見ためがおもしろいからではない。私が考えたのは、二つの葉の持ち味が喫煙者の口内ではじめてまじりあうことで、あらかじめ混ぜてしまうのとは違う。このやり方は、作るのはむつかしいが、結果は歴然としていると思う。」
 納得する。第三の味と書いたのがつまり「喫煙者の口内ではじめてまじりあう」ことで生まれた味だった。
 さて、この第三の味だが、これはじつはハインリヒ版のダークストロングフレークに共通する。しかし、思い出してみると(そちらはもう吸いきってしまい手許にない)ハインリヒ版はどうやらかなり着香してあったようで、この第三の味がもっと甘く、チョコレート風味も強かった。つまり甘味料やチョコレートフレイバリングがしっかりほどこされていたようである。なので最初からそのお菓子のような甘い味が先にきてバージニアやケンタッキーの風味はほとんど隠れていた。
 一方、ピース版ジャックナイフは無着香たばこである。このあたりは純粋主義者のG.L.ピースらしい配慮だ。その結果、ジャックナイフでは、バージニア、ケンタッキー、第三の味、それぞれがたのしめる奥深い味わいになったのがハインリヒ版は(もとをたどればオーリック版というべきだろうが)過程はとばして「喫煙者の口内ではじめてまじりあう」味にだけ注目し、それをさらに着香して強調した。それが「売り」の商品に仕立てたわけである。
 ぼくは単純にハインリヒ版ダークストロングフレークをおいしいと感じ、100g缶をあっという間に吸いきってしまった。それはこの商品性が的を射たわけである。それに比べるとピース版はややくろうと向け、というところだろうか。
 しかしこの2層にわけてプレスするアイディアはいつ頃からあったものなのだろうか。G.L.ピースのジャックナイフは発売が昨年だがハインリヒ版の前身、オーリック版はかなり前から市場にでていたようだからそもそものアイディアは昔からあったものじゃないかとも思う。そのあたりはぼくにはわからない。
 でも、ぼくはハインリヒ版のヨーロッパの老練なプロの手になるお菓子味も好きだし、ピース版ジャックナイフのやや学生の卒業論文めいた底深い味も好きだ。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-07-22 22:20 | G.L.ピース | Comments(15)

マクバレン: HH ヴィンテージシリアン ( MacBaren: HH Vintage Syrian )

a0150949_1718739.jpg
 マクバレン社のHHシリーズはまずこのヴィンテージシリアン発売に始まる。2006年である。つぎにメイチャーバージニア、そして前に書いたアカディアンペリク(2009年)とつづく。
 HHシリーズはマクバレン社の創設者、Harald Halbergのイニシャルで、そもそものアイディアは、小細工を排し、たばこ葉そのものが持つ味わいを充分ひきだしたものと説明されている。とくにこのヴィンテージシリアンのレシピは120年も昔、当時流行した「自然に還れ」たばこを模したものだそうだ。
 缶を開けると、ラタキアとオリエントの香りが強かった。火をつけると、やはりその通り。しかし舌にとろりとくる甘みがありオリエント葉の荒さをやわらげている。この甘みはトッブフレイバリングでこの段階でマイルドなラタキア物と思ってしまうとえらい間違いである。やがて中盤にかかるあたりでこれは消え、かわりに別種の甘みがたち上がるがそれはまぎれもなくラタキアの甘みである。
 これはまったく未経験のたばこだった。ふつうのラタキア入りイギリスブレンドとはまるで異なる。葉組をみるとラタキアが何と40%〜50%。約半分。そこにたっぷりのオリエント葉、くわえてケンタッキー葉、のこりがバージニア葉とあった。ぼくの印象はラタキアとオリエントの二重奏という感じである。
 たまたま手許にダンヒル965があり、比べてみると、そちらはまぎれもないイングリッシュミクスチャー。中心にバージニア葉の旨味があり、香りづけにラタキアを配し、さらにキャベンディッシュで甘みをつけている。あまからを見事に案配している。それにくらべるとマクバレンのは辛いたばこである。
 海外のレビューを読むとこのたばこはラタキア・ファン、オリエント・ファンに喝采で迎えられていた。なるほど中盤以降の喫味はラタキア味とその独特の甘み、それとオリエントのスパイス味、やや粗いがナチュラルな風味がどーんときてお好きなかたにはこたええられないだろう。ところがぼくはどちらかというとペリク・ファンだし、バージニアの青臭さが好きなほうなのでこれはちょっと辛く感じる。
 さいわいHH アカディアンペリクが残っていたので比べてみる。やはりそちらはペリクの甘みと酸味があり、ぼく好みの味わいだった。しかしこのアカディアンペリクとヴィンテージシリアンのラインナップ、興味深い。パイプ喫煙の初心者がいて、ペリクもラタキアもわからないが、甘口がいいといえばペリクを、辛口がいいならシリアンを薦めればいいのだ。もっとも人工甘味料たっぷりのたばこはごまんとあるからあくまでもたばこ本来の味わいで、という注釈つきである。
 そんなことを考えながらもう一度ヴィンテージシリアンにもどってみると、ぼくの好みはさておき、このたばこは並々ならぬ深みがあることに気づいた。ラタキアの香りと甘みがあり、オリエントのスパイス味、気がつくとトルコ葉もまじっているのでその葉巻味のスモーキーな香りもある。このあたりはラタキア・ファン、オリエント・ファンに尽きぬ話題を提供するだろう。さらにあらためて知ったのだがアカディアンペリクもベースにケンタッキー葉の味わいがあり、こちらヴィンテージシリアンにもどこかにケンタッキー葉の影がある。
 さて。あとはシリア産ラタキアについてである。ラタキアには2種、シリア産とキプロス産がある。じつは昔のラタキアはすべてシリア産で、ぼくの記憶にもかろうじてマレー社製965のシリア産の味覚がのこる。なにしろ1970年代のこと、ぼくも初心者だったから明瞭ではないが、漠然とあるのは、香り高く、丸い味でその後のキプロス産のつんつんした味わいとは違ったようだ。しかしそのあとシリア政府はラタキアの輸出を止めたので以後はキプロス産のみとなる。オーリック製965をやったときはずいぶん粗い味だと思ったものである。
 たぶん今世紀に入った頃と思うがふたたびシリア産が市場に出た。しかし製法が昔と異なり、往年の味わいはないとする識者が多い。くわえて永年キプロス産になれたおかげでいまではキプロス産ファンもいてかならずしもシリア産が上というわけではない。ラタキア物の海外レビューでも、キプロス産の長所をあげたものがかなりある。
 ではこのヴィンテージシリアンはどうかというと、正直いってぼくはわからない。つまり現在のシリア産とキプロス産の違いについて明確なイメージはないのだ。しかしぼくはこのシリア産に不足はないし、香り、味、甘み、申し分ないと思っている。
 しかし、ぼくはオリエント葉(ラタキアもオリエント葉の一種だ)の知識が貧弱なことを痛感しましたね。このたばこがあるうちにラタキア、オリエント、トルコ葉、そのあたりの深奥をじっくり吟味してみたいと思ってます。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-07-07 17:21 | マクバレン | Comments(4)