Jinsen's パイプ

ペーター・ハインリヒ: スペシャルカーリィ ( Peter Heinrichs: Special Curly )

a0150949_1174470.jpg

 OPA! と歓声をあげたくなる旨いたばこである。
 ぼくのブログにコメントをくださるいまむーさんに紹介された。いまむーさんは、これもときどきコメントいただく天邪鬼さんのブログで知ったということでお二人にはお礼申し上げます。
 ぼくが知らない銘柄なのでネットで調べてみると、いやはや、無知というのは恐い。知らないのは日本人とアメリカ人くらい。ヨーロッパでは超有名な銘柄だった。
 ペーター・ハインリヒ(英語読みだとピーター・ハインリクスになる)はドイツ、ケルン市のパイプショップで、ヨーロッパで1、2を争う名店だった。ケルン市に3店舗を持ち、さらに個人コレクションを収蔵したパイプ博物館も持っているというから凄い。自家製パイプたばこも販売し、すでに300品種を数える。自社工場は持たないので製造は委託、どこかは不明だがマクバレンではないかとの噂もある。このスペシャルカーリィは近年発売されたもののようで(たぶん2002年頃)、オリジナルのスリーナンズやエスクードが復活したと評判になっていた。
 ぼくが購入したのは100g缶である。缶をあけると、2cm径ほどのコインたばこがかなり崩れ、わらわらにほぐれたなかにコイン状が点在する感じ。熟成臭が強いが、少し乾き気味だった(つまりほんのり湿っているていど)。この大きさはスリーナンズとおなじだが、昔のスリーナンズはじくじく湿っていてコインが半ば溶けかかっていた。そして強烈な熟成臭があり、やや腐敗したような臭いたばこだった。
 で、火をつけると、ああ、これはまさしくスリーナンズそのもの、厳密にいうと90%そっくりだ!
 コインたばこは葉をロープ状に撚って作られたものである。こよりを撚るように重ねた葉を合わせて撚り、まずロープたばこを作り、それを輪切りにしてコイン状に切り出す。SG社やGH社はいまだにロープたばこを製造していて、ぼくが前にGH社のロープたばこ「カーリィカット」を買ったときこれはペリク抜きのスリーナンズだと感動したことがあった。
 しかし現在のスリーナンズやエスクードはこの面倒な過程を簡略化している。ロープに撚るかわりに葉をプレスして板状にし、それをくるくる巻いて海苔巻き状にしたものをスライスする。たしかにこれもコインたばこになるが、これはかたちだけ真似たフェイクである。味がまるで違う。
 あるドイツの好事家の記事をネットで読むと、ハインリヒ社はこのたばこをかつてエスクードを作っていた製造機械を使って作ったとあった。エスクードは1870年にイギリスのthe Cope Brothers社が発売、のちにギャラハー社に買収されたが1994年まで製造は続いた。そのあとデンマークのA.C.ピーターソン社がもともとの製造機械を使ってこれを再現するがそのA.C.ピーターソンもオーリック社に買収され、製造方法は近代化されていまはフェイクたばことなった。この記事を信じるならハインリヒ社は往事の製法そのままで作っているはずである。
 たしかに喫味はGH社のロープたばこに酷似している。葉巻のラッパーに使うやわらかい葉の味があり、プレスで作ったフェイクたばことは格段に相違する。ぼくはこの記事を信用したい。このまろやかなバージニア葉の味わいはGH社なGH社のたばことよく似ているし、まっとうな製法で作ればおなじバージニア葉もこれほどふくよかな味になるというのがわかる。
 ただひとつ、ペリクに問題があると思った。往年のスリーナンズのあの熟成臭はあきらかにルイジアナ真性ペリクだったがここで使われているペリクはケンタッキー葉のアカディアンペリクと思う。酸味と甘みが薄く、昔のあの何ともいえない臭みがない。これはたとえてみると往年のマレー社製ダンヒル965のあの臭み、シリア産ラタキアを充分熟成させた臭いと、今のキプロス産ラタキアの加熱早生熟成の違いとおなじである。
 とはいえルイジアナ真性ペリクなんてのは半ば伝説のかなたに消えたようなものだからそれを望むのは酷というものだろう。ぼくは90%で満足しなければいけない。この点はいまむーさんも指摘されていた。
 ちょっと考えさせられることがあった。ハインリヒ社はヨーロッパでは知らない人がいない有名ショップらしいがネットの記事は少なくてぼくは気づかなかった。これが問題で、インターネットはアメリカ主導だからたいへん偏っている。インターネットで世界情勢を知るのはアメリカの色眼鏡で世界を見るのとおなじである。ぼくがハインリヒ社について調べたときはドイツのネット記事を読むしかなかった。
 もうひとつ。ハインリヒ社はオリジナル自家製ブレンドを300種ほど販売し、ヨーロッパ人はラタキアならNo39がいいとか、いやNo15がいいとかたのしんでいる。一方極東に住み、アメリカ経由の情報にしか接していない日本人は知名度のあるダンヒルとか、スリーナンズとか、いまは商標権を所有する外注会社が製造するたばこしか知らないですませている。なんともお寒い話である。
 いまのところぼくはイギリスの名家、SG社やGH社のたばこに固執しているが、それは200年もの伝統を持つたばこからたばこ本来の味をからだに沁みこませたいからである。もしそこを卒業でき、先に進もうとするなら、さしづめハインリヒ社のカタログを片っ端からやってみるのもいいかなと思わせられた。ヨーロッパ人ならイギリスの名家に劣らずたばこの喫味の奥義を承知しているはずである。つまり文化を体得してる。ホットドッグとバーガー以外料理らしい料理を知らないどこかの国とは大違いである。

 ペーター・ハインリヒ社のサイトは下記である(urlをクリックすれば飛べます)。
 http://www.peterheinrichs.de/
 ドイツ語表記で、英語表記もあるがホームページのみ、なかはすべてドイツ語で読みづらいが一度はお訪ねください。

 いい経験させてくださったいまむーさんと天邪鬼さん、ありがとう!

[PR]
by jinsenspipes | 2012-02-11 11:17 | ペーター・ハインリヒ | Comments(17)
Commented by いまむー at 2012-02-11 12:03 x
ね!?ね!!似てるでしょう??
僕もこれにはちょっと感動しましたもん!!

しかし、そんなに有名なショップだったとは!!
僕も、ここのオリジナルブレンドを制覇してみようとHPみたんですけど、多すぎる!!笑。
なるほど、300種もありましたか!
こりゃ大変だ!

でもここのはどれも美味しそうですよね!
いやぁ、jinsenさんにも気に入ってもらえてうれしいです。ホントに天邪鬼さんには感謝感謝です!!
Commented by jinsenspipes at 2012-02-11 16:54
>いまむーさん
あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
そっくりだし、おいしいですねェ。
30年も前の記憶が鮮明に思い出されました。
しかしあの頃は若かったし、吸い方も下手だったんです。
いまやると、こんなにふくよかなバージニアだったか、と感動します。
ハインリヒは、買いたいけど、やや割高ですね。
とりあえずアメリカの通販会社の扱い分からやってみる手もあります。
何はともあれ、火つけ役の天邪鬼にも感謝です。
Commented by 天邪鬼 at 2012-02-11 17:41 x
jinsen さん、いまむーさん、こんにちは。

実は、このブログを今日の11:40分に読みました。
で、我慢できずに自分の持っている缶を開けてしまいました(^^;

開けて喫ってからコメントを入れようと思っていたのですが、出かける用事があり、遅くなってしまいました。

私は昔の味を知らないのですが、それでも美味しい煙草に出会えた事に、感謝しています。

そもそものキッカケは、私のブログにも書きましたが、jinsen さんのThree Nuns の記事です。

これだけ煙草の味を解っていらっしゃる方がコダワル昔の味ってどんなだったんだろうと、とても気になっていました(単なるノスタルジーではなさそうでしたし)。

実は、最初の私のブログの投稿はかなりjinsen さんの記事とリンクさせたりしてこの辺りのことも書いていたのですが、あまり勝手に引用しても何だと思い、2時間ほどで文章を変えてしまったんです。

ですから、私の方こそ、こうした煙草に出会えたのはjinsen さんのお蔭と感謝しております。

そして、こうしたリンクでのつながりが、お互いの悦びにつながった縁を今後も大切にしていきたいと思っています。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by くつした at 2012-02-11 19:51 x
いやあ、なにがすごいかって、この一件をきっかけに、欧・米・日のタバコの文化度を分析し、飽くなき探究心をもって、しかも謙虚な気持ちで、新たにタバコ葉の世界を開拓しようという、JINSさんのほとばしる情熱、その姿勢がすごいと感心しました。

私はSGのFVFというものさえも吸ったことがないので、まず、これを吸うのが当面の目標です。
Commented by いまむー at 2012-02-11 20:11 x
<jinsenさん
そうなんですよ。やっぱりちょいと高いですよね。。。リサーチかけて、狙い撃ちじゃないときついですね。笑。

<天邪鬼さん
あはは!!やっぱり開けちゃいましたか!
(絶対そうなると思ってた!!)
でもしょうがないですよね!僕も天邪鬼さんと同じ”癖”があるので、すごーっく良く分かります。笑!!
実は、僕とjinsenさんの出会いも、スリーナンズなんですよ!「おい!!!味がちがうじゃないか!?!?」って!

<くつしたさん
おっしゃる通り!写真も素敵で、何回でも見たくなっちゃうんですよね。
たくさんの方々が見てらっしゃると思うんですが、ホントに良質な情報源として推薦できますよね!!
Commented by jinsenspipes at 2012-02-11 20:30
>天邪鬼さん
あ、そうでしたか。
天邪鬼さんの探究心のおかげでいまむーさんが感化され、その感想でぼくもこのたばこにたどりつけました。
こういうご縁て素敵ですよねェ。
どこかで神様が手を打ってよろこんでるみたいです。
はい。
こんごともおいしいたばこの探検に、おたがい船出しましょうね。
よろしくお願いします。
Commented by jinsenspipes at 2012-02-11 20:34
>くつしたさん
アハハ。
それはちとおおげさ。
でもぼくはいいたばこをみつけて大喜びしてますが、アメリカ人のレビューを読むと、やはり発見と書いてるんですよ。
ところがヨーロッパ人のフォーラムなんか読むと、何をいまさらという感じで、そのあたりに情報の流れの格差を痛感させられます。
もっとヨーロッパのことを知らないととり残されてしまいますね。
Commented by jinsenspipes at 2012-02-11 20:38
>いまむーさん
UKだとちょい高くらいで済みますが、DEだと、高いですね。
アメリカの通販会社の格安ぶりは異常だけど、ぼくらはそれに慣れちゃってる。
それもまたこわいなァ。
スーパーで買うと個人商店で買うより安いからついつい買っちゃう。
じつはスーパー向けの商品というのがあってほんとにいいのは個人商店にしかないというのに気づかないのと一緒です。
Commented by jinsenspipes at 2012-02-11 20:45
>いまむーさん
そうそう。
そもそもがスリーナンズでしたねェ。
いまむーさんがGH社のカーリィで自家製スリーナンズを作ったりして。
しかしPeter Heinrichsのこれ、もしかしたら製造はイギリスじゃないですかね。
ジャーマインがBalkan Sobranie出したように。
このふくよかな味わいは、噂されてるようなマクバレンではできないというか、方向が違う気がします。
ひょっとしてGH社とか、ジャーマインとか、そのあたりという気もしますね。
そういうことはヨーロッパでは常識になってるかも知れないからこれからドイツあたりのネット記事をじっくり探訪してみます。
Commented by いまむー at 2012-02-12 07:58 x
そうです。懐かしいな。。。
これでひとまず僕のスリーサンズ計画は終息を迎えました。ただ・・・あと20~30gもあるペリクをどうしようかと。。。マクバレンのバージニアNo.1とかに混ぜてみようかしら?

うん。マクバレンにはカーリーカットされたタバコが売ってるので、(吸ったことはないです)そうなのかなぁ??とも思いましたが、やっぱりなんかイギリスっぽいですよねぇ。

しかし、jinsenさん。この世にある美味いタバコがあり過ぎて、それを充分楽しむには人生100年じゃ短すぎませんか??笑))
天国にもあればいいのになぁ。。。
なんて最近考えるんですよねぇ。。。
もう、常喫で家にないと落ち着かないタバコが増えてしまって、天邪鬼さんの様に居ても立っても居られないんです。。。
Commented by jinsenspipes at 2012-02-12 17:37
>いまむーさん
ありゃ、そんなにペリクが。
バージニア物にまぜるのはいいでしょうね。
ぼくはやり方知らないからできないけど。

マクバレンのカーリィ、何種類かありますね。
ぼくもいずれやってみたいと思ってます。

アハハ。
たしかに一生かかっても吸いきれませんね。
天国には、ぼくのほうが先にいきそうだから、いったらパイプがあるかどうかメールします。
ヘヘヘ。地獄のほうにいっちゃったりして。

無性にロイヤルヨットが吸いたくなり、ペーター・ハインリヒと一緒に注文、今夜あたり空けるところです。
Commented by mifune at 2012-02-12 21:32 x
おや!
何か良い煙草がまた見つかったようですね!
これ全く気にかけてないブランドでした
僕もちょっとチェックしてみます!
Commented by jinsenspipes at 2012-02-12 22:41
>mifuneさん
そうなんですよ。
これうまい。
ぼくもまったく知らなかったブランドでいまむーさんと天邪鬼さんに教わりました。
Commented by くつした at 2012-02-13 01:28 x
http://www.cupojoes.com/index.html 
この2つの店でSGのFVFが、いま、売ってるようです
http://pipesandcigars.com/ 
Commented by jinsenspipes at 2012-02-13 11:59
>くつしたさん
あ、ほんとだ。
pipesqndcigarsはほとんど全銘柄そろってますね。
くつしたさんは情報早いなァ。
ぼくはこの2店は取引ないんだけど、ぼくが使ってるところもそのうち入るのかしら。
ともあれ、ありがとうございました。
Commented by Plug at 2012-02-13 18:07 x
アドバイスのおかげでようやく友人の分も一緒にポチりました。届くのが待ち遠しいです。友人はGL.Pを、私はラットレーを主に注文。これくらいの価格帯でないとあまりメリットないような気がしましたので。ただ、日本で買えない銘柄があるのは楽しいですね。Heinrichsもありましたが、今回はスルーしました。まだ、定番を攻めていかないと皆さんの深い話についていけませんので。
ただ、ショップのオリジナルブレンドはかなり興味ありです。次は取り寄せてみたいと思ってまーす。
Commented by jinsenspipes at 2012-02-13 21:06
>Plugさん
あ、それはそれは。
そうなんですよね。ラットレーなどが一番買いがいがあります。国内価格は高すぎて。
ぼくもまだ定番をきわめてるわけではありません。まだまだやってみなきゃいけないのが沢山。
ショップのオリジナルブレンドはぼくは試したことがありません。
おいしいのがみつかりましたらぜひご紹介ください。