Jinsen's パイプ

ロバート・マッコーネル: グレンパイパー ( Robert McConnell: Glen Piper )

a0150949_1720345.jpg

 じつはネットで1974年頃のこのたばこのパンフレットの写真を見たのである。新発売とあった。たばこの発売年はまずまずわからないのがふつうだが、このたばこは1970年代初頭に出たようである。
「ロバード・マッコーネルが5年かけて開発したマイルドでほどほどにアロマチックなたばこ」
「伝統的イギリスたばこにちょっとひと味違うものがほしい、しかしフルアロマチックには抵抗あるという喫煙者に最適」
「最高級のバージニア葉に自然な果物の香りがしますが、この香りづけはたばこ葉に移されたあとすべてとり除いてあります」
「軽く加熱圧縮したあと手でほぐしました」
「香りは素敵だし、まわりのお友達にもよろこんでもらえます」
 パンフレットにはそんな言葉が読める。
 マッコーネルの着香物ってどんなんだろうと興味がわき、海外通販で買ってみた。
 缶をあけると甘く熟した果物の香り。やや湿っている。フムフム。期待通り。葉っぱは明るいバージニア葉に黒いキャベンディッシュがまじり、レディラブドとコースカットが半々という感じ。
 火をつけると、ああ、やはり甘い香りが漂う。レーズンだろうか。いやもっと熟した果物ような香り(あとでラム酒がまじるとわかった)。酸味もかなりある。しっかりしたボディはバージニアでほんのり甘いのはキャベンディッシュだろう。やはり極上のアロマチック・イングリッシュたばこだった。
 念のためコールハス社の記載を読むと「バージニアフレークを手でほぐしたものとブラックキャベンディッシュをミックス、少量のペリクとケンタッキーを加えた」とあり、着香については「ラム酒とチョコレート」とある。ぼくはペリクは感知できなかったがこの甘みと酸味はそうなのかと思うし、ケンタッキーについては例によってアカディアンペリクを漬けた葉でわざわざことわるあたりはいかにもドイツ人の几帳面さを感じさせる。
 この表記とオリジナルのパンフレットを比べると、やはりもともとはバージニア+キャベンディッシュ、それに独特の着香、その味をだすためにコールハス社はラム酒とペリクをくわえたのだろうと想像できる。
 さて、着香物というとぼくはアンフォーラが好きだがこれはオランダ・キャベンディッシュの傑作である。イギリスのキャベンディッシュはバージニア葉だけを加熱圧縮するが、オランダはバージニア、バーレー、ケンタッキーなど多種の葉を調合し着香物をふんだんに加えて加熱圧縮する。そこであの甘口の、マイルドな味わいが出てくる。もともとの葉の味は失われるがそのかわりおいしいケーキを食べるような味覚になる。
 1970年代というアンフォーラの全盛期である。アメリカが輸入するパイプたばこの筆頭がアンフォーラだったし、おそらく世界で売上NO1だったのではないだろうか。その頃イギリスたばこというとダンヒルのようにバージニア葉の魅力のみで勝負していたからマッコーネルとしてはアロマチックではあるがイギリス伝統のバージニア味はしっかり守ってますというつもりでこれを作ったのではあるまいか。事実、グレンパイパーの魅力はやはりバージニア+イギリス・キャベンディッシュの旨味にあり、そこに熟した果物の香りが加味されているという印象なのだから。
 P.S. この缶のラベルだが、オリジナルもそうだし海外通販のネットカタログの写真も、横缶で凝ったイラストが描かれている。ところが着いたのは縦缶でご覧のように素っ気ないラベル。これ、ちょっと不満です。クレジットはMade in Germanyだし、アメリカの輸入業者もXyz Direct社でこれはコールハス社の正規の代理店だからまちがいない品物と思うが、それともコールハス社が手抜きしたのかなァ。

[PR]
by jinsenspipes | 2011-10-22 17:26 | ロバート・マッコーネル | Comments(16)
Commented by tango6 at 2011-10-23 17:37 x
こんにちわ。
マッコーネル3種、興味深く読ませていただきました。
これはとても美味しそうなたばこですね・・・実は私、着香物をほとんどやらないので、まったく知識がありません。
このグレンパイパーのように、葉っぱの本来の味を失わずにいい仕事をしているたばこを知りたいものです。(ハズレ覚悟で色々買ってみるのが一番でしょうが・・・)

それにつけてもラベル問題。うーん、悲しいですよね。
国内で売られているマッコーネルのスコティッシュフレークもこのラベルなので、コストの問題でしょうか。
ラベルが変わって素っ気無い顔になるたばこ、味が落ちるたばこ、様々ありますが
美しい記憶として自分の中にいつまでもあるというのもまたヨシとすべきなのかも知れませんね。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-23 20:39
>tango6さん
ありがとうございます。
ぼくも着香物はほとんど吸ってなかったです。
ここにきてGHのボブズチョコレートフレークとか、マッコーネルとか、吸って、目覚めさせられた気分です。
ただ、こういう着香物はあくまでもボディのバージニアに魅力があり、くわえて香りがのる、という感じです。
とくにこのグレンパイパーはバージニアとキャベンディッシュの配合がみごとです。バージニアの青臭さもあり、キャベンディッシュの甘みもある。もしかするとマッコーネルはこのあたりの配合に天才的なわざがあった人かもしれません。もっとたくさんやってみたいです。

ラベルですが、これはどういうことなんでしょうねェ。
海外通販会社のネットカタログには横缶の凝ったイラストのやつが載ってたんですが、着いてみたらこれでした。
このラベルはいかにもやっつけですね。
どなたか詳しい事情のわかるかたがいらしたらうかがいたいくらいです。
Commented by tango6 at 2011-10-24 21:52 x
なるほど、確かにマッコーネルのラインナップを見るとアロマティック物も自信マンマンに作っていますもんね。
新しい発見が出来ました。
そして・・・実はjinsenさんの記事を見てたまらなくなり、ボブズチョコレートフレイクは先日買ってきてあるんです。
今は順番を楽しみに待っております。
そのほかに着香物ですと、あとはグラウスムーアくらいしか知識がありません・・・
豊かなパイプライフを送るためにも、着香タバコの楽しみ方もしっかり学んでゆきたいものです。

様々なたばこのラベルを見てきますと、趣のある顔をしたたばこはなんとも誇らしいですよね。
SG社製品などの素敵なイラストの描かれたラベルは、いつまでもいつまでも残して欲しい。
そう思わずにはいられませんね・・・
Commented by jinsenspipes at 2011-10-24 22:51
>tango6さん
やあ、ボブズチョコレート、お買いになりましたか。
ぜひ感想をお知らせください。
これはほんとに気に入りました。
グラウスムーアもいいですねェ。
SG、GHの着香物は、すべてオリジナルですから貴重です。
マッコーネルは、いまのブレンダーがいろいろ苦労しているのがわかります。
着香物もそうですが、ぼくはあらためてオランダたばことデンマークたばこを勉強し直そうと思ってます。
Dutch & Daneのキャベンディッシュは一時、世界を制覇したわけですがその秘密を知りたくなりました。

SG社のラベルなどはほんとにたのしいですね。
スクワドロンリーダーに描かれた複葉戦闘機は、いまのイラストレーターが郷愁で書いたのとは違う。
一次大戦の、当時の現役の最新鋭戦闘機なわけですから、それだけで歴史のある会社の重みを感じますね。
Commented by mifune at 2011-10-25 07:53 x
缶のデザインみてピーターソンの3pパーフェクトプラグかと思いました。
マッコーネル買おうかなとpipesandcigars.comを除いてたら
SGが入荷してるじゃないですか!

僕もボブのチョコレート好きなんでSGのチョコレートも気になるとこですが、前から1792試してみたかったのでそっちをバルクで買ってしまいました。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-25 15:25
>mifuneさん
色と文字内容が違うだけでこの手はいろいろありますね。
残念です。
そうそう。
SGが少し入荷してるみたいですね。ぼくの通販会社にも何種かありました。
mifuneさんはバルク買いなんですね。
ぼくは50g缶専門。
Commented by mifune at 2011-10-25 21:26 x
バルクであるものはまず1ozで試してからですね。
嫌いな香りだったらもったいないですからね。
バルクは若干香りが落ちてるような気もしますが、それほど気にならないし、安いのでバルク買ってしまいますね。
そのかわり、たまに買う缶がすごく旨かったりするんですよ。

今回買った初体験の1792は、試し買いの1ozでなく5oz買ってしまいました。
なぜならjinsenさんのレビューで、これは間違いなく旨い煙草だと確信できたらからです!!
Commented by jinsenspipes at 2011-10-25 23:21
>mifuneさん
ギャッ。責任重大だな。
まずかったらどうしよう。心配です。
たぶんmifuneさん好みだとは思いますが。
そうですね。
バルク買いの利点てありますね。そのぶん多種買えるし。
ぼくもロープたばことか、あまり吸いそうもないのは1ozのバルク買いでした。
Commented by くつした at 2011-10-28 03:04 x
100g缶のほうが50g缶よりウマイって経験ありますか?ソラーニフレイクが100g缶のほうがウマク思えたのです。
あと、ツゲの安パイプを使いこみ、気がついたら光沢がでて、すこし立派に見えてきました。皮脂のせいでしょうか。こんな経験はありませんか?
Commented by jinsenspipes at 2011-10-28 11:48
>くつしたさん
うーん。無いですねェ。
もっともぼくが50g缶と100g缶、交互に買うのはラットレーぐらいしかありません。
マーリンフレーク、オールドゴーリーはよく交互に買いますけどとくに違いは感じないなァ。
ツゲのパイプですが、ぼくも何本か持ってますけどその経験はないです。
くつしたさんが吸ったあと丁寧に磨いているからじゃないですか。
ツゲのパイプは優秀ですね。
とくにTasting Pipeはぼくのお気に入りです。
これはテイスティング(味見)専用らしくて、作りは粗雑ですが、シャンクが長く、ボウルが大きい。
バージニア物なんかやるとじつに旨いし、それぞれの葉の特徴がよくわかります。
こんなに安いし、見かけもよくないから、嗜好品としては落第ですが、実用品としては天下一品ですね。
ツゲの会社の面目を賭けた逸品と思います。
Commented by sixpence2046 at 2011-10-28 14:31 x
jinsenさん

前からblogは拝見していますが、コメントするのは初めてな気がします。
こんにちわ。

この缶、格好いいですね。これでvaperだったら完璧な気がします。

たばこは味も大事ですが、デザインも大切です。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-28 21:25
>sixpence2046さん
やあ、はじめまして。ようこそです。
このデザイン、お好きですか。
もともとのマッコーネルのデザインは横缶で、凝ったイラストがあり、ぼくはそれかと思ってたんです。
でもいわれてみればこれもシンプルでいいですね。
VaPerではありません。キャベンディッシュ味の、甘い感じ。でもとてもおいしいです。
sixpence2046さんはVaPerがお好きですか。
VaPerって日本人に合ってますよね。そういう気がします。
またお立ち寄りください。
Commented by sixpence2046 at 2011-10-28 22:41 x
vaper。

Marlin Flake がペリク入りだと、どこかで読んだ記憶があります。定かではありませんが。
元々、Va+Peは好きでしたが、ネーミングを聴いて、更に好きになりました。

jinsenさん。
直接お会いした訳ではないですが、お話するの、楽しみにしていました。とっても嬉しいです。
また、お話、したいです。

おやすみなさい。
Commented by くつした at 2011-10-28 23:13 x
わたしのはツゲのツースターなんですが、通販で買いました
写真でみるよりずっとチャチで、手元に届いたときは、ショックでした。それで二度とツゲで買うもんか、と思いました。でもJINさんがテイスティングパイプを、そこまで評価するなら考えなおさないといけません。購入も検討してしまいます。かっこいい、ビリヤードのサンドブラストものが欲しいのです、いま。他社のでも、お薦め品あったら、おしえてください
Commented by jinsenspipes at 2011-10-29 00:22
>sixpence2046さん
ぼくも書きましたがマーリンフレークはペリク入りです。お吸いになればわかります。
ただVaPerという感じではないですね。あくまでもバージニアたばこです。
たぶんオリジナルのラットレーのレシピにはなかったんだと想像します。
コールハス製になり、もともとのこのたばこの奥深さをだすためにペリクで補強したんじゃないでしょうか。
ペリクはバージニアと相性よく、バージニアの甘さ、酸味を強調しますから。
ぼくもこういうお話するのたのしみです。
またいらしてください。
Commented by jinsenspipes at 2011-10-29 00:36
>くつしたさん
テイスティングパイプはビリヤードでサンドブラストですよ。
値段はツースターとおなじはずです。
ただかっこよくはない。無骨という感じです。
ぼくの持ってるツゲはだいたいこの価格帯の安物ですが(高いのは買えないので)ぼくは満足してます。
パイプの話題はぼくには向いてませんね。ごめんなさい。
なにしろ安物か、中古か、合計しても20本くらいしかもってないので。
どんなパイプも10年、20年つかうと味がでてくるし、煙がでればそれでいいと思ってますから。