Jinsen's パイプ

タグ:ジャーナル ( 8 ) タグの人気記事

journal: C&D社のクレイグ・タイラー氏、逝去

a0150949_130140.jpg
 C&D社の創設者、クレイグ・タイラー ( Craig Tarler ) 氏が9月4日 ( アメリカ時間 )、82歳の高齢で逝去された。
(昨夜、9月5日深夜にPipes Magazine社から緊急通知をいただいた)
 クレイグ・タイラー氏は1990年、C&D社 ( コーネル&ディール、Cornell & Diehl )を創設した。この会社の前身の歴史は古く、1880年代にニューヨークで創設されたThe Atlas Blending社がそもそもである。この会社はアメリカたばこよりむしろイングリッシュ・ミクスチャーに関心があり銘品レシピを数多く世にだした。
 1950年代にたばこブレンダーとして著名なJack Cremerがこの会社を買い取り、拠点をペンシルバニア州Carversvilleに移したが1972年、Cremerは引退、Sol LefkowitzがAtlas Blending社を買いふたたび会社はニューヨーク(こんどはロングアイランド)に戻った。そして社名をThe Amar Blendsとかえた。この会社のマーケティング部長だったのが若きクレイグ・タイラー氏である。
 1990年、Lefkowitzは会社を売却する意向を示し、クレイグ・タイラー氏がこれを買い、社名をコーネル&ディール社とした。この社名はクレイグ・タイラー氏のミドルネームと奥さんのパティさんの結婚前の名前をとったものである。
 1994年、会社はニューヨークのMorgantonに新社屋を建てた。
 G.L.ピースのたばこはすべてC&D社が製造し、ピース氏とタイラー氏の仲は広く世に知られている。
 詳しい記事はここにあります。
http://pipesmagazine.com/blog/pipe-news/broken-pipe-craig-tarler/
(クリックでとべます)

 ご冥福をお祈りします。
 jinsen 2012/9/6 1時43分

[PR]
by jinsenspipes | 2012-09-06 01:33 | Comments(4)

ダンヒルたばこ、USAで復活

a0150949_0292942.jpg


 ぼくが海外通販をお願いしてるSmokingpipes.comは毎週定期メールを送ってくるが11月24日にこんな記事があった。
「2008年以来待ちかねたダンヒルついに到着!」
 やたらうれしそうな内容。
 さっそくチェックすると、あるある「965」「ロイヤルヨット」「フレーク」おなじみのブレンドが気安いお値段でのっていた。とりあえず国内で買えない「ナイトキャップ」を頼むかと、しかし所用にまぎれて数日たってサイトを見ると、あ〜れ〜、すでに「965」「ナイトキャップ」「フレーク」など人気商品は売り切れ。5日で売り切れちゃったんだそうだ。
 USAダンヒル復活の詳しいいきさつは同サイトのブログにあるのでご覧ください(下をクリック)。

Smokingpipes.com Blog

 しかし複雑怪奇ですね。
 じつは11月2日付のPipesmagazine.comの記事に「ダンヒル復活はむつかしいか」の記事がのった。
 ダンヒルたばこの商標権の所有者はBAT(British American Tobacco)で以前はここが販売していた。しかし2008年以後BATは販売を停止しUSAではダンヒルは買えなくなっていた。そこに登場したのが葉巻界の大手、CAO社で、ずいぶん前からCAOが輸入業者になってオーリック社製造のダンヒル商品を販売する噂が出ていた。
 ところがCAO社の副社長で創設者の子息、Tim Ozgener氏がごく最近退陣することになりCAO社の葉巻の販売権はGeneral Cigar社に移った。同社はSwedish Match社の傘下にあったが、このSwedish Match社もScandinavian Tobacco社と併合され……何がなにやらさっぱりわからない。
 実際にダンヒルたばこを製造するデンマークのオーリック社ではすでに充分な供給量は生産ずみという。あとは権利関係のクリアということなのだろう。

 もう一度もどってSmokingpipes.comのブログによると、とにかくいろいろあったが11月24日、ついにダンヒルたばこ4500缶が到着した! ところが前に書いたブレンドは5日で売り切れた!
 アハハ。
 きた! 知らせた! 売り切れた!
 さすがダンヒル。アメリカの人気も凄いのネ。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-12-06 00:33 | Comments(25)

L.A.Poche Perique Tobacco: 10年物ペリク樽、ご開帳ビデオ

a0150949_1623398.jpg


 ルイジアナ州 St.James ParishにあるL.A.Poche Perique Tobacco Factoryはこの3月20日、工場長のCurtis Hymel氏の就業50年を記念して表彰式を行った。
 同社は2005年、D&R Tobacco社のマーク・ライアン氏が買収しがそれについてはぼくのブログの1月28日に「ペリクの真実」「ペリクの真実追加」記事がある。
 表彰式の前日、3月19日、ライアン社長は今後同社のペリク製造は4倍の生産量に拡大すると宣言。記念に10年前に樽詰めした「10年物ペリク」の樽を開けて公開した。
 その模様がビデオに収まり紹介されたのでぜひご覧ください。
 樽詰めペリクはかなり長い葉だと初めて知った。

10年物ペリクご開帳

 同社のこの「10年物ペリク」は「Decade Series Perique」の商品名で2011年から市場に登場するとのこと。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-05-21 16:26 | Comments(2)

コールハス社: 真相はどうなんだろう?

a0150949_1211629.jpg


 ドイツのコールハス社のサイトにサミュエル・ガーウィズのタバコが掲載され始めた。今月からじゃないかと思う。ときどき見てるが前はなかったような……。SG社のタバコはアメリカの通販会社でここしばらく品切れが続いている。もしかしたら製造販売を委託したのだろうか。ちょっと心配。
 コールハス社は1976年創業の新しい会社で1979年からパイプタバコの委託販売を始めた。1986年、イギリスのRobert McConnell社の機材を買い上げ、ハンブルグ市レミントンの工場に据えて以来自社製造を開始し、McConnll、Solani、ラットレー、アシュトン、ビーターソン、サビネリ各社のブレンドを製造販売している。
 ラットレーのタバコの情報をみるためにたびたびサイトを閲覧していたがSG社はラインナップに入ってなかったと思う。気がついたのはつい最近で、SG社の21種のブレンドがおなじみの50グラム缶でのっている。
 パイプタバコ製造には定評の会社だし、ラットレーについては何の不足もないので仮に委託製造になっても問題ないとは思うがやはり気になるところである。
 真相はどうなんだろう?

コールハス社サイト
Kohlhase & Kopp

[PR]
by jinsenspipes | 2010-05-20 12:18 | Comments(4)

journal: ビュテラ・パイプタバコ売却

a0150949_11384946.jpg


 旧聞だがアメリカのビュテラ・パイプタバコの販売権売却の記事がネットにあった。今後はビュテラパイプ会社でなくArango Cigar Co.が販売する。ただしアメリカ国内とあるから海外は事情が異なるかもしれない。
 パイプ作家、マイケル・A・ビュテラは1980年代にパイプ作りを始め、90年代からはパイプ・タバコのブレンディングにも手を染めた。彼のレシピはアメリカのマクレーランド社とイギリスのジャーマイン社、また著名ブレンド「ペリカン」はデンマークのピーター・ストーカビー社と各社が作り、レシピは38種にのぼる。
 日本でも買えるブレンドはマクレーランド製(それとベリカン)だが「イギリスの伝統製法でないとできない」としてイギリスにオーダーした商品はジャーマインのEsotericaブランドとして発売され、これは日本では買えない。アメリカ作家のレシピを本家アメリカのほかにイギリス、デンマークにわけて製造しているのはそれぞれの国に独自の伝統製法があり、それがまた隠し味になっていると想像できて興味深い。
 これまではすべてのレシピがビュテラパイプ会社の販売、海外の投稿レピューでは、ジャーマインのEsotericaが販売はビュテラパイプ、いったいどうなってるんだ! というのもあって笑っちゃったがこんごはArango Cigarがまとめて販売、そうなるとEsotericaの名前はのこってもビュテラと結びつかないかもしれない。
 ダンヒルといい、スリーナンズといい、あちらのブランド事情は激変しますね。

 Arango Cigar Co. Buys Inventory and Rights to Butera Pipe Tobacco Names

[PR]
by jinsenspipes | 2010-03-22 11:39 | Comments(6)

journal: ペリクの真実 - 追加記事

a0150949_17212121.jpg


 L.A.Poche Perique Tobbacoを買収したMark Ryan氏の記事がありました。

 Mark Ryan氏はアメリカのタバコ市場にRYO tobacco(手巻きシガレット)を広めた功績者で1992年、D&R Tobacco社(Daughters & Ryan, Inc.)を設立。この会社の商品リストにセント・ジェームス・パリッシュの本来のペリクを使った「S.J.Rimboche」やケンタッキー葉のペリク、Acadian Periqueを使った「G.R.rimboche」の紹介があります。

D & R Tobacco Blend

 またRYO業界のMark Ryan氏のインタビュー記事がここにあります。
 前に紹介したインタビューはパイプ業界のものですがこちらはRYO業界、おなじペリクについてもやや違った内容でおもしろい。

Acadian Black Rinboche (Perique) - NEW

[PR]
by jinsenspipes | 2010-01-28 17:56 | Comments(4)

journal: ペリクの真実

a0150949_17194837.jpg


 スリーナンズのペリク不在にがっくりきてネットで調べてみたら、あった、あった。興味深い最新記事があるので紹介します。ぼくも愕然となったペリクの現状です。下のリンクで記事サイトにとんでください。

 ペリク・タバコはアメリカのルイジアナ州のごく小さな地域、セント・ジェームス・パリッシュでのみ作られるユニークな品種で現地の先住民の作り方を真似た移住者が19世紀に開発、1917年現地に小さな会社、L.A.Poche Perique Tobaccoが設立された。この会社は地元の農家が栽培するペリク専用の葉を買い(この葉でないとペリクでない)、圧縮・貯蔵してペリクとして出荷していたが、肝心の葉を栽培する農家がつぎつぎに廃業、1980年代にはわずかに1軒だけで出荷は極端に減少した。おまけにパイプ・タバコ専用だったペリクだがごく最近アメリカン・スピリットを製造するSanta Fe Natural Tobacco Co.が紙巻きにペリク葉を使い始め、1軒になった農家の葉タバコを買い占めた。Poche社は供給源を断たれたが2005年、Mark Ryanという青年がPoche社を買収、専業農家ではないがペリク葉栽培の経験ある別の農家にペリク用の葉の栽培を依頼してかろうじて生産が続けられたというのだ。
 もう一つ重大な事実があった。Poche社は早くからペリク葉の行く末を案じ、その圧縮・貯蔵技術を使ってケンタッキーのグリーン・リバー・バーレー種のタバコ葉でペリク類似品を作っていたというのだ。地元のペリク葉の栽培は1軒の農家だけだし天候にも左右されて供給が不安定である。いっぽうケンタッキー葉はふんだんにある。1980年代以降市場にあるペリクはほとんどがこのケンタッキー葉にペリク葉を混ぜたもの、もしくはケンタッキー葉そのものだという。
 いやあ、知らなかった。ぼくがスリーナンズを吸い出したのが70年代半ばだからこの頃は純粋にペリク葉だったんだろう。その味を憶えていたからペリク不在を感じたが、どうやらいまはペリク入りといってもケンタッキー葉のペリク漬け(これはAcadian Periqueというらしい)が主流のようだ。

 いきさつを書いた最新の記事はここで読めます。
The Mystique of Perique, 2010
 もう一つはここ。
Perique has made a fiery comeback due to outside investors who are breathing new life into St. James Parish's uniquely pungent tobacco, 2008

 ペリクの歴史についてはここで読めます。
Wikipedia: Perique

 日本人がセント・ジェームス・パリッシュを訪ねた探訪記事がここにあります。
アメリカ煙草見聞録, 2005

[PR]
by jinsenspipes | 2010-01-28 11:21 | Comments(0)

journal: スタンウェル工場閉鎖

a0150949_1621093.jpg


 ちょっと旧聞ですが、デンマークのスタンウェル社工場閉鎖のニュースがネットに掲載された。
「Cigar Journal」2009/8/19号 George Edmonson
Stanwell to Shut Down Danish Factory
(タイトルをクリックすると記事サイトにとびます)

 1942年創業。デンマークの名ブランド、スタンウェル社だったが、1995年のパイプ売上は126000本だったのに2008年は65000本に下落し、生き残りを賭けて2009年12月31日付で工場閉鎖に踏み切った。ストック商品は閉鎖後も18ヶ月から20ヶ月分持ちこたえる量があり、これはイタリアの某社(社名は不明)に移し今後は新製品の開発にのみ専念するという。
 ぼくの一番のお気に入りパイプがスタンウェルで、30数年前、ドイツのミュンヘンで買ったもの。吸い口なんかボロボロだが充分現役でブライアのよさと30年の年輪で味は最高。
 ちょっとしゅんとなった記事でした。

[PR]
by jinsenspipes | 2010-01-25 21:51 | Comments(2)