Jinsen's パイプ

サミュエル・ガーウィズ: ブラッケンフレーク ( Bracken Flake )

a0150949_21175831.jpg
 SG社の現行フレークたばこ12種の、ぼくが未体験のさいごのたばこである。これでぜんぶやったことになる。
 缶を開けるとFVFとほぼおなじ。大きさがまちまちの黒い長方形フレークのたばこ。しかし香りが違う。かすかな熟成臭におなじみの甘いケンダル芳香がありそれにまじってもう一種、どこかキリッと締まる香りがある。いい感じ。湿りぐあいはFVFに似ていて摘むと指にじとっとくる。
 ぼくのパイプは浅いのが多いので手頃な1枚をとり、縦2つ折り、横3つ折りにして詰めてちょうどいい。火つきも火持ちも抜群によかった。
 火をつけると、あ、これは! ケンタッキー葉の味がどーんときた。FVFはもろバージニア味でやわらかい感触だがこちらはケンタッキーの強い香りと味わいで剛健な感触。男性的といおうか、紳士的といおうか、これと比べるとFVFは女性的なたばこと一瞬思ってしまう。海外のレビューでピーターソンのアイリッシュフレークを思わせるというのを見かけるがなるほどとも思う。酒にたとえると辛口、チョコレートならビター味である。
 SG社のカタログによると、葉組はケンタッキー葉+dirk-firedバージニア葉とある。このdirk-firedバージニア葉は同社の1792に使われている葉で、またSG社のブラックキャベンディッシュはすべてこの葉から作られているらしい。ガーウィズ・ホガース社のカタログにもdirk-fired葉の記載があってそこには煙をあげる火の上にぶら下げて乾燥させると注釈があった。バージニア葉はflue-cured (熱風乾燥)が通常とされているからこれは特殊なバージニア葉らしい。SG社のこれはタンザニア産、GH社はマラウィ産である。しかもブラッケンフレークのこの葉はかなり入念に蒸したりオーブンで焼かれたり、いわばこってり料理されているようである。またケンタッキー葉だがカタログでみるかぎりSG社のケンタッキー葉はこのブラッケンフレークにしか使われていない。ぼくのラスト体験たばこは数あるSG社の製品のなかでも特異なものであるらしい。
 火持ちがいいので終盤まで再着火なしてやっているとケンタッキー味がますます優勢になってきた。
 ぼくは数年前までケンタッキー葉をよく知らなかった。これじゃいかんと思い、GH社のケンダル・ケンタッキーを勉強のつもりで買ってみた。これはバルク売りだけのたばこだが着香してあって吸いやすい。ケンタッキー葉はもともとバーレー種だが火力乾燥させていわばくせをつけたたばこでラタキアやペリクと並ぶ香りづけたばこである。ぼくが単体で吸った印象は、バージニア葉を青臭い草の感じとすると、こちらは樹木の皮のような、やや硬質な味わいだった。かなり独特なスパイシーな香りがある。これを知ったあと常喫のアンフォーラをやっているとときどきその香りが漂うことがあった。アンフォーラにはケンタッキー葉も使われているらしく、しばらくたつうちにおなじみの香りになってきた。
 じつはバージニアたばこの腰を強くするためにごく少量のケンタッキー葉をまぜるということもあるらしく、この味を知ってからはそういう調合ぶりもわかるようになった。しかしブラッケンフレークのケンタッキー味はモロである。バージニア葉とのブレンドぐあいが抜群なのかもしれないが、スパイスたばことしての嫌味はまったく感じさせず、ひたすら特異ながら心地よい香りがたのしめる。コモンウェルスが意表を衝いてバージニア、ラタキア半々にしながらじつに吸いやすいたばこになっているように、どうやらSG社は常識に反抗するチャレンジ精神というか冒険心というか、旺盛な会社のようである。

[PR]
by jinsenspipes | 2012-12-26 21:22 | サミュエル・ガーウィズ | Comments(30)
Commented by Y路2号 at 2012-12-26 23:50 x
はじめまして!Y路2号と申します。
パイプ歴はまだ浅く色々、試行錯誤しているところです。
職場の5件隣にパイプ屋があり、ほぼ、毎日店に通い色々な煙草を買っては自分にあった煙草を探す日々が続いています。
どんな煙草がいいのか色々な方の意見を聞きたくネットで調べてるとjinsenさんのブログにたどり着きました(笑)
過去のブログから、その時々の皆さんのコメントまで気合いで読み返し、そのお陰で素人なりにも知識が少しつきました!(^-^)/
今はマリンフレーク、ファイアダンス、965と定番ですが常喫しています。()
Commented by Y路2号 at 2012-12-27 00:03 x
長々とすいません!

マリンフレークはjinsenさんの、ブログを見て購入しました!
それと、今日初めて海外での通販にトライしました。エソテリカは残念ながら売り切れでしたが、ナイトキャップ、SGのチョコレートフレーク、ネイビーフレークを購入し到着を楽しみにしていれところです!
これからも、ちょくちょくコメントさせて頂きますので、この素敵なサークルにぜひ、参加させて下さいね!
わからない事があったら質問させて頂いてよろしいでしょうか?
なんにせよ、素敵なパイプ煙草生活を楽しみたいと思っています!
Commented by jinsenspipes at 2012-12-27 00:10
>Y路2号さん
ようこそ。いらっしゃーい。
あら、お近くにパイプ屋さんですか。いいなァ。
ぼくもきっと毎日通っちゃいますね。
このブログお目にとまってうれしいです。
お吸いのたばこはバージニアあり、ラタキア入りイギリスたばこあり、着香あり、幅広いですね。
まだまだいろんなたばこがあって迷いこむと奥がふか〜いです。
ご一緒に旅してみましょうね。
いいたばこがみつかったら感想などお寄せください。
Commented by jinsenspipes at 2012-12-27 00:15
>Y路2号さん
ありゃ。返信書いてるうちにもう2通めが届いてました。
海外通販にも手をだされたんですね。
ますます旅がおもしろくなります。
はい。
ぜひコメントをお寄せください。
またぼくでわかることでしたらなんなりと質問してください。
もっともぼくより常連のかたのほうがいいお返事を書いてくださるはずですよ。
素敵なベテランのかたがたくさんいらっしゃいますから。
末永くよろしくです。
Commented by 天邪鬼 at 2012-12-27 06:52 x
お邪魔します。
今回の記事も、とても勉強になりました(いつもですが、特に)。
最近、自分はバーレー入りが好きなのかな?と思い始めていたのですが、どうもこのバーレーというのが良くわからず、ブレンデッドウイスキーのモルトがヴァージニアとすると、グレインみたいなものかな?と勝手に解釈していました。
(私は、どうもどの香りがどの煙草から来るのかサッパリ感じ取れないので)。

また、ヴァージニアの乾燥方法もとても参考になりました。

私のブログでもちょっと書きましたが、同じヴァージニアでも煮たり焼いたり(?)の方法があまりにもいろいろあって混乱していたのですが、ひとつの光明がさした気分です。

それにしても、Backen とはシダ類(もしくはその茂み)という意味ですが、その命名の真意も気になりますね。

長文、失礼しました。
Commented by mehikari at 2012-12-27 09:01 x
おはようございます。
ついに全種類制覇ですか!おめでとうございます。
このブラッケンフレーク、かなりマイナー銘柄ですよね。日本人のレビューはほとんど見ませんよね。jinsenさんの記事を見た限りではかなり個性的なタバコのようですね。
海外のレビューやショップの説明を読むと、なにやら1792flakeの兄弟分みたいなことが書いてありますが似てるんでしょうか?1792は結構美味しかったので機会があればこちらも試したいですね。
Commented by jinsenspipes at 2012-12-27 17:37
>天邪鬼さん
ぼくも数年前までバーレー味がよくわからず、マクバレンのバーレー・ロンドン・ブレンドを買い、ようやく体感できました。
これはじつに旨いたばこで、ただバージニア葉とはまったく違う。
海外のかたがnuttyという言葉を使いますが、バージニア葉のような湿った草の感じじゃないんですね。
乾いた木の実味でこれはこれで凄くおいしい。
しっかり味覚に憶えさせたのでそれからはバーレーがまじっているとよくわかるようになりました。

dirk-firedについてはぼくもGH社のカタログの記事で初めて実体を知りました。
バージニア葉はふつうflue-curedですがこういう乾燥法もあるらしいですね。
熟成法についてはぼくも詳しくは知りません。
自作ブレンドされるかたはオーブンで焼いたり、いろいろ経験してらっしゃるようです。

Brackenについては、何となくわかるような感じも伝わってきます。
ケンタッキー葉についてのイギリス人のイメージかもしれませんね。
Commented by jinsenspipes at 2012-12-27 17:45
>mehikariさん
1792とは違うようにぼくは思うんですが。
あちらは旨いバージニアですが、こちらはケンタッキー味だし。
また香りがあちらはトンキン豆ですがこちらはケンダル特有の甘い着香です。
近い感じといえばやはりピーターソンのアイリッシュフレークだとぼくも思います。
個性的といえばおっしゃる通りですね。
まだやりだして数日ですが、なんか、もっと奥深いものがあるような気がしています。
全制覇といってもフレーク物だけです。ブレンド物についてはまだまだ半分くらい。
Commented by mifune at 2012-12-27 23:42 x
なぜたかこの銘柄なかなか手が出ませんね。
僕もまだ未経験です。
SG社は常識に反抗するチャレンジ精神、
ぼくもそう感じてました。
あえて難しいとこに手を出してるような。
FVFやBBFなどもバージニアのみで
この味出せるものなら出してみろよ
どうせうちのが旨いに決まっている というような
堂々とした佇まいに僕は惹かれているのだと思います。
Commented by jinsenspipes at 2012-12-28 00:18
>mifuneさん
このたばこ、その奥深い魅力を知るにはぼくはまだ未熟だと思ってます。
dirk-fired葉とケンタッキー、その微妙なからみの妙味を知るにはもっと鋭敏な感覚が必要みたいです。
SG社のチャレンジ精神、たしかにありますね。
たまたまFVFとバージニアNo1が開いてましてね。比べるチャンスがありました。
そしたらバージニアNo1は、何これ?と思うくらい人工味なんですね。FVFの深さにはまったくかなわない。
しかし、手許にそれしかないときやると、いいバージニアだと思ったりする。
アンフォーラのカバーの紹介文に「あなたがおいしいたばこに期待するすべてがここにある」というような文面があったと思います。
人工味ではあるけど、もともとたばこ葉に備わった味や香りにもとづきそれを強調しているんだ、という内容です。
Dutch & Dane(オランダとデンマーク)のたばこ作りの基本はここにあるんですね。
いっぽうSG社は、バージニア葉だけでどこまで究極の味が出せるか。それを追求してますね。
ようやくぼくもそれがわかるようになってきました。
Commented by Y路2号 at 2012-12-28 09:19 x
改めて今回のブログを、じっくり拝見させて頂きました。
素人の私もブラッケンをやった事がありますが、とにかくキツイ!身体中から汗が出るほどキツイが吸った感想でした(笑)
ベテランスモーカーのjinsenさんの煙草の感想ですが、煙草ひとつでここまで深くコメント出来るんだ~っと尊敬の念を感じます。私の場合、ブラッケンはうまいがキツイ!以上でした(笑)

ところで、今、チョコレートフレークとネイビーフレークを頼んでいるのですが、どちらも少量のラタキアがはいってるとの事。パイプはラタキア用じゃないと匂い移りしますか?普段、バージニア用に使ってるパイプでも大丈夫ですかね?
Commented by jinsenspipes at 2012-12-28 11:51
>Y路2号さん
アハハ。褒めすぎですよ。
味についてはほんのわずか。あとはカタログの引用みたいなものですから。

ラタキアは少量です。気づかないくらい。専用パイプでなくていいと思います。
だいたいぼくはラタキア用パイプなんてなくてバージニア物共通パイプでやってます。
ごくときたま、アレッと思うときもありますが、ご愛嬌で。

Y路2号さんはブラッケンをやったことがあるんですね。
またずいぶん渋いたばこを選ばれましたね。
SGマニアのmifuneさんさえ敬遠してるというのに。
Commented by mifune at 2013-01-01 19:58 x
>jinsenspipesさん
とくに新しい銘柄あけてませんが、おめでとうございます。
ブラッケンフレークはですね、敬遠してるというとちょっと意味が違いますね。
敬遠しているわけではなくて、SGの中ではイマイチ目立っていない銘柄なので僕もまだ試したこと無いんですよ、というようなニュアンスが近いですね。
しかし、おなじみの甘いケンダル芳香ということは、僕があまり好きでない「おじいちゃんの箪笥」の香りなのでしょうか?
そうなると結果的には敬遠ということになりますが。
Commented by Y路2号 at 2013-01-01 22:33 x
明けましておめでとうございます!(^-^)/
今年も色々素敵なブログ楽しみにしてます。
ところで、過去のブログにもありましたマッコネルのマデュロですがjp社にもありませんでした。
廃盤になったのでしょうか?
美味しそうなので、ぜひ吸ってみたいのですが・・・( ̄▽ ̄;)
Commented by jinsenspipes at 2013-01-02 21:02
>mifuneさん
おめでとうございます。
今年もよろしくです。
そうか、敬遠ではないんですね。たしかに目立たないたばこですね。
ケンダル芳香は、たしかにおじいちゃんの箪笥です。
ただしうっすらです。
でもお嫌いだとだめかな。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-02 21:10
>Y路2号さん
おめでとうございます。
今年もよろしくです。
マデュロですが、2、3有名どころを調べてみると、まだ売ってるようですよ。
たしかにネットカタログから消えているところもありましたけど。
だいじょぶと思います。
マッコーネルの代表たばこだからコールハスとしてもそうそう廃盤にはできないと思います。
Commented by Y路2号 at 2013-01-02 23:30 x
ありましたー!
ありがとうございます!(^-^)/
気が付けば海外サイトで15缶ほど頼んでしまいました・・・( ̄▽ ̄;)
全部、試すのに数ヶ月かかるな~
Commented by jinsenspipes at 2013-01-03 00:10
>Y路2号さん
あ、よかった!
ハハハ。そういうことありますよ。
缶はあけなければだいじょぶです。
バージニア物は熟成するから味がよくなります。
とくにG.L.ピースなどC&D製造品はまったく熟成してませんから長くおけばおくほどよくなるはずです。
それをたのしみに!
Commented by tango6 at 2013-01-04 13:08 x
明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。

遂にSGのフレークを制覇されたんですね。
私はまだまだやってないものばかりで、なかなか追いつけません(苦笑)
ブラッケン、美味しそうですねぇ。

こちらの近況はと言うと最近はマクレーランドばかりやってます。
古いパイプを集め始めてからマクレーランドの良さがわかりました。
古いイギリスのパイプでやると、例のあの匂いはフィルタがかかったように感じられないんですね。
面白いものです。

そしてそれとは別に年明け一発目のパイプはGHのブロークンスコッチケーキでした。
これはいつやっても美味いなぁ。
Commented by Plug at 2013-01-04 14:56 x
明けましておめでとうございます。

jinsenさんを中心にして、着実に人の輪が広がりつつありますね☆

最近はMcClellandのTudorCastle開けました。僕の好きなドライフルーツの香りのするこのタバコ、フレークが荒くほぐされてるんで最初そのまま詰めて吸ってました。濃厚な味でいいんですが、試しに細かくほぐしてやってみたら今ひとつ味が・・・ただ、最近はせっかちに適当な詰め方だったので、丁寧に詰めてみたらとても美味しくなりました。様々な顔を見せてくれて楽しいです。

パイプは奥が深いですね、詰め方、パイプ、その他諸々のコンディション。教わること多いです。

今年もよろしくお願い致します!
Commented by jinsenspipes at 2013-01-04 20:50
>tango6さん
おめでとうございます。
はい。よちよちでフレークだけ全種やりました。
このブラッケンはちょっと評価がわかれそうですよ。
ケンタッキーのお好きなかたはいいですけど苦手だと、ちょっと。
あ、マクレーランドですか。
ぼくは苦手だ、苦手だいってるけどそろそろ考え直さないといけないですね。
今年は手をだしてみたいです。
ブロークンスコッチケーキ、おいしいですよねェ。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-04 20:58
>Plugさん
おめでとうございます。
はい。
コメントくださるかたがいてうれしいです。
ありゃ。Plugさんもマクレーランド。
これはいよいよやらないといけないですね。
Tudor Castle。しっかりメモしときます。
詰め方で味が変わることはたしかにありますね。ぼくも最近痛感してます。
ぼくのは3段詰めですが、あ、2段めに移ったナとか、3段めだなというのがよくわかるようになりました。
ぼくはだいたい3段めがゆるくて、2段めから3段めに移ると味がやや変わる。
このたばこはゆる詰めがいいナ、とかきつめがいいナ、とか1服のうちでも気づくんですね。
あと、体調はモロに影響します。*
ドローの強さが体調によって変わるようですね。
奥が深いし、気づかなったことを気づくようになります。
はい。
今年もよろしくです。
Commented by mehikari at 2013-01-05 14:20 x
あけましておめでとうございます。
Twitterを見てて感じたのですが、マクレーランドのバージニアが人気のようですね。特に上でtango6さんがおっしゃっていたように古パイプ収集している人たちは専らマクレーランドばかり吸っているように見受けられます。何故なんでしょうね?
私はどうもコーネル&ディールと相性がいいようでここのタバコばかり吸っています。
今、ブロッケードランナーというラム酒漬けのストーブドバージニアをやってますがこれがかなり旨いです。甘口で熟成感もありとても良い銘柄です。
しばらくはコーネル&ディールの煙草を探求したいと思ってます。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-05 17:08
>mehikariさん
おめでとうございます。
そうでしたか。ぼくはTwitterはやらないので知りませんでした。
なぜなんでしょうね。
ぼくはマクレーランドのバージニア、あのケチャップ臭がどうにもがまんできなくて。
困ったモンです。
あ、mehikariさんはC&Dなんですね。
これがまたぼくはやったことがない。
偏屈オヤジで申しわけないですが、いいたばこがあったらどんどんご紹介ください。
ちゃんとメモしておきますので。
今年もよろしくです。
Commented by くつした at 2013-01-11 03:02 x
今年も残すところあと354日となりました。いかがお過ごしでしょうか。
http://mensprecious.jp/hayashi/
ネットサーフィンしててこのページにたどり着きました。
これの文中の、鼻につくスノビズムはさておき、トルコタバコというものを吸ったことがありますか。私はむろん、ありません。うまそうです。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-12 17:11
>くつしたさん
アハハ。くつしたさんのユニークな文章、好きですよ。
教えていただいたサイト見てきました。
おっしゃる通りスノップな書き方ですね。
トルコたばこって紙巻きのことですよね。
ぼくは紙巻きは国産しか吸ってなくて、数年前からダンヒルに替え、それ以外は知りません。
ですからぼくも紙巻きのトルコたばこはわかりません。
でもこの柘のたばこ、おいしそうですね。
チャンスがあったらやってみたい気もします。
Commented by くつした at 2013-01-15 02:40 x
以前からJINさんのブログは質も量も本にするに足るものがあると思ってましたが、いま偶然、ブログを書籍化するサイトを発見し我が意を得たりと思ったところです。http://blog.livedoor.com/lp/publish?acode=b9ab0a692de8b89070854d203251fa9a
興味はありませんか。
Commented by jinsenspipes at 2013-01-15 16:57
>くつしたさん
アハハ。ぜーんぜんその気はありましぇん。
そんなだいそれたこと、考えたこともありましぇん。
でも、お気にとめてくださってありがとうございます。
Commented by すみれ草 at 2013-03-10 18:39 x
jinsenさん、こんばんは。
Bracken Flake、昨日無事一缶開けました。「辛さ」も「香り」も1792のそれとはまったく違うものだと納得しました。この煙草の辛さには特に「塩辛さ」を感じました。(旨みと甘みがある天然塩のような塩辛さ)
香り・・・これがケンタッキー葉の香りなのですね!それと別に1792に共通する香りもごくわずかながら感じたのでこれが「Dark-Firedされたバージニア葉の香り」なのかな?と思っているのですが正直自信はありません・・・(笑)
バージニア葉の味は1792とはかなり違いますね、こちらのほうには青臭さ・生臭さを強く感じました。
それにしても後味がいい煙草ですね~
初心者ゆえこの煙草をどれだけ味わえたのかは疑問ですがそれなりに美味しくいただけて何よりでした。
今回はいろいろありがとうございました。
Commented by jinsenspipes at 2013-03-10 20:41
>すみれ草さん
やあ、吸われましたね。
塩辛さは、たしかにあるかもしれません。
塩分を感覚するたばこはたくさんありますから。
香りは、たぶん感じられたのがケンタッキーだと思います。
1792とバージニアの違いを感じましたか。
ぼくが1792をやったのはずいぶん前でちょっと記憶があやふやです。
ちかぢかまたやってみようと思ってます。
あと味がいいのはなによりです。
料理もそうですが、あと味のいいものはやはり上等なものですよね。
すみれ草さんはしっかり味わわれてますね。
感じた味を、きちんと整理し、記憶できるのはすばらしいことです。
また、新しいたばこをみつけたら、ぜひ、書いてください。