Jinsen's パイプ

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

読み物: シャーロック・ホームズのパイプ 3

a0150949_21583885.jpg
 ホームズ愛用のたばこは何だったか。
 はっきり記述があるのはシャグたばこ(shag)である。

◯バスカヴィル家の犬
「『ワトソン君、出かけるのかい?』
 『用があるなら出かけなくてもいいよ』
 『いや、君の手をかりるのは、いよいよ仕事にかかってからさ。しかしこんどのはすばらしい。ある点からいえば、まったく特異な事件だよ。ブラッドリの店のまえを通ったら、いちばん強いシャグ煙草を1ポンド届けさせてくれないか。たのむ』」

◯ 唇の捩じれた男[冒険]
「この日も彼が徹夜の用意をしているのが、私にはすぐ分かった。彼は上衣とチョッキを脱ぎ、そのうえから大きな紺のガウンを着て、部屋中を物色して寝台からは枕を、ソファと肘掛椅子かにはクッションを集めてきた。そしてこの材料をもって東洋の寝椅子風のものを拵え、そのうえに胡座をかいて膝の前に1オンス入りの強いシャグ煙草とマッチの箱をおいた。愛用のブライアのパイプを口に、ぼんやりと天井の一角を見すえて、鷲のように鋭い緊張した顔を浮きあがらせ紫の煙をたちのぼらせながら無言の行をしている動かぬ姿が、ほのぐらいランプの光のなかに見えていた」

 シャグたばこはリボンカットよりさらに細かく刻んだ葉でそのまま手巻きたばこにも使える。若い頃ぼくがヨーロッパをあちこち旅したときはミュンヘンで買ったスタンウェルのパイプにシャグたばこを持ち歩いた。シャグはクラン、巻き紙はドラム、あちらの学生はシガレットが高くて手がだせず、みなさんこれだった。クランはパイプでも吸えるし、手巻きにしてもいいので便利だった。
 ある識者によると、ホームズの時代のシャグはかなり粗悪品で、たばこ葉のいいところはシガレット用やふつうの刻みパイプ用に使い、いわば余りものを細かく裁断してシャグとしたという。しかしクレイパイプが一般的だった時代はこのパイプのボウルは小さいのでたばこ葉は細かい刻みほど吸いやすかったはずである(いまは逆に標準のパイプだとシャグは燃焼が早すぎて吸いづらい)。かならずしも粗悪品ではなかったと思うのだが、どうだろうか。
 ただおおかたの意見としてホームズはコニサー ( connoisseur、食でいう味にうるさい美食家 )ではなくもっぱらニコチン摂取のためにたばこを吸っていたとされ、これはぼくも同感だ。

 つぎにワトソンのたばこである。
 ワトソンのたばこはホームズ探偵談の第一話「緋色の研究」の冒頭に出てくる。
 一人暮らしで下宿さきを探しているワトソンがおなじ目的でルームメイト物色中のホームズを紹介されるシーンである。二人はここで初めて出会い、このあとしばらくベーカー街221B番地の部屋で起居をともにするのだ。
 この第一話が書かれたのが1886年なので時代設定はそれ以前のことと推定できる。
(余談だが、ぼくの持ってるホームズ本は1955年頃出版のものなので、この番地、ベーカー街221Bがベーカー街221乙になっている。ハハハ。昔の翻訳者は何がなんでも日本語に訳そうとして、ABCの「B」を甲乙丙の「乙」にしたんだナ)

◯ 緋色の研究
「『僕の眼をつけている部屋というのはベーカー街ですがね。部屋としては申し分ない手ごろさなんだ。君、強い煙草の匂いはべつに気にならないでしょうな?』
 『私は自分でもふだんシップス(ships)を愛用しているくらいです』」
◯ 背の曲がった男[思い出]
「『やあ、ワトソン君、まだいいんだろうね?』
 『君だったのか。まあはいりたまえ』
 『はは。びっくりしているね。無理もない。それに患者じゃなくてほっとしたろう。ふむ。相かわらず(独身時代の)アルカディア・ミクスチャーを愛用しているね。服についているその綿みたいな灰ですぐわかるよ』」

 この引用は少しぼくが手を加えた。新潮社文庫版の訳文は「独身時代の」がぬけていて「相かわらずアルカディア・タバコを愛用しているね」になっている。原文は「You still smoke the Arcadia mixture of your bachelor days, then! 」なので上のように手を加えてみた。
 シップスを吸っていたワトソンがアルカディア・ミクスチャーに転向する。ムムム、それはいつからなんだ! シャーロッキアン達が目の色変えて探偵する。
 ホームズとワトソンの出会いが1886年もしくはそれ以前なのは前に書いた。二人はしばらくベーカー街221B番地に下宿するが、つぎに第二作「四つの署名」に書かれた事件でワトソンは依頼人のモースタン嬢と婚約する。新潮社文庫版の訳者、延原謙のあとがきによると結婚は1887年10月1日頃とされる(ここまで推測した訳者も相当なシャーロッキアンだネ)。このあとワトソンはホームズとの下宿さきを出て愛妻とともに医者を開業するだが、突然その家を夜更けにホームズが訪ねたときの話が引用した「背の曲がった男」事件である。冒頭に「私の結婚後、二、三ヶ月たったある夏の夜」とある。
 シャーロッキアン達はこう探偵した。
 軍医としてインドに駐在していたワトソンが帰郷し、ロンドンでホームズとともに暮らす頃は船員が吸う安たばこ、シップスを愛用していた。しかし「四つの署名」事件でモースタン嬢と婚約してからはまさか紳士が安たばこでは恥ずかしい。そこで人並みにアルカディア・ミクスチャーに転向した。もっぱらモースタン嬢との新婚生活を思んばかってのことである、つまりこのたばこを常喫したのは婚約成立後、結婚まで、ホームズと同居した独身時代である、と。
 いやはや。オタクというのはすばらしいものである。

 シップスは当時船員が吸っていたロープたばこだろうと想定されている。つまりNavy Cutの初期のものである。Navy Cutという名称は、文字通り船員用のたばこで、昔はロープたばこだった。Three NunsやEscudoのようにロープを輪切りにしたたばこはもともとのNavy Cutの名残りである。のちにプレス技術が発達し、ケーキたばこやプラグたばこができ、さらにそれをスライスしたフレークたばこが登場してからはNavy Cutはフレークたばこを指すことになる。フレークたばこはそもそも船員用だったのだ。
 ワトソンはイギリス海軍の軍医だったが、イギリス海軍は船員(軍医も)が吸うたばこは航海中は税抜きで提供した。もちろん安たばこだしニコチンも相当きつかった。シップス(Ships)という名に類似するたばこがオランダ製で当時あったという説もあるが、船員たばこを類推させるためにコナン・ドイルが創作した名称という見方が一般的である。
 いっぽうアルカディア・ミクスチャーは実際にあったらしい。ある説によると、カレラス社がこの名のたばこを販売していたそうだ。カレラス社はロンドンに本拠をおくスペイン系の大手たばこ会社で、のちにダンヒルたばこを買収し独占販売する。このアルカディア・ミクスチャーはかなり高価な高級たばこだったようでだから、マ、可愛い奥さんのいる若い開業医にふさわしいたばこだったといおうか。

 さて。例によってホームズ、ワトソンご愛用でなく、事件のなかに登場するたばこに興味深いものがあるが、それはまた次回に。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-02-24 22:00 | Comments(4)

ジャーマイン: キングチャールズ ( King Charles )

a0150949_1619829.jpg
 またまた素晴らしいたばことの出会いである。
 ここのところぼくは本物のイングリッシュ・ミクスチャー探しに熱中している。つまり添加物いっさい無し。バージニア、オリエント、ラタキアのみのシンプルな葉組(ラタキアは無いばあいもあるが)。その配合ぐあいと、入念な熟成だけでたばこ葉の味わいを最大限ひき出しているミクスチャーである。まさにキングチャールズがそれだった。
 缶をあけると、パラフィン紙に包まれている。つまむと指に吸いつくくらいの湿り気。とくに強い香りは無く、ラタキアの匂いも薄い。ほとんどシャグといえる細かい刻み。昔のクレイパイプに最適だったろうと想像する。
 火をつけると、ウッ、これだ! すばらしい旨味がきた。全体に丸く、おとなしい。バージニアの旨味とオリエントのスパイシーな味が溶け合い、ラタキアがかすかに香る。いや、じつをいうと、どれがどれと主張するわけではない。全体に渾然一体となって溶け合い、その総合体が、じつにおいしい。これこそイングリッシュ・ミクスチャーの真骨頂である。
 イワン・リース社のサイトにいい紹介文があり、的を衝いていた。
「このたばこは軽快なタッチのラタキアと良質なバージニア、その入念なバランスが生んだ完璧なイングリッシュ・ミクスチャーです。このたばこを軽いとかマイルドだと評価するのは間違いです。吸ってみれば一目瞭然、イギリスタイプのラタキアを愛好する気むづかしい喫煙者も満足できる豊かさ、複雑さをもっています」
 その通りである。引き合いにだして悪いが、オーリック製ダンヒルのあのつんつんしたラタキアとはまったく対照的である。
 しかし、ここに一つ、時代の流れがある。GH社のCRフレークのところで、その無着香のストレート・バージニア味と比べるとデンマーク製ダンヒルやバージニアNo1は着香たばこだと書いた。ぼくの正直な感想なのだが、しかしじつはぼく自身そちらのたばこを旨いと感じるときがあるのだ。甘みや香りを着香剤で強調した、本来なら不自然なたばこがときとして旨いと思われることもある。そしてこちらはマイルドで少し物足りないと感じてしまうこともある。
 イワン・リース社の紹介文の通り、こちらがイングリッシュ・ミクスチャーの本来の旨味だが、こってり加工したたばこのほうがおいしいと感じてしまう感性も現代人はもち合わせているようだ。いまのダンヒルからスタートした若い喫煙者はとくにそうだろう。たとえばダンヒルフレークは着火後の一服になかなかのバージニア味があり、旨いと思ってしまうがその後の発展がない。いっぽうこのキングチャールズは初めマイルドで物足りない気がするが、吸ってるうちにどんどん深みがでてくる。バージニアをちょっと意気がらせ、軽くハシャがせているオリエントの存在。ほんのときおり、フッとどこからか漂ってくるラタキアの風、天上の音楽にうっとりする気分である。
 年寄りのぼくとしてはおとなしいたたずまいながら一度深入りすると魅力がつきないイングリッシュ・ミクスチャーこそ生涯の友としたいところである。
 ところでチャールズ王というこの商品名、どこからきたのか、気になるので調べてみた。この肖像画はチャールズ2世だが、父親の1世の治世は清教徒革命で国は内乱状態、そのあいだ2世は各地に亡命。ジャーマイン社があるジャージー島にも滞在した。そして先王が首をチョン切られ、2世が王位継承を宣言したのがこの島だったとのこと。ゆかりの地なのである。
 そうそう。ニコール・キッドマンの「アザーズ」の舞台がこの島である。2次大戦中、キッドマンと二人の子供がジャージー島の宏大な屋敷にひっそり住み、出征した夫の帰還を待ちわびている。そこに夜な夜な亡霊が出現するが、じつはキッドマン母子のほうがすでにこの世の人ではなく亡霊だったという不思議な物語。ときどきこのDVDが見たくなるとジャーマインのたばこに手がのびるがこれからはキングチャールズをやり、17世紀のイギリスにも思いを馳せることにしたい。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-02-18 16:23 | ジャーマイン | Comments(14)

読み物: シャーロック・ホームズのパイプ 2

a0150949_2218304.jpg
 ホームズのパイプではないが、殺された被害者がもっていたパイプも登場する。
 以下は被害者の持ち物リストの一覧。

◯ 白銀号事件[思い出]
「ろうマッチが1個、2インチほどの獣脂ろうそくが1本、A.D.P印のブライアのパイプに長刻みの(long-cut)キャベンディッシュたばこを半オンスばかり詰めた海豹皮のポーチ、金鎖のついた銀時計、金貨で5ソヴリン、アルミニウムの鉛筆ケース、書付が2つ3つ、『ロンドン、ワイス会社製』と刻印のついた非常に細くて鋭い、それでいて曲りにくい刃をもつ象牙の柄のナイフが1つ」

 ろうマッチはいまのマッチ(安全マッチ)の前に作られた硫化燐マッチである。いまのマッチはマッチ箱の側面に貼られたストライカー(擦り板)にこすりつけないと発火しない。しかしろうマッチはどこで擦っても火がつくので我国では作られていない(輸入品で売っているが)。獣脂ろうそくはいまのろうそくと違い動物の脂分から作られたもの。マッチはもちろんだがろうそくもパイプ喫煙用じゃなかったかとぼくは思う。つまりろうそくにマッチで火をつけ、パイプを着火したのだろう。
 この持ち物リストを見てホームズはさいごの象牙のナイフに注目する。そしてワトソン博士が「これは医者のほうで白内障メスというやつだ」と看破し、事件解決の糸口となる。つまりこのリストで象牙のナイフ以外は当時の紳士のポケットにありがちなものだと見過ごされることを著者は意図している。マッチ、ろうそく、パイプ、たばこポーチ、いずれも必需品だったのだ。
 さて「このA.D.P印のブライアのパイプ」である(原文は、A D P brier-root pipe)。この「A.D.P」が何の略称か、シャーロッキアン達が目の色かえて詮索してきたが、まだ当たりはないようである。パイプ好きがすぐ思いつくのは「アルフレッド・ダンヒル・パイプ」であるが、残念でした、ダンヒルがパイプを作りだすのは1910年のこと、この小説の発表は1892年だから無理である。おおかたの推測は当時ロンドンに無数にあったパイプ製造会社もしくはパイプショップだろうということになっているが、どなたか探し当てたらたいへんな発見になることうけあいである。

 もう一つ、こちらは留守中にホームズを訪ねた依頼人が置き忘れたパイプである。

◯ 黄色い顔[思い出]
「おや! あのテーブルのうえのはワトソン君のパイプじゃないね? 客が忘れてったんだ。古いブライアに通常たばこ屋で琥珀と称しているまがいものの長い吸い口がついている。いったい本物の琥珀の吸い口といったら非常に珍しいもので、このロンドンにだって本物を持ってる人は幾人もあるまい。なかにハエのはいっているのは本物だと思いこんでいる人もあるが、偽物の琥珀のなかに偽物のハエを入れることがりっぱに職業として存立する世のなかだからね」

 なるほど当時はそうだったのか。貴重な時代証言である。ところでホームズも琥珀の吸い口のブライア・パイプを持っていることは前回紹介した。ホームズの琥珀の吸い口は本物だったか、偽物だったか、想像するとおもしろい。
 さて。この置き忘れたパイプからホームズ流の人物推定がはじまる。

◯ 黄色い顔[思い出]つづき
「パイプというものは、時々きわめて面白いことを教えてくれる。懐中時計とくつひもとを除けば、おそらくこれほど個性を現わすものはあるまい。もっとも今の場合は、そう大して重要な特徴も現れてはいないが、それでもこのパイプの持主が筋骨たくましい男で、左ききで、歯なみが丈夫で、ものごとに無頓着な性癖があり、経済上の苦労のない男だくらいのことはわかる」

 なんと!
 ここからえんえんと謎解きがはじまるが、はしょって紹介すると、
「吸い口を強く歯で噛んである=筋骨たくましい男、歯なみが丈夫」
「パイプの片側が焦げているのはランプやガスの火で着火している証拠。しかも右側が焦げている=左きき」
「パイプとともに置き忘れられたたばこは1オンスが8ペンスもする高価なもの=経済上の苦労のない男」
「ものごとに無頓着な性癖」についてはとくに記述はないが、パイプを焦がしたり、置き忘れたりすることから類推できることなのだろう。
 ワトソン博士相手にこの謎解きをしているところにパイプの持主があらわれる。ホームズの推理通り、背の高い、がっしりした30歳くらいの青年だった。
 さらにこういう一節がある。「このパイプは新しく買ってまず7シリング6ペンスというところだろうが、見たまえこの通り二度修繕してある(中略)これは二度とも、新しくパイプを買いなおすよりも高い修繕料をとられたに違いない」。また、この青年がパイプとともに残したたばこは1オンスが8ペンスもする高価なものとなっていて、このたばこについてはのちほど紹介するが、目が止まったのはパイプとたばこの値段である。
 ある記録によると、当時の貨幣価値は1ポンドがおよそ現在の3万8000円くらいだそうである。すると7シリング6ペンスのパイプはおよそ1万4000円になる。たばこのほうは1オンス約1300円。なるほど、パイプはまあまあの値段。たばこはいまの2オンス缶がイギリスで買うと10ポンド(1500円)くらい。昔は税金も安かっただろうから1オンス1300円はかなり高いたばこということになりそうだ。
 さいごにパイプの着火にランプやガスの火が使われたという記述を補足しておきたい。イギリスのヴィクトリア朝期はすでにマッチが普及していたが、しかしそれ以前の習慣からランプの火にパイプを近づけて着火する人も多かった。また、当時ロンドンにはガスが供給されていたので、市内に無数にあるたばこショップは店内にガスの火口をつけっぱなしにし、客が勝手にパイプに火をつけられるサービスをしていたというからおもしろい。
 ホームズ探偵談はこういう時代を知るてがかりがあちこちにあるのがうれしい。


[PR]
by jinsenspipes | 2013-02-09 22:21 | Comments(19)

ガーウィズ・ホガース: ブライトCRフレーク ( Bright CR Flake )

a0150949_16262749.jpg
 すばらしいたばこと出会えた。
 ネットのある識者がこれはGH社の傑作だとベタ褒めしている。紹介文を読むと、まじり気なしのバージニアフレークとあるので一も二もなく注文した。
 バルク売りなのでビニール袋に収まる。6インチ(15cm)の長いフレークである。これは6インチ四方の同社のケーキから切り出したものだろうと思う。ふつうのフレークはこの長辺を半分にして3インチで缶に収めている。
 かすかにおなじみのケンダル芳香が香るが、ごくわずかで心地よい。エナーデールなどと共通するこの香りは着香というよりも永年つかった機械にしみついた香りなのではないかとぼくは思うようになった。
 適量をちぎって丸め、ボウルに入れた。
 火をつけると、ああ、やわらかい、あたたかい、すばらしいバージニア味。ときおりお花のような、果実のようないい匂いがする。良質のバージニア特有の香りである。しかしこのバージニアにはおなじみの青臭さにまじり、ややエッジのある、ときとしてケンタッキー葉を思わせるクセのある香りがある。もちろん嫌な香りではない。むしろ心地よい。
 甘みと酸味がじつにナチュラルである。たまたまダンヒルのフレークも開いていたが、これと比べるとそちらは少々着香しているように思える。オーリックのフレークやマクバレンのバージニアNo1とおなじで、やはりこれもデンマーク製の着香たばこなんじゃないかと思うほどつまりこちらはナチュラルなのだ。さらにこちらはケーキにしてから長期間熟成しているようで味わいがしっとりなじんでいる。デンマーク物は、俗にかわき物といわれるようにややかさかさしている。手間ひまかけたイギリスたばこは添加物が何も無く、ただ時間をかけてたばこ葉がもつ味わいをしみ出させている。
 社の紹介文には「100%純粋なバージニア葉で無着香。ブラジル、ジンバブェ、マラウィ産のブライトバージニア葉です。当社のフレークはどれもブレスしたのちフレークにする前に充分な熟成期間をとり、葉の香りがベストの状態になるまで待ちます」とある。
 先に紹介した識者によると、この葉はふつうのアメリカ産とは異なるアフリカ産でバージニアで、GH社のさまざまなたばこのベースに使われているようだという。なるほどぼくがやや異質に感じたのはアフリカ産バージニアだからだ。一つ味を憶えた。
 さらに識者はこのバージニア葉はマクレーランド社ならバルクの#2010か缶入りの#22に相当するともいう。マクレーランド社はさまざまなバージニア葉を単体で発売するのでお勉強には最適である。ただぼくは同社のケチャップ臭がなんとも我慢できないので吸えない。残念である。マクレーランド社の当該商品の紹介文にも「ケーキの状態で充分熟成させ、自然な甘みをだしています」とあり、やはり熟成がおいしいたばこのキーになることを示している。とくにこの葉はブライトバージニアで、バージニア葉の先端部分を使い、なお熱風乾燥を弱めにしているので明るい色のはずだが、逆に暗い色をしているのは熟成のおかげに違いない。
 ところで名前についた「CR」、これについてどこにも説明が無い。ただ一つ、通販会社の紹介文に「CRはカロライナ(Carolina)産のバージニアを指す」とある。現在はノース・カロライナ州、サウス・カロライナ州にわかれるイギリスのもっとも古い植民地の地域である。もしそうなら、ぼくが感じた独特の風味はカロライナ産バージニアのもので、このたばこはもともとカロライナの葉を使っていたが現在は味が類似するアフリカ産になったとも考えられる。しかし通販会社の紹介文はあまり当てにならないから真偽のほどはわからない。
 のんびりこれを吹かしていると、つくづくパイプは贅沢な時間の浪費と思えてくる。パイプ喫煙は遥か昔、電話も車も飛行機もない時代、その悠長な時間感覚にこそふさわしい嗜好品と思えてくる。このせわしい世の中に1時間も2時間もかけて微かな煙の味わいをたのしむ。おまけに会社は完成した商品を2年も寝かせて出荷するというんだから地下鉄の線路に恐竜が寝そべってるようなもんじゃないか。
 しかし、ぼくは、あえて現代のせわしい時間感覚から脱落するのだ。2年も寝かせて金利はどうなるんだ、などと世俗の心配はせず、おいしいたばこをひたすら作りつづける弱小企業の絶え入りそうな商品を探しあて、世の中のみなさんがせっせと働く勇姿をしりめに、のんびり1時間、2時間、怠惰な時間を過ごすのである。

[PR]
by jinsenspipes | 2013-02-03 16:32 | ガーウィズ・ホガース | Comments(23)