Jinsen's パイプ

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サミュエル・ガーウィズ: ブラッケンフレーク ( Bracken Flake )

a0150949_21175831.jpg
 SG社の現行フレークたばこ12種の、ぼくが未体験のさいごのたばこである。これでぜんぶやったことになる。
 缶を開けるとFVFとほぼおなじ。大きさがまちまちの黒い長方形フレークのたばこ。しかし香りが違う。かすかな熟成臭におなじみの甘いケンダル芳香がありそれにまじってもう一種、どこかキリッと締まる香りがある。いい感じ。湿りぐあいはFVFに似ていて摘むと指にじとっとくる。
 ぼくのパイプは浅いのが多いので手頃な1枚をとり、縦2つ折り、横3つ折りにして詰めてちょうどいい。火つきも火持ちも抜群によかった。
 火をつけると、あ、これは! ケンタッキー葉の味がどーんときた。FVFはもろバージニア味でやわらかい感触だがこちらはケンタッキーの強い香りと味わいで剛健な感触。男性的といおうか、紳士的といおうか、これと比べるとFVFは女性的なたばこと一瞬思ってしまう。海外のレビューでピーターソンのアイリッシュフレークを思わせるというのを見かけるがなるほどとも思う。酒にたとえると辛口、チョコレートならビター味である。
 SG社のカタログによると、葉組はケンタッキー葉+dirk-firedバージニア葉とある。このdirk-firedバージニア葉は同社の1792に使われている葉で、またSG社のブラックキャベンディッシュはすべてこの葉から作られているらしい。ガーウィズ・ホガース社のカタログにもdirk-fired葉の記載があってそこには煙をあげる火の上にぶら下げて乾燥させると注釈があった。バージニア葉はflue-cured (熱風乾燥)が通常とされているからこれは特殊なバージニア葉らしい。SG社のこれはタンザニア産、GH社はマラウィ産である。しかもブラッケンフレークのこの葉はかなり入念に蒸したりオーブンで焼かれたり、いわばこってり料理されているようである。またケンタッキー葉だがカタログでみるかぎりSG社のケンタッキー葉はこのブラッケンフレークにしか使われていない。ぼくのラスト体験たばこは数あるSG社の製品のなかでも特異なものであるらしい。
 火持ちがいいので終盤まで再着火なしてやっているとケンタッキー味がますます優勢になってきた。
 ぼくは数年前までケンタッキー葉をよく知らなかった。これじゃいかんと思い、GH社のケンダル・ケンタッキーを勉強のつもりで買ってみた。これはバルク売りだけのたばこだが着香してあって吸いやすい。ケンタッキー葉はもともとバーレー種だが火力乾燥させていわばくせをつけたたばこでラタキアやペリクと並ぶ香りづけたばこである。ぼくが単体で吸った印象は、バージニア葉を青臭い草の感じとすると、こちらは樹木の皮のような、やや硬質な味わいだった。かなり独特なスパイシーな香りがある。これを知ったあと常喫のアンフォーラをやっているとときどきその香りが漂うことがあった。アンフォーラにはケンタッキー葉も使われているらしく、しばらくたつうちにおなじみの香りになってきた。
 じつはバージニアたばこの腰を強くするためにごく少量のケンタッキー葉をまぜるということもあるらしく、この味を知ってからはそういう調合ぶりもわかるようになった。しかしブラッケンフレークのケンタッキー味はモロである。バージニア葉とのブレンドぐあいが抜群なのかもしれないが、スパイスたばことしての嫌味はまったく感じさせず、ひたすら特異ながら心地よい香りがたのしめる。コモンウェルスが意表を衝いてバージニア、ラタキア半々にしながらじつに吸いやすいたばこになっているように、どうやらSG社は常識に反抗するチャレンジ精神というか冒険心というか、旺盛な会社のようである。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-12-26 21:22 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(30)

サミュエル・ガーウィズ: サムズフレーク ( Sam's Flake )

a0150949_1638496.jpg
 これはmifuneさんからおいしいとコメントいただいていた。ところが欠品が続いてなかなか買えない。ようやく手にはいったので遅くなってしまった。
 SG社の現行たばこのうちでフレークは12種あり、ぼくは10種を体験ずみ、このあとブラッケンフレークを残すのみになった。そちらもすでに発注してあるので、よちよちながら全制覇になる。ミクスチャーのほうはやはり12種、カタログに掲載されているが、ぼくが吸ったのは4種のみ、しかしこちらはレイクランドとかクリスマスミクスチャーとか市場でみかけないものもあって全制覇はむつかしい。SG社はなにしろ200年もたばこ一筋に歩んできた老舗だからそのたばこを徹底的に味わってみればおのずからたばこというものの正体が知れてくるに違いない。ぼくが知らない世界が見えてくるはずだ、と、マァ、思うわけである。
 さて。サムズフレークだが。
 缶を開けると、ヤ、この湿りよう! じくじくと濡れていた。まるで昆布の佃煮みたい、不揃いなフレークがペチャッと折り重なっていて1枚剥がすのに苦労するほど。ぼくの知るたばこではジャーマインのペリクミクスチャーがやはりそうだったが、もっとという感じ。後日談になるが翌日になったらじくじく感はぬけ、FVFくらいになり、数日後にはちょうどいい乾燥ぐあいになった。缶入りたばこは開けるとこんなに早く乾いてくるものなんだな。
 甘い、いい香りがある。これは1792とおなじトンキン豆らしい。火をつけると湿っているわりに火つきがよく、おいしいストーブドバージニアの味わいにトンキンの香りと甘さ、かすかな酸味、もう一種、別の葉がまじっているらしい。
 海外のレビューのなかにこれは焼きたてパンの味だというのがあった。うまい表現である。ふっくらやわらかく、わずかに甘い香りが漂う。ぼくはふと和菓子を食べてるみたいと思った。トンキン豆の甘さがやわらかい煙とともに口にひろがりそう感じさせるのである。
 紹介文によると「バージニア葉とトルコ葉をブレンドしたあと熱いオーブンのなかで圧縮し、裁断したのち軽く着香しました」とあった。そうか。トルコ葉が入っているのだ。バージニア葉のほかに何かあるなとは感じていたが。
 このたばこは火つきも火持ちもいい。むしろよすぎてうっかりするとどんどん下に燃え進んでしまうから吹き戻しをしっかりしないといけない。これはトルコ葉のせいかもしれない。また日にちがたち、乾燥してくるにつれて燃焼も早くなるようである。最初の濡れぐあいはむしろそれにブレーキをかけているのかとも思った。気むづかいしいたばこではある。
 ぼくはこのたばこで勉強させられたことが一つある。これは特別際立った味があるわけでなく、シンプルで軽いストーブドバージニア味である。しかし吸っているとじつにいい気持にさせられるのだ。焼きたてパンというのはまさにそれで、濃い味がなくてもこのやわらかい、ふっくらした、甘い香りを吸っているだけで清涼な、晴れた朝のような幸福感をおぼえる。こういうたのしみもまたパイプ喫煙の要素の一つなのだと思い知らされた。
 このたばこはケンダル市の市長さんお気に入りだそうだが、いいセンスですね。ピーターラビットがとび跳ねる湖水地方ののどかな光景が目にうかんでくるようである。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-12-05 16:41 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(6)